フォト

おすすめ本

2010年7月 6日 (火)

「食べて、祈って、恋をして」

エリザベス・ギルバート「食べて、祈って、恋をして 女が直面するあらゆること探求の書」武田ランダムハウスジャパン

小説家の作品なので、小説的な流れの良さ。
実体験を書いた物だけど、テンポ良く、距離感があって、読みやすいですよ。
たぶん、女性なら、どっかで共感できるのでは…

若い頃に結婚し、小説家として名をなし、大きな家に夫と住んで、30になったら子供を育てるつもりだったのに。
その時期になってもまったく欲しくならない、結婚生活をやめたい自分に気づいて~毎晩、浴室で泣く有様が半年続いたという。

夫は家を出ましたが、離婚には同意しないまま。
泥沼離婚末期と同時期の泥沼恋愛、そこから飛び出して、イタリアとインドとインドネシアへ4ヶ月ずつ滞在。この時は34歳に。
あら筋だけを書くと~やや引かれそうなぐらいなんだけど‥果敢で正直なのが、さわやかさを感じさせます。率直に深く、物事を見つめる人ですね。

イタリアでの美食三昧はすごく楽しい。絵やファッションには興味がないのだそう。ひたすら食べる、あとは書く。
友達にも恵まれ、たくましい母や姉ともあらためて話をし、別な一面を知るという経験も。
元気と体力をつけて、インドのヨーガ修行へ。

うつ状態から段階的に抜け出していくのが励まされます。
インドでの修行は本格的で、早朝から起きて詠唱。
日中は仕事を割り当てられ、大理石の床を磨く係に。この仕事は失敗しても問題が起きないので、インドの若者が多く、地元の話を聞いたりすることもできるのでした。
毎日瞑想するのは大変そうで、最初はうまくいかないのですが、見事に試練を乗り越え、ついには神秘体験も。

「テキサスのリチャード」というアメリカ人には、仕切り屋と鋭い指摘をされ、「爆食」とあだ名もされる。
食事はカフェテリア式で菜食だけれど、おかわりできるんだそうです。
最後の方では、瞑想に来た滞在者の世話をする係に。

さらにバリ島で、占い師の老人クトゥのもとへ通い、美しい家を借り、年上の優しい恋人も出来るという楽しい展開に。
スピリチュアルなのに笑いっぱなし、というコピーも納得。
おひとりさま女性の心をわしづかみにし、世界700万部突破のベストセラー。
作者は大学卒業後、バイトをしながら投稿し、デビュー。
2003年に旅行して回った体験を、2006年に発表。
2010年には、その後の事を発表するとか。

2010年4月27日 (火)

「巡礼者たち」

エリザベス・ギルバート「巡礼者たち」新潮文庫

力強い短編集。
作者は子供の頃から小説家になりたかったそうですが、大学の創作科などに行く道を選ばず、働きながら各地を旅して回り、その実体験を生かしています。
カウガールまでやったとは、たくましい。
実に多彩な登場人物、描写はどちらかといえば渋めですが~生命力豊かなのがどこか共通しています。

表題作は、バックの働く牧場にふらりとやってきたマーサ。たくましい腕をしたカウガールでした。
女っ気のない職場で、ひそかな注目を浴びつつ、日常は男も女もなくハードに働く毎日。
エルク狩りのハンター達の案内をしていたある日、バックは彼女にお気に入りの馬に乗って遠乗りしよう、そのまま逃げようと言うのですが‥
どうにもならなそうな生活感、それでも生き抜くたくましさ。臨場感があります。

「東へ向かうアリス」は、ひまわり畑の真ん中で立ち往生した車に乗っていた兄妹を助ける話。
修理工場もない村での出来事。大勢の兄弟の中で一人だけ頭がいいらしい妹は看護学校に入ろうとしているという。
「花の名前と女の子の名前」は、タイトルがいいですよね。
ぼけかけた大伯母がぶつぶつとそういう名前だけをつぶやいていたという話なんだけど。
祖父が若い頃、出会った女性バベットの肖像画を描く話にまつわって出てくる言葉のイメージが何ともいいんです。

「華麗なる奇術師」は、奇術師と困った男の友情。
才能ある奇術師エース・ダグラスを雇った男ホフマン。経営者として成り上がった男だけに、見る目があったのでしょう。
ところがある日、ホフマンが激情に駆られて殺人を犯してしまう。
エースはホフマンの妹と結婚していて、ホフマンの幼い娘エスターの面倒も見、後に助手としました。
エスターはあまり才能があるとは言えなかったのですが…
父が出所した後、三人はエースの家に一緒に住み、ホフマンは娘のために兎を連れてきます。
大きすぎて結局、奇術には使えない兎。のそのそと邸宅で暮らすのでした。
思いがけない展開で、ほんわりと感動が。
いきいきとして、切なく、一ひねりした面白さ。

読みごたえがありました。
新潮クレスト・ブックスからまず出て、その後に文庫になっているというと、まずハズレはないですね!

その他のカテゴリー

bベスト本 i本屋大賞候補作 l本屋大賞 l直木賞 l芥川賞 l:日本エッセイスト・クラブ賞 mf:世界幻想文学大賞 mf:日本ファンタジーノベル大賞 m:CWA賞 m:MWA賞 m:このミステリーがすごい! m:アガサ賞 m:マカヴィティ賞 name:あさのあつこ name:万城目学 name:三上延 name:三浦しをん name:上橋菜穂子 name:上野千鶴子 name:中島京子 name:乾くるみ name:五木寛之 name:京極夏彦 name:仁木英之 name:今野敏 name:伊坂幸太郎 name:佐々木譲 name:佐藤多佳子 name:佐藤正午 name:佐藤賢一 name:佐野洋子 name:勝間和代 name:北村薫 name:原田マハ name:古内一絵 name:坂木司 name:坪田信貴 name:大島真寿美 name:大崎梢 name:太宰治 name:姫野カオルコ name:宇江佐真理 name:宮下奈都 name:宮部みゆき name:小川洋子 name:小川糸 name:山之口洋 name:山崎ナオコーラ name:山田詠美 name:島本理生 name:島田荘司 name:川上弘美 name:恩田陸 name:有川浩 name:朝井まかて name:朝井リョウ name:木内昇 name:杉本苑子 name:村上春樹 name:村上龍 name:村山早紀 name:村山由佳 name:東川篤哉 name:東野圭吾 name:松井今朝子 name:林真理子 name:柚木麻子 name:柳広司 name:栗田有起 name:桜庭一樹 name:梨木香歩 name:森絵都 name:森見登美彦 name:森谷明子 name:横山秀夫 name:橋本治 name:池上永一 name:津村記久子 name:海原純子 name:海堂尊 name:湊かなえ name:町田康 name:畠中恵 name:百田尚樹 name:矢崎存美 name:碧野圭 name:磯崎憲一郎 name:神田茜 name:米村圭伍 name:米澤穂信 name:綿矢りさ name:荻原規子 name:菅野雪虫 name:葉室麟 name:西加奈子 name:角田光代 name:誉田哲也 name:貴志祐介 name:辻村深月 name:近藤史恵 name:道尾秀介 name:長野まゆみ name:阿部智里 name:香山リカ name:高田郁 oその他の作家 o海外作家:C.J.ボックス o海外作家:M.C.ビートン o海外作家:P.Gウッドハウス. o海外作家:R.D.ウィングフィールド o海外作家:S.J.ローザン o海外作家:アガサ・クリスティ o海外作家:アラン・ブラッドリー o海外作家:アリアナ・フランクリン o海外作家:アリス・マンロー o海外作家:アリ・ブランドン o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス o海外作家:アンナ・マクリーン o海外作家:アン・クリーヴス o海外作家:アン・タイラー o海外作家:アン・マキャフリイ o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン o海外作家:アーロン・エルキンズ o海外作家:エミリー・ブライトウェル o海外作家:エリザベス・ギルバート o海外作家:エルスベツ・イーホルム o海外作家:エレイン・ヴィエッツ o海外作家:エレン・カシュナー o海外作家:カズオ・イシグロ o海外作家:カミラ・レックバリ o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン o海外作家:キャロル・オコンネル o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト o海外作家:ギヨーム・ミュッソ o海外作家:クリストファー・プリースト o海外作家:クレイグ・ライス o海外作家:クレオ・コイル o海外作家:ケイト・キングズバリー o海外作家:ケイト・モス o海外作家:ケイト・モートン o海外作家:ゲイル・キャリガー o海外作家:コニス・リトル o海外作家:コニー・ウィリス o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー o海外作家:コルネーリア・フンケ o海外作家:サラ・ウォーターズ o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー o海外作家:サラ・パレツキー o海外作家:シャルロッテ・リンク o海外作家:シャロン・フィファー o海外作家:シャンナ・スウェンドソン o海外作家:シャーリィ・ジャクスン o海外作家:シャーレイン・ハリス o海外作家:シャーロット・マクラウド o海外作家:ジェイソン・グッドウィン o海外作家:ジェイニー・ボライソー o海外作家:ジェイン・オースティン o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー o海外作家:ジェフリー・フォード o海外作家:ジェラルディン・ブルックス o海外作家:ジャニータ・シェリダン o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ o海外作家:ジュリー・ハイジー o海外作家:ジュンパ・ラヒリ o海外作家:ジョアン・フルーク o海外作家:ジョナサン・キャロル o海外作家:ジョン・ハート o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン o海外作家:ジョー・ウォルトン o海外作家:ジル・チャーチル o海外作家:スティーグ・ラーソン o海外作家:ステファニー・メイヤー o海外作家:スーザン・イーリア・マクニール o海外作家:スーザン・プライス o海外作家:スー・グラフトン o海外作家:タニス・リー o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ o海外作家:ダイアナ・ガバルドン o海外作家:ダン・ブラウン o海外作家:ディック・フランシス o海外作家:デイヴィッド・アーモンド o海外作家:デニス・ルヘイン o海外作家:デボラ・クロンビー o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ o海外作家:トーベ・ヤンソン o海外作家:ドナ・アンドリューズ o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ o海外作家:ドミニク・シルヴァン o海外作家:ドン・ウィンズロウ o海外作家:ナンシー・ピカード o海外作家:ネレ・ノイハウス o海外作家:ノア・ゴードン o海外作家:パウロ・コエーリョ o海外作家:パトリシア・A.マキリップ o海外作家:パトリシア・ハイスミス o海外作家:ピエール・ルメートル o海外作家:ピーター・キャメロン o海外作家:ピーター・ディキンスン o海外作家:ピーター・トレメイン o海外作家:ピーター・ラヴゼイ o海外作家:フィリッパ・グレゴリー o海外作家:フェイ・ケラーマン o海外作家:フランセス・ファイフィールド o海外作家:フレッド・ヴァルガス o海外作家:ヘイリー・リンド o海外作家:ヘニング・マンケル o海外作家:ベリンダ・バウアー o海外作家:ベルンハルト・シュリンク o海外作家:ポール・ドハティ o海外作家:マイクル・コナリー o海外作家:マーガレット・アトウッド o海外作家:マーセデス・ラッキー o海外作家:ミネット・ウォルターズ o海外作家:ミュリエル・バルベリ o海外作家:メアリ・W.ウォーカー o海外作家:メグ・ガーディナー o海外作家:メグ・キャボット o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン o海外作家:リサ・クレイパス o海外作家:リチャード・ノース・パタースン o海外作家:リース・ボウエン o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ o海外作家:レジナルド・ヒル o海外作家:レスリー・メイヤー o海外作家:レーネ・レヘトライネン o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド o海外作家:ロビン・ホブ o海外作家:ローズマリ・サトクリフ o海外作家:ローズマリー・マーティン o海外作家:ローナ・バレット o海外作家:ローラ・チャイルズ o海外作家:ローラ・リップマン o海外作家:ローリー・キング o海外作家:ローレンス・ブロック o海外作家:ヴィヴェカ・ステン o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア お人形 お人形着物 お茶 アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング コージー ジェイドール ジェニー スイーツ ドールmomoko ドールmomoko洋服 ドール・ドレス ドール:Misaki ドール:SD ドール:シドニー ドール:ピュアニーモ ドール:プーリップ ドール:ユノアクルス・アズライト バービー ファッション ファンタジー フィギュアスケート ベスト本 ミステリ リカちゃん ロマンス 介護 作品 健康・ダイエット 児童書・YA 動物 国内作家:あ行 国内作家:か行 国内作家:さ行 国内作家:た行 国内作家:な行 国内作家:は行 国内作家:ま行 国内作家:や行 国内作家:ら行 国内作家:わ行 国内小説 家事 日記 映画・テレビ 書籍・雑誌 歴史もの 海外小説 病気体験 着物 経済・政治・国際 絵本 舞台・バレエ 言葉・歌 評論・エッセイ SF

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ