フォト

おすすめ本

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2018年8月14日 (火)

「東福門院和子の涙 下」

宮尾登美子「東福門院和子の涙 下」講談社文庫

徳川二代将軍秀忠の娘・和子は、後水尾天皇に嫁ぎました。
江戸時代の初期に、朝廷との力関係を巡って緊迫していた時期のことです。

気苦労の多い人生だったのだなあと思うと少々気の毒ですが。
天皇にずっと疎まれていたわけではなく、仲良く過ごした日々もあったことに、ほっとしました。
7度の出産に恵まれましたが、男子二人は幼くして夭折。
幼児死亡率の高い時代ですから定かな事はわかりませんが、幕府としては疑いを抱いたかも‥
天皇としても、和子の身にまで危険が及ぶ可能性を考えたかもしれない‥?
巻末に天皇の側室と子のリストがあるのですが、これが多いのにはびっくり。幕府にもそういう将軍がいたけど、高齢まで出産していて女官も何とタフ‥

和子は長女の内親王を次の天皇にすすめ、側室の生んだ男子を養子としてその次の天皇に決めようと、双方の顔を立てた形にしたと。
本人の才覚も生かせたようですし、当時としては長寿。
生き抜いたのですね‥
女性のパワーを感じます☆

2018年8月12日 (日)

「東福門院和子の涙 上」

宮尾登美子「レジェンド歴史時代小説 東福門院和子の涙 上」講談社文庫

徳川二代将軍・秀忠とお江の娘、和子(まさこ)は、武家から天皇に初めて嫁いだ女性。
どんなんな人生を送ったのかしら‥という興味があり、読んでみました。

江戸から和子についていった侍女のゆきの視点から。
当時の話し方をある程度まで再現したと思われる古風な言葉づかいで、流麗に語られます。
ゆきの知っている範囲の、ちょっと前の時代の噂話や和子の婚約から始まります。
今の若い子にとっては、古文並み?
こちらは長年大河ドラマをよく見てきたし、読んでいるうちに慣れてわかるようになりましたけどね(笑)

江戸時代の初期に、ある意味、公武合体が目指されたわけですね。
和子はおっとりと品が良い優しい娘さんだったよう。
朝廷側の抵抗感はかなり強く、当初は会うことすらままならなかった。
和子の親の秀忠とお江は仲のいい夫婦だったし、その後も大奥だったら、毎朝一度はご先祖の御霊を拝むために夫婦は会えたのですけどね。

ところが、天皇というのは、大勢の女官に一日中囲まれているような暮らしなのですね。
しかも、その中にお手つきがたくさんいるのだから‥
出来るだけ会わせまいとするのも無理からぬ所?
天皇はおそらく、幕府の権威と財力をかさにきた女と予想していたのかも‥などと想像しました。その誤解は晴れるんです。

あまり知られていない時代のことを詳しく書き込んであるので、面白く読みました。

2018年4月28日 (土)

「みかづき」

森絵都「みかづき」集英社

学校教育が太陽なら、塾は月。子どもたちを優しく照らす‥
塾の始まりから親子三代にわたる物語。力作です。

昭和36年、小学校の用務員をしていた大島吾郎。
勉強がわからない子に教えてあげていて、教員免許を持っていない吾郎の教え方がわかりやすいと評判になっていました。
通ってくる生徒の一人の蕗子は、教える必要もなさそうな成績の良い女の子。
蕗子の母親の千明が吾郎のもとを訪れ、教える才能を見込んで、塾を立ち上げようと誘います。
千明は、半ば強引に、結婚まで持ち込み(笑)

教育の話、塾の話というと、真面目で説教臭いかもしれない気がしますが。
気が強く個性的な千明と、大らかで人望があるがいささか女にだらしがない吾郎というコンビで、いたって人間的に、躍動するように話は進みます。

当初は勉強についていけない子どもたちに補習していたのが、しだいに進学指導がメインに。
方針を巡っての対立から、夫婦仲にも影響が出ます。
子どもたちの性格の違い、それぞれの進路も時代を映して。

文部省は、長らく塾を白眼視していたのが、年月を経て学校を補完するものとして認めるようになります。
しかし、「ゆとり教育」の真相というのは、ちょっと衝撃的でした。
優秀な子がもっと上へ行けるよう、そうでない子は放っておくということだったとは‥?
そればかりではないような気もしますが、時代の風潮として一面の真実かと。

孫の世代の一郎がフリーターだったり、そんな子がまた教育の場を設けるようになったり。
戦後の激動期を経て数十年、こんな時代が来たと。
ある意味、教育には終わりがない‥
いい締めくくりでした。

2017年本屋大賞2位。

2018年4月 7日 (土)

「桜風堂ものがたり」

村山早紀「桜風堂ものがたり」PHP研究所

百貨店内の大きな書店で働いていた青年が、思わぬ事故で辞めることになり‥?
優しい気持ちにさせてくれる物語です。

風早町の古い百貨店本館にある銀河堂書店。
月原一整は、隠れた名作を見出す才能があると店長に認められていました。
才能ある店員が揃っている職場ですが、毎日の重労働に加えて、勧めたい本のポップを作ったり、本の並べ方を工夫したり。
決して楽な仕事ではありません。
地道な取材を感じさせる描写で、ネット販売が主流になっていく時代に、町の書店への応援歌となっていますね。

えてして軽い気持ちで行われる万引きも、実は書店に大きなダメージを与える問題。
思わぬ事件の顛末で書店の評判が落ち、一整が責任を取る形で辞めることになります。
これほど立派な人達が揃っている店なのに、なすすべもなく‥

傷心の一整は旅に出て、以前から交流のあった桜風堂の主人と出会います。
時の流れに取り残されたような山間の小さな町・桜野町で、たった一つの書店が閉店しそうになっていた‥
子猫やオウム、桜風堂の孫の少年らとの暮らし。
そこで出会った作品を巡って、銀河堂の仲間たちと再び‥?
過去にあったことで孤独がちだった一整が、居場所を見つけていく。

この作者ならではの清潔感のある文章の、柔らかな描写が心地よい。
モチーフはやや少女っぽく感じられるかもしれませんが、さすが読ませる力がありますね。
夢のある展開で、盛り上がります!
桜野町に行ってみたい。
この表紙の窓辺へ‥

2017年11月18日 (土)

「希望荘」

宮部みゆき「希望荘」小学館

杉村三郎シリーズ、4冊目。
短編連作というか、中編連作というか。
離婚の衝撃の、その後、を描いています。

社誌の編集をしていた杉村は、時おり巻き込まれて調査のような仕事もしていました。
財閥令嬢の妻と離婚して職も失い、今は私立探偵になっています。

「聖域」
亡くなったはずの女性が目撃された事件。幽霊なのか?
杉村が調べていくと、じつは‥
娘を訪ねてアパートに行くと、そこにいたのは?
頼りなげな杉村だが、既にご近所さんに親しげにされ、かっての勤め先で常連だった喫茶店のマスターまで近くに店を出しているという。
あたたかな環境にほっこり。

「希望荘」
息子からの依頼で、老人ホームで亡くなった父親が生前、殺人をしたかのような告白をしていたという。
本当なのか‥?
起きていたことを淡々と順々に調べていく杉村。
希望という名は皮肉なのか、何なのか‥

「砂男」
離婚後、一度故郷の山梨に帰っていた杉村。もともと結婚には反対されていて、口の悪い母親には当たられるのが強烈‥でも、こういう人はいる気もします。
周りは仕事口を探してくれて。
行方不明になった人物の謎を解いたことから、蛎殻という名士に見込まれ、調査員になるよう勧められることに。

「二重身(ドッペルゲンガー)」
古い建物にあった杉村の事務所は震災で倒れ、広い屋敷に間借りしています。
家の様子をうかがっていた黒ずくめの少女は?
東日本大震災が起きてから、行方がわからないという男性がいた‥

基本は現実味のある設定ですが、普通は起こらない、思いもよらない展開になるのが、さすが宮部さん。
日常の中に潜む悪意というか、最初は悪人というほどではなかったとしても、状況に応じてやることがだんだん‥
何考えてるんだかという人物がいろいろ登場します。
人間は勝手な思惑でぶつかり合うものなんだねー、と。

大人しく真面目でのほほんとしているようで~実は結構変わり者かもしれない杉村。
杉村の味方がだんだん増えていく のが、救いとなっていますね。

2017年11月 4日 (土)

「欲と収納」

群ようこ「欲と収納」角川文庫

タイトルどおりの、書き下ろしエッセイ。
本と着物を処分できない気持ちは、良~くわかります。

子供の頃にはまだ、物が多すぎて困っている人などいなかった、というのはよくわかる同じ世代。
物が手に入ると嬉しくて、捨てるのはもったいない。
バブル期も経験してン十年、いつしか持ち物がどっと増えたが、どうやって片付けたらいいか知らないのだ‥

紙や書類の整理など、悪戦苦闘が語られ、片付く部分もあり、いつまでたっても残っている部分もあり。
着物好きがたどる道も具体的にわかるので、このへんが抱腹絶倒。
そうそう、和装下着や着付けの小物など、試行錯誤しているうちに増えちゃうの。今の着物好きの悩みよね。
どれか捨てようかと思っても、なかなか選べないと来てる。
ま、収入が桁違いなので~
上等なお着物をこんなに大量に買う気分はわからないけど。

お母さんが群さんの収入を当てにして、やたらと高価な着物を欲しがるようになってしまったとのこと。まあ買ってあげられるだけの力があったから‥
お母さんが入院したので家の片付けに行ってみたら、ろくにたたみもせずにしまい込んでいたので、かなりの着物がカビていたとは。うわーうわー。
着た後に、せめて一日干しておけば、ずいぶん違ったでしょうに。
この悲憤はわかります‥

でも他のときも、群さんって、何だかいつも怒っているような?
そこがちょっと不思議になりました。

2017年6月24日 (土)

「コンビニ人間」

村田沙耶香「コンビニ人間」文藝春秋

2016年上期、第155回芥川賞受賞作。
コンビニに勤め続ける女性が主人公。

古倉恵子は36歳、独身。
子供の頃から変わっていて、周囲に驚愕されること度々。
できるだけ普通のふりをしているのだけど、家族には心配されてきました。
わかりやすい文章で、大げさなこともなく、読みやすいですね。
変わっているエピソードと、普通のふりをする方法が芥川賞的かも。

幸い、恵子はコンビニのバイトが性に合い、大学卒業後も就職せずにバイトを続けて、18年目になります。
マニュアルが決まっているとはいえ、プロとして有能なので~
読んでいて、いいじゃないの~何が悪いの?って気分に。
発達障害というタイプに相当するのでしょうが‥そう一口に言っても、それぞれ個性が違うわけで。

新入りの男性・白羽がやってきて、これがなんとも理屈っぽいうえに、店員としては困ったやつ。
あっさり切り捨てることなく、白羽の話を聞く恵子さん。
恋愛経験のない恵子は、男性と暮らしていたら周りを安心させられるかと、同居することを思いつく‥
おいおい?

ここまで変わってはいないにしても、恋愛経験の少ない女性が見合いしたり、ふとしたきっかけで付き合い始める時ってねえ、周りからのプレッシャーやその場の成り行きかもしれない。
自分だって、変わっている部分だけをより出して書いたら、けっこう通じるものがあるのだろうか?などと考えてみたり。いやタイプはぜんぜん違うけど。

同調圧力って、どこにでもあるものなのでしょうが、日本は特に強いほうかもしれません。
いろいろ考えさせられる、芯になる部分があり、どことなく仄かな明るさもあり。
多くの人が読むことになる賞にふさわしい作品だと思います☆

2016年11月12日 (土)

「物語のおわり」

湊かなえ「物語のおわり」朝日新聞出版

未完の小説が繋いでいく物語。
湊かなえにしては意地悪度が少なく、読後感がいいです☆

深い山合いの盆地で、小さなパン屋を営む両親のもとで育った少女・絵美。
小さな頃から空想好きで、小説家になるのが夢でした。
年上の男の子・ハムさんと知り合い、年月がたって婚約することに。
そんなとき、作家デビューのチャンスが訪れますが‥?

「空の彼方」という短編小説はこういった内容で、結末が描かれていないもの。
この原稿が北海道旅行をしている人の手から手へ渡り、それぞれの立場で違う結末を思い描くのです。

夫より先に旅行先に来ている、ある悩みを抱えた女性。
フェリーで出会った二人連れに、原稿を渡されて‥?
家を継ぐために、カメラマンになることを諦めようとしている男性。
そして、不登校になっていた少女は‥

昔の話から始まるせいか、全体的には古風で真面目な雰囲気。
小説家を目指す少女に思い入れがあるのでしょうか。
ちょっとした捻りがきいていて、展開に意外さもあり、面白く読めました☆

2016年9月 6日 (火)

「火花」

又吉直樹「火花」文藝春秋

言わずと知れた芥川賞受賞の話題作。
売れない若手芸人が強烈な芸を持つ先輩に出会い‥

スパークスという漫才コンビを組む徳永は、熱海の花火大会で、聞く人もいない状況で漫才をさせられていました。
この夜に先輩芸人の神谷と出会い、それからは毎日のように会って漫才論を語り明かします。
素直に尊敬して影響を受けつつ、あまりに破滅型な神谷に、付き合いきれない面も出てくるのでした。
しだいに徳永はテレビに出る機会も増えて、伸びて行きますが‥
徳永の内気で周りから浮きやすい、斜に構えていると誤解されやすいところなど、本人の経験から?
本は読まない人、という設定だけど。

さすがに文章は丁寧でちゃんとしているし、まじめな雰囲気はテレビで見る姿とも違和感ないです。
長年本を読んできた人らしい文学への愛情や尊敬も感じられます。
芸人として培った感性や、おそらくモデルになった先輩だけでなく、変わった人物が身の回りに多かった経験も存分に生かされています。
漫才のねたや、コントっぽい会話が混じるあたりは読みやすい。

というわけで、基本は納得の合格点で、好感も持てます。
個人的に、お笑い論というか、そこまで極めようという気持ちに共感できなかったけど。
先輩の普通じゃないところ、このへんの濃さが、芥川賞の所以かな。
‥普通じゃない先輩なら知ってないこともない‥
若い頃、出会うものかも知れませんね☆

2016年4月16日 (土)

「あの家に暮らす四人の女」

三浦しをん「あの家に暮らす四人の女」中央公論社

古い洋館に一緒に住んでいる4人の女性。
四姉妹ではありませんが、谷崎潤一郎の「細雪」へのオマージュらしい?

家付き娘の鶴代は、バツイチののんきなお母さん。
娘の佐知は、刺繍作家で独身、やや奥手。
女二人で暮らしているところへ、佐知の友人・雪乃と、その会社の後輩・多恵美が同居することに。
雪乃は美人でスタイルもよく、しっかりした女性なのですが、あまり特徴がない和風美人で、よく人に間違えられるという設定がとぼけていて、しをんさんらしい。
多恵美のほうは、ストーカーから身を隠すのが目的で引っ越してきたのでした。

この屋敷には門の近くに離れがあり、門番というわけでもないのですが、父親がいぜん使用人だった頃から暮らしている山田がそのまま、そこに住んでいました。
鶴代をお嬢さんと呼ぶ山田は、用心棒のつもりらしい。
鶴代とは別に男女の関係になったわけでもないのですが、長い付き合いで傍目にはしっくりいっているように見えることもあったり。

「細雪」は大好きな作品。
谷崎の奥さんの姉妹をモデルに、お嬢さん育ちの四姉妹の生活ぶりが、ゆるゆると描かれています。
家の跡継ぎのまじめな長女、妹達を預かっている明るい次女の幸子、とても美人だが結婚が決まらず見合いを重ねる雪子、一人だけ現代的で問題を巻き起こす妙子という四姉妹。
オマージュというほど似てはいませんが。
こちらは四人とも独身、という所が現代的?
結婚しなくても女同士の暮らしでも良い、他人の男と女でも曖昧な関係だって悪くないじゃないか?というような。

何気ない日常がゆったりと描かれ、このまま行くのかな‥?
と思っていると、世界が激変~ファンタジー風味に。
河童のミイラが家にあるというエピソードも笑えるけど、さらにこれが~~~
近所のカラスも、一筋縄ではいかない設定と展開で、仰天。
こうなると、ぜんぜん「細雪」ではないけれど、まあそのままでもつまらない?
謎のタイトルは誰の視点なのか?と思っていたら、こういうことでしたか!
結果的にはほのぼのする読後感で、面白かったです☆

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

bベスト本 | i本屋大賞候補作 | l本屋大賞 | l直木賞 | l芥川賞 | l:日本エッセイスト・クラブ賞 | mf:世界幻想文学大賞 | mf:日本ファンタジーノベル大賞 | m:CWA賞 | m:MWA賞 | m:このミステリーがすごい! | m:アガサ賞 | m:マカヴィティ賞 | name:あさのあつこ | name:万城目学 | name:三上延 | name:三浦しをん | name:上橋菜穂子 | name:上野千鶴子 | name:中島京子 | name:乾くるみ | name:五木寛之 | name:京極夏彦 | name:仁木英之 | name:今野敏 | name:伊坂幸太郎 | name:佐々木譲 | name:佐藤多佳子 | name:佐藤賢一 | name:佐野洋子 | name:勝間和代 | name:北村薫 | name:原田マハ | name:坂木司 | name:大島真寿美 | name:大崎梢 | name:太宰治 | name:姫野カオルコ | name:宇江佐真理 | name:宮下奈都 | name:宮部みゆき | name:小川洋子 | name:小川糸 | name:山之口洋 | name:山崎ナオコーラ | name:山田詠美 | name:島本理生 | name:島田荘司 | name:川上弘美 | name:恩田陸 | name:有川浩 | name:朝井リョウ | name:木内昇 | name:杉本苑子 | name:村上春樹 | name:村上龍 | name:村山早紀 | name:村山由佳 | name:東川篤哉 | name:東野圭吾 | name:松井今朝子 | name:林真理子 | name:柚木麻子 | name:柳広司 | name:栗田有起 | name:桜庭一樹 | name:梨木香歩 | name:森絵都 | name:森見登美彦 | name:森谷明子 | name:横山秀夫 | name:橋本治 | name:池上永一 | name:津村記久子 | name:海原純子 | name:海堂尊 | name:湊かなえ | name:町田康 | name:畠中恵 | name:百田尚樹 | name:矢崎存美 | name:碧野圭 | name:磯崎憲一郎 | name:神田茜 | name:米村圭伍 | name:米澤穂信 | name:綿矢りさ | name:荻原規子 | name:菅野雪虫 | name:葉室麟 | name:西加奈子 | name:角田光代 | name:誉田哲也 | name:貴志祐介 | name:辻村深月 | name:近藤史恵 | name:道尾秀介 | name:長野まゆみ | name:香山リカ | name:高田郁 | oその他の作家 | o海外作家:C.J.ボックス | o海外作家:M.C.ビートン | o海外作家:P.Gウッドハウス. | o海外作家:R.D.ウィングフィールド | o海外作家:S.J.ローザン | o海外作家:アガサ・クリスティ | o海外作家:アラン・ブラッドリー | o海外作家:アリアナ・フランクリン | o海外作家:アリス・マンロー | o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス | o海外作家:アンナ・マクリーン | o海外作家:アン・クリーヴス | o海外作家:アン・タイラー | o海外作家:アン・マキャフリイ | o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン | o海外作家:アーロン・エルキンズ | o海外作家:エミリー・ブライトウェル | o海外作家:エリザベス・ギルバート | o海外作家:エレイン・ヴィエッツ | o海外作家:エレン・カシュナー | o海外作家:カズオ・イシグロ | o海外作家:カミラ・レックバリ | o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン | o海外作家:キャロル・オコンネル | o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト | o海外作家:ギヨーム・ミュッソ | o海外作家:クリストファー・プリースト | o海外作家:クレイグ・ライス | o海外作家:クレオ・コイル | o海外作家:ケイト・キングズバリー | o海外作家:ケイト・モス | o海外作家:ケイト・モートン | o海外作家:ゲイル・キャリガー | o海外作家:コニス・リトル | o海外作家:コニー・ウィリス | o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー | o海外作家:コルネーリア・フンケ | o海外作家:サラ・ウォーターズ | o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー | o海外作家:サラ・パレツキー | o海外作家:シャロン・フィファー | o海外作家:シャンナ・スウェンドソン | o海外作家:シャーリィ・ジャクスン | o海外作家:シャーレイン・ハリス | o海外作家:シャーロット・マクラウド | o海外作家:ジェイソン・グッドウィン | o海外作家:ジェイニー・ボライソー | o海外作家:ジェイン・オースティン | o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー | o海外作家:ジェフリー・フォード | o海外作家:ジェラルディン・ブルックス | o海外作家:ジャニータ・シェリダン | o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ | o海外作家:ジュンパ・ラヒリ | o海外作家:ジョアン・フルーク | o海外作家:ジョナサン・キャロル | o海外作家:ジョン・ハート | o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン | o海外作家:ジョー・ウォルトン | o海外作家:ジル・チャーチル | o海外作家:スティーグ・ラーソン | o海外作家:ステファニー・メイヤー | o海外作家:スーザン・イーリア・マクニール | o海外作家:スーザン・プライス | o海外作家:スー・グラフトン | o海外作家:タニス・リー | o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ | o海外作家:ダイアナ・ガバルドン | o海外作家:ダン・ブラウン | o海外作家:ディック・フランシス | o海外作家:デイヴィッド・アーモンド | o海外作家:デニス・ルヘイン | o海外作家:デボラ・クロンビー | o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ | o海外作家:トーベ・ヤンソン | o海外作家:ドナ・アンドリューズ | o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ | o海外作家:ドミニク・シルヴァン | o海外作家:ドン・ウィンズロウ | o海外作家:ナンシー・ピカード | o海外作家:ネレ・ノイハウス | o海外作家:ノア・ゴードン | o海外作家:パウロ・コエーリョ | o海外作家:パトリシア・A.マキリップ | o海外作家:ピエール・ルメートル | o海外作家:ピーター・キャメロン | o海外作家:ピーター・ディキンスン | o海外作家:ピーター・トレメイン | o海外作家:ピーター・ラヴゼイ | o海外作家:フェイ・ケラーマン | o海外作家:フランセス・ファイフィールド | o海外作家:フレッド・ヴァルガス | o海外作家:ヘイリー・リンド | o海外作家:ヘニング・マンケル | o海外作家:ベリンダ・バウアー | o海外作家:ベルンハルト・シュリンク | o海外作家:ポール・ドハティ | o海外作家:マイクル・コナリー | o海外作家:マーガレット・アトウッド | o海外作家:マーセデス・ラッキー | o海外作家:ミネット・ウォルターズ | o海外作家:ミュリエル・バルベリ | o海外作家:メアリ・W.ウォーカー | o海外作家:メグ・ガーディナー | o海外作家:メグ・キャボット | o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン | o海外作家:リサ・クレイパス | o海外作家:リチャード・ノース・パタースン | o海外作家:リース・ボウエン | o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ | o海外作家:レジナルド・ヒル | o海外作家:レスリー・メイヤー | o海外作家:レーネ・レヘトライネン | o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド | o海外作家:ロビン・ホブ | o海外作家:ローズマリ・サトクリフ | o海外作家:ローズマリー・マーティン | o海外作家:ローナ・バレット | o海外作家:ローラ・チャイルズ | o海外作家:ローラ・リップマン | o海外作家:ローリー・キング | o海外作家:ローレンス・ブロック | o海外作家:ヴィヴェカ・ステン | o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア | お人形 | お人形着物 | お茶 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | コージー | ジェイドール | ジェニー | スイーツ | ドールmomoko | ドールmomoko洋服 | ドール・ドレス | ドール:Misaki | ドール:SD | ドール:シドニー | ドール:ピュアニーモ | ドール:プーリップ | ドール:ユノアクルス・アズライト | バービー | ファッション | ファンタジー | フィギュアスケート | ベスト本 | ミステリ | リカちゃん | ロマンス | 介護 | 作品 | 健康・ダイエット | 児童書・YA | 動物 | 国内作家:あ行 | 国内作家:か行 | 国内作家:さ行 | 国内作家:た行 | 国内作家:な行 | 国内作家:は行 | 国内作家:ま行 | 国内作家:や行 | 国内作家:ら行 | 国内作家:わ行 | 国内小説 | 家事 | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 歴史もの | 海外小説 | | 病気体験 | 着物 | 経済・政治・国際 | 絵本 | 舞台・バレエ | | 言葉・歌 | 評論・エッセイ | SF

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー