フォト

おすすめ本

2013年1月 4日 (金)

「蜩ノ記」

葉室麟「蜩ノ記」祥伝社

直木賞受賞作。
十年後に切腹という沙汰を受けた武士のもとへ送られた青年は…

豊後・羽根藩。
奥祐筆を勤める青年・壇野庄三郎は、思わぬ事で同僚と諍いになり、相手に怪我をさせてしまう。
城中での刃傷では切腹になりかねないところ、家老の計らいで向山村に遣わされたのです。
幽閉中の元・郡奉行、戸田秋谷の仕事の手伝いをし、実は見張る役目でした。
秋谷は七年前、前藩主の側室と不義密通を犯し、小姓を切り捨てたという。
家譜編纂が途中だったのを惜しまれ、それが終わるまでと十年後の切腹を命じられていました。

秋谷はそんなことをするように見えず、どんな事情があったのか、庄三郎は調べ始めます。
十年後の切腹という不可解な裁断の意味も…
あるいは、前藩主が生きていれば許す予定であったのかもしれない?

友を傷つけたことを悔いている庄三郎。
淡々と暮らしている秋谷、覚悟を決めているらしい妻、悲しみをこらえている娘、事情を知り始めた幼い息子。
こういう事情では家族は別に暮らす方が普通でしたが、妻は一緒に暮らすことを選んでいました。

年貢に喘ぐ農民たちの間には一揆の動きもあり、殺人まで起こります。
かって郡奉行だった秋谷は、村人に信頼されていました。
今は立場上、表だっては動けないが、一揆を起こせば農民は必ず罪に問われて命がないのを案じて、止めに入るのです。

秋谷の言動に感銘を受ける庄三郎。
家譜編纂を手伝ううちに、何かが隠されていることを突き止められるのでは思い始めます。
そこには、お家相続に絡む秘密が…?

落ちついた筆致で、登場人物も、出来事も、バランスよく描かれています。
色々な事情を腹に飲み込んで死に赴く秋谷。
本当にどうしても避けられないことだったのかと現代の感覚では思いますが。
家老とも一度は対決し、後のことも道筋を付けて、それなりに納得していたのだろうとは思えます。
静謐な印象が残り、救いもある後味で、お見事でした。

2012年7月21日 (土)

「冬姫」

葉室麟「冬姫」集英社

直木賞候補に何度か挙がり、先頃受賞もした葉室さん。
こちらは、織田信長の娘の冬姫を描いた作品です。

冬姫は1557年頃の生まれ。
信長の大勢いる子供の一人で、母を早く亡くしたため後ろ盾もなく、あまり有名ではありませんが。
信長に似た気性で、夫・蒲生忠三郎(のちの氏郷)も見所があると信長に見込まれていた?という想定。
章ごとに作者が物語を発想した理由もわかるような書き方で、資料や後の出来事に触れ、歴史好きの心をそそります。

しかし信長のネーミングセンスって。
長男に奇妙丸、側室に鍋の方、娘に五徳…
冬姫は良い方ですね。
正妻の帰蝶は子供もなく、美濃を滅ぼされてから信長との間が冷えている様子でした。
鍋の方は側室ですが、信長が最も愛した亡き吉乃に似た美貌で、勢力がありました。
先夫を亡くして子供を取り返すために信長を頼ってきたのですが、のちに冬姫の夫となった相手は、先夫の仇の孫。
蒲生家に怨みがあるため、冬姫のことも快く思いません。
そして、冬姫の身に起こる怪しい出来事は…?

家康の長男・信康に嫁いだのが、五徳。
信長が最も愛した吉乃の娘で、冬姫から見れば別格な扱いを受けていました。
元亀3年、五徳が三月も寝込んだというので毒でも盛られているのではと疑った信長が、15歳になった冬姫を見舞いに差し向けます。
護衛代わりに、相撲取りをつけて。
築山殿が姑で、蜘蛛合戦を強いるという~五徳が受けていた妙な意地悪が冬姫にも回ってきます。
築山殿の心中も、案外寂しいものだった様子が描かれます。
この7年後に起きた築山殿の事件も、この頃のことが遠因では、と。

信長の正妻・帰蝶も意外な存在感。
冬姫には、出生の秘密が…?

天正十年(1582年)六月、安土城そっくりの細工物が届けられます。
安土城を設計した者の弟子が作った物で、城の正確な構造は軍事機密になるため、うかつな所には置けないと冬姫のもとに来たのです。
安土城にいるかのような幻覚を見て、父・信長の声を聞く冬姫に、異変の知らせが。
秀吉は、悪い秀吉と良い秀吉の二人いるかのような二面性があると感じていた冬姫ですが、秀吉の側につくと宣言します。

北庄の落城の際には、三姉妹を城から連れ出す役割を担う冬姫。
淀君のライバル意識というのも~わかるような不思議なような。
信長の姪であることが誇りなら、信長の娘がいては目障り…?

冬姫の夫は見た目も良く、利休の高弟の一人でもあり、キリシタンになったという。
冬姫は戦国時代には珍しく幸せな妻だったみたいな…だからこれまであまり描かれていなかった?!
秀吉は高山右近を追放したのちに後悔したのか、他のキリシタン大名については厳密な棄教を強いなかったので、助かったとか。
キリシタン故に、細川ガラシャとも関わりが出来ていきます。

忍びでもある侍女のもずと、護衛の大男・又蔵を従えて、危機をかいくぐりながら生きのびていく冬姫。
朝鮮出兵する秀吉に諌言しようとした氏郷は、毒を盛られたらしく病に倒れます。
醍醐の花見が、ラストの盛り上がり。

蒲生家は息子が跡を継ぎ、冬姫は長生きしますが、蒲生家はどうも早死にの家系で、冬姫が生きているうちに1634年大名家としては絶えてしまうのですが。
そうだったのか…
会津の親戚が住む土地に蒲生っていう所があったわ、そういえば。

きつい女性が多い印象だけど、戦国時代ならやむを得ないかも。
姫君それぞれの鮮烈な印象が残りました。

著者は、1951年北九州小倉市生まれ。
地方紙記者などを経て、2005年作家デビュー。
この作品は、2010年から連載、2011年12月単行本発行。
これまでとは少し違った印象で、新境地だったのでしょう。

2010年11月10日 (水)

「柚子の花咲く」

葉室麟「柚子の花咲く」朝日新聞出版

葉室さんの時代小説です。
江戸時代、藩には藩校という学校がありました。
とはいえ、予算の関係などで、数は多くありません。
村塾で15歳までは学ぶのですが、先生のなり手も少ない状態でした。

「桃栗三年、柿八年、柚は九年で花が咲く、梨の大馬鹿十八年」というのが口癖だった恩師。
筒井恭平は日坂藩の青葉堂村塾で、梶与五郎という先生に習っていました。
ふだんは川で一緒に釣りをしたり、よく遊べといわんばかりのお気楽な先生だったのですが、藩校へ上がる段になって、みっちり仕込んでくれて、春の試験で8番となります。

成長して群方となった恭平は、恩師の梶が死んだことを知らされます。
人妻を伴っていたため、その夫に女敵討ちになったという意外な話に驚愕。
折しも、洪水で川の流れが変わり、隣の藩との境界を巡って争いが起きていた時期。
梶与五郎は、その根拠となる書類を持って訴え出ようとしていたという…
これは何かある?
同じ村塾の出の穴見孫六は、藩校に行くときに4番だった仲間。
自分の知っていることからもこれは怪しいと睨み、探りに行くのですが…

孫六もまた、何者かに切られてしまう。
恭平は、鵜ノ島藩の事情を探る命を受けますが、これでは、かなり危険な任務。
鵜ノ島藩の家老・永井兵部は与五郎の実父だと知ります。
与五郎こと永井清助は若い頃には放蕩者だったため、勘当されたというのですが。かっての婚約者を連れ出したのか?

恭平は学問よりは腕に自信があり、竹を割ったような性格。
大百姓の娘で村塾でも出来が良かったおように、ほのかな想いを抱いていましたが、身分違いでかなうわけがないと思っていました。
仕事中に再会して、おようの夫から思いがけないことを言われます。
任務は危険でスリルいっぱいですが、幼なじみや村塾の子供らなどの存在が効いています。
いきいきと描けていて、一気に読めました。

2010年4月 9日 (金)

「花や散るらん」

葉室麟「花や散るらん」文藝春秋

直木賞候補作家ということで読み始めた作家さん。
「秋月記」がなかなかよかったので~これも142回の候補になりました。
出だしが駆け足で、ちょっと妙に思いましたが~「いのちなりけり」という作品(未読)の続編だからのようです。


五代将軍・綱吉の時代。
村でのひっそりした暮らしを選んだ浪人・雨宮蔵人と、その妻・咲弥。
楚々として美しい咲弥は、かって水戸徳川家の大奥取り締まりを勤めたこともある教養豊かな女性なのです。
親の決めた夫に不満を感じて離れたこともありましたが、今は幼い娘を囲んで和やかに暮らしていました。

二人はそれぞれに、将軍生母の従一位叙任を巡って暗躍する動きに巻き込まれます。
親孝行な綱吉は、高齢の母にぜひとも最高位の従一位を貰いたい。
けれども生母の出自が低すぎて~京都の八百屋の娘だったことが知れ渡っているために、朝廷はなかなかうんとは言わない。
公家に脅しをかけるために、吉良上野介がある手段をとります。
それに対して、御台所をはじめとする京都から来た大奥の女性達は怒りを覚え、事態は緊迫します。
咲弥は、説得のために大奥へ送り込まれることに。

朝廷への工作と大奥内部の対立はなかなかあざとく、せめぎ合う様がリアルです。
ドラマで見た人間関係をあれこれ思い浮かべつつ、読みました。
赤穂浪士の討ち入りの裏話としても、面白い。
内匠頭の人間像やすぐ切腹になった理由など、けっこうそれらしく描かれていて、討ち入りへ向かう心理も興味深く読めます。

2009年10月17日 (土)

「秋月記」

葉室麟「秋月記」角川グループパブリッシング

福岡藩から分かれた小藩・秋月藩。
内部の対立や、福岡との駆け引きが、ありありと描かれます。
汚名をきて追放される家老の真実とは…?

筑前秋月藩士・間余楽斉(はざま・よらくさい)は権勢をふるった家老でしたが、59歳で幽閉されることになります。
ところが、意外に恬淡とした様子。
「臆病者だったので、これで肩の荷が下りた」と…

幼い頃は小四郎という名前で、兄と違って気の小さい子でした。
特に一度、犬に吠えられて立ちすくみ、妹を助けに戻れなかったことが悔いとなっていました。
その後に妹が病気でなくなってしまったから余計だったのです。

小四郎は真面目に勉学に励んで好青年へと成長していき、やがては、豪腕を誇る家老を追い落とす一派の立役者となっていくのですが…
さらに後には、自分が同じような悪役をおわされる…皮肉というのか、小藩の家老の宿命という面もあるのでしょうか。

藩の苦しい経営や、勢力争いはサラリーマン向きの内容かも?
要所々々にはチャンバラも。
ばらばらになっていた旧友が駆けつける所など、盛り上がります。
わかりやすく、しっかり書き込まれている正統派の読み応えでした。

作者は1951年福岡県北九州市生まれ。
地方紙記者などを経て2005年デビュー。
この作品は第141回直木賞の候補になりました。

その他のカテゴリー

bベスト本 i本屋大賞候補作 l本屋大賞 l直木賞 l芥川賞 l:日本エッセイスト・クラブ賞 mf:世界幻想文学大賞 mf:日本ファンタジーノベル大賞 m:CWA賞 m:MWA賞 m:このミステリーがすごい! m:アガサ賞 m:マカヴィティ賞 name:あさのあつこ name:万城目学 name:三上延 name:三浦しをん name:上橋菜穂子 name:上野千鶴子 name:中島京子 name:乾くるみ name:五木寛之 name:京極夏彦 name:仁木英之 name:今野敏 name:伊坂幸太郎 name:佐々木譲 name:佐藤多佳子 name:佐藤正午 name:佐藤賢一 name:佐野洋子 name:勝間和代 name:北村薫 name:原田マハ name:古内一絵 name:坂木司 name:坪田信貴 name:大島真寿美 name:大崎梢 name:太宰治 name:姫野カオルコ name:宇江佐真理 name:宮下奈都 name:宮部みゆき name:小川洋子 name:小川糸 name:山之口洋 name:山崎ナオコーラ name:山田詠美 name:島本理生 name:島田荘司 name:川上弘美 name:恩田陸 name:有川浩 name:朝井まかて name:朝井リョウ name:木内昇 name:杉本苑子 name:村上春樹 name:村上龍 name:村山早紀 name:村山由佳 name:東川篤哉 name:東野圭吾 name:松井今朝子 name:林真理子 name:柚木麻子 name:柳広司 name:栗田有起 name:桜庭一樹 name:梨木香歩 name:森絵都 name:森見登美彦 name:森谷明子 name:横山秀夫 name:橋本治 name:池上永一 name:津村記久子 name:海原純子 name:海堂尊 name:湊かなえ name:町田康 name:畠中恵 name:百田尚樹 name:矢崎存美 name:碧野圭 name:磯崎憲一郎 name:神田茜 name:米村圭伍 name:米澤穂信 name:綿矢りさ name:荻原規子 name:菅野雪虫 name:葉室麟 name:西加奈子 name:角田光代 name:誉田哲也 name:貴志祐介 name:辻村深月 name:近藤史恵 name:道尾秀介 name:長野まゆみ name:阿部智里 name:香山リカ name:高田郁 oその他の作家 o海外作家:C.J.ボックス o海外作家:M.C.ビートン o海外作家:P.Gウッドハウス. o海外作家:R.D.ウィングフィールド o海外作家:S.J.ローザン o海外作家:アガサ・クリスティ o海外作家:アラン・ブラッドリー o海外作家:アリアナ・フランクリン o海外作家:アリス・マンロー o海外作家:アリ・ブランドン o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス o海外作家:アンナ・マクリーン o海外作家:アン・クリーヴス o海外作家:アン・タイラー o海外作家:アン・マキャフリイ o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン o海外作家:アーロン・エルキンズ o海外作家:エミリー・ブライトウェル o海外作家:エリザベス・ギルバート o海外作家:エルスベツ・イーホルム o海外作家:エレイン・ヴィエッツ o海外作家:エレン・カシュナー o海外作家:カズオ・イシグロ o海外作家:カミラ・レックバリ o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン o海外作家:キャロル・オコンネル o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト o海外作家:ギヨーム・ミュッソ o海外作家:クリストファー・プリースト o海外作家:クレイグ・ライス o海外作家:クレオ・コイル o海外作家:ケイト・キングズバリー o海外作家:ケイト・モス o海外作家:ケイト・モートン o海外作家:ゲイル・キャリガー o海外作家:コニス・リトル o海外作家:コニー・ウィリス o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー o海外作家:コルネーリア・フンケ o海外作家:サラ・ウォーターズ o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー o海外作家:サラ・パレツキー o海外作家:シャルロッテ・リンク o海外作家:シャロン・フィファー o海外作家:シャンナ・スウェンドソン o海外作家:シャーリィ・ジャクスン o海外作家:シャーレイン・ハリス o海外作家:シャーロット・マクラウド o海外作家:ジェイソン・グッドウィン o海外作家:ジェイニー・ボライソー o海外作家:ジェイン・オースティン o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー o海外作家:ジェフリー・フォード o海外作家:ジェラルディン・ブルックス o海外作家:ジャニータ・シェリダン o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ o海外作家:ジュリー・ハイジー o海外作家:ジュンパ・ラヒリ o海外作家:ジョアン・フルーク o海外作家:ジョナサン・キャロル o海外作家:ジョン・ハート o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン o海外作家:ジョー・ウォルトン o海外作家:ジル・チャーチル o海外作家:スティーグ・ラーソン o海外作家:ステファニー・メイヤー o海外作家:スーザン・イーリア・マクニール o海外作家:スーザン・プライス o海外作家:スー・グラフトン o海外作家:タニス・リー o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ o海外作家:ダイアナ・ガバルドン o海外作家:ダン・ブラウン o海外作家:ディック・フランシス o海外作家:デイヴィッド・アーモンド o海外作家:デニス・ルヘイン o海外作家:デボラ・クロンビー o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ o海外作家:トーベ・ヤンソン o海外作家:ドナ・アンドリューズ o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ o海外作家:ドミニク・シルヴァン o海外作家:ドン・ウィンズロウ o海外作家:ナンシー・ピカード o海外作家:ネレ・ノイハウス o海外作家:ノア・ゴードン o海外作家:パウロ・コエーリョ o海外作家:パトリシア・A.マキリップ o海外作家:パトリシア・ハイスミス o海外作家:ピエール・ルメートル o海外作家:ピーター・キャメロン o海外作家:ピーター・ディキンスン o海外作家:ピーター・トレメイン o海外作家:ピーター・ラヴゼイ o海外作家:フィリッパ・グレゴリー o海外作家:フェイ・ケラーマン o海外作家:フランセス・ファイフィールド o海外作家:フレッド・ヴァルガス o海外作家:ヘイリー・リンド o海外作家:ヘニング・マンケル o海外作家:ベリンダ・バウアー o海外作家:ベルンハルト・シュリンク o海外作家:ポール・ドハティ o海外作家:マイクル・コナリー o海外作家:マーガレット・アトウッド o海外作家:マーセデス・ラッキー o海外作家:ミネット・ウォルターズ o海外作家:ミュリエル・バルベリ o海外作家:メアリ・W.ウォーカー o海外作家:メグ・ガーディナー o海外作家:メグ・キャボット o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン o海外作家:リサ・クレイパス o海外作家:リチャード・ノース・パタースン o海外作家:リース・ボウエン o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ o海外作家:レジナルド・ヒル o海外作家:レスリー・メイヤー o海外作家:レーネ・レヘトライネン o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド o海外作家:ロビン・ホブ o海外作家:ローズマリ・サトクリフ o海外作家:ローズマリー・マーティン o海外作家:ローナ・バレット o海外作家:ローラ・チャイルズ o海外作家:ローラ・リップマン o海外作家:ローリー・キング o海外作家:ローレンス・ブロック o海外作家:ヴィヴェカ・ステン o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア お人形 お人形着物 お茶 アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング コージー ジェイドール ジェニー スイーツ ドールmomoko ドールmomoko洋服 ドール・ドレス ドール:Misaki ドール:SD ドール:シドニー ドール:ピュアニーモ ドール:プーリップ ドール:ユノアクルス・アズライト バービー ファッション ファンタジー フィギュアスケート ベスト本 ミステリ リカちゃん ロマンス 介護 作品 健康・ダイエット 児童書・YA 動物 国内作家:あ行 国内作家:か行 国内作家:さ行 国内作家:た行 国内作家:な行 国内作家:は行 国内作家:ま行 国内作家:や行 国内作家:ら行 国内作家:わ行 国内小説 家事 日記 映画・テレビ 書籍・雑誌 歴史もの 海外小説 病気体験 着物 経済・政治・国際 絵本 舞台・バレエ 言葉・歌 評論・エッセイ SF

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ