フォト

おすすめ本

2014年5月18日 (日)

「昭和の犬」

姫野カオルコ「昭和の犬」幻冬舎

直木賞受賞作。

滋賀県で育ち、暗い家庭から脱出するように東京の大学に入った柏木イクという女性の50歳前までの話。
自伝的小説です。

父親は突然、理不尽に「割れた」ような怒り方をする。シベリア抑留が長く、悲惨な体験をしたのでしょう。
そんな夫に絶望している母親もどこか壊れていました。
イクは幼い頃はあちこちに預けられ、教会の託児所から移った初めての我が家は、仮設事務所だったので安く借りられたもの。
山中に一軒だけ建つ、「ララミー牧場」の家のようだと思うのでした。
家には迷い込んだトンという黒い犬と、シャアという猫がいました。
シャアは人懐こく優しい気立てだったので、イクは犬と猫の性質を逆に感じて育ちます。

身近にはいつも犬がいました。
ただし、当時は犬を飼うといっても、繋ぐことさえするとは限らず、名前をつけて餌をやれば飼っているという。餌も残飯を与えるだけ。 父親は犬に言うことを聞かせることが出来て、それは初めて会うドーベルマンですらそうだったのです。 (犬が主人と認めるような権威を発散していたのでしょうね)

そんな父のやり方を見ていたせいで、犬の扱いが上手いイク。
何のとりえもないと感じていましたが、学生時代に貸間を転々として住んでいるときに大家の飼っている犬の世話をしたり、何かと関わっていました。
就職して住んだ家の大家の初音清香はお嬢ちゃまがおばちゃまになったような女性で、白い小型犬(ビションフリーゼ)のベルに洋服を着せて室内で飼っていたのです。
そういう犬を初めて見たイクは違和感を覚える。 まだ珍しい時代だったんですね。
だんだん懐かれると、かわいくなってくるのですが。

イクが35のときに父はなくなり、その後5年間は人が変わったように母は明るくなりました。 だがその後は病気になり、人が変わったのも病気ゆえの変調だったのかと思われました。
両親がやや高齢だったので介護で往復するのも早い時期からあり、下宿先の初音家に病人がいたせいもあってか、どこか暗い印象を持たれるイク。
子供の頃飼っていた犬ペーにそっくりなマロンという犬に出会います。 思わずすぐに手を出して撫でたら、犬のほうもふしぎと嫌がらない。
連れていた老人が散歩で通りかかる時間を見計らい、10分ほど犬と遊ぶ時間を過ごすことになります。

ある日、ふとこれまでを振り返り、特別でない日々を送ってきた自分が幸せだったと感じます。
父を苦しめた戦争を経験することもなく、平凡に生きてこられた。
そこに犬がいたせいで、父も母も癒されたことがあったのだろうと。
ラストで幸福感が溢れるようになるとは、これまでの淡々として苦味のある描写からは予測していませんでした!

親を見送った後の感慨というのは、実感としておおいに理解できます。
作者とは世代が近く、テレビ番組はわかる方が多いし、犬の飼い方の変化もまさしく!かなり知っています。
作者に比べると生まれたところが都市部なので状況も違い、ずっとのほほんとした育ちなので、申しわけないぐらい幸せに感じますが(違う苦労はあるにしても)。

「ハルカ・エイティ」と「リアル・シンデレラ」を前に読んでいます。
どちらも直木賞候補作で、女性の半生記という点は共通。 自伝ではないためか、この作品よりも優しい穏やかな筆致でした。
作品リストを見ると、もっと挑発的で強烈なタイトルが多いのですが、そうでないのを読んだようです。
この作品はやや離れた視点から幼い日のことを眺めていて、その冷静さがいいですね。
感情移入したい人には、あるいはややとっつきにくいのかも知れませんが。
感情がないかのように生きているイクに、実は大きく感情が動いていることが端々に見受けられるのが、読んでいて胸の詰まるところです。
犬のことをべったりと書いてはいないのが、犬を飼ったことのない人には入りやすいのか?わかりやすいのかどうなのか。
猫も犬もべたべた可愛がって育ててきた自分だったら、嫌いな人には付いてこれないぐらい甘い話を書きそうです(笑)

2010年9月14日 (火)

「ツ、イ、ラ、ク」

姫野カオルコ「ツ、イ、ラ、ク」角川文庫

恋は落ちるもの…
最高傑作という評判を知って~読んでみました。
ある地方都市で育つ~小学校から同級の、数人の仲間達の恋愛模様が描かれます。
かなり古い話のようにもとれる出だしで、世代によって好きなように共感できる仕組み。

お金持ちのお嬢様で長身、クラス一の美人で鷹揚な岩崎京美。
京美をたてながら子供なりに権力をふるう、大人びた統子。
小柄で可愛い、家庭科の得意な~ハルこと温子。
特に取り柄はないが自分を知る、穏やかな頼子。
一人の世界を持ち、本気で群れに入らない森本隼子。
ずっと鍵っ子で、一人でテレビを見たり絵を描いたりしている空想好きな少女は、地味だがそれなりに早熟でもあったのでした。

クラスのまとめ役の太田君は、京美と公認のカップルとして小学校時代から互いにも認め合いますが、幼すぎて付き合い出すには年月がかかります。そのうち、意外な展開が?
お調子者だけど奥手な男子や、いそうな面々の中学時代。
幼い思いこみがおかしいけど、それぞれに生々しい性の目覚めも。

中学の先生らの妙なキャラは、意外に実際にもこんな先生っていたなあと思い当たります。
…どこにでもいるのか??
新任のハンサムな先生、ってのだけはいなかったけど!

転校生や憧れの先生のことを騒ぎながら、心配かけたり怒られたりはしつつも、無邪気に過ぎていきそうな中学時代。
が、思いも寄らぬ破滅的な恋と、ストーカーのような憎しみに…
かなり悲惨な体験も織り込みつつ。
細かい描写がリアルです。

30代になってからの再会と許しもくわえて、その後の彼らの姿がわかります。
気分良く読み終えられました。

2006年4月22日 (土)

「ハルカ・エイティ」

姫野カオルコ「ハルカ・エイティ」文藝春秋

初めて読んだ作家さんですが、作品毎にテーマや文体を変えているそうです。
この作品は、ハルカという女性の一代記。
かなり分かり易い方なのかも知れない?
戦前に生まれて人並みの苦労はしつつ、80過ぎても若々しくボーイフレンドが出来るような現在の姿から、過去へと遡ります。

ハルカさんは、うちの母より少しだけど上の年代にしては、かなりモダンでお元気ですね~。
校長の娘で師範学校を出たのも、たまたま母と同じなんですが(昔は女性の職は少ないので、ある程度の確率はありますね)

ヒロインは生まれつき長身で健やか、ごく普通というよりは恵まれた資質があって良い家庭で育ち、戦後に幼稚園の園長という適職を得た、ということも大きいかな~。
戦争中に見合いですぐ決まった結婚をし、空襲で家を焼かれ、夫は何度か浮気をするんですが、それも天性の気だての良さを力づくで歪めるほどの苦労ではなかったわけで。
時代設定など、ちょっと高村さんの「晴子情歌」に似ていますが、結婚のいきさつなどがかなり違うせいもあって空気感が違います。
何かもっと波乱の一生なのかと思っていたら、ごくまともで淡々としているので、中盤これは何を書きたい話なのだろうと謎に思っておりました。
自分も不倫の恋を経験し、それも案外夫を理解する役に立ってけっこう良い夫婦であったあたり、面白く読めました。

あとがきで作者の伯母がモデルと知り、納得…そういうことだったのか~。
こういう作品があっても良いと思うけど、伯母さんへの敬意が遠慮になっているのか、事実を描く距離感のせいか、小説ならではの発酵度が低いみたいなんですよ。
子供心に遠巻きに見ているだけでも励まされる存在だったそうです。
出来るならこんなオバアサン(といっては失礼か?)になりたいものですね。

その他のカテゴリー

bベスト本 i本屋大賞候補作 l本屋大賞 l直木賞 l芥川賞 l:日本エッセイスト・クラブ賞 mf:世界幻想文学大賞 mf:日本ファンタジーノベル大賞 m:CWA賞 m:MWA賞 m:このミステリーがすごい! m:アガサ賞 m:マカヴィティ賞 name:あさのあつこ name:万城目学 name:三上延 name:三浦しをん name:上橋菜穂子 name:上野千鶴子 name:中島京子 name:乾くるみ name:五木寛之 name:京極夏彦 name:仁木英之 name:今野敏 name:伊坂幸太郎 name:佐々木譲 name:佐藤多佳子 name:佐藤正午 name:佐藤賢一 name:佐野洋子 name:勝間和代 name:北村薫 name:原田マハ name:古内一絵 name:坂木司 name:坪田信貴 name:大島真寿美 name:大崎梢 name:太宰治 name:姫野カオルコ name:宇江佐真理 name:宮下奈都 name:宮部みゆき name:小川洋子 name:小川糸 name:山之口洋 name:山崎ナオコーラ name:山田詠美 name:島本理生 name:島田荘司 name:川上弘美 name:恩田陸 name:有川浩 name:朝井まかて name:朝井リョウ name:木内昇 name:杉本苑子 name:村上春樹 name:村上龍 name:村山早紀 name:村山由佳 name:東川篤哉 name:東野圭吾 name:松井今朝子 name:林真理子 name:柚木麻子 name:柳広司 name:栗田有起 name:桜庭一樹 name:梨木香歩 name:森絵都 name:森見登美彦 name:森谷明子 name:横山秀夫 name:橋本治 name:池上永一 name:津村記久子 name:海原純子 name:海堂尊 name:湊かなえ name:町田康 name:畠中恵 name:百田尚樹 name:矢崎存美 name:碧野圭 name:磯崎憲一郎 name:神田茜 name:米村圭伍 name:米澤穂信 name:綿矢りさ name:荻原規子 name:菅野雪虫 name:葉室麟 name:西加奈子 name:角田光代 name:誉田哲也 name:貴志祐介 name:辻村深月 name:近藤史恵 name:道尾秀介 name:長野まゆみ name:阿部智里 name:香山リカ name:高田郁 oその他の作家 o海外作家:C.J.ボックス o海外作家:M.C.ビートン o海外作家:P.Gウッドハウス. o海外作家:R.D.ウィングフィールド o海外作家:S.J.ローザン o海外作家:アガサ・クリスティ o海外作家:アラン・ブラッドリー o海外作家:アリアナ・フランクリン o海外作家:アリス・マンロー o海外作家:アリ・ブランドン o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス o海外作家:アンナ・マクリーン o海外作家:アン・クリーヴス o海外作家:アン・タイラー o海外作家:アン・マキャフリイ o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン o海外作家:アーロン・エルキンズ o海外作家:エミリー・ブライトウェル o海外作家:エリザベス・ギルバート o海外作家:エルスベツ・イーホルム o海外作家:エレイン・ヴィエッツ o海外作家:エレン・カシュナー o海外作家:カズオ・イシグロ o海外作家:カミラ・レックバリ o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン o海外作家:キャロル・オコンネル o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト o海外作家:ギヨーム・ミュッソ o海外作家:クリストファー・プリースト o海外作家:クレイグ・ライス o海外作家:クレオ・コイル o海外作家:ケイト・キングズバリー o海外作家:ケイト・モス o海外作家:ケイト・モートン o海外作家:ゲイル・キャリガー o海外作家:コニス・リトル o海外作家:コニー・ウィリス o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー o海外作家:コルネーリア・フンケ o海外作家:サラ・ウォーターズ o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー o海外作家:サラ・パレツキー o海外作家:シャルロッテ・リンク o海外作家:シャロン・フィファー o海外作家:シャンナ・スウェンドソン o海外作家:シャーリィ・ジャクスン o海外作家:シャーレイン・ハリス o海外作家:シャーロット・マクラウド o海外作家:ジェイソン・グッドウィン o海外作家:ジェイニー・ボライソー o海外作家:ジェイン・オースティン o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー o海外作家:ジェフリー・フォード o海外作家:ジェラルディン・ブルックス o海外作家:ジャニータ・シェリダン o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ o海外作家:ジュリー・ハイジー o海外作家:ジュンパ・ラヒリ o海外作家:ジョアン・フルーク o海外作家:ジョナサン・キャロル o海外作家:ジョン・ハート o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン o海外作家:ジョー・ウォルトン o海外作家:ジル・チャーチル o海外作家:スティーグ・ラーソン o海外作家:ステファニー・メイヤー o海外作家:スーザン・イーリア・マクニール o海外作家:スーザン・プライス o海外作家:スー・グラフトン o海外作家:タニス・リー o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ o海外作家:ダイアナ・ガバルドン o海外作家:ダン・ブラウン o海外作家:ディック・フランシス o海外作家:デイヴィッド・アーモンド o海外作家:デニス・ルヘイン o海外作家:デボラ・クロンビー o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ o海外作家:トーベ・ヤンソン o海外作家:ドナ・アンドリューズ o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ o海外作家:ドミニク・シルヴァン o海外作家:ドン・ウィンズロウ o海外作家:ナンシー・ピカード o海外作家:ネレ・ノイハウス o海外作家:ノア・ゴードン o海外作家:パウロ・コエーリョ o海外作家:パトリシア・A.マキリップ o海外作家:パトリシア・ハイスミス o海外作家:ピエール・ルメートル o海外作家:ピーター・キャメロン o海外作家:ピーター・ディキンスン o海外作家:ピーター・トレメイン o海外作家:ピーター・ラヴゼイ o海外作家:フィリッパ・グレゴリー o海外作家:フェイ・ケラーマン o海外作家:フランセス・ファイフィールド o海外作家:フレッド・ヴァルガス o海外作家:ヘイリー・リンド o海外作家:ヘニング・マンケル o海外作家:ベリンダ・バウアー o海外作家:ベルンハルト・シュリンク o海外作家:ポール・ドハティ o海外作家:マイクル・コナリー o海外作家:マーガレット・アトウッド o海外作家:マーセデス・ラッキー o海外作家:ミネット・ウォルターズ o海外作家:ミュリエル・バルベリ o海外作家:メアリ・W.ウォーカー o海外作家:メグ・ガーディナー o海外作家:メグ・キャボット o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン o海外作家:リサ・クレイパス o海外作家:リチャード・ノース・パタースン o海外作家:リース・ボウエン o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ o海外作家:レジナルド・ヒル o海外作家:レスリー・メイヤー o海外作家:レーネ・レヘトライネン o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド o海外作家:ロビン・ホブ o海外作家:ローズマリ・サトクリフ o海外作家:ローズマリー・マーティン o海外作家:ローナ・バレット o海外作家:ローラ・チャイルズ o海外作家:ローラ・リップマン o海外作家:ローリー・キング o海外作家:ローレンス・ブロック o海外作家:ヴィヴェカ・ステン o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア お人形 お人形着物 お茶 アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング コージー ジェイドール ジェニー スイーツ ドールmomoko ドールmomoko洋服 ドール・ドレス ドール:Misaki ドール:SD ドール:シドニー ドール:ピュアニーモ ドール:プーリップ ドール:ユノアクルス・アズライト バービー ファッション ファンタジー フィギュアスケート ベスト本 ミステリ リカちゃん ロマンス 介護 作品 健康・ダイエット 児童書・YA 動物 国内作家:あ行 国内作家:か行 国内作家:さ行 国内作家:た行 国内作家:な行 国内作家:は行 国内作家:ま行 国内作家:や行 国内作家:ら行 国内作家:わ行 国内小説 家事 日記 映画・テレビ 書籍・雑誌 歴史もの 海外小説 病気体験 着物 経済・政治・国際 絵本 舞台・バレエ 言葉・歌 評論・エッセイ SF

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ