フォト

おすすめ本

2019年4月14日 (日)

「いっしょにいるだけで」

森下典子「いっしょにいるだけで」飛鳥新社

猫嫌いの母子が住む家の庭で、野良猫が子猫を5匹産み落とし‥?
心温まる出会いの実体験~猫エッセイ。

かっては犬を飼っていた実家。
一度は家を出たけれど40過ぎて戻ってきて、今は母と二人暮らしになっている著者でした。
猫は苦手でしたが、ある日‥
猫は苦手でしたが、ある日‥
父の思い出がある白木蓮の木の下で、野良猫が子猫を生んでいたのです。
絶対に飼いたくはないので、すぐに近所にある動物愛護協会へ駆け込みますが、空きがないので預かれないという。
かといって保健所にだけは‥

さあ大変!
里親探しが始まりました。
母猫が子猫に乳をやり、なめてあげ、一緒に眠る姿。無邪気な子猫たち。見ているだけで何だか‥経験のない優しい気持ちになっていきます。
里親を希望する人たちとの出会いもありました。
そしていつしか‥
可愛くてたまらなくなった残っていた子と母の2匹は自分たちで飼うことに。

うちも私が子供の頃は犬派だったので、色々思い出します。
その後飼っていた猫が行方不明になった後、野良猫が庭で子を生んでしまったこともありました。
親も猫嫌いではなかったけど、何匹もは困っちゃう。
おっかさん猫の方も心得たものというか、隠れて点々としながら子育てしていたので、里親探しは経験ないんですが。
少し育ってから、お宅はこの子なんかいいですよね?というように、1匹だけ置いていったのを育てたことが2度(笑)

残念ながら今はいないんですが‥
もったいないぐらい愛をもらった楽しい思い出がいっぱいです。
幸せになりたかったら、猫を飼うのがいちばん早い。
ってことですよね~☆

2019年3月20日 (水)

二度目のガンちゃんとドンちゃん

生ぶんぶんキャッツ訪問の続きです。
前回は主に~おデン様とダンゴくんを紹介しました。

ガンちゃんもちょっと出てましたけど~改めて。
Dsc_0085

トンキニーズという種類のガンちゃんは年長で、落ち着いた雰囲気。
影のボスって感じがしました。
あ、威張ってるんじゃなくて~優しくて信頼されている感じ。
Dsc_0076
賢げでしょう?
Dsc_00751
今回はきちんとポーズをとってくれました。
前はピントの合っている写真が少なくて。

こちらはドンごろーちゃん。
Dsc_00501
あ、上の写真も手前で写ってます。
スコティッシュフォールドです。
丸っこくて、仕草に愛嬌があります。
こたつカバーの上、ママの隣(私から遠い方)に寝てます。
でもそのうち、こっち側に来てくれました!
2、3回来たそうにして、まよったあげく~えいって感じで。
Dsc_0065
ぶんぶんキャッツのボス猫なんですよ~。
猫には強いけど、人間には弱い?ちょっと警戒心強め。
お客様好きのゴンゴンと、人を怖がらないおデン様とガンちゃんに比べれば、ですね。
Dsc_0059
前回も最初は用心していたけど、後半は撫でられたし~
2度めの今回は全身もふもふしまくり。
ゴロゴロ喉を鳴らしてくれました。

そんなドンくん、ガンちゃんのことは母親だと思っているとか(オスだけど)。
Dsc_00721
やんちゃな暴れん坊のベンガルのゴンゴンも意外と子供好きで~
あとから来たにゃんこたちはガンちゃんとゴンゴンが育てたんだそうです。

多頭飼いってそういう事があるんですね~。❤🎵

2019年3月13日 (水)

7にゃん宅訪問・2度め

先日、多頭飼いのお宅に遊びに行ってきました。

やっぱり、真っ先に出てきたのはゴンゴンちゃん。
前回撮った写真の半分がこの子、
しかも大抵はカメラ目線でした。
Dsc_00871
手前がベンガルのゴンゴン、奥がトンキニーズのガンちゃんです。
でもその後はかなり様子が違いましたよ。
他の子が~今度は私、って感じで近くに来てくれたのです。
2度め感はありました。
今回、おデン様とガンちゃんはもっと撮りたいと言ってたんですよ~。
それほど怖がっているわけでもなかったのに、シャッターチャンスを逃しちゃってたから。
Dsc_0038
手前がおデン様、奥を悠然と歩いているのがガンちゃん。
とくにおデン様は昨年お邪魔したときには1枚しか撮ってなかったんです。
ほぼ見惚れてました‥
Dsc_00231
「わらわを撮りたいのじゃな」とわかってくれたのか?
Dsc_00251
ママのお膝の上に乗ってきて穏やかなお顔~
ピントが甘いのが残念ですが。
しばらく、まったりと過ごしていてくれました。
Dsc_00481_2
「おデン様、綺麗~もうちょっとちかづいてもいい?」と声をかけながら
Dsc_00491
「なんじゃっ?」ってお顔かな。
でも撮らせてくれました。
ダンゴくんも近くで転がっててくれました。
Dsc_00461
仰向けが楽なのかにゃ?
Dsc_0045
ダンゴくんは、前回も途中から近くに来てくれたので、結構枚数撮ったんですが~
動き回るのでほとんどがピンぼけ!
今回は楽しそうなとこ撮れたかな。
警戒心の強いボンにゃんとコバンくんはまた、一瞬のお目もじでしたけどね。

2018年12月15日 (土)

初代ピートのこと・2

寒いですねー!
土曜日がまたまた~寒さの底だとか[雪]
ガタブルという死語?を思い浮かべちゃいましたわ[ふらふら]

160918_233553
うちの初代の猫、ピートくんです。
その後4代目まで、みなピートという名前でした。
呼ぶときは、ピーちゃんが多かったかな。

黒キジに白で、目の周りの隈取がくっきりした精悍な顔立ち。
子猫の頃は「なめ猫」みたいでした。

これは家の前で~
160918_233915
家族で写真を撮っていたら、とことこと近づいてきたピートが
当然のように私の横に座り、のほほんと写真に収まったのです。
こちらは大笑いでした[わーい(嬉しい顔)]

手術もしなかったし、外ではケンカ三昧。
いちおうボス張ってたと思います[グッド(上向き矢印)]
たしか、猫トイレってものを置いてなかったですね‥時代が[あせあせ(飛び散る汗)]
外で寝ることも多く、家の中にも外にもダンボール箱の寝床がありました。

お嫁さん探しにしばらく放浪に出てしまうこともありました。
喧嘩して怪我をすると、家の中でじいっと飲まず食わずで寝ていて、それで治るとすぐにまた出かけていくのです。
そういう意味では野生が残っていたと言うか‥
ただ、犬しか世話したことのない父が微妙に~犬みたいに扱うこともあったせいか?
父の言うことは聞く感じでした。
リビングの良い方のカーペットが敷いてある方には行かなかったんです。食べ物は我慢できなかったけどね~
焼き魚をくわえて持っていっちゃったり[ふらふら]

私はどうしたらなついてくれるか、一生懸命観察、工夫してました。
それでだんだん、撫で方がうまくなりました[るんるん]
160918_233937
これは晩年の写真。

2018年12月 5日 (水)

舌ぺろ~んの猫

なにげなく~
Vfsh31971
「ペロッ」

愛を込めて
Vfsh1456_2
ベロ~ン
「‥うみゅ」
150827_1509501
微妙な舌出し

2018年11月28日 (水)

「書店猫ハムレットのうたた寝」

アリ・ブランドン「書店猫ハムレットのうたた寝」創元推理文庫

ニューヨークの本屋が舞台。
猫と書店員が事件を解決?するシリーズ。

大きな黒猫のハムレットは賢く、書店のマスコットというより主(ぬし)。今日も気ままにうたた寝したり、ゆうゆうと街を行き来しています。
猫ごと遺産として受け継いだ書店を経営するダーラは、35歳。(初めて年齢が明記されてました。登場したときから30代後半かと思ってたけど、やや若い)
2階にカフェコーナーを作ったのも成功。
若い店員のロバートが美味しいコーヒーをいれ、なかなかハンサムなので女の子たちもよく来るように。

独立記念日の催しとして、商店街でお祭りを開催することになって大騒動。
ダーラは幹事サイドとなって、企画に力を入れていました。
コーヒーショップの気難しいオーナーが参加費を払ってくれていないので集金に行ったり。
いろいろな顔ぶれがにぎやかに登場するうち、事件が起きます。

一方、恋愛模様にも波乱が。
年下のハンサムな刑事リースとのデートは盛り上がらず、なんとなくそのままになっていたそう。
ところが‥?
こんなヒドイこと言っちゃったらリースは失地回復しようもないだろう?
と思ったけど~
次巻で終わるらしいので、ということは‥‥大逆転? 想像しちゃいますね(笑)

2018年10月15日 (月)

7頭飼いのうち5ニャンズ

これは、だあれ?
Dsc_82481
予想以上にスレンダーで優雅でした。
写真がやや上からになっているけど、もっと脚長で小顔です!
そして、すっごい甘えん坊!なゴンゴンちゃん。
Dsc_82391
ベンガルだから野生が強いオレサマな性格~でも甘えん坊[わーい(嬉しい顔)]

zomiekongさんのお宅へ伺いました。
美しい猫ちゃんたちを眺めながら撫でながら~楽しいおしゃべり。[るんるん]
Dsc_82461
トンキニーズのガンちゃんは大人っぽく落ち着いていて、ゴンゴンとも喧嘩にならない。
廊下で撫でていたらコテンと眼の前で横になってくれて、お腹と喉を撫でられました。[グッド(上向き矢印)]

眠るおデン様。
Dsc_82701
おデン様の写真は帰宅後に見たらこれ1枚~しまった。
見とれちゃって‥女王様のご機嫌損ねたくない気持ちもあって、ちょっと遠慮したかも。
最初から玄関に出てきてくれたし、距離は保っていたけど~
怖がっているというほどじゃなかったから、撮ればよかった~。
最後はナデナデもできたんですよ![ぴかぴか(新しい)]

ダンゴくん、イメージよりふっくらしてました。
Dsc_82621
おとなしそうで~微光沢があって綺麗。
Dsc_82591
落ち着きがなくてなかなかピントが合わないけど~
スリスリしながらずうっとウロウロ。
撫でていたら何度か喉をゴロゴロ鳴らしてくれました。[かわいい]

ボスのドンごろーくん、途中で登場。
Dsc_82761
猫には強いけど、人間に警戒心強いそうです。
何度か様子を見に来た後で、近くのベッドで念入りに身繕いしてまったり。
あんよが太くて、ちょっとした仕草がめちゃキュート!
寝息を立てて眠っていました。
Dsc_82771
出てきて近くまで来てくれたの~ナデナデできました[揺れるハート]

多頭飼いの猫ちゃんに会うのも初めてと言っていい‥
とくに7人?は初めて!
3にゃんはフレンドリーだけどあとは出てくるかどうかわからないというお話でした。
ドンちゃんに会えるところまで行けばと内心の目標♪
ドンちゃんも撫でられたし~
全然見られないかもと覚悟していたボンにゃんとコバンくんも抱っこしてきて見せてくれました。
嬉しい‥
おしゃべりの様子を眺めたり感じたりしつつ、ニャンコは出てきたり眠ったり甘えたり。
幸せな時間でした。ありがとうございました~![わーい(嬉しい顔)][るんるん][ぴかぴか(新しい)]

2018年8月 7日 (火)

兄弟猫脱走[千葉県我孫子市]

元記事はこちら・・・
★拡散希望★兄弟猫脱走【千葉県我孫子市】
http://pochinyan.blog95.fc2.com/blog-entry-1395.html
以下☆の内側は、転載記事になります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

卒業っ子が脱走してしまいました。兄弟2匹ともです。

脱走場所:千葉県我孫子市3丁目
脱走日時:2017年12月末頃

2匹とも薄い茶トラで、白い部分があり、しっぽ真っ直ぐで長め。

仲良しで人間大好きな甘えん坊兄弟です。

兄弟ともに昨年末に脱走したっきり報告もなく放置されていました。
8ヵ月も経過してしまいましたが見かけた方、保護してくださった方、
ご連絡お願いいたします。

pochi0131★cat.zaq.jp (★を@に変えて) メールをお願い致します。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

うちの猫には、8ヶ月行方不明で、自力で戻ってきた子もいました。
もと野良の子で6歳でしたけど。
当時は早く避妊手術するお宅はまだ少なく、完全室内飼いも少ない頃でした。
だからオス猫がどこかにしばらく行っていて、そのうち戻ってくるというのはそんなに珍しくなかった。
何ヶ月も広告出したり、ずいぶん探したんですけどねえ‥

珍しかったのは、途中で「そういう猫が迷い込んできたけど探している人はいないか?という問い合わせが前にあった」と業者の人が知らせてくれたことです。
そういう依頼は当社にはないと返事して、じゃあ家で面倒見ますと言われ、連絡先までは聞かなかったそうで、もうどこのお宅なのかわからなかったのですが。
すぐ近くではないけれど、6歳のオスなら行ける範囲だろうと。
生きていてくれたなら、世話してもらえるなら良かった!と、こちらは思うばかりでした。

その後、突然戻ってきたのですが‥
‥どこかでちゃんとご飯もらってた様子でした。[わーい(嬉しい顔)]

[追記:
緊急にこちらを載せましたので~
いつも水曜日にアップしている記事は木曜日にアップすることにいたします。
消息がわかるといいですね。
元気でいてくれますように![揺れるハート]]

2018年7月 9日 (月)

「書店猫ハムレットの休日」

アリ・ブランドン「書店猫ハムレットの休日」創元推理文庫

書店猫ハムレットのシリーズ3作目。
キャット・ショーに招かれて、フロリダが舞台のお話。

ニューヨークの書店を受け継いだダーラがヒロイン。
書店とともに受け継いだのが、大きくて真っ黒なマスコット猫、いや真の主?のハムレット。
気むずかしい猫なのですが、前作でのハムレットの動きがネットにアップされて、一躍人気者に。
空手大会に出場したダーラの演じる型を猫がいちいち真似ていたのだから、想像するだけでも楽しいです。

ハムレットは、全米キャット・ショーに特別ゲストとして招かれます。
フロリダに飛んだダーラとハムレット。
ここが地元の下宿人ジェイクの母親が出迎えに来てくれます。
場所を移動しても、ただ猫じゃない?ハムレットは、さすが悠々としたもの。
しかし、会場で一大事が起こり‥?!

華やかな街と高級ホテル、キャットショーの様子などが目新しく、テンポよく進みます。
ブルックリンの地道な生活とはまた違う展開。
最後の冒険まで、楽しめました☆

2018年7月 7日 (土)

「歌川国芳猫づくし」

風野真知雄「歌川国芳猫づくし」文藝春秋

江戸時代も末期の画家・歌川国芳。
初老の日々を描きつつ、猫好きの画家が猫にまつわる謎を解く連作です。

日本橋で家族と5人の弟子、8匹の猫たちと暮らす歌川国芳。
根っからの江戸っ子で、火事となれば見物に駆けつける。
天保の改革で贅沢が禁止になり、美人画などが発禁になったことに憤慨し、絵に風刺を紛れ込ませて庶民の喝采を浴びる反骨精神の持ち主でした。

「猫飼好五十三疋」という、東海道五十三次に見立てた猫の絵を発表しているほどの猫好き。
行方知れずの猫を心配したり、元気がない猫を評判の良い人間の医者に連れて行ったり。
北斎の後は国芳か広重かと言われていたそうで、広重とは同年。
広重と絵で張り合うのかと思ったら、事件に巻き込まれて推理合戦になり、その後に広重の挑戦を受けて猫好きの証明をすることになったりと、微笑ましいですね。

北斎の娘・応為が北斎亡き後に寄るべのない身になって、ふらりと訪ねてくるというほろ苦い話も、どこかユーモラス。
応為が好きなのでこれが事実としたならちょっと哀しいけど、ひょうひょうとした描き方や北斎を尊敬する画家同士の共感、何気なく行末を考えてあげる心のあたたかさに、読後感はよいものでした。

晩年はペリーが来航した頃とまでは思わず、今の大河ドラマと同じ頃なのねとびっくり。
身近で起きる奇妙な出来事、これがいろいろあるんです!(笑)
それぞれを太っ腹に受け止め、驚きつつも淡々とさばいていく様子が、ざっくばらんな性格と年齢らしい余裕を感じさせて、よかったです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

bベスト本 i本屋大賞候補作 l本屋大賞 l直木賞 l芥川賞 l:日本エッセイスト・クラブ賞 mf:世界幻想文学大賞 mf:日本ファンタジーノベル大賞 m:CWA賞 m:MWA賞 m:このミステリーがすごい! m:アガサ賞 m:マカヴィティ賞 name:あさのあつこ name:万城目学 name:三上延 name:三浦しをん name:上橋菜穂子 name:上野千鶴子 name:中島京子 name:乾くるみ name:五木寛之 name:京極夏彦 name:仁木英之 name:今野敏 name:伊坂幸太郎 name:佐々木譲 name:佐藤多佳子 name:佐藤正午 name:佐藤賢一 name:佐野洋子 name:勝間和代 name:北村薫 name:原田マハ name:古内一絵 name:坂木司 name:坪田信貴 name:大島真寿美 name:大崎梢 name:太宰治 name:姫野カオルコ name:宇江佐真理 name:宮下奈都 name:宮部みゆき name:小川洋子 name:小川糸 name:山之口洋 name:山崎ナオコーラ name:山田詠美 name:島本理生 name:島田荘司 name:川上弘美 name:恩田陸 name:有川浩 name:朝井まかて name:朝井リョウ name:木内昇 name:杉本苑子 name:村上春樹 name:村上龍 name:村山早紀 name:村山由佳 name:東川篤哉 name:東野圭吾 name:松井今朝子 name:林真理子 name:柚木麻子 name:柳広司 name:栗田有起 name:桜庭一樹 name:梨木香歩 name:森絵都 name:森見登美彦 name:森谷明子 name:横山秀夫 name:橋本治 name:池上永一 name:津村記久子 name:海原純子 name:海堂尊 name:湊かなえ name:町田康 name:畠中恵 name:百田尚樹 name:矢崎存美 name:碧野圭 name:磯崎憲一郎 name:神田茜 name:米村圭伍 name:米澤穂信 name:綿矢りさ name:荻原規子 name:菅野雪虫 name:葉室麟 name:西加奈子 name:角田光代 name:誉田哲也 name:貴志祐介 name:辻村深月 name:近藤史恵 name:道尾秀介 name:長野まゆみ name:阿部智里 name:香山リカ name:高田郁 oその他の作家 o海外作家:C.J.ボックス o海外作家:M.C.ビートン o海外作家:P.Gウッドハウス. o海外作家:R.D.ウィングフィールド o海外作家:S.J.ローザン o海外作家:アガサ・クリスティ o海外作家:アラン・ブラッドリー o海外作家:アリアナ・フランクリン o海外作家:アリス・マンロー o海外作家:アリ・ブランドン o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス o海外作家:アンナ・マクリーン o海外作家:アン・クリーヴス o海外作家:アン・タイラー o海外作家:アン・マキャフリイ o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン o海外作家:アーロン・エルキンズ o海外作家:エミリー・ブライトウェル o海外作家:エリザベス・ギルバート o海外作家:エルスベツ・イーホルム o海外作家:エレイン・ヴィエッツ o海外作家:エレン・カシュナー o海外作家:カズオ・イシグロ o海外作家:カミラ・レックバリ o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン o海外作家:キャロル・オコンネル o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト o海外作家:ギヨーム・ミュッソ o海外作家:クリストファー・プリースト o海外作家:クレイグ・ライス o海外作家:クレオ・コイル o海外作家:ケイト・キングズバリー o海外作家:ケイト・モス o海外作家:ケイト・モートン o海外作家:ゲイル・キャリガー o海外作家:コニス・リトル o海外作家:コニー・ウィリス o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー o海外作家:コルネーリア・フンケ o海外作家:サラ・ウォーターズ o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー o海外作家:サラ・パレツキー o海外作家:シャルロッテ・リンク o海外作家:シャロン・フィファー o海外作家:シャンナ・スウェンドソン o海外作家:シャーリィ・ジャクスン o海外作家:シャーレイン・ハリス o海外作家:シャーロット・マクラウド o海外作家:ジェイソン・グッドウィン o海外作家:ジェイニー・ボライソー o海外作家:ジェイン・オースティン o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー o海外作家:ジェフリー・フォード o海外作家:ジェラルディン・ブルックス o海外作家:ジャニータ・シェリダン o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ o海外作家:ジュリー・ハイジー o海外作家:ジュンパ・ラヒリ o海外作家:ジョアン・フルーク o海外作家:ジョナサン・キャロル o海外作家:ジョン・ハート o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン o海外作家:ジョー・ウォルトン o海外作家:ジル・チャーチル o海外作家:スティーグ・ラーソン o海外作家:ステファニー・メイヤー o海外作家:スーザン・イーリア・マクニール o海外作家:スーザン・プライス o海外作家:スー・グラフトン o海外作家:タニス・リー o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ o海外作家:ダイアナ・ガバルドン o海外作家:ダン・ブラウン o海外作家:ディック・フランシス o海外作家:デイヴィッド・アーモンド o海外作家:デニス・ルヘイン o海外作家:デボラ・クロンビー o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ o海外作家:トーベ・ヤンソン o海外作家:ドナ・アンドリューズ o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ o海外作家:ドミニク・シルヴァン o海外作家:ドン・ウィンズロウ o海外作家:ナンシー・ピカード o海外作家:ネレ・ノイハウス o海外作家:ノア・ゴードン o海外作家:パウロ・コエーリョ o海外作家:パトリシア・A.マキリップ o海外作家:パトリシア・ハイスミス o海外作家:ピエール・ルメートル o海外作家:ピーター・キャメロン o海外作家:ピーター・ディキンスン o海外作家:ピーター・トレメイン o海外作家:ピーター・ラヴゼイ o海外作家:フィリッパ・グレゴリー o海外作家:フェイ・ケラーマン o海外作家:フランセス・ファイフィールド o海外作家:フレッド・ヴァルガス o海外作家:ヘイリー・リンド o海外作家:ヘニング・マンケル o海外作家:ベリンダ・バウアー o海外作家:ベルンハルト・シュリンク o海外作家:ポール・ドハティ o海外作家:マイクル・コナリー o海外作家:マーガレット・アトウッド o海外作家:マーセデス・ラッキー o海外作家:ミネット・ウォルターズ o海外作家:ミュリエル・バルベリ o海外作家:メアリ・W.ウォーカー o海外作家:メグ・ガーディナー o海外作家:メグ・キャボット o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン o海外作家:リサ・クレイパス o海外作家:リチャード・ノース・パタースン o海外作家:リース・ボウエン o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ o海外作家:レジナルド・ヒル o海外作家:レスリー・メイヤー o海外作家:レーネ・レヘトライネン o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド o海外作家:ロビン・ホブ o海外作家:ローズマリ・サトクリフ o海外作家:ローズマリー・マーティン o海外作家:ローナ・バレット o海外作家:ローラ・チャイルズ o海外作家:ローラ・リップマン o海外作家:ローリー・キング o海外作家:ローレンス・ブロック o海外作家:ヴィヴェカ・ステン o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア お人形 お人形着物 お茶 アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング コージー ジェイドール ジェニー スイーツ ドールmomoko ドールmomoko洋服 ドール・ドレス ドール:Misaki ドール:SD ドール:シドニー ドール:ピュアニーモ ドール:プーリップ ドール:ユノアクルス・アズライト バービー ファッション ファンタジー フィギュアスケート ベスト本 ミステリ リカちゃん ロマンス 介護 作品 健康・ダイエット 児童書・YA 動物 国内作家:あ行 国内作家:か行 国内作家:さ行 国内作家:た行 国内作家:な行 国内作家:は行 国内作家:ま行 国内作家:や行 国内作家:ら行 国内作家:わ行 国内小説 家事 日記 映画・テレビ 書籍・雑誌 歴史もの 海外小説 病気体験 着物 経済・政治・国際 絵本 舞台・バレエ 言葉・歌 評論・エッセイ SF

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ