フォト

おすすめ本

2012年2月 6日 (月)

「マーチ家の父」

ジェラルディン・ブルックス「マーチ家の父 もうひとつの若草物語」武田ランダムハウスジャパン

「若草物語」のもう一つの面。
ほとんど不在だったマーチ家のお父さんは、どうしていたのか?という。
史実に基づくドキュメンタリー的な要素もある小説です。
ピューリッツァ賞受賞作。

「若草物語」の作者ルイザ・メイ・オルコットの父は、ブロンソン・オルコットといって高名な哲学者でした。
この小説では、「若草物語」の父親ミスター・マーチとして登場するのも、理想主義的で夢想家。
南北戦争に従軍牧師として参加し、大変な経験を共にしながらも…
時に兵士を叱りつけ、色々な信仰の持ち方の人がいる前で、理想のままの説教をして、軍の中で浮き上がってしまう。
この時期の手記や手紙を交えながら、描かれています。
「若草物語」の4姉妹は父の無事を祈り、手紙を心待ちにし、帰りを待ちわびていましたね。

妻エリザベスは「若草物語」ではよく出来た良妻賢母だったけど、じつは次女のジョーにもっとも似た気性。
(…そういえば、そういう指摘もあったような気が)
この物語では生き生きしたエリザベスに、若き日のマーチがほとんど一目惚れするいきさつから。
ただ、かんしゃくがひどいので、結婚を危ぶむ気持ちになったほど。
夫の説得で次第に落ちついていく様子も描かれています。

家が貧乏になったいきさつも衝撃的。
もともと金銭感覚があまり無かったせいもあるけど、黒人解放のために、どんどんお金を出してしまったとは…

黒人奴隷は、家庭の中に馴染んで、一見すると家族同様に遇されている場合もありました。
それでも、差別は苛酷で、教育を与えることは法律で禁じられるようになっていたのです。これは、反乱や逃亡を押さえるため。
マーチが若い頃に最初に南部に行ったときに、印象的な女性グレイスに出会っていました。
(このあたりが創作の肝でしょう)
本の行商をしていたマーチは、裕福な家にしばらく滞在していたのです。
グレイスは奴隷ですが、法律が出来る前に良い教育を前に受けて、奥様の話し相手になっていました。グレイスに頼まれて、幼い少女にこっそり字を教えるマーチ。
ところが、それが発覚して…

南北戦争の頃の時代相が、ありありと描かれています。
マーチは、妻や娘達には、戦争がどれほど悲惨かは知らせませんでした。
病院へ駆けつけた妻は、実態を知ることに。
マーチの妻から見た視点が最後に挿入されて、さらに辛辣かつ重層的に。
このあたりが痛みを伴いつつも、感動的です。
病床にありつつも、多くの人を目の前に見ながら救えなかった罪悪感に苦しむマーチ。
やがて、帰宅した家庭に、灯がともる…

2011年11月10日 (木)

「古書の来歴」

ジェラルディン・ブルックス「古書の来歴」武田ランダムハウスジャパン

サラエボ・ハガダーという実在する古書をモデルに、その来歴を創作したスリリングな物語。

ヒロインのハンナ・ヒースは、古書の保存修復家。
中世の美しい希少本サラエボ・ハガダーが発見されたという報を聞き、まだ若手のハンナが抜擢されて現地に向かいます。
ハガダーとはユダヤ教徒が家庭で使う写本で、絵が入っているのは異例でした。

ハンナは、発見者の学芸員オズレン・カラマンと惹かれ合います。
しかし、そこはボスニア。
戦乱は一時よりはだいぶおさまってはいましたが。
オズレンは数ヶ月前に銃撃で妻を亡くし、幼い息子は生死をさまよっているという状態でした。
気まずく別れることになってしまいますが…

折しも、ハンナにも運命の大きな転換が訪れます。
ハンナは、高名な外科医である母サラが、未婚で生んだ一人娘でした。
父親は利用されただけの男かと思っていたのに、愛し合った仲で、しかも絵も知っていた有名な画家シャランスキーだったとわかったのです。ハンナが生まれる前に亡くなっていたのですが‥
自分にそっくりな親戚がいるとわかり、血縁の暖かい人々に囲まれる経験をします。

6年後、ハンナは父の名字に変え、オーストラリアで働いていました。
そこへ、新たな知らせが?

ヒロイン達が追求していく過去の事実。
ボスニアは歴史的にも、現代でも、民族や文化がぶつかり合う地点なんですね。
そのいきさつと、現代の人たちは知らない当時のもっと詳しい事情が交互に物語られます。

チトーの時代、珍しい本を戦火から守ろうと逃げる人たち。
ユダヤ狩りから生き延びた娘は、イスラム教徒の夫婦に、赤子の子守りとして助けられますが…?
さらに、さかのぼって~画師の父を見習って助手となった子が、追いはぎに襲われて奴隷に売られ、数奇な運命に…
何といきいきとしていること!
こんな事があったのかも知れない‥
あったとしか思えなくなってきますねえ。

これはベストセラーでしょう。
日本語タイトルが、やや地味かなあ。
著者はオーストラリアのシドニー出身。新聞記者として世界を飛び回ったそうです。2001年小説を発表。
2006年、2作目「March」でピューリッツァー賞を受賞。
夫もピューリッツァー賞受賞者だとか。
本書は3作目、2008年の作品。
面白かったです!!

その他のカテゴリー

bベスト本 i本屋大賞候補作 l本屋大賞 l直木賞 l芥川賞 l:日本エッセイスト・クラブ賞 mf:世界幻想文学大賞 mf:日本ファンタジーノベル大賞 m:CWA賞 m:MWA賞 m:このミステリーがすごい! m:アガサ賞 m:マカヴィティ賞 name:あさのあつこ name:万城目学 name:三上延 name:三浦しをん name:上橋菜穂子 name:上野千鶴子 name:中島京子 name:乾くるみ name:五木寛之 name:京極夏彦 name:仁木英之 name:今野敏 name:伊坂幸太郎 name:佐々木譲 name:佐藤多佳子 name:佐藤正午 name:佐藤賢一 name:佐野洋子 name:勝間和代 name:北村薫 name:原田マハ name:古内一絵 name:坂木司 name:坪田信貴 name:大島真寿美 name:大崎梢 name:太宰治 name:姫野カオルコ name:宇江佐真理 name:宮下奈都 name:宮部みゆき name:小川洋子 name:小川糸 name:山之口洋 name:山崎ナオコーラ name:山田詠美 name:島本理生 name:島田荘司 name:川上弘美 name:恩田陸 name:有川浩 name:朝井まかて name:朝井リョウ name:木内昇 name:杉本苑子 name:村上春樹 name:村上龍 name:村山早紀 name:村山由佳 name:東川篤哉 name:東野圭吾 name:松井今朝子 name:林真理子 name:柚木麻子 name:柳広司 name:栗田有起 name:桜庭一樹 name:梨木香歩 name:森絵都 name:森見登美彦 name:森谷明子 name:横山秀夫 name:橋本治 name:池上永一 name:津村記久子 name:海原純子 name:海堂尊 name:湊かなえ name:町田康 name:畠中恵 name:百田尚樹 name:矢崎存美 name:碧野圭 name:磯崎憲一郎 name:神田茜 name:米村圭伍 name:米澤穂信 name:綿矢りさ name:荻原規子 name:菅野雪虫 name:葉室麟 name:西加奈子 name:角田光代 name:誉田哲也 name:貴志祐介 name:辻村深月 name:近藤史恵 name:道尾秀介 name:長野まゆみ name:阿部智里 name:香山リカ name:高田郁 oその他の作家 o海外作家:C.J.ボックス o海外作家:M.C.ビートン o海外作家:P.Gウッドハウス. o海外作家:R.D.ウィングフィールド o海外作家:S.J.ローザン o海外作家:アガサ・クリスティ o海外作家:アラン・ブラッドリー o海外作家:アリアナ・フランクリン o海外作家:アリス・マンロー o海外作家:アリ・ブランドン o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス o海外作家:アンナ・マクリーン o海外作家:アン・クリーヴス o海外作家:アン・タイラー o海外作家:アン・マキャフリイ o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン o海外作家:アーロン・エルキンズ o海外作家:エミリー・ブライトウェル o海外作家:エリザベス・ギルバート o海外作家:エルスベツ・イーホルム o海外作家:エレイン・ヴィエッツ o海外作家:エレン・カシュナー o海外作家:カズオ・イシグロ o海外作家:カミラ・レックバリ o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン o海外作家:キャロル・オコンネル o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト o海外作家:ギヨーム・ミュッソ o海外作家:クリストファー・プリースト o海外作家:クレイグ・ライス o海外作家:クレオ・コイル o海外作家:ケイト・キングズバリー o海外作家:ケイト・モス o海外作家:ケイト・モートン o海外作家:ゲイル・キャリガー o海外作家:コニス・リトル o海外作家:コニー・ウィリス o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー o海外作家:コルネーリア・フンケ o海外作家:サラ・ウォーターズ o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー o海外作家:サラ・パレツキー o海外作家:シャルロッテ・リンク o海外作家:シャロン・フィファー o海外作家:シャンナ・スウェンドソン o海外作家:シャーリィ・ジャクスン o海外作家:シャーレイン・ハリス o海外作家:シャーロット・マクラウド o海外作家:ジェイソン・グッドウィン o海外作家:ジェイニー・ボライソー o海外作家:ジェイン・オースティン o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー o海外作家:ジェフリー・フォード o海外作家:ジェラルディン・ブルックス o海外作家:ジャニータ・シェリダン o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ o海外作家:ジュリー・ハイジー o海外作家:ジュンパ・ラヒリ o海外作家:ジョアン・フルーク o海外作家:ジョナサン・キャロル o海外作家:ジョン・ハート o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン o海外作家:ジョー・ウォルトン o海外作家:ジル・チャーチル o海外作家:スティーグ・ラーソン o海外作家:ステファニー・メイヤー o海外作家:スーザン・イーリア・マクニール o海外作家:スーザン・プライス o海外作家:スー・グラフトン o海外作家:タニス・リー o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ o海外作家:ダイアナ・ガバルドン o海外作家:ダン・ブラウン o海外作家:ディック・フランシス o海外作家:デイヴィッド・アーモンド o海外作家:デニス・ルヘイン o海外作家:デボラ・クロンビー o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ o海外作家:トーベ・ヤンソン o海外作家:ドナ・アンドリューズ o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ o海外作家:ドミニク・シルヴァン o海外作家:ドン・ウィンズロウ o海外作家:ナンシー・ピカード o海外作家:ネレ・ノイハウス o海外作家:ノア・ゴードン o海外作家:パウロ・コエーリョ o海外作家:パトリシア・A.マキリップ o海外作家:パトリシア・ハイスミス o海外作家:ピエール・ルメートル o海外作家:ピーター・キャメロン o海外作家:ピーター・ディキンスン o海外作家:ピーター・トレメイン o海外作家:ピーター・ラヴゼイ o海外作家:フィリッパ・グレゴリー o海外作家:フェイ・ケラーマン o海外作家:フランセス・ファイフィールド o海外作家:フレッド・ヴァルガス o海外作家:ヘイリー・リンド o海外作家:ヘニング・マンケル o海外作家:ベリンダ・バウアー o海外作家:ベルンハルト・シュリンク o海外作家:ポール・ドハティ o海外作家:マイクル・コナリー o海外作家:マーガレット・アトウッド o海外作家:マーセデス・ラッキー o海外作家:ミネット・ウォルターズ o海外作家:ミュリエル・バルベリ o海外作家:メアリ・W.ウォーカー o海外作家:メグ・ガーディナー o海外作家:メグ・キャボット o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン o海外作家:リサ・クレイパス o海外作家:リチャード・ノース・パタースン o海外作家:リース・ボウエン o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ o海外作家:レジナルド・ヒル o海外作家:レスリー・メイヤー o海外作家:レーネ・レヘトライネン o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド o海外作家:ロビン・ホブ o海外作家:ローズマリ・サトクリフ o海外作家:ローズマリー・マーティン o海外作家:ローナ・バレット o海外作家:ローラ・チャイルズ o海外作家:ローラ・リップマン o海外作家:ローリー・キング o海外作家:ローレンス・ブロック o海外作家:ヴィヴェカ・ステン o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア お人形 お人形着物 お茶 アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング コージー ジェイドール ジェニー スイーツ ドールmomoko ドールmomoko洋服 ドール・ドレス ドール:Misaki ドール:SD ドール:シドニー ドール:ピュアニーモ ドール:プーリップ ドール:ユノアクルス・アズライト バービー ファッション ファンタジー フィギュアスケート ベスト本 ミステリ リカちゃん ロマンス 介護 作品 健康・ダイエット 児童書・YA 動物 国内作家:あ行 国内作家:か行 国内作家:さ行 国内作家:た行 国内作家:な行 国内作家:は行 国内作家:ま行 国内作家:や行 国内作家:ら行 国内作家:わ行 国内小説 家事 日記 映画・テレビ 書籍・雑誌 歴史もの 海外小説 病気体験 着物 経済・政治・国際 絵本 舞台・バレエ 言葉・歌 評論・エッセイ SF

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ