フォト

おすすめ本

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2018年12月27日 (木)

「政略結婚」

高殿円「政略結婚」KADOKAWA

江戸、明治、昭和と3つの時代を強く生きた3人の女性。
政略結婚の話という感じでもないですけど(笑)

第一章 てんさいの君
加賀藩主の側室の娘・勇(いさ)は、生後半年で分家に嫁ぐことが決まっていました。
18歳になり、夫となる加賀大聖寺藩の前田利極のいる江戸藩邸へ。
結婚までは会ったこともないのがごく普通の時代、親戚でもあり、素直に受け入れていた勇。
幸い、夫は優しい人で、子供が出来なくとも側室を迎えようとしなかったため、妻に甘いと評判になるほど。
跡取りになるはずの男子が夭折し、夫も早逝、勇はお家の存続を守るため、養子縁組や縁談に力を注ぐ日々がえんえん続く。
そういうことが女性の、とくに御台所の大事な務めだったのですね。
詳しい説明で実情がわかり興味深いですが~やや歴史書っぽいといいますか。

第二章 プリンセス・クタニ明治末頃。
前田万理子は華族だが、海外駐在の銀行員である父と海外で暮らしてきました。
日本のことをろくに知らないのはけしからんと呼び戻され、祖母たちのしつけを受けることに。
縁談もいくつか持ち上がりますが、アメリカに住む相手に会うという口実で渡米。
加賀藩由来の九谷焼の魅力を改めて知り、事業に乗り出します。
活発なお嬢様の明るい話で、縁談は旧来の感覚で起きるものの、結果は夢のあるラブストーリーに。

第三章 華族女優
深草花音子は、豪華な洋館で何不自由なく生まれ育ちました。
昭和恐慌によって財産を失い、すべてが一変してしまいます。
女子学習院に通いながら新宿の劇場で踊ることになり、のちには女優に。
貧しさに苦しんだ母は、人が変わったようになっていきます。
政略結婚の話は出ないですよね‥
もうそんな時代ではない!ってこと?
華やかなヒロインでいいですが。

なぜこのタイトル、なぜこの構成なのか?微妙な疑問が残りました(笑)
時代と環境は違っても、育ちの良さと、お付きの女性がいる暮らし、というのが3世代で共通しているところかしら。
政略結婚あんがい良い、政略結婚みたいだけど違う、政略結婚は親の代まで、というお話3つ。

2018年12月11日 (火)

「どんなクレームも絶対解決できる!」

津田卓也「どんなクレームも絶対解決できる!」あさ出版

どんなクレームも絶対解決できる?
そんなことができるなら、いいじゃないですか。
本当にできるのかしら‥

なるほど、と納得の内容。
前もって知っておけば、役に立つと思いますよ。 まず「目を合わせてニッコリしてはいけない」、など。愛想よくするつもりでつい、やってしまうかもしれませんよね。
きちんとした態度で、申し訳ないという顔をしていないと、むっとさせるからだそうです。
話し方はある程度相手に合わせる、とか。
くだけた態度の人にあまりきちんとした話し方をしていると、お高くとまっていると思われかねないとか。

クレームを一般クレーム、特殊クレーム、悪意クレームの3つにまず分けています。
一般クレームは、お客様の期待を下回ったということ。
話を聞いて、相手の気持に寄り添い、具体的な対応を示して、気持ちも癒すように。
お客様が何を期待していたのかを知るチャンス! 今後に活かせるそうです。

特殊クレームは、パーソナリティ障害で妄想を抱いている場合や、それに近いもの。
ストレスが多い世の中だからか、増えているそうです。
悪意クレームは、脅したり金品を要求するもの。
こういうケースは、一対一で対応してはいけないそう。
組織として取り組み、ここはしっかりしていて付け入ることが出来ないと思わせれば、向こうが撤退していくそうです。

具体的な態度や言葉も例として詳しく挙げられ、現場で使えるシートも付いています。
勉強になりました~☆

2018年12月 4日 (火)

「人間は9タイプ」

坪田信貴「人間は9タイプ 子どもとあなたの伸ばし方説明書」KADOKAWA/アスキー・メディアワークス

「ビリギャル」で有名な塾の先生の本、2冊め。
大ヒットした前作はたしかに面白いけれど、特殊例とも考えられますよね。
こちらは、タイプ別の教育法。
多くの生徒を教えてきたからこそ、個性に合わせた教育ができる。
希望が持てます。

日本の親や教育者の多くが、相手を改善しようと思うあまり、欠点を指摘し、不満をぶつけてしまっている。
それでは子供は反発し、自信を失う。
自信をつけさせれば、やる気が出る。
やる気を出させるには、その子の良さを一つ一つ肯定していくことだそうです。

同じ言葉で励ましても、生徒の性格によって、素直に喜ばれることもあれば、「こんなこと言う大人なんか信用できない」などと反発されちゃうこともある、というのが笑えます。
そういう具体例が豊富なので、面白く読めました。
9タイプというのは元々そういう考え方は(エニアグラムとか?で)あったものだと思いますが、それを基に豊富な経験を生かして、子供の教育法に的を絞った分類法。

完璧主義者、献身家、達成者、芸術家、研究者、堅実家、楽天家、統率者、調停者の9タイプ。
本に90問載っているので自分で判定できます。
(ネットにも、36問版と90問版が公開されています)
子供のタイプだけでなく、親(または教師)である自分のタイプも問題で、この組み合わせによって起こりやすいすれ違いや、気をつけるべき点も書かれています。
なるほどねえ‥

私がやってみたときは、調停者、研究者、芸術家だったかな‥
ネットでまたやってみたら、36問版では調停者。
90問版では研究者、芸術家、献身家、調停者の順であまりこの4つの差がなかったんでした。
設問の言葉が自分にピンとくるかどうかで、ちょっと違ってくるんですよね~あと気分によっても(笑)
一つの典型的なタイプというのではないわけです。面白く思ったのは、家族の中では私は調停者だな、って思い当たったこと。
それと、最初は「そうでもない」と思うことが多くてポイントが低めなのは自分が個性的であることを重んじる芸術家タイプだそう。これもちょっと当たってる(笑)

子育て中でもないので、そのまんま参考には出来ないんですが‥
すごく面白くて、なかなか興奮させられる内容ですよ。
読んで見る価値はあると思います☆

2018年9月24日 (月)

「あきない世傅 金と銀(四)貫流篇」

高田郁「あきない世傅 金と銀(四)貫流篇(時代小説文庫)」角川春樹事務所

人気シリーズ4作目。
1作目も2作目も3作目もあっと驚く結末でした。
そして?

幸は、大阪天満の呉服商「五十鈴屋」に女衆として奉公していました。
店主の祖母である「お家(え)さん」と、番頭の治兵衛に認められ、四代目店当主の後添いに。ところが、放蕩者の四代目は、あっけなく‥

次男の惣次が五代目徳兵衛として跡を継ぐことになり、幸を嫁に迎えるのを条件とします。
幸を気に入っていたはずの五代目との間がきしむようになり、ある日突然‥

夫の出奔が理解できないまま、なんとかしのごうとする幸。
お家さんから、思いがけない願いを聞いて涙します。
幸の才覚を戦国武将とまで評価していた治兵衛は、三男の智蔵に期待をかけます。
貸本屋で戯作者の道を歩んでいた智蔵は?

ちょっと展開が急ですが、まあまあ収まるところへ収まった、という感もあり。
もう誰が見てもべっぴんさんの幸が、御寮さんとして力を発揮し始めます。
とはいえ、大阪には「女名前禁止」という決まりがあったんだそうで。一家の商売を女が表に出て仕切ることは出来なかったという。
四代目の最初の妻が実家で活躍しているとは、頼もしい。名はともかくとして、こういう実態はあったんでしょうか。

智蔵は商才があるというわけではないけれども、人当たりがよく柔軟。
智蔵の生き方や考え方が独特で、なるほど、若い頃のほのかな気持ちだけじゃなく、成長してこうなった男ならこのときの幸と合うのか!と面白かったです。

2018年7月23日 (月)

「主君 井伊の赤鬼・直政伝」

高殿円「主君 井伊の赤鬼・直政伝」文藝春秋

井伊直政の生涯を、家臣の目から描いたもの。
大河ドラマ「おんな城主直虎」を見終わった後の復習として、読みました。
直政が出てくるのは後半でそれでも若い頃なので、前に読んでしまうと、妙に知りすぎるかな、と。

井伊直政は、子供の頃に井伊の領地を失い、命からがら隠れるように母の再婚先で育ちます。腕が立ち、頭もよく気が利き、しかも美貌。
家康の小姓となってからは気に入られて、順調に出世していきます。
ただし、性格は激しく、戦場ではまっしぐらに敵陣に突入。それがいい場合もありますが、誰が止めても聞かない男でした。

木俣守勝はもともと家康の家臣で、直政が出世した時に附家老として遣わされたのです。
家康の家臣でもあるままだったので、その誇りが時に直政に対して屈折したものを抱かせました。
家康にも直政にも「お前の主君は誰か」と問われるシーンがあります。
守勝の正直な気持ちは‥

直政を描くには、苛烈な性格と部下への処遇、人望がなかった説などをどうするかがポイントですよね。
そのあたり、独特な工夫で読みごたえのある仕上がりになっていると感じました。
最後は泣かせます‥

守勝の奥方になったお駒は直政の親戚で、新野(にいの)左馬助親矩の娘という。大河ドラマを見た人には、あの一家なんだとわかりますね。
芯が強く気っ風の良い女性たちには、厳しい時代をも明るく照らしてもらえるようです。

2018年3月31日 (土)

「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」

坪田信貴「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」KADOKAWAアスキー・メディアワークス

言わずと知れた?ビリギャルの原作本。
とっくに紹介したつもりでいたら、一言も書いてなかったのに気づいたので、今さらながら~簡単に。

塾の先生である著者の前に、大学受験を考える頃になって連れてこられたのは~
「中高一貫の学校に入れば、勉強しなくても楽しく過ごせるよ」という母の言葉で、中学は受験したが、その後はろくに授業も聞かずに友達と遊んで暮らしてきた女の子だったのです。
何しろ勉強していない、覚える気もなかったから、簡単な問題に突拍子もない答えを連発するのは、おばかタレント並みに面白く読めたりします。

この子の素直さに感銘を受けた著者は、これなら指導できると確信して、この子に合う教え方をしていくのです。
みんながこういう先生に出会えたらいいよね!と思う。

家庭の事情、父が娘の教育には興味を示さなかったことなど、背景にはそういう哀しさもあったのですね。しさもあったのですね。
おおらかに娘を肯定する母の愛情は心温まります。
ただ、母親が「勉強しなくてもいい」って、そもそも言ったから、こうなったという気がしないでもない?

学ぶことが面白いと気づいたのは、よかったですよね。
この著者の他の本で、色々なタイプに合わせて教え方を工夫するというのがとても面白く、この子だけがたまたま成功したんじゃないんだな、と。
ともあれ、これは、元気が出る本でした☆

2018年3月17日 (土)

「あきない世傅 金と銀 <三>奔流編」

高田郁「あきない世傅 金と銀 <三>奔流編」角川春樹事務所

人気の高田郁「あきない世傅 金と銀」シリーズ3作目。
2作目のあっと驚く結末から‥?

幸は、大阪天満の呉服商「五十鈴屋」に奉公に出ていた真面目な娘。
店主の祖母である「お家(え)さん」と、番頭の治兵衛に、働きぶりと素質を認められ、四代目店当主の後添いに。
ところが、商売に身が入らない四代目は、まだ幼さの残る幸を認めることもないうちに、あっけなく‥

次男の惣次が跡を継ぐことになりますが、その条件として、幸を嫁に迎えたいと宣言します。
兄が全然気づかなかった幸の一見地味だがりりしい美しさも、その知恵も、惣次は気づいていたのです。
「力を貸して欲しい」と言われた幸は、「お心に添います」と。

前よりは、よほどまともな関係に。
ではこれでおさまって上手くいくのかというと、良いこともありましたが、良くないことも‥?
惣次は仕事熱心だけれど、元々かなりきつい性格でもあり、不景気で厳しい時代だから必死でもあり。

呉服商ということで、当時の絹織物の産地や商売の有り様が具体的に描かれていて、興味深い。
幸の熱意と工夫がどう生かされるのか?
またまた、あっと驚く急展開で以下次号!(笑)

2018年1月 6日 (土)

「西洋菓子店プティ・フール」

千早茜「西洋菓子店プティ・フール」文藝春秋

下町のケーキ屋さんを舞台に描く人間模様。
ものすごく美味しそうなスイーツと絡めつつ、視点が変わるたびに文体も変わる連作短編です。

寂れかけた商店街にある、昔ながらの西洋菓子店プティ・フール。
懐かしい味のお菓子をきっちり作るじいちゃんの店に、
本格的なスイーツを創作もする孫娘・亜樹が加わりました。
店番には、優しいばあちゃんも欠かせない。

子供の頃から祖父母の店が大好きだった亜樹。
中学の時に美しい同級生と親友になり、魅入られるようなひとときを過ごした鮮烈な思い出。
その子のために、初めて菓子を自分で作ったのでした。

クールな先輩の亜樹に憧れる澄孝。
亜樹が店をやめた後も気になって仕方がなく、勉強のためのケーキ屋巡りのついでを装って、亜樹の店を訪れます。

澄孝のことが好きなミナは、ネイリスト。
綺麗なものが大好きで、オシャレには気が入ってます。
まったくの片思いと知りつつ、澄孝に付き合い‥?

店の常連客の美佐江は、悩みを抱えている様子。
店にあるお菓子を大量にまとめ買いしていく。おそらくは‥
そんな買い方を亜樹は断りたい気持ちだったが‥

亜樹の婚約者は、人のいい弁護士の祐介。
大手事務所をやめて、今は商店街にある小さな事務所でご近所の人の愚痴を聞くことも。
仕事に打ち込む亜樹に惹かれたのだが、しだいに亜樹との間にずれを感じて‥

それぞれに大事にしているもの、打ち込むものがあり、その上での動揺や変化があります。
軽薄にも見られかねない若い女の子ミナが、やりたいことがはっきりしていて、気持ちいいですね。
うじうじしていた美佐江さんも、最後には?

仕事一途な亜樹は職人気質というより、天才肌のアーチスト的な印象。
まだ若くとんがっていて、時には周りが見えない。
片思いの連鎖はわかりやすいけど、それで‥
微妙にすっきりしないのがなんでかなと考えてましたが、この終わり方だと、亜樹自身が何をどう受け止めたのかがはっきりしないからかも。
じいちゃんの指摘はキビシイけど、なんとも的確ですね。
そんなじいちゃんの隣を歩いてきた、ばあちゃんの余裕も、とても素敵。

亜樹の作る濃厚なスイーツを、特別な日に、優雅なお店で食べたい!
ただ毎週食べたいのは、じいちゃんのシュークリームでしょうね☆

2017年10月21日 (土)

「あきない世傅 金と銀 早瀬編」

高田郁「あきない世傅 金と銀 早瀬編」角川春樹事務所

『あきない世傅 金と銀』のシリーズ2作目。

主人公の幸は、大坂天満の呉服商「五鈴屋」に女衆として奉公していました。
店主の徳兵衛はまだ若いが放蕩者で、嫁に逃げられてしまう。悪評が広まっているため後添いを探すのも難しく、十四歳の幸を迎えることに。
「お家(え)さん」として一家を守る徳兵衛の祖母に可愛がられ、番頭の治兵衛にも才を認められている幸だったが。

女衆からご寮さんになることへの周囲の抵抗もあり、道は険しい。
徳兵衛は近所への挨拶も欠いたため、外ではなかなか女主人とは扱われないまま。
それでも、幸はお家さんに尽くし、少しずつ商売のことも覚えていきます。
こんな放蕩者の妻ではどうなることやら~と案じられましたが、まだ子供過ぎて色好みの旦那にはしばらく放っておかれることに。やれやれ。

家業を顧みない長兄に不満な次男の惣次は、頑固だが働き者で、しだいに幸の商才に気づいていく。
この縁はどうなるのか‥?
『みをつくし料理帖』で大人気の作者、今度はぐっと展開が早いですね。
今のところは、勉強しつつも、ほぼ耐えている真面目な学生のような幸。
当時の時代の厳しさも描きつつ、すごい勢いで先へ続きます。
以下、次巻☆期待できますね!

ブクログの記事はこちら、amazonと他の方の紹介にもつながります。
クリックできるようになるかと思ったら、それは出来ないみたいですね~。
記事編集欄のリンク先挿入というのでも出来ないようだし‥さて。
http://booklog.jp/item/1/4758440271

2017年5月27日 (土)

「あきない世傅 金と銀 源流編」

高田郁「あきない世傅 金と銀 源流編」角川春樹事務所

「みをつくし料理帖」で人気の作者の新シリーズ。
待ってました! (感想を書くのは遅れたので~もう3作目も出ています)

村で寺子屋を開いていた父は学者肌で厳しく、商売など疎んじていました。
娘の幸は優しい母や優秀な兄を頼りに、素直に育っていました。
ところが、父と兄が相次いで亡くなり、9歳の幸は、大坂天満の呉服屋「五十鈴屋」へ、女衆として奉公に出ることになります。

五十鈴屋の「お家さん」は当代の祖母で、3人の孫息子を育て上げたしっかり者。
ところが、この三兄弟、後継ぎの徳兵衛が女遊びにうつつを抜かし、商売の才がある次男は兄に苛ついて喧嘩ばかり。
三男は優しいのだが、家業には興味がない‥

商売に興味をいだき始めた幸ですが、女衆は店のことにはかかわらないのが当然の決まりでした。
五十鈴屋の要石と言われる番頭の治兵衛は、そんな幸を見出し、ひそかに育てようとする‥

女主人公の一途さや真面目さは同じ。
所々に変化をつけようという意図も見られますね。
当時の不況ぶりや、身分や約束事の面倒臭さも、人間臭い描写の中に語られていきます。
展開は早めで、幸はどんどん大きくなりそうです。
楽しみ!

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

bベスト本 | i本屋大賞候補作 | l本屋大賞 | l直木賞 | l芥川賞 | l:日本エッセイスト・クラブ賞 | mf:世界幻想文学大賞 | mf:日本ファンタジーノベル大賞 | m:CWA賞 | m:MWA賞 | m:このミステリーがすごい! | m:アガサ賞 | m:マカヴィティ賞 | name:あさのあつこ | name:万城目学 | name:三上延 | name:三浦しをん | name:上橋菜穂子 | name:上野千鶴子 | name:中島京子 | name:乾くるみ | name:五木寛之 | name:京極夏彦 | name:仁木英之 | name:今野敏 | name:伊坂幸太郎 | name:佐々木譲 | name:佐藤多佳子 | name:佐藤正午 | name:佐藤賢一 | name:佐野洋子 | name:勝間和代 | name:北村薫 | name:原田マハ | name:古内一絵 | name:坂木司 | name:坪田信貴 | name:大島真寿美 | name:大崎梢 | name:太宰治 | name:姫野カオルコ | name:宇江佐真理 | name:宮下奈都 | name:宮部みゆき | name:小川洋子 | name:小川糸 | name:山之口洋 | name:山崎ナオコーラ | name:山田詠美 | name:島本理生 | name:島田荘司 | name:川上弘美 | name:恩田陸 | name:有川浩 | name:朝井まかて | name:朝井リョウ | name:木内昇 | name:杉本苑子 | name:村上春樹 | name:村上龍 | name:村山早紀 | name:村山由佳 | name:東川篤哉 | name:東野圭吾 | name:松井今朝子 | name:林真理子 | name:柚木麻子 | name:柳広司 | name:栗田有起 | name:桜庭一樹 | name:梨木香歩 | name:森絵都 | name:森見登美彦 | name:森谷明子 | name:横山秀夫 | name:橋本治 | name:池上永一 | name:津村記久子 | name:海原純子 | name:海堂尊 | name:湊かなえ | name:町田康 | name:畠中恵 | name:百田尚樹 | name:矢崎存美 | name:碧野圭 | name:磯崎憲一郎 | name:神田茜 | name:米村圭伍 | name:米澤穂信 | name:綿矢りさ | name:荻原規子 | name:菅野雪虫 | name:葉室麟 | name:西加奈子 | name:角田光代 | name:誉田哲也 | name:貴志祐介 | name:辻村深月 | name:近藤史恵 | name:道尾秀介 | name:長野まゆみ | name:阿部智里 | name:香山リカ | name:高田郁 | oその他の作家 | o海外作家:C.J.ボックス | o海外作家:M.C.ビートン | o海外作家:P.Gウッドハウス. | o海外作家:R.D.ウィングフィールド | o海外作家:S.J.ローザン | o海外作家:アガサ・クリスティ | o海外作家:アラン・ブラッドリー | o海外作家:アリアナ・フランクリン | o海外作家:アリス・マンロー | o海外作家:アリ・ブランドン | o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス | o海外作家:アンナ・マクリーン | o海外作家:アン・クリーヴス | o海外作家:アン・タイラー | o海外作家:アン・マキャフリイ | o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン | o海外作家:アーロン・エルキンズ | o海外作家:エミリー・ブライトウェル | o海外作家:エリザベス・ギルバート | o海外作家:エルスベツ・イーホルム | o海外作家:エレイン・ヴィエッツ | o海外作家:エレン・カシュナー | o海外作家:カズオ・イシグロ | o海外作家:カミラ・レックバリ | o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン | o海外作家:キャロル・オコンネル | o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト | o海外作家:ギヨーム・ミュッソ | o海外作家:クリストファー・プリースト | o海外作家:クレイグ・ライス | o海外作家:クレオ・コイル | o海外作家:ケイト・キングズバリー | o海外作家:ケイト・モス | o海外作家:ケイト・モートン | o海外作家:ゲイル・キャリガー | o海外作家:コニス・リトル | o海外作家:コニー・ウィリス | o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー | o海外作家:コルネーリア・フンケ | o海外作家:サラ・ウォーターズ | o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー | o海外作家:サラ・パレツキー | o海外作家:シャルロッテ・リンク | o海外作家:シャロン・フィファー | o海外作家:シャンナ・スウェンドソン | o海外作家:シャーリィ・ジャクスン | o海外作家:シャーレイン・ハリス | o海外作家:シャーロット・マクラウド | o海外作家:ジェイソン・グッドウィン | o海外作家:ジェイニー・ボライソー | o海外作家:ジェイン・オースティン | o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー | o海外作家:ジェフリー・フォード | o海外作家:ジェラルディン・ブルックス | o海外作家:ジャニータ・シェリダン | o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ | o海外作家:ジュリー・ハイジー | o海外作家:ジュンパ・ラヒリ | o海外作家:ジョアン・フルーク | o海外作家:ジョナサン・キャロル | o海外作家:ジョン・ハート | o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン | o海外作家:ジョー・ウォルトン | o海外作家:ジル・チャーチル | o海外作家:スティーグ・ラーソン | o海外作家:ステファニー・メイヤー | o海外作家:スーザン・イーリア・マクニール | o海外作家:スーザン・プライス | o海外作家:スー・グラフトン | o海外作家:タニス・リー | o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ | o海外作家:ダイアナ・ガバルドン | o海外作家:ダン・ブラウン | o海外作家:ディック・フランシス | o海外作家:デイヴィッド・アーモンド | o海外作家:デニス・ルヘイン | o海外作家:デボラ・クロンビー | o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ | o海外作家:トーベ・ヤンソン | o海外作家:ドナ・アンドリューズ | o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ | o海外作家:ドミニク・シルヴァン | o海外作家:ドン・ウィンズロウ | o海外作家:ナンシー・ピカード | o海外作家:ネレ・ノイハウス | o海外作家:ノア・ゴードン | o海外作家:パウロ・コエーリョ | o海外作家:パトリシア・A.マキリップ | o海外作家:パトリシア・ハイスミス | o海外作家:ピエール・ルメートル | o海外作家:ピーター・キャメロン | o海外作家:ピーター・ディキンスン | o海外作家:ピーター・トレメイン | o海外作家:ピーター・ラヴゼイ | o海外作家:フィリッパ・グレゴリー | o海外作家:フェイ・ケラーマン | o海外作家:フランセス・ファイフィールド | o海外作家:フレッド・ヴァルガス | o海外作家:ヘイリー・リンド | o海外作家:ヘニング・マンケル | o海外作家:ベリンダ・バウアー | o海外作家:ベルンハルト・シュリンク | o海外作家:ポール・ドハティ | o海外作家:マイクル・コナリー | o海外作家:マーガレット・アトウッド | o海外作家:マーセデス・ラッキー | o海外作家:ミネット・ウォルターズ | o海外作家:ミュリエル・バルベリ | o海外作家:メアリ・W.ウォーカー | o海外作家:メグ・ガーディナー | o海外作家:メグ・キャボット | o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン | o海外作家:リサ・クレイパス | o海外作家:リチャード・ノース・パタースン | o海外作家:リース・ボウエン | o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ | o海外作家:レジナルド・ヒル | o海外作家:レスリー・メイヤー | o海外作家:レーネ・レヘトライネン | o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド | o海外作家:ロビン・ホブ | o海外作家:ローズマリ・サトクリフ | o海外作家:ローズマリー・マーティン | o海外作家:ローナ・バレット | o海外作家:ローラ・チャイルズ | o海外作家:ローラ・リップマン | o海外作家:ローリー・キング | o海外作家:ローレンス・ブロック | o海外作家:ヴィヴェカ・ステン | o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア | お人形 | お人形着物 | お茶 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | コージー | ジェイドール | ジェニー | スイーツ | ドールmomoko | ドールmomoko洋服 | ドール・ドレス | ドール:Misaki | ドール:SD | ドール:シドニー | ドール:ピュアニーモ | ドール:プーリップ | ドール:ユノアクルス・アズライト | バービー | ファッション | ファンタジー | フィギュアスケート | ベスト本 | ミステリ | リカちゃん | ロマンス | 介護 | 作品 | 健康・ダイエット | 児童書・YA | 動物 | 国内作家:あ行 | 国内作家:か行 | 国内作家:さ行 | 国内作家:た行 | 国内作家:な行 | 国内作家:は行 | 国内作家:ま行 | 国内作家:や行 | 国内作家:ら行 | 国内作家:わ行 | 国内小説 | 家事 | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 歴史もの | 海外小説 | | 病気体験 | 着物 | 経済・政治・国際 | 絵本 | 舞台・バレエ | | 言葉・歌 | 評論・エッセイ | SF

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー