フォト

おすすめ本

2017年6月24日 (土)

「コンビニ人間」

村田沙耶香「コンビニ人間」文藝春秋

2016年上期、第155回芥川賞受賞作。
コンビニに勤め続ける女性が主人公。

古倉恵子は36歳、独身。
子供の頃から変わっていて、周囲に驚愕されること度々。
できるだけ普通のふりをしているのだけど、家族には心配されてきました。
わかりやすい文章で、大げさなこともなく、読みやすいですね。
変わっているエピソードと、普通のふりをする方法が芥川賞的かも。

幸い、恵子はコンビニのバイトが性に合い、大学卒業後も就職せずにバイトを続けて、18年目になります。
マニュアルが決まっているとはいえ、プロとして有能なので~
読んでいて、いいじゃないの~何が悪いの?って気分に。
発達障害というタイプに相当するのでしょうが‥そう一口に言っても、それぞれ個性が違うわけで。

新入りの男性・白羽がやってきて、これがなんとも理屈っぽいうえに、店員としては困ったやつ。
あっさり切り捨てることなく、白羽の話を聞く恵子さん。
恋愛経験のない恵子は、男性と暮らしていたら周りを安心させられるかと、同居することを思いつく‥
おいおい?

ここまで変わってはいないにしても、恋愛経験の少ない女性が見合いしたり、ふとしたきっかけで付き合い始める時ってねえ、周りからのプレッシャーやその場の成り行きかもしれない。
自分だって、変わっている部分だけをより出して書いたら、けっこう通じるものがあるのだろうか?などと考えてみたり。いやタイプはぜんぜん違うけど。

同調圧力って、どこにでもあるものなのでしょうが、日本は特に強いほうかもしれません。
いろいろ考えさせられる、芯になる部分があり、どことなく仄かな明るさもあり。
多くの人が読むことになる賞にふさわしい作品だと思います☆

2016年9月 6日 (火)

「火花」

又吉直樹「火花」文藝春秋

言わずと知れた芥川賞受賞の話題作。
売れない若手芸人が強烈な芸を持つ先輩に出会い‥

スパークスという漫才コンビを組む徳永は、熱海の花火大会で、聞く人もいない状況で漫才をさせられていました。
この夜に先輩芸人の神谷と出会い、それからは毎日のように会って漫才論を語り明かします。
素直に尊敬して影響を受けつつ、あまりに破滅型な神谷に、付き合いきれない面も出てくるのでした。
しだいに徳永はテレビに出る機会も増えて、伸びて行きますが‥
徳永の内気で周りから浮きやすい、斜に構えていると誤解されやすいところなど、本人の経験から?
本は読まない人、という設定だけど。

さすがに文章は丁寧でちゃんとしているし、まじめな雰囲気はテレビで見る姿とも違和感ないです。
長年本を読んできた人らしい文学への愛情や尊敬も感じられます。
芸人として培った感性や、おそらくモデルになった先輩だけでなく、変わった人物が身の回りに多かった経験も存分に生かされています。
漫才のねたや、コントっぽい会話が混じるあたりは読みやすい。

というわけで、基本は納得の合格点で、好感も持てます。
個人的に、お笑い論というか、そこまで極めようという気持ちに共感できなかったけど。
先輩の普通じゃないところ、このへんの濃さが、芥川賞の所以かな。
‥普通じゃない先輩なら知ってないこともない‥
若い頃、出会うものかも知れませんね☆

2012年8月19日 (日)

「小さな貴婦人」

吉行理恵「小さな貴婦人」新潮文庫

芥川賞受賞作品。
当時読んだと思いますが、詳しいことはすっかり忘れたので~
再読してみました。

愛猫の雲を見送ってから、似た感じのぬいぐるみに出会った作者。
趣味的にやっているらしいお店で、見つけたのです。
オーナーが留守の時でしたが、手に入れることに。

オーナーが戻ってきたら、実は飾り物の非売品だったとわかります。
非売品というのは~店主の父が母に送った思い出ある品ということで、これも縁と心地良く認めて貰えました。
ところが、このぬいぐるみを「小さな貴婦人」と名付けて、店に通っては眺めていた人がいたのです。
それも旧知の女性詩人で、ユニークな人だから、言うことがまた面白い。
間の悪い思いをする著者ですが、店の人には「黙って持っていて」と言われます。

猫エッセイ風とも思える内容ですが、溺愛ぶりは前面には出てきません。
この時にはもう天国に行ってしまった雲。
その賢さと存在感は、所々にきらっと。
日常を細やかに描き、関わる人間の不思議なムードとひそやかなユーモアで読ませます。

2012年1月10日 (火)

「きことわ」

朝吹真理子「きことわ」新潮社

第144回芥川賞受賞作。
「苦役列車」と同時受賞で、好対照のようですね。
ブクログで、260評が上がっていました。1115人が登録。
芥川賞としては、多い方でしょう。
アマゾンでは82レビュー。評価が五段階全部にまんべんなく分かれているのが珍しい。

幼なじみの女二人が成長して、25年ぶりにまた出会う。
7歳離れた友達のふしぎな経験。
日常的な描写と、夏ならではの雰囲気、ほのかな官能、会わなくなったいきさつ、思いがけない小さな秘密。
ほどよく、品良く。

別荘に毎年夏にやってきていた一家。そこの娘・貴子。
別荘の管理人をしていた淑子の娘・永遠子。
永遠子は夏になると、住んでいた逗子からバスで20分かけて、葉山町の坂の上にある一軒家に通っていました。
そこには貴子の母親の春子と、叔父の和雄がいて、3人で避暑に来ていたのです。
永遠子は遊びに行っていただけでしたが、じつは貴子の子守役も期待されていたらしい。
「きこちゃん」「とわちゃん」と呼び合い、漢字でどう書くかも知らないままでした。

25年後、別荘の解体を前にして、再会することに。
心臓に病気のあった貴子の母があっけなく世を去ったために、別荘には来なくなったのです。
大事な人を亡くしたときには模様替えが一番と、家も引っ越していました。
別荘で一晩を明かした貴子は、春子の濃厚な気配を感じ、色々な姿を思い出します。

永遠子には、今は娘の百花もいます。
母親の年代になった二人ですが、幼い心もどこかに残っていたような。
記憶の曖昧さや、片方だけが知っていたこと、思いこんでいたことなど、いかにもありそうな。
一言を引用するのでは特徴を伝えられない~切れ目なく続く言葉の美しさ。
淡々と描かれる日常的なモチーフと、どことなくまとわりつく妖しい死の気配、湯気が立ちのぼるような効果。
味わってみて下さい。

2011年12月 1日 (木)

「乙女の密告」

赤染晶子「乙女の密告」新潮社

第143回芥川賞受賞作。
妙な熱っぽさと疾走感があります。

京都の外国語大学のドイツ語学科が舞台。
スピーチのゼミの教授バッハマンは、他の授業中にも平気で侵入してくる変わり者。
教授はアンゲリカというお人形を抱えて通勤しているため、人は遠巻きにしているのでした。

バッハマン教授は「ヘト・アハテルハイス」を教えています。
「後ろの家」という意味で、アンネが隠れていた家の裏側のスペースを指します。「隠れ処」とでも訳せばいいのかな。
これは、いわゆる「アンネの日記」の原題なんですね。
というわけで~受講するのは、乙女ばかり。

教授の分類によると、乙女達は「黒ばら組」と「すみれ組」に分けられています。
それは「いちご大福とウィスキーではどちらが好きか」という質問の答えで分けただけなのですが。
「ストップウォッチ」と、選択肢にない答えをしたのが、麗子様。
なぜか留年してまで、スピーチコンテストでは優勝している人なのです。

みか子は全然スピーチが得意ではないのですが、麗子様に憧れて追っかけていました。
みか子はもちろん、すみれ組。
みか子の友達の貴代は、黒ばら組。帰国子女で、外国語を覚えるというより思い出すようにして勉強しているのでした。

スピーチの練習で、みか子はいつも同じところで絶句してしまいます。
突っ立ったまま、ひよこのストップウォッチが空しく鳴って時間切れ。
麗子様は、「あなたにとって大事な部分なのだ」と謎の言葉を吐きます。
麗子様が、教授と乙女にあるまじき関係にあるという噂が広がりますが…?

妙な勢いがあり、素材も面白いです。
中盤もあれこれユーモラス。
…それって何なの…?!という展開なんだけど…
ブクログの書評を見たら、正直よくわからなかったという感想が多かったです。
ま、そうかも…
女子大というより、女子高の~それも架空の(池田理代子の「おにいさまへ‥」です)ソロリティを思い出しちゃうような世界。

アンネを密告したのは誰だったのかという推理も、ちょっと挿入されています。
その辺は、実際にゼミで研究したのかしら?

2010年12月29日 (水)

「終の住処」

磯崎憲一郎「終の住処」新潮社

第141回(2009年e)芥川賞受賞作。
現役の商社マンという作家さん。
「肝心の子供」をいぜんにご紹介してあります。

見合い結婚で、互いに年齢的な焦りから結婚を決めた夫婦。
妻は何かと急に機嫌が悪くなり、夫は理由がわからずにおろおろするばかり。
妻と姑とは、奇跡的に仲がいいのに。

夫の浮気がばれていたからなのか?
いや、浮気をする前からなのです…
赤ちゃんを育てるときに、夜中もむっくり起きあがる妻の様子はリアル。
2歳の娘と遊園地に行った日を最後に、妻は口をきかなくなり、11年間口をきかないまま。
観覧車が悪かったのかなどと、悩む夫でした。

家で過ごす時間を短くするために、腐心するのです。
その間に、夫は8人と浮気。
美女が目の前に現れるから困るので避けようとしたのにという~妙に受け身な感覚がおかしい。
夫婦は娘を仲立ちに、何とか用事は済ませることが出来たのでした。

ある時、思い立って調べ、帰宅するなり「家を建てるぞ」と叫ぶと「そうね、頃合いね」と返事がありました。
それでも、しっくり行くようになったわけではないのですが。
いずれ浮気する男と見抜かれていたのかも知れない…と、思い至る夫。
アメリカに単身赴任、帰国した日に、家に娘の姿がないことに気づくきます。
昨年からアメリカに行っている、と聞かされて~驚愕。
この結末は、有名ですね。
辛口だけど、ユーモラスでもあります。

意外にシュールな要素を多く含んだ話でした。
奥さんの存在感が、強烈。
我が家はここまでひどくない~と胸をなで下ろす夫婦も?

2010年4月12日 (月)

「ポトスライムの舟」

津村記久子「ポトスライムの舟」講談社

2008年、第140回芥川賞受賞作。
確か~芥川賞候補と知って読み始めた作家さんですが、肝心のこれは読んでなかったのに気づいたので。

主人公は、29歳の派遣社員・ナガセ。
職場に貼ってあるポスターを見て、世界一周旅行の費用163万円が、工場での年収とほぼ同じと気づきます。
ほかにパソコン講師や、友達がやっているカフェのウエイトレス、データ入力とバイトも3つ掛け持ちしているので、年収分を貯金できないかと思い立つのでした。
特に目標もなく真面目に働いて淡々と生活している女性。
内心はほとんど描かれず、どちらにしても激しい動揺はない様子で…男性の影がちらりとも見えないのが~いっそお見事!?

同級生3人の違う生き方とさりげなく交錯させながら描いて、上手いです。
故郷を離れて奈良に来て、店を出しているヨシカ。
結婚して二人の子供がいるが、愚痴っぽく空気が読めないそよ乃。
子供一人を連れて離婚しようとするりつ子。彼女の行動が一番大きな出来事かな…
りつ子の子を喜んで世話する自分の母に、孫が欲しいのかと考えるナガセ。
ところが、母は~意外な返答をしてのけるのです。

同時収録「十二月の窓辺」
主人公の女性ツガワは、新入社員。
大卒の正社員なのだが、後から配属されて同じ立場の人間がいないため、孤立してしまう。
女性上司Vのいじめというか異常に叱りつけるモラルハラスメントに遭い、自尊心が砕けていく描写がものすごい。
これは、実体験がいくらか反映しているのでしょうねえ…
部下や同僚はかばうことも出来にくいかも知れないが、この異常事態を上司は気づかないのか…?!

唯一話の出来る先輩との交流、職場近くで起きている妙な事件、向かいのビルで見かけた暴力を通報するなど、予想外の展開も。
キャラは違うんですけど~最初の話の主人公が、就職したばかりの時の話、とも読めます。
後味は救いもありますが、考えさせられます。

最初の話はやや淡々とし過ぎている程なので、これが芥川賞?という印象がないでもないところ。
2本目の強烈さが陰影を増しています。この数年後かと思うと、まあ…明るい人生とは言い難いのも無理ないような。
とはいえ、自分の力で働いて、誰にも文句は言わせていない~決して酷くはないので、十分なのか?
また微妙な感慨があるのでした。

2009年9月 4日 (金)

「乳と卵」

川上未映子「乳と卵」文藝春秋

2008年の第138回芥川賞受賞作。
東京で暮らす夏子の所へ、大阪で暮らしている姉・巻子とその娘・緑子がやってきます。
豊胸手術を望む姉、口をきかない姪。
それぞれの思いが交錯する~女たちの3日間の出来事。

39歳の姉はスナック勤めで、だいぶやつれて見え、母子家庭をやっていくのが大変そうなのでした。
豊胸手術をしたいと電話でそればかり言っていた姉に、とまどう主人公。
もっと違うことに目を向けたらいいんではないかと思うのですが、おいそれと口に出せない雰囲気なのです。
思春期の姪は反抗期なのか?まったく口をきかなくなっていて、筆談のみ。
授業で習ったり友達と話題になったりした卵子のことなども、自分のメモには書き留めているのです。
この内容が間に挟まるのが、なかなか新鮮です。
内心は決して母を疎んでいるわけではないのでした…

姉と二人で新しい銭湯に行って、胸を観察する姉と思わずいろんな人の身体を見まくったり。
こういうことは、女なら、ままあるかも知れませんね。
間違って2パック買ってしまった卵の賞味期限が来ていたので、1つは捨てようと出しておいたところ…
そういったあたりはリアル。
肉親が日常生活では伝えられないでいたことを、ふとした機会に爆発させるのも、有りでしょう。

大阪弁混じり?でたらたらと長々とべらべらと続けて描くのが、実感こもってますよ、ちょっと女なら知ってはいるけどさぁ、口には出さないようなことってあるじゃないの、そういうのを描写しているのがべたべたした感じでどうなの?っていう、そのエッチ臭さが売りなのかなあ?という気はしないでもないけれど、まあだから嫌とか悪いというほどでもないんで、けっこうさばさばしてるし。
女の嫌らしさをわざとらしく書いてるわけじゃなくて、現実的な生活感覚だからかな。
芥川賞って昔は全然女性が受賞していないものね、ビックリしちゃったですよ?
それにね、女らしさの表れている、ふわっとした感覚もなんか悪くないし~女っぽさ爆発でけっこう~どんどん書いていって欲しいです。

2009年6月10日 (水)

「沖で待つ」

絲山秋子「沖で待つ」文藝春秋

2006年、134回芥川賞受賞作。
一作目「勤労感謝の日」は、働きづめに働いてきたキャリアウーマン・恭子が、セクハラ上司を殴って首に。
失業保険を貰いつつ、翻訳の仕事で娘を養う母と暮らしている状態になってしまう。
総合職としていい目を見たと思われがちなのでしたが、睡眠時間を削るほどの長時間労働はいったい何のためだったのか…
36では再就職も難しく、見合い話を持ち込まれても断り切れないのですが、これがまたイヤな相手で…
ずばずばとした語り口で、リアル。

表題作の二作目のほうが、ふくらみと意外性がありますね。
会社の同期の~男女を越えた仲間意識というテーマ。
及川は、東京の大学を出て住宅設備機器メーカーに就職、いきなり福岡へ赴任する羽目になり動揺したものでした。
案ずるより産むが易しというか~住めば都というか~それなりに落ち着くのですが。
同じ立場の太っちゃんこと牧原太と、決して恋愛にはならない関係ながら、同期のよしみで何となく友情が育っていきます。
太っちゃんとは、死んだら互いのパソコンの中を人に見られないように密かに破壊すると約束し合うのでした。

それなりに秘密があるのね~これがまた。けっこう妙でユーモラス。
星形ドライバーを使ってHDDを破壊するのか…
変わったタイトルの響きとその意味が、なかなか面白い。
2006年2月単行本発行。

2009年4月 2日 (木)

「蛇を踏む」

川上弘美「蛇を踏む」文春文庫

1999年発行。第115回芥川賞受賞作。
「センセイの鞄」が受賞作かと勘違いしていて、しかも、この作品も読んだ気になっていたのが読んでなかったことに気づいたので、読みました!

表題作は、数珠を作って売る店に勤めるサナダという女性が主人公。
サナダって。
ある時、道で蛇を踏んづけたところ、踏まれたからしょうがないと蛇が立ち上がって人間の女性の姿になり、部屋に居着いてしまう。
母と名乗って料理を作り、いらだちつつも断り切れずにいると、なぜか体を巻き付けてきたりして。
夜はするすると天井に登り、寝ているのでした。
同じような現象が、実は勤め先でも起きていて…
お寺の住職の大黒さんが、実は蛇だという?
不条理でどこかとぼけた、少し色っぽい妙な小説。

「消える」は、家族が5人と決められた社会で起きる出来事。
ゴシキという先祖の霊が入っているとされた壺がある日消え、兄の姿が消え…
展開によってはSFの短編にもなりそうだけど。
管狐(くだぎつね)を飼うと良いことが起きるいう話があり、基本は妖怪好きなのかしら~というより作者自ら後書きで言う「うそばなし」!ですね、まさしく…

「惜夜記」は短編連作のような、悪夢のような、綺麗に磨き上げられた、つくりばなし。
「センセイの鞄」しか読んだことがなかったので、ややびっくりしました。
なるほどねえ…これが芥川賞かぁ。
「文学にはオチがないんだ」と友人のダンナが言ってたことを思い出しちゃいました。

著者近影が隅っこのカットでなく1枚入っているのは、ヒロインのイメージだから?やはり美人だからなんでしょうね~

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

bベスト本 i本屋大賞候補作 l本屋大賞 l直木賞 l芥川賞 l:日本エッセイスト・クラブ賞 mf:世界幻想文学大賞 mf:日本ファンタジーノベル大賞 m:CWA賞 m:MWA賞 m:このミステリーがすごい! m:アガサ賞 m:マカヴィティ賞 name:あさのあつこ name:万城目学 name:三上延 name:三浦しをん name:上橋菜穂子 name:上野千鶴子 name:中島京子 name:乾くるみ name:五木寛之 name:京極夏彦 name:仁木英之 name:今野敏 name:伊坂幸太郎 name:佐々木譲 name:佐藤多佳子 name:佐藤正午 name:佐藤賢一 name:佐野洋子 name:勝間和代 name:北村薫 name:原田マハ name:古内一絵 name:坂木司 name:坪田信貴 name:大島真寿美 name:大崎梢 name:太宰治 name:姫野カオルコ name:宇江佐真理 name:宮下奈都 name:宮部みゆき name:小川洋子 name:小川糸 name:山之口洋 name:山崎ナオコーラ name:山田詠美 name:島本理生 name:島田荘司 name:川上弘美 name:恩田陸 name:有川浩 name:朝井まかて name:朝井リョウ name:木内昇 name:杉本苑子 name:村上春樹 name:村上龍 name:村山早紀 name:村山由佳 name:東川篤哉 name:東野圭吾 name:松井今朝子 name:林真理子 name:柚木麻子 name:柳広司 name:栗田有起 name:桜庭一樹 name:梨木香歩 name:森絵都 name:森見登美彦 name:森谷明子 name:横山秀夫 name:橋本治 name:池上永一 name:津村記久子 name:海原純子 name:海堂尊 name:湊かなえ name:町田康 name:畠中恵 name:百田尚樹 name:矢崎存美 name:碧野圭 name:磯崎憲一郎 name:神田茜 name:米村圭伍 name:米澤穂信 name:綿矢りさ name:荻原規子 name:菅野雪虫 name:葉室麟 name:西加奈子 name:角田光代 name:誉田哲也 name:貴志祐介 name:辻村深月 name:近藤史恵 name:道尾秀介 name:長野まゆみ name:阿部智里 name:香山リカ name:高田郁 oその他の作家 o海外作家:C.J.ボックス o海外作家:M.C.ビートン o海外作家:P.Gウッドハウス. o海外作家:R.D.ウィングフィールド o海外作家:S.J.ローザン o海外作家:アガサ・クリスティ o海外作家:アラン・ブラッドリー o海外作家:アリアナ・フランクリン o海外作家:アリス・マンロー o海外作家:アリ・ブランドン o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス o海外作家:アンナ・マクリーン o海外作家:アン・クリーヴス o海外作家:アン・タイラー o海外作家:アン・マキャフリイ o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン o海外作家:アーロン・エルキンズ o海外作家:エミリー・ブライトウェル o海外作家:エリザベス・ギルバート o海外作家:エルスベツ・イーホルム o海外作家:エレイン・ヴィエッツ o海外作家:エレン・カシュナー o海外作家:カズオ・イシグロ o海外作家:カミラ・レックバリ o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン o海外作家:キャロル・オコンネル o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト o海外作家:ギヨーム・ミュッソ o海外作家:クリストファー・プリースト o海外作家:クレイグ・ライス o海外作家:クレオ・コイル o海外作家:ケイト・キングズバリー o海外作家:ケイト・モス o海外作家:ケイト・モートン o海外作家:ゲイル・キャリガー o海外作家:コニス・リトル o海外作家:コニー・ウィリス o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー o海外作家:コルネーリア・フンケ o海外作家:サラ・ウォーターズ o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー o海外作家:サラ・パレツキー o海外作家:シャルロッテ・リンク o海外作家:シャロン・フィファー o海外作家:シャンナ・スウェンドソン o海外作家:シャーリィ・ジャクスン o海外作家:シャーレイン・ハリス o海外作家:シャーロット・マクラウド o海外作家:ジェイソン・グッドウィン o海外作家:ジェイニー・ボライソー o海外作家:ジェイン・オースティン o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー o海外作家:ジェフリー・フォード o海外作家:ジェラルディン・ブルックス o海外作家:ジャニータ・シェリダン o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ o海外作家:ジュリー・ハイジー o海外作家:ジュンパ・ラヒリ o海外作家:ジョアン・フルーク o海外作家:ジョナサン・キャロル o海外作家:ジョン・ハート o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン o海外作家:ジョー・ウォルトン o海外作家:ジル・チャーチル o海外作家:スティーグ・ラーソン o海外作家:ステファニー・メイヤー o海外作家:スーザン・イーリア・マクニール o海外作家:スーザン・プライス o海外作家:スー・グラフトン o海外作家:タニス・リー o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ o海外作家:ダイアナ・ガバルドン o海外作家:ダン・ブラウン o海外作家:ディック・フランシス o海外作家:デイヴィッド・アーモンド o海外作家:デニス・ルヘイン o海外作家:デボラ・クロンビー o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ o海外作家:トーベ・ヤンソン o海外作家:ドナ・アンドリューズ o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ o海外作家:ドミニク・シルヴァン o海外作家:ドン・ウィンズロウ o海外作家:ナンシー・ピカード o海外作家:ネレ・ノイハウス o海外作家:ノア・ゴードン o海外作家:パウロ・コエーリョ o海外作家:パトリシア・A.マキリップ o海外作家:パトリシア・ハイスミス o海外作家:ピエール・ルメートル o海外作家:ピーター・キャメロン o海外作家:ピーター・ディキンスン o海外作家:ピーター・トレメイン o海外作家:ピーター・ラヴゼイ o海外作家:フィリッパ・グレゴリー o海外作家:フェイ・ケラーマン o海外作家:フランセス・ファイフィールド o海外作家:フレッド・ヴァルガス o海外作家:ヘイリー・リンド o海外作家:ヘニング・マンケル o海外作家:ベリンダ・バウアー o海外作家:ベルンハルト・シュリンク o海外作家:ポール・ドハティ o海外作家:マイクル・コナリー o海外作家:マーガレット・アトウッド o海外作家:マーセデス・ラッキー o海外作家:ミネット・ウォルターズ o海外作家:ミュリエル・バルベリ o海外作家:メアリ・W.ウォーカー o海外作家:メグ・ガーディナー o海外作家:メグ・キャボット o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン o海外作家:リサ・クレイパス o海外作家:リチャード・ノース・パタースン o海外作家:リース・ボウエン o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ o海外作家:レジナルド・ヒル o海外作家:レスリー・メイヤー o海外作家:レーネ・レヘトライネン o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド o海外作家:ロビン・ホブ o海外作家:ローズマリ・サトクリフ o海外作家:ローズマリー・マーティン o海外作家:ローナ・バレット o海外作家:ローラ・チャイルズ o海外作家:ローラ・リップマン o海外作家:ローリー・キング o海外作家:ローレンス・ブロック o海外作家:ヴィヴェカ・ステン o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア お人形 お人形着物 お茶 アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング コージー ジェイドール ジェニー スイーツ ドールmomoko ドールmomoko洋服 ドール・ドレス ドール:Misaki ドール:SD ドール:シドニー ドール:ピュアニーモ ドール:プーリップ ドール:ユノアクルス・アズライト バービー ファッション ファンタジー フィギュアスケート ベスト本 ミステリ リカちゃん ロマンス 介護 作品 健康・ダイエット 児童書・YA 動物 国内作家:あ行 国内作家:か行 国内作家:さ行 国内作家:た行 国内作家:な行 国内作家:は行 国内作家:ま行 国内作家:や行 国内作家:ら行 国内作家:わ行 国内小説 家事 日記 映画・テレビ 書籍・雑誌 歴史もの 海外小説 病気体験 着物 経済・政治・国際 絵本 舞台・バレエ 言葉・歌 評論・エッセイ SF

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ