フォト

おすすめ本

2009年5月23日 (土)

「見知らぬ場所」

ジュンパ・ラヒリ「見知らぬ場所」新潮社

かねて評価の高いインド系女性作家の三冊目の本です。
アメリカに住むインド系の家族の葛藤が幾つか描かれ、何とも鮮やかな風景に、胸にしみいるような人生の一こまが展開します。
感情の機微の描き方のうまいことったら~。

表題作は、シアトルで夫のアダムと息子のアカーシュと暮らすインド系の女性・ルーマと、その父の話。
母を亡くしてから父は仕事も辞め、次々にヨーロッパへ旅行に出かけるようになったのでした。見え隠れする女性の影…
口数が少ない父でしたが、来てみたら孫を可愛がり、意外なほど手もかからない。
父の視点からも描かれていて、互いに再発見する面もあるのですが…

母が叔父に寄せていた激しい慕情を後に知る「地獄/天国」
姉が不安げに弟を見守る失望と哀惜の歳月「よいところだけ」
ラヒリって、どういう頭の中身をしているんだろう…??

ラヒリのデビューは短編集「停電の夜に」
次は長篇「その名にちなんで」で、映画化もされました。
そしてこれは前半が短編、後半は連作形式「ヘーマとカウシク」と、組み合わせも凝っています。

幼なじみの少女へーマと初恋の少年カウシク。
ヘーマの地味な家庭にしばらく居座った金持ちの夫婦と息子でした。華やかに見えた少年の母は、じつは癌で死を迎えるためにボンベイから転居してきたのでした…
戦場カメラマンとなったカウシクとのイタリアでつかの間の再会。
命のきらめきと不思議さ、はかなさ。
実在するとしか思えないような細部の描写に手応えがあって、胸が締め付けられるようです。

2007年11月16日 (金)

「その名にちなんで」

ジュンパ・ラヒリ「その名にちなんで」新潮社

インド系美女のジュンパ・ラヒリ~デビュー二作目にして世界的な作家になりましたね。
映画化もされて、文庫も平積みになっています。

主人公はインド系2世の男の子。仮にゴーゴリと名付けられたのが、色々あって定着してしまう。そのいきさつもなかなか読ませます。
インドで見合いしアメリカで結婚生活を送る両親は生まれ育った故郷を重く感じ、2~3年ごとに長期帰国。子供達は学校から引き離されて戸惑うんですね。
ABCDという略語があり、「アメリカ生まれで混乱しているインド系アメリカ人」を指すとは…!
アメリカにいながらサリーを着続けてあくまでインド式に暮らす母親や親戚の古い習慣に反発しながら、自分なりの生き方を求めるゴーゴリ。
インド系というだけで目立つのに、説明に窮する妙な名前…まわりは本人ほど気にしてはいないのだが、要所々々で問題になってくるんですね。

ゴーゴリ本人は本来は穏やかな性格のようですが、憧れや反発で思い切った行動をします。
関わってくる女性達3人はなかなか個性的で鮮やか~映画にしたら視覚的にも面白そうです。
父としては思いを込めて名付けたゴーゴリという名前、ちょっと言葉が足りないのもいかにもありそう~誠実に生きた父親でした。
ゴーゴリは同じインド系アメリカ人の葛藤を抱えた女性と、分かり合えると思って結婚します。華やかな妻も国と世代に引き裂かれて、あがいてあがいていた女性でした。
日常を伝える細やかな描写がユーモラスなまでに生き生きとしていて、それぞれの人生の重みが何とも言えない味わい。
さすがです。

2007年9月28日 (金)

「停電の夜に」

ジュンパ・ラヒリ「停電の夜に」新潮社

デビュー短編集でO・ヘンリー賞だけでなくピューリッツァー賞受賞という快挙を成し遂げたのも納得。
老練の作家のような熟成した手触りと、若い女性の澄んだまなざしを感じる作品集です。

作者は67年ロンドン生まれ。両親ともベンガル生まれのインド人で、一家でアメリカに渡ります。
これがまた雰囲気のあるすごい美女なんです~インド系は美形が多いとは思うけど、それにしても。
99年にデビュー、日本でも翌年8月には新潮クレストブックスで発行されてます。当時から評判が高く、いつか読もう読もうと思っていたんですよ~。
今は文庫化されています。

少女時代の経験を思わせる「ビルサダさんが来たころ」では、外国の大学町で親しくなったおじさんを心配する女の子が描かれ、国際的な感覚や考え深さを身につけてきた状況が窺われます。
インド系というか実際にはおじさんはパキスタン人でかなり違うのですが、英米で他に同郷がいないとなれば、身を寄せ合うように暮らす感覚もあるのでしょうね。
両親がモデルと思われる「三番目で最後の大陸」も人間味溢れる筆致ですが、「停電の夜に」「病気の通訳」となると名人芸!

「停電の夜に」は子供を死産してから上手くいかなくなり倦怠期に入った若夫婦が、 停電が何夜か続くと知り、ロウソクをともして一つずつこれまで話したことのなかったことを話そうと言い合うというもの。
リアルな生活描写とある日一変した人生、言ってはいけない言葉…鮮やかで哀しい、何とも言えない一編です。

読んだのは9月前半、古代史にはまる前でした。
あまり時期が開きすぎると何なので~(^^;

その他のカテゴリー

bベスト本 i本屋大賞候補作 l本屋大賞 l直木賞 l芥川賞 l:日本エッセイスト・クラブ賞 mf:世界幻想文学大賞 mf:日本ファンタジーノベル大賞 m:CWA賞 m:MWA賞 m:このミステリーがすごい! m:アガサ賞 m:マカヴィティ賞 name:あさのあつこ name:万城目学 name:三上延 name:三浦しをん name:上橋菜穂子 name:上野千鶴子 name:中島京子 name:乾くるみ name:五木寛之 name:京極夏彦 name:仁木英之 name:今野敏 name:伊坂幸太郎 name:佐々木譲 name:佐藤多佳子 name:佐藤正午 name:佐藤賢一 name:佐野洋子 name:勝間和代 name:北村薫 name:原田マハ name:古内一絵 name:坂木司 name:坪田信貴 name:大島真寿美 name:大崎梢 name:太宰治 name:姫野カオルコ name:宇江佐真理 name:宮下奈都 name:宮部みゆき name:小川洋子 name:小川糸 name:山之口洋 name:山崎ナオコーラ name:山田詠美 name:島本理生 name:島田荘司 name:川上弘美 name:恩田陸 name:有川浩 name:朝井まかて name:朝井リョウ name:木内昇 name:杉本苑子 name:村上春樹 name:村上龍 name:村山早紀 name:村山由佳 name:東川篤哉 name:東野圭吾 name:松井今朝子 name:林真理子 name:柚木麻子 name:柳広司 name:栗田有起 name:桜庭一樹 name:梨木香歩 name:森絵都 name:森見登美彦 name:森谷明子 name:横山秀夫 name:橋本治 name:池上永一 name:津村記久子 name:海原純子 name:海堂尊 name:湊かなえ name:町田康 name:畠中恵 name:百田尚樹 name:矢崎存美 name:碧野圭 name:磯崎憲一郎 name:神田茜 name:米村圭伍 name:米澤穂信 name:綿矢りさ name:荻原規子 name:菅野雪虫 name:葉室麟 name:西加奈子 name:角田光代 name:誉田哲也 name:貴志祐介 name:辻村深月 name:近藤史恵 name:道尾秀介 name:長野まゆみ name:阿部智里 name:香山リカ name:高田郁 oその他の作家 o海外作家:C.J.ボックス o海外作家:M.C.ビートン o海外作家:P.Gウッドハウス. o海外作家:R.D.ウィングフィールド o海外作家:S.J.ローザン o海外作家:アガサ・クリスティ o海外作家:アラン・ブラッドリー o海外作家:アリアナ・フランクリン o海外作家:アリス・マンロー o海外作家:アリ・ブランドン o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス o海外作家:アンナ・マクリーン o海外作家:アン・クリーヴス o海外作家:アン・タイラー o海外作家:アン・マキャフリイ o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン o海外作家:アーロン・エルキンズ o海外作家:エミリー・ブライトウェル o海外作家:エリザベス・ギルバート o海外作家:エルスベツ・イーホルム o海外作家:エレイン・ヴィエッツ o海外作家:エレン・カシュナー o海外作家:カズオ・イシグロ o海外作家:カミラ・レックバリ o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン o海外作家:キャロル・オコンネル o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト o海外作家:ギヨーム・ミュッソ o海外作家:クリストファー・プリースト o海外作家:クレイグ・ライス o海外作家:クレオ・コイル o海外作家:ケイト・キングズバリー o海外作家:ケイト・モス o海外作家:ケイト・モートン o海外作家:ゲイル・キャリガー o海外作家:コニス・リトル o海外作家:コニー・ウィリス o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー o海外作家:コルネーリア・フンケ o海外作家:サラ・ウォーターズ o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー o海外作家:サラ・パレツキー o海外作家:シャルロッテ・リンク o海外作家:シャロン・フィファー o海外作家:シャンナ・スウェンドソン o海外作家:シャーリィ・ジャクスン o海外作家:シャーレイン・ハリス o海外作家:シャーロット・マクラウド o海外作家:ジェイソン・グッドウィン o海外作家:ジェイニー・ボライソー o海外作家:ジェイン・オースティン o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー o海外作家:ジェフリー・フォード o海外作家:ジェラルディン・ブルックス o海外作家:ジャニータ・シェリダン o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ o海外作家:ジュリー・ハイジー o海外作家:ジュンパ・ラヒリ o海外作家:ジョアン・フルーク o海外作家:ジョナサン・キャロル o海外作家:ジョン・ハート o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン o海外作家:ジョー・ウォルトン o海外作家:ジル・チャーチル o海外作家:スティーグ・ラーソン o海外作家:ステファニー・メイヤー o海外作家:スーザン・イーリア・マクニール o海外作家:スーザン・プライス o海外作家:スー・グラフトン o海外作家:タニス・リー o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ o海外作家:ダイアナ・ガバルドン o海外作家:ダン・ブラウン o海外作家:ディック・フランシス o海外作家:デイヴィッド・アーモンド o海外作家:デニス・ルヘイン o海外作家:デボラ・クロンビー o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ o海外作家:トーベ・ヤンソン o海外作家:ドナ・アンドリューズ o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ o海外作家:ドミニク・シルヴァン o海外作家:ドン・ウィンズロウ o海外作家:ナンシー・ピカード o海外作家:ネレ・ノイハウス o海外作家:ノア・ゴードン o海外作家:パウロ・コエーリョ o海外作家:パトリシア・A.マキリップ o海外作家:パトリシア・ハイスミス o海外作家:ピエール・ルメートル o海外作家:ピーター・キャメロン o海外作家:ピーター・ディキンスン o海外作家:ピーター・トレメイン o海外作家:ピーター・ラヴゼイ o海外作家:フィリッパ・グレゴリー o海外作家:フェイ・ケラーマン o海外作家:フランセス・ファイフィールド o海外作家:フレッド・ヴァルガス o海外作家:ヘイリー・リンド o海外作家:ヘニング・マンケル o海外作家:ベリンダ・バウアー o海外作家:ベルンハルト・シュリンク o海外作家:ポール・ドハティ o海外作家:マイクル・コナリー o海外作家:マーガレット・アトウッド o海外作家:マーセデス・ラッキー o海外作家:ミネット・ウォルターズ o海外作家:ミュリエル・バルベリ o海外作家:メアリ・W.ウォーカー o海外作家:メグ・ガーディナー o海外作家:メグ・キャボット o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン o海外作家:リサ・クレイパス o海外作家:リチャード・ノース・パタースン o海外作家:リース・ボウエン o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ o海外作家:レジナルド・ヒル o海外作家:レスリー・メイヤー o海外作家:レーネ・レヘトライネン o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド o海外作家:ロビン・ホブ o海外作家:ローズマリ・サトクリフ o海外作家:ローズマリー・マーティン o海外作家:ローナ・バレット o海外作家:ローラ・チャイルズ o海外作家:ローラ・リップマン o海外作家:ローリー・キング o海外作家:ローレンス・ブロック o海外作家:ヴィヴェカ・ステン o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア お人形 お人形着物 お茶 アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング コージー ジェイドール ジェニー スイーツ ドールmomoko ドールmomoko洋服 ドール・ドレス ドール:Misaki ドール:SD ドール:シドニー ドール:ピュアニーモ ドール:プーリップ ドール:ユノアクルス・アズライト バービー ファッション ファンタジー フィギュアスケート ベスト本 ミステリ リカちゃん ロマンス 介護 作品 健康・ダイエット 児童書・YA 動物 国内作家:あ行 国内作家:か行 国内作家:さ行 国内作家:た行 国内作家:な行 国内作家:は行 国内作家:ま行 国内作家:や行 国内作家:ら行 国内作家:わ行 国内小説 家事 日記 映画・テレビ 書籍・雑誌 歴史もの 海外小説 病気体験 着物 経済・政治・国際 絵本 舞台・バレエ 言葉・歌 評論・エッセイ SF

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ