フォト

おすすめ本

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2018年12月 2日 (日)

「銀河鉄道の父」

門井慶喜「銀河鉄道の父」講談社

面白いタイトルが効いてますね。
宮沢賢治の生涯を、主に父親の視点から、描いてあります。
さまざまな問題に直面しつつ、いつしか才能を開花させていった息子。

明治ですからねえ‥
真面目一方の堅物だった祖父の喜助が興した質屋と古着屋が成功し、地元の名士となった宮沢家。
父親の政次郎は、喜助の「質屋に学問はいらね」という方針で、小学校までしか行かせてもらえなかった。
成績は良く、教養もあり、浄土真宗の信仰に熱心で、年に一度夏には勉強会を主催していたんですね。
講師を招いて数日温泉に滞在してもらい、聴衆の滞在費まで費用のほとんどを負担していたとは太っ腹。

あいにく長男の賢治は、質屋には向かない性質だったのです。
政次郎は呆れたり不安になったり、それでも感情は溺愛に近い。
今の基準から言えば古くて頑固で横暴な夫で父親かもしれませんが、当時としてはむしろ甘いところもあるぐらい?
賢治が重病の時は二度も自ら病院に泊まり込んで看病して、周囲を驚かせることに。
進学を認め、何かとお金を出してやります。
賢治は才能の片鱗を見せつつ、若い頃は甘やかされたぼんぼん、って感じで、「雨ニモマケズ」のイメージと大違い。
それに、作家になろうとも考えていなかったんですね。

妹のトシも優秀で、日本女子大を出て、母校の女学校の教員もしていたそう。
トシは賢治の作った話を聞くのが大好きで、賢治も話して聞かせるのが楽しく、父親の目には仲が良すぎると映るほどだった。
いや、創作したものを喜んでくれる存在というのは、何より貴重ですからね。
トシが就職した後、孤独になった賢治は父への反発もあってか?父とは違う宗教へ。
日蓮宗にはまって経文を唱えながら町を歩くほどになり、かと思うと突然、東京へ行ってしまうのだが。
8ヶ月後、トシが結核になったと知って、すぐ戻ってきた賢治。
大きな荷物は、東京で一人、書き溜めた原稿だった‥

農学校に就職して、わかりやすい講義が生徒に好評だったという頃には、だいぶ大人になっていたのでは。
自費出版をした後、教職を辞めて、田んぼの中の離れに住み、畑仕事もして自立しようとした。
肥料の相談などの指導も、無料で試みていた。
その頃には、雨ニモマケズのような理想を抱いていたのでしょう。
ただ身体が余り丈夫でないことを考えると、野良仕事をしつつ粗食というのは無理だったのかも‥

奇矯にも見える行動をとる賢治ですが、ワガママとはちょっと違うんじゃないかな‥
めったにないほどの才能を抱えた人間には、やむにやまれぬものが内面にあるような気もします。
それが形となって奔出するまで、色々なことがあるのはどうしようもないのかも。

一部は賢治の視点から、偉大な父を超えられない重圧なども、描かれます。
家族の葛藤がトシの病気中に激しいせめぎ合いになるあたり、息を呑むような迫力。
どこまでが史実あるいは通説で、どこが想像を膨らませたものなのか、わかりませんが‥
どちらかと言えば抑えた状況描写の中に、生々しい感情が力強く描かれていて、引き込まれました。

平成29年(2017年下半期)第158回直木賞受賞作☆

2018年10月16日 (火)

「月の満ち欠け」

佐藤正午「月の満ち欠け」岩波書店

2017年上半期、第157回直木賞受賞作。

月が満ちては欠け、また満ちていくように、何度でも生まれ変わる。あなたに会うために‥
望んで生まれ変わっていく女性・瑠璃を巡る物語。

自分の幼い娘が古いことを妙によく知っていて、実はある女性の生まれ変わりなんだと言いだしたら、どうするか?
一方、亡き我が娘の生まれ変わりだと言っている子がいると、聞かされた親の方は‥?

ごく普通の人々が、驚き戸惑い、半ばは信じつつなお悩み、半ばは疑いつつ否応なく振り回されていきます。
このリアルな普通っぽさと、思わず先を知りたくなるりたくなるリーダビリティがたまりません。

もともと、高田馬場のレンタルショップで出会った年下の恋人とは、わずか半年ほどの付き合い。
運命の恋なのね!と納得するほどの必然性や盛り上がりはあまり感じられないのです。
でも、生まれて初めて、本当に好きだと感じた‥
それが大事なのでしょう。
そこが切ない。

一途な気持ちのままだから、幼い少女に言われてもそれほど違和感はないけれど。
30余年とはいえ、そんなに何度も生まれ変わっても、相手は年取っちゃうし‥、どうなの?などとあれこれ頭を悩ませつつ。
終盤の思いがけない展開に、一瞬まさか‥と、周りを見回すような気になったり。
手練れの物語運びを堪能させていただきました。

2017年12月 2日 (土)

「つまをめとらば」

青山文平「つまをめとらば」文藝春秋

平成27年(2015年)下半期第154回直木賞受賞作。
なめらかな文章で時代小説にしてはとても読みやすく、さわやかな印象。
下級の武士たちの様々な生き方が取り上げられているのが面白い。
女性との関わりが重要な物語ですが、「女は怖い」という話ばかりかと思ったら、そうでもないのが良かったです。

『ひともうらやむ』
本家の男は、才色兼備と評判の美女・世津を妻にする。
分家の男は見合いで地味な結婚をして、無事に暮らしていましたが‥
本家では緊迫した事態に。
美男美女なら幸福になれるわけではないという。
武家でなければ、こんな立場にはならずに済むのに。

『つゆかせぎ』
旗本の家侍をしている男は、武家奉公に上がっていた芝居茶屋の娘・朋を妻にします。
俳諧の才で夫は出世すると見込まれたらしいが‥?
妻のほうが才覚を発揮して、どんどん綺麗になっていくたくましさ。

『乳付』
望まれて旗本の妻になった民江。夫は優しいが家格の違いが気になっていました。
初産で乳が出なかったため、遠縁の女性が乳付けにやってくる。自分よりも家柄に馴染んでいるようにみえる美しい彼女に嫉妬する妻。
可愛らしい女性で、夫にも家族にもちゃんと認められているとわかります。

『ひと夏』
飛び地となっている難しい土地へ派遣された武士。
百姓から無視されてしまう事情があるのだが、剣の腕を発揮する機会が訪れます。

『逢対』
若年寄の元へ毎朝通う武士たち。
無役の侍が出仕を願い出る場なんて、あったんですね。
自ら通いつめて仕事探しとは、当時もキビシイご時世だった。
持っていた刀を理由に仕官できそうになった男が選んだ道は‥

『つまをめとらば』
老いた男二人が何となく一緒に暮すようになった話。
それぞれかっては結婚もしたが今は独り身の幼馴染。
同じ敷地に住むことになり、案外居心地がいいと思っていましたが、因縁ある女性が現れ‥?
とぼけた味わい。

武士といっても下級だと、収入は少なく、身分違いの結婚もしばしば。
運(女運?)と己の決心次第で、身分も人生も違ってしまうんですね。
サラリーマンに通じるような哀感と、江戸時代ならではの具体的な状況が興味深く、面白く読めました☆

2017年8月 6日 (日)

「海の見える理髪店」

荻原浩「海の見える理髪店」集英社

平成28年(2016年)下半期第155回直木賞受賞作。
家族をめぐる短編集です。

表題作「海の見える理髪店」がよかったですね。
海辺の町で小さな理髪店を開いている初老の主人公。
その店に初めてやってきた青年、じつは、離婚して早くに生き別れた父親に会いに来たのです。
気づいた父親でしたが‥

「いつか来た道」
不仲だった母親のアトリエを訪れる娘。
「遠くから来た手紙」
戦時中のような手紙が今届き‥?
「空は今日もスカイ」
ゴミ袋をかぶった男の子と出会って、一緒に行動することに。
ホームレスの男に助けられましたが?

「時のない時計」
亡き父親の時計を修理してもらおうと‥
「成人式」
娘の成人式が近づき、振袖のダイレクトメールが届いた。
両親は成人式に参加することにして、亡き娘の友だちも歓迎してくれることに。
悲しいけれど、いい話でした。

重いテーマが多いですが、しみじみと落ち着いた雰囲気で、さらっと読んじゃうこともできます。
誰でも、一生のどこかでは出会うかもしれない、家族の問題や、どうしようもない別れ。
切ないですね。

2016年11月 1日 (火)

「流」

東山彰良「流」講談社

平成27年(2015年)上半期、第153回直木賞受賞作。
台湾生まれで日本育ちの作者が描いた作品。
重いものを含んでいますが、濃厚で勢いよく、エンタメ性にも富んでいます。

1975年。
台北の高等中学に通う葉 秋生(イエ チョウシェン)は17歳。
台湾の総統・蒋介石が亡くなって一ヵ月後、祖父が殺されてしまう。
かって中国大陸で激しい国共内戦があり、敗れた国民党は台湾に渡って「外省人」と呼ばれていました。
(もともと台湾に住んでいた人々のことは、本省人だそう)
そのへんの成り行きをあまり知らないので、実感を伴う描写に圧倒されます。
秋生をかわいがってくれた祖父は、戦時には大陸で悪名高い存在だったらしい‥

秋生は成績優秀だったのだが、ひょんなことから迷走する青春を送ることに。
幼馴染の悪友・小戦や、年上の初恋の女・毛毛(マオマオ)との関わり。
もっと恐るべきろくでなし達も出入りし、こちらも熱気溢れる展開。
1970年代の台湾って、こんなに凄かったの?

日本へ、そして大陸へ。
怒涛のような勢いで、命のやり取りも含む危機が描かれます。
そして結局‥
共産党と国民党の戦いの本質とは?
たまたま親しかった人のいる方の、味方に付いただけとは。
年月を経て許されることと許されないこと‥
ある感慨に胸を打たれます。

2016年1月21日 (木)

「サラバ! 下」

西加奈子「サラバ! 下」

直木賞受賞作。
怒涛の後半。
前半ではわからなかったことが明らかになるので、上巻だけでやめちゃダメですよ!(笑)

両親が離婚した圷家。
姉の貴子は強烈な性格で、学校では浮いてしまい、それを見て育った弟の歩は、目立ちすぎず人に好かれるように、そつなく生きていきます。
お似合いに見えた両親が離婚し、歩には理由が知らされないまま。
実は結婚のいきさつから問題があり、父はそれを気に病んでいたのでした。
そして、父の選んだ道は‥

歩は両親のいいとこどりの容姿に恵まれ、大学では奔放な生活に。
美人の恋人も出来ますが、姉の貴子が巻貝アーティストとして注目を浴びたときに、とんでもないことに?

歩は、学生時代から始めた仕事を続けますが‥
頭が薄くなってきて、容姿にも自信を失います。
再会した姉は、アメリカで自分らしく生きていて、すっかり落ち着いた様子。
まともに生きてきたつもりの歩のほうは、どこか本気になれずにカッコつけたまま、ずるずると落ち目になってきている有様。
あいたた‥(苦笑)

迷惑をかけてでも、全身で体当たりして道を探っていた姉のほうが、確実なものを掴んだということでしょうか。
弟はこの小説を書き切ったということなので、ある意味、いじいじ悩む性格が活用されたってことなのか??

自伝的要素がある作品なので、そういう結末にしたのでしょうが、これは嘘かもしれない、と最後に言われても読者としては?
最初から、フィクションには違いないんですが~‥
平凡で深く考えない弟の、ありがちな年の取り方。いやこれは、気をつけたほうがいいかも?
そして、姉がらみの特異なシーンも精緻に描かれ、熱のこもった力作には違いありません!

2016年1月19日 (火)

「サラバ! 上」

西加奈子「サラバ! 上」小学館

平成26年(2014年)下半期、第152回直木賞受賞作。
エネルギッシュで、溢れんばかりの勢いがあります。
海外生活については、自伝的要素があるらしいですね。

語り手は、圷歩(あくつ あゆむ)という少年。
(両親の離婚後は今橋)
父の海外赴任にともなって、イランで生まれました。
イランに革命が起こったので急に帰国することになり、大阪へ。
穏やかな父、身奇麗で女らしい母。にぎやかなご近所や親戚達。
だが何よりも、姉・貴子が強烈‥
わがままで、扱いにくく、いつでもどこでも大声で泣き喚く。
人の注目を集めたがり、皆と同じでは気がすまないらしい。
そんな我が子にくたびれ果てた妻と娘の間で振り回され、やはり疲れていったのだろう父。
歩は、どちらにも関わらずにいようと決め、外でも目立たないように生きていくことにします。

この姉はADHDとしか思えませんが。だからといって、どうなるわけでもなく、それぞれ個性があるわけですからね。
これほど迷惑かけて平気な子はちょっと好きになれないけど、まあ小さいうちだしねぇ。成長すると共に、意外な面も見せていきます。
この姉が、小顔で美人な母に似ず、父に似た長い顔でごつごつと痩せていて、ある時期「ご神木」とあだ名されてしまうのは気の毒。
そりゃ、名づけるほうが性格悪い。
ある男の子とラブラブで有名になった時期もあるのですが‥

歩が小学校1年、姉が5年のときに、父の赴任でエジプトのカイロへ。
二人は、日本人学校に通うようになり、友達が出来ます。
海外赴任では経済的に余裕が出来るので、母は着飾って出かけるようになりました。
歩には輝いて見えた母でしたが、実は辛いことも起きていたのです。
歩は、ヤコブというエジプト人の少年に出会い、ほかの誰とも違う大人びた雰囲気にひかれ、親しくなります。
言葉も通じないのに表情や身振りで心を通わせていく。このくだりは美しいです。
ヤコブが気に入った日本語の挨拶が「サラバ!」でした。

歩にも友達が出来、ガールフレンドも出来るし、はっきり物を言うこともあって、自分でわざわざ宣言してるほどには自分を抑えてるだけの生活でもないですよね。
いろいろな要素が次々に出てきて、飽きずにどんどん読み進められます。

ただ、感情移入できるかというと、どの登場人物にもちょっと、しにくい。
そのへんが賛否両論、低い評価も出る理由かな?
もう少しだけ書き方を変えればたぶんもっと感情移入は出来るようになるんだけど、作者の狙いはどこか違う点にあるのかも。
どういう理由でこういう構成になっているのか‥?
下巻を読んでのお楽しみですね☆

2015年5月26日 (火)

「破門」

黒川博行「破門」角川書店

直木賞受賞作ということで読んでみました。
平成26年(2014年)上半期、第151回の受賞になります。
疫病神シリーズの5作目らしい。

建設コンサルタントの二宮はいちおう堅気なのですが、亡き父がヤクザだった縁で、いろいろ繋がりがあり、それで仕事もしていました。
収入は減り気味で困っていますが、優しい母親に借金し、何とかやりくりしています。
迷い込んだオカメインコのマキちゃん(自分で名乗っていて良く喋る)の世話をしたりと、けっこうのんきな暮らしぶり。
事務所によく顔を出す従妹の悠紀には、啓ちゃんと呼ばれて仲良くしていました。

ただ、二宮には腐れ縁の桑原がいたのです。
気の荒いザ・ヤクザの桑原に妙に気に入られ、何かと振り回される毎日なのでした。
二宮を啓坊と呼ぶ若頭の嶋田が映画に出資するという話に、桑原も乗ったはいいけれど、プロデューサーの小清水が金を持って行方をくらましてしまう。
金の行方を追いつつ、絡んでくるヤクザと喧嘩になったり、組同士の揉め事から身を隠したり、マカオに渡ってギャンブルにはまったりと忙しい。

テンポのよい会話で追いつ追われつの事件が飽きさせずに展開、意外ととぼけた要素も多いです。
お金が全くないかと思えば、急に美味しい物を食べるためにぱーっと使ってしまう。
高そうな店の名前や料理名は多いけど、具体的に美味しそうに書かれてはいません。
さすがに読み通せるけど‥結局、共感できる内容ではないですねえ。

2015年2月26日 (木)

「ホテルローヤル」

桜木紫乃「ホテルローヤル」集英社

第149回(2013年上半期)直木賞受賞作。
釧路のラブホテルに関連する話を、時系列をさかのぼっていく短編連作です。
暗めのトーンだけど、すっきりした印象が残る文章。

「シャッターチャンス」
恋人にヌードを撮りたいからと、廃業したホテルに連れて行かれた女性。
中学の時にはスポーツで人気者だった彼だが。
(いや、こりゃ別れたほうが‥)
廃墟と化したホテルという裏寂れた雰囲気。

「本日開店」
20も年上の住職と結婚した妻。
夫は人格者だが、不能だった‥
経営難のため、檀家の男性と関係するという思わぬことに‥

「えっち屋」
「ホテル・ローヤル」廃業の日。
ホテル経営者の娘は、在庫を引き取ってもらう後始末に来た男と‥

「バブルバス」
夫の父を狭い家に引き取った夫婦。
家ではプライバシーもない。
臨時収入で夫をホテルに誘う妻のバイタリティ。

[せんせぇ」
妻に最初から裏切られていたと知った、教師の夫。
さまよう彼に、女子生徒が両親とも夜逃げしたといって、ついてきます。

「星を見ていた」
ホテルで清掃の仕事をしている、60歳の女性。
働きづめの人生で、夫は身体を壊して働かなくなり家にいるが、夫婦仲は悪くないのです。
連絡をよこすことも滅多にない子供3人も、元気でやっていると思っていました。
次男が送金してくれたと思ったら‥
一途なおばさんのミコがかわいらしく、癖のある周りの人々もあたたかい。

「ギフト」
いい土地を見つけて、ここにラブホテルを建てようと思い立った田中大吉。
妻には大反対され、若いるり子という愛人と籍を入れる成り行きに。
ちょっと問題ありの男だが、それなりの夢や人のよさも感じられます。

全然違う人生を送るそれぞれの人物がそれらしく、ちょっとした描写で上手く書けている印象。
一部を切り取って深追いし過ぎないような、この読みやすさも受賞の一因かと。
この後、どうなったのかというと、かなりアンハッピーになりそうな話もあるわけですが。
年月をさかのぼっていくのが、暗くなり過ぎなくて、いいかも。
出来としては良いんだけど、どうしてもこれ読んで!ってほどじゃないかも。
「星を見ていた」などで、周りの人のあたたかさをふと感じるような展開は、いいですね

2014年7月18日 (金)

「恋歌」

朝井まかて「恋歌」講談社

第150回直木賞受賞作。
中島歌子の波乱の人生、水戸藩士に嫁いだ若き日を描いたもの。
熱っぽく、引き込まれます。

樋口一葉の師として名を残し、明治時代に<萩の舎>を主宰し多くの弟子を持っていた歌人・中島歌子。
後年病に倒れたとき、弟子がその手記を発見して読むという形で描かれます。

江戸の裕福な宿屋に生まれたのんきな娘・中島登世は、水戸藩士・林以徳と恋を貫いて結婚。
水戸でお武家様の妻として、生真面目な義妹てつが取り仕切る家に暮らすことに。
水戸藩では天狗党と諸生党が相争い、天狗党内部でも分裂がありました。前半はそういう危機感もありつつ、若妻の暮らしぶりを。
天狗党に属する夫・以徳は穏健な考えだったのですが、突出した行動をとった面々と同一視され、ついには逆賊となってしまう。
天狗党は妻子まで捕らえられ、登世もてつと共に入獄。
夫の無事を信じつつ、辛い時期を耐え抜きますが‥

水戸では、報復のため血で血を洗う抗争が続いたとは。
ここまでとは、知りませんでした。
素直な若い娘が巻き込まれた動乱の、思いもよらない激しさ。
あまり書かれていない後半生は別人のようで、ややギャップがありますが。これほどの経験があり、胸のうちに秘めた思いもあって、歌がほとばしり出たということ。
中島歌子は華やかなイメージがある女性ですが、亡き夫を最後まで愛していたのですね。
財産を誰に遺すかの決定も、水戸時代のことを深く憂いてのことなのでしょう。

君主の未亡人・貞芳院が後に語る水戸藩の実情が印象的です。
あまりの貧しさと抑圧ゆえに気持ちにゆとりがなく、怒りを身近に爆発させたと。
その貧しさは、初期の石高設定で見栄を張ったことや、水戸光圀以来の大事業が財政を圧迫したためなどもあることを思うと‥
低所得層が増えている現代日本の空気が、次第に悪くなっていることも、考えさせられます。江戸時代の庶民のように、娯楽を限定させられてはいないですけどね。

直木賞も納得の力作でした。
読んでいく作家さんが増えました!

その他のカテゴリー

bベスト本 | i本屋大賞候補作 | l本屋大賞 | l直木賞 | l芥川賞 | l:日本エッセイスト・クラブ賞 | mf:世界幻想文学大賞 | mf:日本ファンタジーノベル大賞 | m:CWA賞 | m:MWA賞 | m:このミステリーがすごい! | m:アガサ賞 | m:マカヴィティ賞 | name:あさのあつこ | name:万城目学 | name:三上延 | name:三浦しをん | name:上橋菜穂子 | name:上野千鶴子 | name:中島京子 | name:乾くるみ | name:五木寛之 | name:京極夏彦 | name:仁木英之 | name:今野敏 | name:伊坂幸太郎 | name:佐々木譲 | name:佐藤多佳子 | name:佐藤正午 | name:佐藤賢一 | name:佐野洋子 | name:勝間和代 | name:北村薫 | name:原田マハ | name:古内一絵 | name:坂木司 | name:坪田信貴 | name:大島真寿美 | name:大崎梢 | name:太宰治 | name:姫野カオルコ | name:宇江佐真理 | name:宮下奈都 | name:宮部みゆき | name:小川洋子 | name:小川糸 | name:山之口洋 | name:山崎ナオコーラ | name:山田詠美 | name:島本理生 | name:島田荘司 | name:川上弘美 | name:恩田陸 | name:有川浩 | name:朝井まかて | name:朝井リョウ | name:木内昇 | name:杉本苑子 | name:村上春樹 | name:村上龍 | name:村山早紀 | name:村山由佳 | name:東川篤哉 | name:東野圭吾 | name:松井今朝子 | name:林真理子 | name:柚木麻子 | name:柳広司 | name:栗田有起 | name:桜庭一樹 | name:梨木香歩 | name:森絵都 | name:森見登美彦 | name:森谷明子 | name:横山秀夫 | name:橋本治 | name:池上永一 | name:津村記久子 | name:海原純子 | name:海堂尊 | name:湊かなえ | name:町田康 | name:畠中恵 | name:百田尚樹 | name:矢崎存美 | name:碧野圭 | name:磯崎憲一郎 | name:神田茜 | name:米村圭伍 | name:米澤穂信 | name:綿矢りさ | name:荻原規子 | name:菅野雪虫 | name:葉室麟 | name:西加奈子 | name:角田光代 | name:誉田哲也 | name:貴志祐介 | name:辻村深月 | name:近藤史恵 | name:道尾秀介 | name:長野まゆみ | name:阿部智里 | name:香山リカ | name:高田郁 | oその他の作家 | o海外作家:C.J.ボックス | o海外作家:M.C.ビートン | o海外作家:P.Gウッドハウス. | o海外作家:R.D.ウィングフィールド | o海外作家:S.J.ローザン | o海外作家:アガサ・クリスティ | o海外作家:アラン・ブラッドリー | o海外作家:アリアナ・フランクリン | o海外作家:アリス・マンロー | o海外作家:アリ・ブランドン | o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス | o海外作家:アンナ・マクリーン | o海外作家:アン・クリーヴス | o海外作家:アン・タイラー | o海外作家:アン・マキャフリイ | o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン | o海外作家:アーロン・エルキンズ | o海外作家:エミリー・ブライトウェル | o海外作家:エリザベス・ギルバート | o海外作家:エルスベツ・イーホルム | o海外作家:エレイン・ヴィエッツ | o海外作家:エレン・カシュナー | o海外作家:カズオ・イシグロ | o海外作家:カミラ・レックバリ | o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン | o海外作家:キャロル・オコンネル | o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト | o海外作家:ギヨーム・ミュッソ | o海外作家:クリストファー・プリースト | o海外作家:クレイグ・ライス | o海外作家:クレオ・コイル | o海外作家:ケイト・キングズバリー | o海外作家:ケイト・モス | o海外作家:ケイト・モートン | o海外作家:ゲイル・キャリガー | o海外作家:コニス・リトル | o海外作家:コニー・ウィリス | o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー | o海外作家:コルネーリア・フンケ | o海外作家:サラ・ウォーターズ | o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー | o海外作家:サラ・パレツキー | o海外作家:シャルロッテ・リンク | o海外作家:シャロン・フィファー | o海外作家:シャンナ・スウェンドソン | o海外作家:シャーリィ・ジャクスン | o海外作家:シャーレイン・ハリス | o海外作家:シャーロット・マクラウド | o海外作家:ジェイソン・グッドウィン | o海外作家:ジェイニー・ボライソー | o海外作家:ジェイン・オースティン | o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー | o海外作家:ジェフリー・フォード | o海外作家:ジェラルディン・ブルックス | o海外作家:ジャニータ・シェリダン | o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ | o海外作家:ジュリー・ハイジー | o海外作家:ジュンパ・ラヒリ | o海外作家:ジョアン・フルーク | o海外作家:ジョナサン・キャロル | o海外作家:ジョン・ハート | o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン | o海外作家:ジョー・ウォルトン | o海外作家:ジル・チャーチル | o海外作家:スティーグ・ラーソン | o海外作家:ステファニー・メイヤー | o海外作家:スーザン・イーリア・マクニール | o海外作家:スーザン・プライス | o海外作家:スー・グラフトン | o海外作家:タニス・リー | o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ | o海外作家:ダイアナ・ガバルドン | o海外作家:ダン・ブラウン | o海外作家:ディック・フランシス | o海外作家:デイヴィッド・アーモンド | o海外作家:デニス・ルヘイン | o海外作家:デボラ・クロンビー | o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ | o海外作家:トーベ・ヤンソン | o海外作家:ドナ・アンドリューズ | o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ | o海外作家:ドミニク・シルヴァン | o海外作家:ドン・ウィンズロウ | o海外作家:ナンシー・ピカード | o海外作家:ネレ・ノイハウス | o海外作家:ノア・ゴードン | o海外作家:パウロ・コエーリョ | o海外作家:パトリシア・A.マキリップ | o海外作家:パトリシア・ハイスミス | o海外作家:ピエール・ルメートル | o海外作家:ピーター・キャメロン | o海外作家:ピーター・ディキンスン | o海外作家:ピーター・トレメイン | o海外作家:ピーター・ラヴゼイ | o海外作家:フィリッパ・グレゴリー | o海外作家:フェイ・ケラーマン | o海外作家:フランセス・ファイフィールド | o海外作家:フレッド・ヴァルガス | o海外作家:ヘイリー・リンド | o海外作家:ヘニング・マンケル | o海外作家:ベリンダ・バウアー | o海外作家:ベルンハルト・シュリンク | o海外作家:ポール・ドハティ | o海外作家:マイクル・コナリー | o海外作家:マーガレット・アトウッド | o海外作家:マーセデス・ラッキー | o海外作家:ミネット・ウォルターズ | o海外作家:ミュリエル・バルベリ | o海外作家:メアリ・W.ウォーカー | o海外作家:メグ・ガーディナー | o海外作家:メグ・キャボット | o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン | o海外作家:リサ・クレイパス | o海外作家:リチャード・ノース・パタースン | o海外作家:リース・ボウエン | o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ | o海外作家:レジナルド・ヒル | o海外作家:レスリー・メイヤー | o海外作家:レーネ・レヘトライネン | o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド | o海外作家:ロビン・ホブ | o海外作家:ローズマリ・サトクリフ | o海外作家:ローズマリー・マーティン | o海外作家:ローナ・バレット | o海外作家:ローラ・チャイルズ | o海外作家:ローラ・リップマン | o海外作家:ローリー・キング | o海外作家:ローレンス・ブロック | o海外作家:ヴィヴェカ・ステン | o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア | お人形 | お人形着物 | お茶 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | コージー | ジェイドール | ジェニー | スイーツ | ドールmomoko | ドールmomoko洋服 | ドール・ドレス | ドール:Misaki | ドール:SD | ドール:シドニー | ドール:ピュアニーモ | ドール:プーリップ | ドール:ユノアクルス・アズライト | バービー | ファッション | ファンタジー | フィギュアスケート | ベスト本 | ミステリ | リカちゃん | ロマンス | 介護 | 作品 | 健康・ダイエット | 児童書・YA | 動物 | 国内作家:あ行 | 国内作家:か行 | 国内作家:さ行 | 国内作家:た行 | 国内作家:な行 | 国内作家:は行 | 国内作家:ま行 | 国内作家:や行 | 国内作家:ら行 | 国内作家:わ行 | 国内小説 | 家事 | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 歴史もの | 海外小説 | | 病気体験 | 着物 | 経済・政治・国際 | 絵本 | 舞台・バレエ | | 言葉・歌 | 評論・エッセイ | SF

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー