フォト

おすすめ本

2015年7月20日 (月)

神戸屋のグリルランチ、そして

150718_132956友達と東京駅で待ち合わせ、とある美術館へ向かいました。
展覧会を見る前に~まずはランチです。
神戸屋のレストランがあるというので、そこへ。
ちょっと奮発して~
パンはお代わり自由、飲み物ではコーヒーもそうなのです。
コーヒーを先に持ってきてもらって☆
パンは席まで持ってきてくれるので、2回選びました。
150718_134325
パンをお代わりできるなら、パスタよりも‥
メインは「カサゴとカレイのグリル、2色ソース」に☆

150718_1343432色ソースとは、イタリアンソースとルッコラソース。

う~ん、美味しい!

150718_153503そして、目的地がこちら。

150718_1534203階の通路から中庭を見たところ~三菱一号館美術館です。


150718_155718撮影可の巨大ポスター。

化け猫に驚いている絵ですが~
ほんとの猫をモデルに描いているのがありありの猫が可愛くって[かわいい][ぴかぴか(新しい)]
三菱一号館美術館の「画鬼・暁斎展」
狩野派の日本画家で、ありとあらゆるものを描いた鬼才・河鍋暁斎の展覧会。
面白かったです!

2012年8月29日 (水)

「エミリー」

マイケル・ビダード「エミリー」ほるぷ出版

アメリカの詩人エミリー・ディキンソンと小さな女の子の交流を描いた絵本。

エミリー・ディキンソンは、1830年マサチューセッツ州のアマーストで生まれ、1886年その地でなくなりました。
ずっと独身で両親の家で妹と暮らし、内気で知らない人には会おうとせず、とくに亡くなる前の25年間は家を出なかったそうです。
死後に1800もの詩が見つかり、発表された詩で有名になりました。
最初にそう聞いたときには、鬱蒼とした館で鬱々と暮らしていたイメージでしたが、そんなに暗くはないようです。

通りに面した家で、庭仕事もしていて、草花を育てる達人でした。
近所の子供とは付き合いがあったそうで、家に来る子供と話したり、窓から籠に入れたクッキーを降ろしてあげたりしていたとか。
きちんと髪を結って、白いドレスを着た、内気な女性。
丁寧なタッチで、あたたかく描かれています。

小さな女の子が住む家に、ある日手紙が舞い込みます。
おむかいの黄色い家から~そこには、姉妹が住んでいて、お姉さんの方は外に出てきたことがない謎の女性なのですが。
いつもピアノの練習をしているママにあてて、家に来てピアノを聞かせて欲しいというお誘い。
その夜、「興味はあるんだろう」とパパがママに話しているのが聞こえました。
次の朝、家中が音楽で溢れていました。
「詩ってなんなの?」とパパに聞くわたし。

新しい絹の服を着て、ママと一緒にお向かいに出向きます。
謎の女性は、部屋の外の階段で聞いている様子。
一曲ひき終えると「ごしんせつなおとなりさん。コマドリもあなたにはかないませんわ。もっと弾いて下さい。もう、春がそこまで来ているような気がしてきました」と小さな声がします。
部屋の外に出て、階段にいるエミリーに会った女の子は、紙切れを見て「それ、詩なの?」と聞きます。
「いいえ、詩はあなた。これは、詩になろうとしているだけ」と答えるエミリー。

1993年度コルデコット賞受賞作。
絵のバーバラ・クーニーは3度目の受賞だそうです。

2012年7月16日 (月)

「エミリ・ディキンスン家のネズミ」

エリザベス・スパイアーズ「エミリ・ディキンスン家のネズミ」みすず書房

絵本ですが、詩人が題材になっていて、詩人が文を書いています。

19世紀アメリカの詩人エミリ・ディキンスン。
その家に引っ越してきた白ネズミのエマラインとのお話です。
エミリの部屋の壁の奥に、ちょうど同じような小さな小さな部屋があったのでした。
エミリの部屋は、明るくて、風通しがいい。
家具は、シングルベッドと、整理ダンスと、書き物机と、椅子が、一つずつ。
エマラインの部屋も、家具は同じです。
ある日、落ちてきた紙切れに書かれた詩を、エマラインが拾って読んで…
質素な生活の中の、ひそやかな魂のふれあい。

エミリ・ディキンスンは、独身で親の家に妹とひっそりと暮らし、人と会うことも少なかったそうです。
(隣には、兄が結婚して住んでいました)
詩はたくさん書いていましたが、生前は少し投稿してはいたものの、ほとんど知られることもなかったのでした。
エマラインの目を通して描かれる詩人エミリの、内気だけれど端正で優しく、情熱を秘めた生き方に胸を打たれます。

何しろネズミなので~家事を取り仕切っているエミリの妹には敵視され、猫をけしかけられたり、駆除の話が出たりするのですが。
エマラインに気づいていたエミリが、撃退してくれます。

これ以外無いと思われる優しくあっさりしたペンタッチで、さりげなく。
字が読める小さな白ネズミは、詩を書くようになり…
交流が始まるのでした。
「私は誰でもない!――あなたは誰?」と書くエミリ。
とても素敵です。

エミリの詩12編は、長田弘の新訳。
エマラインの詩7編も、デビュー?
絵を描いたクレア・A・ニヴォラは、自宅にエマラインそっくりの賢い白ネズミが住んでいたことがあるそうです。
1999年の作品。

2007年8月15日 (水)

「盾(シールド)」

村上龍「盾(シールド)」幻冬舎

「12歳のハローワーク」のイラストレーターはまのゆかと村上龍が再び組んだ絵本。児童向けに限らない内容です。
人の心の柔らかい部分を守るには盾が必要。ではその盾とは何なのか?
幼馴染みのコジマとキジマは、山に住む老人に言われた言葉を大人になっても意識し続けます。

大人からみれば良い子の優等生だったコジマと反抗的だったキジマが、そのままの人生を辿るのではなく意外な展開になる(それも説得力がある)所が面白いです。
2人は作者とほぼ同年代か?子供からすると、リストラされたお父さんの気持ちや状況を知る手がかりになるかも…
後書きに「集団用の盾に頼るのはやめて、個人用の盾を獲得すればいいという単純なものではありません」とありますが、後半の展開はほとんどそう読めます。
コジマに比べてキジマの様子が後半は通りいっぺんなので。あれ以上詳しく具体的に書くと狭くなってしまうからかなぁ…??

対照的な2人がけっこう仲が良いことや、内面の悩みには通じる物があったこと、長い時を経て再会する所は良い感じです。
3匹のシェパードと共にね。

その他のカテゴリー

bベスト本 i本屋大賞候補作 l本屋大賞 l直木賞 l芥川賞 l:日本エッセイスト・クラブ賞 mf:世界幻想文学大賞 mf:日本ファンタジーノベル大賞 m:CWA賞 m:MWA賞 m:このミステリーがすごい! m:アガサ賞 m:マカヴィティ賞 name:あさのあつこ name:万城目学 name:三上延 name:三浦しをん name:上橋菜穂子 name:上野千鶴子 name:中島京子 name:乾くるみ name:五木寛之 name:京極夏彦 name:仁木英之 name:今野敏 name:伊坂幸太郎 name:佐々木譲 name:佐藤多佳子 name:佐藤正午 name:佐藤賢一 name:佐野洋子 name:勝間和代 name:北村薫 name:原田マハ name:古内一絵 name:坂木司 name:坪田信貴 name:大島真寿美 name:大崎梢 name:太宰治 name:姫野カオルコ name:宇江佐真理 name:宮下奈都 name:宮部みゆき name:小川洋子 name:小川糸 name:山之口洋 name:山崎ナオコーラ name:山田詠美 name:島本理生 name:島田荘司 name:川上弘美 name:恩田陸 name:有川浩 name:朝井まかて name:朝井リョウ name:木内昇 name:杉本苑子 name:村上春樹 name:村上龍 name:村山早紀 name:村山由佳 name:東川篤哉 name:東野圭吾 name:松井今朝子 name:林真理子 name:柚木麻子 name:柳広司 name:栗田有起 name:桜庭一樹 name:梨木香歩 name:森絵都 name:森見登美彦 name:森谷明子 name:横山秀夫 name:橋本治 name:池上永一 name:津村記久子 name:海原純子 name:海堂尊 name:湊かなえ name:町田康 name:畠中恵 name:百田尚樹 name:矢崎存美 name:碧野圭 name:磯崎憲一郎 name:神田茜 name:米村圭伍 name:米澤穂信 name:綿矢りさ name:荻原規子 name:菅野雪虫 name:葉室麟 name:西加奈子 name:角田光代 name:誉田哲也 name:貴志祐介 name:辻村深月 name:近藤史恵 name:道尾秀介 name:長野まゆみ name:阿部智里 name:香山リカ name:高田郁 oその他の作家 o海外作家:C.J.ボックス o海外作家:M.C.ビートン o海外作家:P.Gウッドハウス. o海外作家:R.D.ウィングフィールド o海外作家:S.J.ローザン o海外作家:アガサ・クリスティ o海外作家:アラン・ブラッドリー o海外作家:アリアナ・フランクリン o海外作家:アリス・マンロー o海外作家:アリ・ブランドン o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス o海外作家:アンナ・マクリーン o海外作家:アン・クリーヴス o海外作家:アン・タイラー o海外作家:アン・マキャフリイ o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン o海外作家:アーロン・エルキンズ o海外作家:エミリー・ブライトウェル o海外作家:エリザベス・ギルバート o海外作家:エルスベツ・イーホルム o海外作家:エレイン・ヴィエッツ o海外作家:エレン・カシュナー o海外作家:カズオ・イシグロ o海外作家:カミラ・レックバリ o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン o海外作家:キャロル・オコンネル o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト o海外作家:ギヨーム・ミュッソ o海外作家:クリストファー・プリースト o海外作家:クレイグ・ライス o海外作家:クレオ・コイル o海外作家:ケイト・キングズバリー o海外作家:ケイト・モス o海外作家:ケイト・モートン o海外作家:ゲイル・キャリガー o海外作家:コニス・リトル o海外作家:コニー・ウィリス o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー o海外作家:コルネーリア・フンケ o海外作家:サラ・ウォーターズ o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー o海外作家:サラ・パレツキー o海外作家:シャルロッテ・リンク o海外作家:シャロン・フィファー o海外作家:シャンナ・スウェンドソン o海外作家:シャーリィ・ジャクスン o海外作家:シャーレイン・ハリス o海外作家:シャーロット・マクラウド o海外作家:ジェイソン・グッドウィン o海外作家:ジェイニー・ボライソー o海外作家:ジェイン・オースティン o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー o海外作家:ジェフリー・フォード o海外作家:ジェラルディン・ブルックス o海外作家:ジャニータ・シェリダン o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ o海外作家:ジュリー・ハイジー o海外作家:ジュンパ・ラヒリ o海外作家:ジョアン・フルーク o海外作家:ジョナサン・キャロル o海外作家:ジョン・ハート o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン o海外作家:ジョー・ウォルトン o海外作家:ジル・チャーチル o海外作家:スティーグ・ラーソン o海外作家:ステファニー・メイヤー o海外作家:スーザン・イーリア・マクニール o海外作家:スーザン・プライス o海外作家:スー・グラフトン o海外作家:タニス・リー o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ o海外作家:ダイアナ・ガバルドン o海外作家:ダン・ブラウン o海外作家:ディック・フランシス o海外作家:デイヴィッド・アーモンド o海外作家:デニス・ルヘイン o海外作家:デボラ・クロンビー o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ o海外作家:トーベ・ヤンソン o海外作家:ドナ・アンドリューズ o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ o海外作家:ドミニク・シルヴァン o海外作家:ドン・ウィンズロウ o海外作家:ナンシー・ピカード o海外作家:ネレ・ノイハウス o海外作家:ノア・ゴードン o海外作家:パウロ・コエーリョ o海外作家:パトリシア・A.マキリップ o海外作家:パトリシア・ハイスミス o海外作家:ピエール・ルメートル o海外作家:ピーター・キャメロン o海外作家:ピーター・ディキンスン o海外作家:ピーター・トレメイン o海外作家:ピーター・ラヴゼイ o海外作家:フィリッパ・グレゴリー o海外作家:フェイ・ケラーマン o海外作家:フランセス・ファイフィールド o海外作家:フレッド・ヴァルガス o海外作家:ヘイリー・リンド o海外作家:ヘニング・マンケル o海外作家:ベリンダ・バウアー o海外作家:ベルンハルト・シュリンク o海外作家:ポール・ドハティ o海外作家:マイクル・コナリー o海外作家:マーガレット・アトウッド o海外作家:マーセデス・ラッキー o海外作家:ミネット・ウォルターズ o海外作家:ミュリエル・バルベリ o海外作家:メアリ・W.ウォーカー o海外作家:メグ・ガーディナー o海外作家:メグ・キャボット o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン o海外作家:リサ・クレイパス o海外作家:リチャード・ノース・パタースン o海外作家:リース・ボウエン o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ o海外作家:レジナルド・ヒル o海外作家:レスリー・メイヤー o海外作家:レーネ・レヘトライネン o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド o海外作家:ロビン・ホブ o海外作家:ローズマリ・サトクリフ o海外作家:ローズマリー・マーティン o海外作家:ローナ・バレット o海外作家:ローラ・チャイルズ o海外作家:ローラ・リップマン o海外作家:ローリー・キング o海外作家:ローレンス・ブロック o海外作家:ヴィヴェカ・ステン o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア お人形 お人形着物 お茶 アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング コージー ジェイドール ジェニー スイーツ ドールmomoko ドールmomoko洋服 ドール・ドレス ドール:Misaki ドール:SD ドール:シドニー ドール:ピュアニーモ ドール:プーリップ ドール:ユノアクルス・アズライト バービー ファッション ファンタジー フィギュアスケート ベスト本 ミステリ リカちゃん ロマンス 介護 作品 健康・ダイエット 児童書・YA 動物 国内作家:あ行 国内作家:か行 国内作家:さ行 国内作家:た行 国内作家:な行 国内作家:は行 国内作家:ま行 国内作家:や行 国内作家:ら行 国内作家:わ行 国内小説 家事 日記 映画・テレビ 書籍・雑誌 歴史もの 海外小説 病気体験 着物 経済・政治・国際 絵本 舞台・バレエ 言葉・歌 評論・エッセイ SF

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ