フォト

おすすめ本

2012年5月 5日 (土)

「探偵家業は運しだい」

レジナルド・ヒル「探偵家業は運しだい」PHP文芸文庫

解雇されて私立探偵になったジョー・シックススミス。
口うるさい伯母に厳しく育てられて、いまだに独身。
ベリルという恋人はいるのですが、看護師できびきびとして実際的な彼女は、ジョーを手厳しくやりこめ、そうそう思うとおりにはなってくれない。
人のいい探偵が思いがけない依頼を受けて、右往左往するうちに…

ある日、依頼に来たのは、YFG(若き金髪の神)とジョーがとっさに思った青年。
クリスチャン・ポーフィリはお金持ちの御曹司だったのです。30になるやならずで、輝かしい金髪で、品があり、人が良さそう。
ロイヤル・フー・ゴルフ・クラブで起きた事件を捜査して欲しいという。
真っ正直な彼が、試合で不正をしたという疑いで、審議にかけられるという妙なことになっているのでした。
お金持ち階級のお遊びかと思いきや、そこには…?

まったく場違いなゴルフ・クラブでからかわれたりしながら、少しずつ話を聞いて回るジョー。
さらに好条件の仕事が街の実力者から舞い込むのですが、ジョーを遠ざけようという陰謀かも知れない?
顔なじみの警視や、やり手の女性弁護士ブッチャー、親友のタクシー運転手、自動車修理工場の秘書で色っぽいエロイーズといった面々が活躍。

ジョーは、チビでややデブで毛が薄くなりかかっているという黒人のさえない中年男なんですが、なぜか運に恵まれて、ヒントが目の前に現れ、何とかなるという。
人脈は、彼の人柄のたまものでしょうね。

ダルジール警視シリーズとは全く趣を異にしていて、書き込みもゆるく、のんびりしたムード。
全体を読み終わると、どこか共通した物も感じますね。
人物像のポイントや~意外にモテる所とか?

2011年6月17日 (金)

「午前零時のフーガ」

レジナルド・ヒル「午前零時のフーガ」ハヤカワ・ポケット・ミステリ

ダルジール警視のシリーズの新作。
知る人ぞ知るレジナルド・ヒル。
知らない人にはどう紹介すれば、面白さが伝わるのかなぁ…
基本は警察のチーム物。
たたき上げの中年男と若いエリートとのコンビは、イギリス警察小説の定番ですね。

ダルジールと部下のパスコーの他に、パスコーの妻のエリーも重要人物。気の強い知的な美女で、ダルジールにも一目置かれているのです。
しゃれのめした書き方で、ぐいぐい引っ張っていく作風。
事件の要素も、登場人物も多彩で、知的な遊びの要素が強いのが特徴かな。

主役は、強烈な存在感のあるボスのダルジール警視。
デブで強引で口が悪いけど、実力は十分あり、怖い上司だけど、いざとなれば強い味方ともなる。けっこうセクシーらしく、ちゃんとお似合いの恋人もいます。

爆破事故で休養後、今回いよいよ現場に復帰するダルジール警視。
ですが、まだ本調子ではないのです。
いきなり登庁日を間違え、ごまかしながら内心悩みます。
そこへ登場するのが、30代の金髪美人ジーナ・ウルフ。
ダルジールがずっと前に出会った警官(パーディー警視長)の紹介で、ややこしい依頼をしてきます。
7年前に行方不明になった夫が、生きているかも知れないというのだ…
しかも、彼女は怪しげな二人連れに尾行されていた…?!

相談のために会っている美女とダルジールを、たまたま隣の会場でのパーティーに来ていて見かけるパスコー主任警部。
パスコーは、ダルジールとは対照的にエリートで紳士的、見た目もハンサムで、真面目で優しい男。
微妙な指導権争いもありますが、心から御大ダルジールを尊敬しています。
一方、女性警官のノヴェロは、ダルジールの頼みでひそかに動き始めるのですが…

テンポ良く進む24時間の出来事。
移民から三代で財産と地位を築いたギッドマン一家など、長年の因縁も。
ギッドマンの2代目ザ・マン(親分といった意味)の何でも屋や、三代目で議員のデイヴを仕切る地味な秘書の女性マギーなども印象的。
やり手の女性、その愛人の目立ちたがりの記者や、ウェールズから来たばかりのその弟。
様々な人間関係が交錯する中、おなじみの登場人物もツボを押さえた登場。
ウィールド部長刑事のダルジールへの思いや、ダルジールの部下への思いも。
あざやかな描きっぷり、満足な読み応えでした。

2010年8月18日 (水)

「死は万病を癒す薬」

レジナルド・ヒル「死は万病を癒す薬」ハヤカワ・ポケット・ミステリ

ダルジール警視のシリーズ、最新作。
爆発で生死の境をさまよった「ダルジールの死」から3ヶ月後という時期。
療養中でまだ身動きもままならぬアンディ・ダルジール警視です。
アヴァロンという高級な療養施設に入院することになり、勝手に抜け出して恋人のアマンダに怒られたりもしつつ、しだいに周囲の出来事に勘を張り巡らせていくのでした。

一方、今回のヒロインはチャーリーことシャーロット・ヘイウッド。心理学を学ぶ学生で、生きのいい女の子。
彼女が姉に出す饒舌なEメールと、ダルジールが録音したメモが交互に出てくるのが前半の趣向。互いを評する所も笑えます。

レディ・ダフネ・デナムは、地元の名士でかなり強引な年配の女性。
理想家のトム・パーカーと協力して、健康と保養を売り物に海辺の町サンディタウンを再開発、大がかりな施設を軌道に乗せようとしていました。
彼女は未亡人ですが、最初は裕福な養豚家ホリスと結婚、二度目は爵位のあるデナムと結婚して地位を得た、たくましい人。
今また、アヴァロンの院長フェルデンハマーとの結婚を望んでいました。
遺産を期待する亡夫の甥姪や貧しい親戚のコンパニオン、いがみあうホリス一族にも囲まれていたのです。

とんでもない事件が起きてからは、主任警部ピーター・パスコーや部長刑事ウィールド、女性刑事ノヴェロの視点もあり、さらに緊迫感を増していきます。
何しろ、この町にはかってパスコーを深く悩ませ、行方をくらませたフラニー・ルートが滞在していたのですから…
この事実をパスコーに告げるのをためらった、ダルジールの親心も微笑ましい。

大筋はいくらか予想も出来ましたが、すごい懲りようで細部まではとてもとても。巨匠の実力を堪能しました!
ジェイン・オースティンの「サンディトン」へのオマージュという面もあるそうで、え~っ、これだけは読んでないのよ。読まなくっちゃあ!

2008年7月31日 (木)

「ダルジールの死」

レジナルド・ヒル「ダルジールの死」早川書房

2008年3月発行。
2007年の作品だから快調な翻訳ですね。ぎょっとするタイトルですが。

8月末の休日、家でくつろいでいたパスコー警部は、緊急の呼び出しを受けます。
警戒中のビデオショップに拳銃を持った男がいたという通報。しかし、目撃したのが~あてにならないヘクタ-巡査だったために皆が甘く考えていたところ、目の前で爆破が起こり、ダルジールが重傷を負います。

自分もけがをしたパスコーですが、合同テロ防止組織CATに加わり、慣れない職場で戸惑いながらも、まるでダルジールの代わりのように、柄にもない悪態を口走りつつ奮戦。
一方、パスコーの妻エリイは新進作家としてテレビのインタビューに答え、番組中に事件に巻き込まれます。
9.11以後の世界、出兵して死んだ兵士の家族や、モスクの導師の発言など、価値観を異にする人間のせめぎ合いの激しさが生々しい。
それも含めてエンタテインメントにしてしまうのが、たくましいです。

まじめで優しいパスコーと気の強い美女エリイも、あくの強いダルジールとお似合いの個性的なキャップも、部長刑事でゲイのウィールドとその恋人も、それぞれカップルとしては愛し合う幸せな状態にあるのが救いかな。
ダルジールの臨死体験など織り込むのも、さすがヒル。
まったく~達者なもんです。

2007年7月20日 (金)

「異人館」

レジナルド・ヒル「異人館」ハヤカワ・ポケット・ミステリ

ヒルの新作が出てるっ!?~ダルジール物かと思ったら違いました。
特異な設定で、いつも以上に展開の予測が出来ない~何やり出すかわからない人なんですけどね。

舞台は現代ですが、何百年も同じ家系が暮らしているような小さな村に、自らのルーツを求めて運命的に引き寄せられた男女が主人公。
かたやスペインとイギリスの血をひいたワイン商の息子。子供の頃から幽霊を見て、召命を感じて司祭を目指すが挫折?
ヒロインはオーストラリア移民の子孫で、数学の才能がありケンブリッジに留学してきたサム。赤毛で少女のようにほっそりして生きが良く、霊感などは全く受け付けません。
水と油のような2人が出会い、お館の妖艶な孫娘などと絡みながら、すべてが筒抜けのような村で、じりじりと真相に迫っていきます。

400年前の事件と40年前の事件とが連鎖して明らかになっていくという趣向。
カトリックとプロテスタント(というかイギリス国教)の対立のあたりは、映画の「エリザベス」やアリスン・アトリーなど思い出したりしつつ読みました。
どう転ぶか全くわからない複雑な要素と、こってりと魅力的な登場人物の交錯がやがて大団円へと…面白かったです!
後味もかなりよいので、オススメ出来ます。

2006年8月11日 (金)

「真夜中への挨拶」

レジナルド・ヒル「真夜中への挨拶」ハヤカワ・ポケット・ミステリ

ダルジール警視シリーズの新作。原著は2004年発行。
1991年中東での知られざるエピソードに始まり、2002年の自殺と思われる事件の発端を読者には知らせる仕掛け。
しかも関係者はパスコー主任警部の妻エリーがその時会っていた友達の家族。
3段構えの上に、登場人物の語りが所々で入る念のいった構成が、さすがヒル。
国際的な背景がちらつき、巨悪の存在でぞっとさせます。
9.11に至る世界を意識したヒルの野心作と言えるかも知れません。
その面ではストレートで、ヒルがたまにやる猛烈にとんでもない話ではない…ような?

骨董店の主人が自殺。
密室でのことで当初は疑いないように見えますが、ダルジールが結論を急ぐのを不審に思ったパスコーは恐るべき上司に睨まれつつも捜査の手を広げます。
十年前にまったく同じやり方で自殺した父親の事件も、本当に自殺だったのか?
父親の後妻ケイは非常に魅力的な大人の女性で、あのダルジールが手もなく丸め込まれている様子…何があったのか。
そこには家族の確執だけでは済まないものが…

ダルジール、パスコー、ウィールドの3人はそれなりに安定した生活をしている時期ですね。
あくの強い巨漢ダルジールの意外な過去が明らかになり、教養があって優しすぎるほどまともなパスコーもしだいに力をつけ、岩のような外見だが几帳面で有能なウィールドの協力も欠かせない。彼らを客観的に見ている女性刑事ノヴェロの個性も面白いですよ。
前作で恋人を失い休職中のボウラーが意外な活躍、たまたま知り合った老婦人と野鳥好きで意気投合し、好感度高いです~。

原題はエミリー・ディキンソンの詩から。
色々な風に受け取れる内容が印象的でした。

その他のカテゴリー

bベスト本 i本屋大賞候補作 l本屋大賞 l直木賞 l芥川賞 l:日本エッセイスト・クラブ賞 mf:世界幻想文学大賞 mf:日本ファンタジーノベル大賞 m:CWA賞 m:MWA賞 m:このミステリーがすごい! m:アガサ賞 m:マカヴィティ賞 name:あさのあつこ name:万城目学 name:三上延 name:三浦しをん name:上橋菜穂子 name:上野千鶴子 name:中島京子 name:乾くるみ name:五木寛之 name:京極夏彦 name:仁木英之 name:今野敏 name:伊坂幸太郎 name:佐々木譲 name:佐藤多佳子 name:佐藤正午 name:佐藤賢一 name:佐野洋子 name:勝間和代 name:北村薫 name:原田マハ name:古内一絵 name:坂木司 name:坪田信貴 name:大島真寿美 name:大崎梢 name:太宰治 name:姫野カオルコ name:宇江佐真理 name:宮下奈都 name:宮部みゆき name:小川洋子 name:小川糸 name:山之口洋 name:山崎ナオコーラ name:山田詠美 name:島本理生 name:島田荘司 name:川上弘美 name:恩田陸 name:有川浩 name:朝井まかて name:朝井リョウ name:木内昇 name:杉本苑子 name:村上春樹 name:村上龍 name:村山早紀 name:村山由佳 name:東川篤哉 name:東野圭吾 name:松井今朝子 name:林真理子 name:柚木麻子 name:柳広司 name:栗田有起 name:桜庭一樹 name:梨木香歩 name:森絵都 name:森見登美彦 name:森谷明子 name:横山秀夫 name:橋本治 name:池上永一 name:津村記久子 name:海原純子 name:海堂尊 name:湊かなえ name:町田康 name:畠中恵 name:百田尚樹 name:矢崎存美 name:碧野圭 name:磯崎憲一郎 name:神田茜 name:米村圭伍 name:米澤穂信 name:綿矢りさ name:荻原規子 name:菅野雪虫 name:葉室麟 name:西加奈子 name:角田光代 name:誉田哲也 name:貴志祐介 name:辻村深月 name:近藤史恵 name:道尾秀介 name:長野まゆみ name:阿部智里 name:香山リカ name:高田郁 oその他の作家 o海外作家:C.J.ボックス o海外作家:M.C.ビートン o海外作家:P.Gウッドハウス. o海外作家:R.D.ウィングフィールド o海外作家:S.J.ローザン o海外作家:アガサ・クリスティ o海外作家:アラン・ブラッドリー o海外作家:アリアナ・フランクリン o海外作家:アリス・マンロー o海外作家:アリ・ブランドン o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス o海外作家:アンナ・マクリーン o海外作家:アン・クリーヴス o海外作家:アン・タイラー o海外作家:アン・マキャフリイ o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン o海外作家:アーロン・エルキンズ o海外作家:エミリー・ブライトウェル o海外作家:エリザベス・ギルバート o海外作家:エルスベツ・イーホルム o海外作家:エレイン・ヴィエッツ o海外作家:エレン・カシュナー o海外作家:カズオ・イシグロ o海外作家:カミラ・レックバリ o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン o海外作家:キャロル・オコンネル o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト o海外作家:ギヨーム・ミュッソ o海外作家:クリストファー・プリースト o海外作家:クレイグ・ライス o海外作家:クレオ・コイル o海外作家:ケイト・キングズバリー o海外作家:ケイト・モス o海外作家:ケイト・モートン o海外作家:ゲイル・キャリガー o海外作家:コニス・リトル o海外作家:コニー・ウィリス o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー o海外作家:コルネーリア・フンケ o海外作家:サラ・ウォーターズ o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー o海外作家:サラ・パレツキー o海外作家:シャルロッテ・リンク o海外作家:シャロン・フィファー o海外作家:シャンナ・スウェンドソン o海外作家:シャーリィ・ジャクスン o海外作家:シャーレイン・ハリス o海外作家:シャーロット・マクラウド o海外作家:ジェイソン・グッドウィン o海外作家:ジェイニー・ボライソー o海外作家:ジェイン・オースティン o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー o海外作家:ジェフリー・フォード o海外作家:ジェラルディン・ブルックス o海外作家:ジャニータ・シェリダン o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ o海外作家:ジュリー・ハイジー o海外作家:ジュンパ・ラヒリ o海外作家:ジョアン・フルーク o海外作家:ジョナサン・キャロル o海外作家:ジョン・ハート o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン o海外作家:ジョー・ウォルトン o海外作家:ジル・チャーチル o海外作家:スティーグ・ラーソン o海外作家:ステファニー・メイヤー o海外作家:スーザン・イーリア・マクニール o海外作家:スーザン・プライス o海外作家:スー・グラフトン o海外作家:タニス・リー o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ o海外作家:ダイアナ・ガバルドン o海外作家:ダン・ブラウン o海外作家:ディック・フランシス o海外作家:デイヴィッド・アーモンド o海外作家:デニス・ルヘイン o海外作家:デボラ・クロンビー o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ o海外作家:トーベ・ヤンソン o海外作家:ドナ・アンドリューズ o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ o海外作家:ドミニク・シルヴァン o海外作家:ドン・ウィンズロウ o海外作家:ナンシー・ピカード o海外作家:ネレ・ノイハウス o海外作家:ノア・ゴードン o海外作家:パウロ・コエーリョ o海外作家:パトリシア・A.マキリップ o海外作家:パトリシア・ハイスミス o海外作家:ピエール・ルメートル o海外作家:ピーター・キャメロン o海外作家:ピーター・ディキンスン o海外作家:ピーター・トレメイン o海外作家:ピーター・ラヴゼイ o海外作家:フィリッパ・グレゴリー o海外作家:フェイ・ケラーマン o海外作家:フランセス・ファイフィールド o海外作家:フレッド・ヴァルガス o海外作家:ヘイリー・リンド o海外作家:ヘニング・マンケル o海外作家:ベリンダ・バウアー o海外作家:ベルンハルト・シュリンク o海外作家:ポール・ドハティ o海外作家:マイクル・コナリー o海外作家:マーガレット・アトウッド o海外作家:マーセデス・ラッキー o海外作家:ミネット・ウォルターズ o海外作家:ミュリエル・バルベリ o海外作家:メアリ・W.ウォーカー o海外作家:メグ・ガーディナー o海外作家:メグ・キャボット o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン o海外作家:リサ・クレイパス o海外作家:リチャード・ノース・パタースン o海外作家:リース・ボウエン o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ o海外作家:レジナルド・ヒル o海外作家:レスリー・メイヤー o海外作家:レーネ・レヘトライネン o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド o海外作家:ロビン・ホブ o海外作家:ローズマリ・サトクリフ o海外作家:ローズマリー・マーティン o海外作家:ローナ・バレット o海外作家:ローラ・チャイルズ o海外作家:ローラ・リップマン o海外作家:ローリー・キング o海外作家:ローレンス・ブロック o海外作家:ヴィヴェカ・ステン o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア お人形 お人形着物 お茶 アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング コージー ジェイドール ジェニー スイーツ ドールmomoko ドールmomoko洋服 ドール・ドレス ドール:Misaki ドール:SD ドール:シドニー ドール:ピュアニーモ ドール:プーリップ ドール:ユノアクルス・アズライト バービー ファッション ファンタジー フィギュアスケート ベスト本 ミステリ リカちゃん ロマンス 介護 作品 健康・ダイエット 児童書・YA 動物 国内作家:あ行 国内作家:か行 国内作家:さ行 国内作家:た行 国内作家:な行 国内作家:は行 国内作家:ま行 国内作家:や行 国内作家:ら行 国内作家:わ行 国内小説 家事 日記 映画・テレビ 書籍・雑誌 歴史もの 海外小説 病気体験 着物 経済・政治・国際 絵本 舞台・バレエ 言葉・歌 評論・エッセイ SF

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ