フォト

おすすめ本

2011年4月 5日 (火)

「サムライの娘」

ドミニク・シルヴァン「サムライの娘」小学館文庫

女性二人が探偵役のフランスのミステリ。
シリーズ2作目。
作者は日本びいきで一家で日本在住~何かと日本がらみの話題が出てきます。

パリ10区の元警視ローラ・ジョストと、アメリカ生まれのマッサージ師イングリッド・ディーゼルという組み合わせ。
孫もいる押し出しの立派なローラは、早期退職後はパズルが趣味。
一人息子と孫娘たちがシンガポール赴任から戻ってくるかと思ったら~東京へ移転したので、がっかり。
部屋に引きこもりがちになっています。

イングリッドはモデルのようなスタイルの長身で、若いがマッサージの修行のために世界各地を回った経験があり、踊りの才能もある娘。
対照的な二人の名コンビ。

今回は、マッサージの客で、ローラの友人でもあるモーリスに、娘アリスのことを相談されます。
恋人に捨てられてから、様子がおかしいというのです。
何かあると頼りにされるローラは、いったん動き出すと往年の勘が冴えて来るのでした。

ブリトニー・スピアーズのそっくりさんを演じて、パーティーの余興などに出ていたアリス。
実はその頃、既に彼女はホテルから投身、しかもそれが撮影されて、公開されていたのです。
撮影していたのは、元々彼女とコンビを組んでいたカメラマンで、従兄でもあるジュル。仕事のために、ちょうどホテルの下に来ていたため。
自殺と思われますが、事情を詳しく知りたいというモーリスの頼みで動き出す二人。

別れた恋人というのはディエゴという看護師なのですが、これがやたらにハンサムなスペイン人。
アリスを捨てたのは事実だけれど、ストーカーと化したアリスにえらい目に遭っていたこともわかります。イングリッドに惹かれた様子もあったり。
背景にとんでもない事情がありそうだと次第に明らかになり、有力者に睨まれた二人は追われる身に。
隠れて移動しつつの冒険行となります。

日本に滞在したときに背中に入れ墨を入れているイングリッドは、拷問を仕掛けてきた相手に、その筋かとたじろがれる?
モーリスが剣道をやっているため、サムライということに。
老いた父親の見せる意地や思いが泣かせます。
彼の仕事である慰問のための芝居も、病院で上演されて、感動的。
エピローグで、二人がお花見するシーンも楽しいです。
ちょうど、季節なんですね。

2011年2月19日 (土)

「欲望通りにすむ女」

ドミニク・シルヴァン「欲望通りにすむ女」小学館文庫

ちょっと珍しいフランスのミステリ。
女性二人がたまたまコンビを組むことになります。
作者が日本通で、今も日本で暮らしているというのも~最近のフランスの日本人気を物語る?

ローラ・ジョストは、1年前に早期退職した元警視。
海外に一人息子と孫娘がいますが、今はのんびり一人暮らしをしています。
堅物で地味な外見なので、太った中年女と侮られることもあるのですが、かなりの女傑。ジャンヌ・モローのタイプと評する人も。
近所で殺人が起こり、かっての部下バルテルミー警部補がいそいそと注進に来ます。
パリ右岸に位置する下町の10区。
ローラが辞めてしまった後の上司が無能なつかえない男で、部下達はやる気も起きずに困っていたのでした。

欲望(デジール)という名前の通りに住んでいる、金髪の娘ヴァネッサが殺されたのです。
孤児受け入れセンターで奉仕的な仕事をしているという地味な暮らしだったのですが。
交互に、銀行強盗を行う怪しげな側の人間の視点でのシーンも盛り込まれ、スリリングな展開に。

アパルトマンにヴァネッサと同居していた他の娘、カディジャとクローエの二人が勤めているレストラン<ベル>のオーナー、マクシムが疑われます。
気の強いカディジャは、年上のマクシムと交際中なのですが。
じつは、カディジャの弟ファリッドは、かなりいかれた若者。

アメリカから来ているマッサージ師のイングリッド・ディーゼルが、ローラに調査を依頼します。
こちらは、短い金髪に筋肉質の長身で、ロシア系。
日本でシアツを学んだときに入れ墨を入れているという~ぶっ飛びよう。
いかにも現代的でクールに見えるが実は純情~マクシムに片思いなのです。
ローラとは対照的な~ポップな部屋や服装が楽しい。

マクシムのレストランをひいきにしているローラも、イングリッドを従えて動き出します。
ローラが退職したのは、信頼していた若い部下の思わぬ死から。
一人では仕事をする気になれなかったのです…
イングリッドとは気が合わないように見えましたが、だんだん名コンビになってゆく。
しだいに復活するローラに、バルテルミーは大喜び。

カルト的な女性漫画家リンコが10年前に殺された事件も、何か関わりが…?
「オタクが社会を拒絶するとしても、社会の方はオタクを忘れずに彼らがほしがる物を売り込み、消費させるのが日本の事情だ」と~マクシムが言っています。
移民の多いフランスの状況も盛り込まれ、鮮やかな筋運び。
勢いが感じられました。

ローラと名乗っているが本名はマリー・テレーズで、ローラというよりマリー・テレーズのタイプ、とあるのが日本人にはニュアンスがわからないですね。
ローラの方が女っぽいとか、現代的とか? …マリー・テレーズが大人しいというのはないと思うけど

その他のカテゴリー

bベスト本 i本屋大賞候補作 l本屋大賞 l直木賞 l芥川賞 l:日本エッセイスト・クラブ賞 mf:世界幻想文学大賞 mf:日本ファンタジーノベル大賞 m:CWA賞 m:MWA賞 m:このミステリーがすごい! m:アガサ賞 m:マカヴィティ賞 name:あさのあつこ name:万城目学 name:三上延 name:三浦しをん name:上橋菜穂子 name:上野千鶴子 name:中島京子 name:乾くるみ name:五木寛之 name:京極夏彦 name:仁木英之 name:今野敏 name:伊坂幸太郎 name:佐々木譲 name:佐藤多佳子 name:佐藤正午 name:佐藤賢一 name:佐野洋子 name:勝間和代 name:北村薫 name:原田マハ name:古内一絵 name:坂木司 name:坪田信貴 name:大島真寿美 name:大崎梢 name:太宰治 name:姫野カオルコ name:宇江佐真理 name:宮下奈都 name:宮部みゆき name:小川洋子 name:小川糸 name:山之口洋 name:山崎ナオコーラ name:山田詠美 name:島本理生 name:島田荘司 name:川上弘美 name:恩田陸 name:有川浩 name:朝井まかて name:朝井リョウ name:木内昇 name:杉本苑子 name:村上春樹 name:村上龍 name:村山早紀 name:村山由佳 name:東川篤哉 name:東野圭吾 name:松井今朝子 name:林真理子 name:柚木麻子 name:柳広司 name:栗田有起 name:桜庭一樹 name:梨木香歩 name:森絵都 name:森見登美彦 name:森谷明子 name:横山秀夫 name:橋本治 name:池上永一 name:津村記久子 name:海原純子 name:海堂尊 name:湊かなえ name:町田康 name:畠中恵 name:百田尚樹 name:矢崎存美 name:碧野圭 name:磯崎憲一郎 name:神田茜 name:米村圭伍 name:米澤穂信 name:綿矢りさ name:荻原規子 name:菅野雪虫 name:葉室麟 name:西加奈子 name:角田光代 name:誉田哲也 name:貴志祐介 name:辻村深月 name:近藤史恵 name:道尾秀介 name:長野まゆみ name:阿部智里 name:香山リカ name:高田郁 oその他の作家 o海外作家:C.J.ボックス o海外作家:M.C.ビートン o海外作家:P.Gウッドハウス. o海外作家:R.D.ウィングフィールド o海外作家:S.J.ローザン o海外作家:アガサ・クリスティ o海外作家:アラン・ブラッドリー o海外作家:アリアナ・フランクリン o海外作家:アリス・マンロー o海外作家:アリ・ブランドン o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス o海外作家:アンナ・マクリーン o海外作家:アン・クリーヴス o海外作家:アン・タイラー o海外作家:アン・マキャフリイ o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン o海外作家:アーロン・エルキンズ o海外作家:エミリー・ブライトウェル o海外作家:エリザベス・ギルバート o海外作家:エルスベツ・イーホルム o海外作家:エレイン・ヴィエッツ o海外作家:エレン・カシュナー o海外作家:カズオ・イシグロ o海外作家:カミラ・レックバリ o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン o海外作家:キャロル・オコンネル o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト o海外作家:ギヨーム・ミュッソ o海外作家:クリストファー・プリースト o海外作家:クレイグ・ライス o海外作家:クレオ・コイル o海外作家:ケイト・キングズバリー o海外作家:ケイト・モス o海外作家:ケイト・モートン o海外作家:ゲイル・キャリガー o海外作家:コニス・リトル o海外作家:コニー・ウィリス o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー o海外作家:コルネーリア・フンケ o海外作家:サラ・ウォーターズ o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー o海外作家:サラ・パレツキー o海外作家:シャルロッテ・リンク o海外作家:シャロン・フィファー o海外作家:シャンナ・スウェンドソン o海外作家:シャーリィ・ジャクスン o海外作家:シャーレイン・ハリス o海外作家:シャーロット・マクラウド o海外作家:ジェイソン・グッドウィン o海外作家:ジェイニー・ボライソー o海外作家:ジェイン・オースティン o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー o海外作家:ジェフリー・フォード o海外作家:ジェラルディン・ブルックス o海外作家:ジャニータ・シェリダン o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ o海外作家:ジュリー・ハイジー o海外作家:ジュンパ・ラヒリ o海外作家:ジョアン・フルーク o海外作家:ジョナサン・キャロル o海外作家:ジョン・ハート o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン o海外作家:ジョー・ウォルトン o海外作家:ジル・チャーチル o海外作家:スティーグ・ラーソン o海外作家:ステファニー・メイヤー o海外作家:スーザン・イーリア・マクニール o海外作家:スーザン・プライス o海外作家:スー・グラフトン o海外作家:タニス・リー o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ o海外作家:ダイアナ・ガバルドン o海外作家:ダン・ブラウン o海外作家:ディック・フランシス o海外作家:デイヴィッド・アーモンド o海外作家:デニス・ルヘイン o海外作家:デボラ・クロンビー o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ o海外作家:トーベ・ヤンソン o海外作家:ドナ・アンドリューズ o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ o海外作家:ドミニク・シルヴァン o海外作家:ドン・ウィンズロウ o海外作家:ナンシー・ピカード o海外作家:ネレ・ノイハウス o海外作家:ノア・ゴードン o海外作家:パウロ・コエーリョ o海外作家:パトリシア・A.マキリップ o海外作家:パトリシア・ハイスミス o海外作家:ピエール・ルメートル o海外作家:ピーター・キャメロン o海外作家:ピーター・ディキンスン o海外作家:ピーター・トレメイン o海外作家:ピーター・ラヴゼイ o海外作家:フィリッパ・グレゴリー o海外作家:フェイ・ケラーマン o海外作家:フランセス・ファイフィールド o海外作家:フレッド・ヴァルガス o海外作家:ヘイリー・リンド o海外作家:ヘニング・マンケル o海外作家:ベリンダ・バウアー o海外作家:ベルンハルト・シュリンク o海外作家:ポール・ドハティ o海外作家:マイクル・コナリー o海外作家:マーガレット・アトウッド o海外作家:マーセデス・ラッキー o海外作家:ミネット・ウォルターズ o海外作家:ミュリエル・バルベリ o海外作家:メアリ・W.ウォーカー o海外作家:メグ・ガーディナー o海外作家:メグ・キャボット o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン o海外作家:リサ・クレイパス o海外作家:リチャード・ノース・パタースン o海外作家:リース・ボウエン o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ o海外作家:レジナルド・ヒル o海外作家:レスリー・メイヤー o海外作家:レーネ・レヘトライネン o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド o海外作家:ロビン・ホブ o海外作家:ローズマリ・サトクリフ o海外作家:ローズマリー・マーティン o海外作家:ローナ・バレット o海外作家:ローラ・チャイルズ o海外作家:ローラ・リップマン o海外作家:ローリー・キング o海外作家:ローレンス・ブロック o海外作家:ヴィヴェカ・ステン o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア お人形 お人形着物 お茶 アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング コージー ジェイドール ジェニー スイーツ ドールmomoko ドールmomoko洋服 ドール・ドレス ドール:Misaki ドール:SD ドール:シドニー ドール:ピュアニーモ ドール:プーリップ ドール:ユノアクルス・アズライト バービー ファッション ファンタジー フィギュアスケート ベスト本 ミステリ リカちゃん ロマンス 介護 作品 健康・ダイエット 児童書・YA 動物 国内作家:あ行 国内作家:か行 国内作家:さ行 国内作家:た行 国内作家:な行 国内作家:は行 国内作家:ま行 国内作家:や行 国内作家:ら行 国内作家:わ行 国内小説 家事 日記 映画・テレビ 書籍・雑誌 歴史もの 海外小説 病気体験 着物 経済・政治・国際 絵本 舞台・バレエ 言葉・歌 評論・エッセイ SF

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ