フォト

おすすめ本

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2018年7月 7日 (土)

「歌川国芳猫づくし」

風野真知雄「歌川国芳猫づくし」文藝春秋

江戸時代も末期の画家・歌川国芳。
初老の日々を描きつつ、猫好きの画家が猫にまつわる謎を解く連作です。

日本橋で家族と5人の弟子、8匹の猫たちと暮らす歌川国芳。
根っからの江戸っ子で、火事となれば見物に駆けつける。
天保の改革で贅沢が禁止になり、美人画などが発禁になったことに憤慨し、絵に風刺を紛れ込ませて庶民の喝采を浴びる反骨精神の持ち主でした。

「猫飼好五十三疋」という、東海道五十三次に見立てた猫の絵を発表しているほどの猫好き。
行方知れずの猫を心配したり、元気がない猫を評判の良い人間の医者に連れて行ったり。
北斎の後は国芳か広重かと言われていたそうで、広重とは同年。
広重と絵で張り合うのかと思ったら、事件に巻き込まれて推理合戦になり、その後に広重の挑戦を受けて猫好きの証明をすることになったりと、微笑ましいですね。

北斎の娘・応為が北斎亡き後に寄るべのない身になって、ふらりと訪ねてくるというほろ苦い話も、どこかユーモラス。
応為が好きなのでこれが事実としたならちょっと哀しいけど、ひょうひょうとした描き方や北斎を尊敬する画家同士の共感、何気なく行末を考えてあげる心のあたたかさに、読後感はよいものでした。

晩年はペリーが来航した頃とまでは思わず、今の大河ドラマと同じ頃なのねとびっくり。
身近で起きる奇妙な出来事、これがいろいろあるんです!(笑)
それぞれを太っ腹に受け止め、驚きつつも淡々とさばいていく様子が、ざっくばらんな性格と年齢らしい余裕を感じさせて、よかったです。

2018年6月25日 (月)

「犬猫姉弟センパイとコウハイ」

石黒由紀子「犬猫姉弟センパイとコウハイ」幻冬舎

犬と猫が仲がいいって、素敵ですよね!
ほっこり優しいフォトエッセイです。

豆柴のお姉ちゃんが先住。
2010年、豆柴センパイが5歳のときに、オス猫のコウハイがやってきました。
捨て猫だったコウハイはやんちゃで、元気いっぱい。綺麗な子ですよ~。
おっとり優しい豆柴センパイのちょっと困った顔も愛おしい。

手術の話や、ある老猫を看取ったこと、センパイのダイエット、震災への心構えなど、話題はいろいろ入っています。
猫飼い、犬飼い、あるいは好きだけど事情があって飼えない人、これから飼いたいと思っている人、被災地の犬猫が気になる人‥
何かと関心のある話題でしょう。

写真にはひたすら癒やされます☆
1冊目『豆柴センパイと捨て猫コウハイ』はロングセラーだそうです。

2016年12月10日 (土)

「書店猫ハムレットのお散歩」

アリ・ブランドン「書店猫ハムレットのお散歩」創元推理文庫

書店猫ハムレットのシリーズ、邦訳2作目。
賢い黒猫ハムレットが事件解決に一役買います。

ニューヨークで書店を経営することになったダーラは、30代。
書店と一緒に受け継いだ店のマスコット猫が、ハムレット。
大きくて気難しいハムレットにようやく認められたよう?

そのハムレットがなんだか元気がない‥
猫の共感力者を名乗るセラピストに診てもらったところ、なんと前の事件のことで自分を出来損ないのように感じているという?

そんなとき、ダーラが通う近所の武術道場で事件が起こります。
そこには複雑な人間関係が‥?
若い店員のロバートも空手を習いに通っていたのですが、そこで飼い主を喪った犬を一時預かることに。
イタリアン・グレーハウンドの「ローマ」という名前の犬が可愛くて!
ロバートもすっかり情が移ってしまったのに‥
事件より、ローマちゃんの行く末に、はらはらドキドキですよ(笑)

猫は猫らしく、全体の雰囲気はほどほどに動きがあって、登場人物のバランスもいいです。
猫の推理法は、こんな風にしなくてもいいんじゃないかって気もしますが~
一応、誰にも秘密にするだけの理性は働いている?
楽しく読めました☆

2016年10月11日 (火)

「猫の形をした幸福」

若夫婦が猫を飼い、とても幸せに暮らしていましたが‥?
愛あふれる切ない物語。

小手鞠るい「猫の形をした幸福」ポプラ文庫

若夫婦が猫を飼い、とても幸せに暮らしていましたが‥?
愛あふれる切ない物語。

彩乃と未知男は見合いで出会って一目惚れ。
すぐに結婚して北米にわたります。
どちらもバツイチで、抱えているものもありました。
理想的な相手と、きれいな田舎町で暮らすことに。
まるで少女の夢見た物語のように、甘く可愛らしい展開。

保護施設で見つけた長毛のうつくしい雄猫マキシモ。
猫のことで毎日笑い、夢中になり、猫を中心にすっぽりと愛に包まれた暮らしが積み重なってゆきます。
そして16年。
猫の病気を見守る日々から、喪失へ。
これまでの幸福が暗転したかのように、苦しむことになります。

愛猫との暮らしぶりと、その後の嘆きがあまりにリアル。
設定は私小説というわけではないのでしょうが。
猫を見送った辛さを、こういう形で描かずには、乗り越えられなかったのかも。

夫婦でも悲しみ方にも違いがあり、慰め合おうにも当初は互いの顔を見ても悲しみが増すばかり。
やがて、二人の胸の中に同じ形をした空洞があると思うに至ります。
やっと少しずつ、気持ちの整理がつきかけたところまで描かれています。
まったく身動きの取れないようだったのが、いつしかさらさらと変化していく兆し。
そのことを救いに。

経験があるので、気持ちはわかりすぎるほどでした。
でもね‥出会えた喜びは、別れの辛さよりもきっと強いと思うんですよ。
悲しみは完全に消えることはないけれど、苦しみはだんだん薄れていってくれます。
そして、愛と幸せな思い出は、いつまでも続きます。

2016年6月19日 (日)

鳥の雛との遭遇

ちょっとパソコンの調子が~かなり変で‥[もうやだ~(悲しい顔)]
しまいに、コンセント抜いて、しばらくして起動してみたものの‥
ちょっと写真アップする元気がないので、予定していた記事でなく、
土曜日のちょっとした出来事を[かわいい]

郵便受けを見に行こうとうちの玄関を出たら、外門の手前に小鳥がうずくまっていました。
小雀かな?と思って、脅かさないようにじっとしていたら、
チュッチュッと鳴いては少し黙り、数歩動いてはチュッチュッと‥
普通は遠ざかると思うんですが~
ジグザグに移動し、それがだんだん~こちらに近づいて来るのです。
全身グレーっぽくて、頭が茶色じゃないので、雀ではないとわかりました。
ヒヨドリかムクドリの雛のよう。
怪我していたら保護したほうがいいのか?
巣から落ちちゃったのかしら‥
うちには巣なんてないと思ったけど??

雛は10分ぐらいかかって、ためらいつつも近づき、
私の足元の10センチほどの段にえいやっと飛び乗り、
30センチぐらい前で、首を傾げて口をあけます。
えええ~?
すっごい可愛いんだけど‥[揺れるハート]
自分より大きい生命体は親だと思っちゃうのかしら。
‥何も餌、持ってないし‥
下手に人間がさわると良くないのよね???[がく~(落胆した顔)]

そーっと玄関に入ってドアを閉めると、雛はきょとんとした様子。
ガラス戸から見守っていたら、親が飛んできて、小さな赤い実を雛の口に押し込みました。
ちょっと安心[るんるん]
今、赤い実ってナンでしょうかね。
親はグレーで、どうもムクドリみたいです。
すぐに親はまた飛んでいきました。

私がそーっとリビングのほうへ回って庭を見たら、
なんと雛が庭先のほうへ来ています。
しかも、こっちを向いて口をあけている[exclamation&question]
姿は見えないと思うのに、室内の動きを何かで感じるのかしら~。
いやしかし‥
親も来ていたし、
こんなに速く動けるなら、親鳥が来て誘導してくれるでしょう。

出来るだけ自分の気配を消して、
「おとうさん、おかあさん、ここにいるよ~迎えに来てあげて!」と念じました[ふらふら]
20分後に外を見たら雛も親鳥もいませんでした!
たぶん安全なところに誘導してくれたのでしょう。
無事でありますように~![わーい(嬉しい顔)][ぴかぴか(新しい)]

2014年11月22日 (土)

「ぶたぶたのお医者さん」

矢崎存美「ぶたぶたのお医者さん」光文社文庫

人気のぶたぶたシリーズ、最近の作品です。
今回のぶたぶたさんは、獣医さん。

山崎ぶたぶたは、ピンクのぬいぐるみ。
いかにも可愛いらしいが、なぜか生きて動いていて、中身は中年男性。

「ビビリ猫モカ」では、臆病でまだ家族にも懐いていない猫が登場。
怖がりな猫をどうして病院に連れて行こうかと悩む一家は、往診してくれる病院を知り、頼んだところ、やって来たのは、若い先生と、ぬいぐるみ‥え?
ぶたぶたさんの方が院長だったり。
さすがに猫もぬいぐるみは怖がらない!
戯れているようにしか見えないのですけど、名医なのですね☆

作者が飼っている猫がモデルだそうです。
可愛い猫を飼ったらすぐに抱き上げて「うふふ、アハハ」出来ると思い描いていたというのがおかしい~アニメですか^^;
いや~普通はそうなれるんですけどね!
怖がってる子はもうちょっと待ってあげないと。何度も抱き上げたりしちゃ、怖さを忘れる暇もないじゃないですか‥
自分の何倍も背が高い相手(しかも知り合ったばかり)にがっちり捕まれる怖さを想像してみて。
ご飯をあげて、やさしい言葉をかけて、そっとしておいたら、安心しますよ。

「春の犬」はろくに家にいない母が飼った犬が病気らしく、あわてる男の子が病院に連れて行くことに。
どこか無気力だった男の子が成長するのはよかったです。
家にいても家事はあまりしない母なので、犬の世話まですべて家政婦さん任せ。それも、餌をやるだけ。
ちょっとこの母親の無責任さはひどすぎて‥謎?
更年期障害と最後にありますが、それで余計ひどくなったにしても‥それだけで説明つくのでしょうか。

「トラの家」は、老夫婦のもとに野良猫がやって来て、居つくのです。
実は地域猫として有名な猫で、かなり年齢はいっているのでした。
妻が入院し、トラが時々姿を消すのを気にしていた夫でしたが、トラの行っていた先は何と‥泣かせます。
年取った猫は人間臭くなり、猫又みたいに賢くなりますからね。

ペットという家族に何かあったとき、飼い主も不安なもの。
病院に連れて行くのはほんとに大変なので、往診に来て欲しいです!
ぶたぶた先生、天職でしたね☆

2012年7月16日 (月)

「エミリ・ディキンスン家のネズミ」

エリザベス・スパイアーズ「エミリ・ディキンスン家のネズミ」みすず書房

絵本ですが、詩人が題材になっていて、詩人が文を書いています。

19世紀アメリカの詩人エミリ・ディキンスン。
その家に引っ越してきた白ネズミのエマラインとのお話です。
エミリの部屋の壁の奥に、ちょうど同じような小さな小さな部屋があったのでした。
エミリの部屋は、明るくて、風通しがいい。
家具は、シングルベッドと、整理ダンスと、書き物机と、椅子が、一つずつ。
エマラインの部屋も、家具は同じです。
ある日、落ちてきた紙切れに書かれた詩を、エマラインが拾って読んで…
質素な生活の中の、ひそやかな魂のふれあい。

エミリ・ディキンスンは、独身で親の家に妹とひっそりと暮らし、人と会うことも少なかったそうです。
(隣には、兄が結婚して住んでいました)
詩はたくさん書いていましたが、生前は少し投稿してはいたものの、ほとんど知られることもなかったのでした。
エマラインの目を通して描かれる詩人エミリの、内気だけれど端正で優しく、情熱を秘めた生き方に胸を打たれます。

何しろネズミなので~家事を取り仕切っているエミリの妹には敵視され、猫をけしかけられたり、駆除の話が出たりするのですが。
エマラインに気づいていたエミリが、撃退してくれます。

これ以外無いと思われる優しくあっさりしたペンタッチで、さりげなく。
字が読める小さな白ネズミは、詩を書くようになり…
交流が始まるのでした。
「私は誰でもない!――あなたは誰?」と書くエミリ。
とても素敵です。

エミリの詩12編は、長田弘の新訳。
エマラインの詩7編も、デビュー?
絵を描いたクレア・A・ニヴォラは、自宅にエマラインそっくりの賢い白ネズミが住んでいたことがあるそうです。
1999年の作品。

2011年4月18日 (月)

「ディロン―運命の犬」

井上こみち「ディロン―運命の犬」幻冬舎

NHKでドラマ化もされて有名な実在の犬、ディロンの話です。
著者は、動物ノンフィクションを多く手がける作家。
飼い主の太田恵理さんが書いたのではないので、やや距離がある筆致ですが、わかりやすく。

ディロンは犬のイベント施設で、日本に連れて来たオーストラリア人の訓練士ポールに躾けられていましたが、ポールが怪我でやむなく帰国。
英語しか通じないために施設では粗相が続いてもてあまされ、叱られてばかりで、別な犬のように脅えてしまっていたのです。
そういう期間があったためか、不思議と人の心がわかるようになります。

飼い主の太田さんは1994年にディロンに出会い、数ヶ月での変わりように驚いてポールに電話して直談判し、引き取って世話をして弱っていた身体を治します。
さらにオーストラリアまで飛んで、正式に譲り受けました。
既に3頭の犬を飼い始めていた新築の大きな家で。
大型犬を飼いたいという夢を実現させたのですね。

最初は、留守番が長いと~あたりの物をボロボロに咬んでしまうディロンでした。
不安そうなので叱らずになだめてやると、以来イタズラは止まり、ずっと後をついて回るようになったのです。
他の犬とは馴染みにくいのですが、意外に新しい人と会うのは平気になっていきます。

動物をふれあわせる運動AAA(アニマル・アシステッド・アクティビティ)に参加して、ディロンはとても向いていることがわかります。
欧米では、AAT(アニマル・アシステッド・セラピー)という段階まで進んでいました。
優良家庭犬の認定試験という物もあり、共に試験を受けて合格します。
こういうのって案外、人間の方が難しかったりするそうですね。まあディロンが優秀だからこそですが。

老人ホームやリハビリ中の人を訪ねたときに、犬を嫌っているそぶりの人にディロンが自分から近づき、心を溶かすエピソードは感動的。
この優しい目に見つめられたら…

保健所に持ち込まれて、翌日には処分される犬の多さには、胸が痛みます。
日本では子犬からしか買おうとしない人が多いけれど、実は成犬は意外に飼いやすい面もあるそうです。
引き取り手を探す運動を展開した太田さん達。
500頭も命を救ったとは!

2010年5月 3日 (月)

「猫を抱いて象と泳ぐ」

小川洋子「猫を抱いて象と泳ぐ」

繊細な言葉でつづられたイメージ豊かな作品です。
デパートの屋上に、象インディラがいた時代。
貧しい家庭に生まれた男の子は、生まれたときには口が開かない状態だったために手術が必要でした。
大きくなりすぎて屋上から降りられなくなってしまった象のインディラ。その運命に思いを馳せる~多感な少年に育ちます。
廃車になったバスを改造して暮らす巨漢のマスターに出会ったことから、チェスの才能が目覚めるのです。
チェスの名人アリューヒンの再来、リトル・アリューヒンと呼ばれることに。

マスターのチェス盤の下に入り込み、マスターの飼い猫を抱いて、練習を積みます。
チェス盤を見ないことで感性が研ぎ澄まされるけれど、普通の試合には出られない彼。
ホテルの地下にあるチェス倶楽部で、アリューヒンを模した精巧な人形の中に入って、チェスをすることに。
家具職人の祖父と見習いの弟が、一生懸命仕上げをしてくれるのでした。

手品師の娘が、父を喪ってホテルに取り残されたため、彼の付き添い役となります。
少年は彼女をある理由からミイラと呼び、彼女も理由は知らずに優しくそれを受け入れます。言葉少ない付き合いで、密かな絆が生まれてゆくのでした。
ホテルのオーナーの老令嬢も、好敵手に。
そしてリトル・アリューヒンが、ある決心をしたとき…

からくり人形のように精緻な言葉遣い。
荒々しい世の中に立ち向かう難しさも感じさせる、もの悲しいトーンですが。
個性的な登場人物は、規格からはみ出してしまうようでも、どこか、凛としています。
きらりと光る描写や心の交流を紡ぎ出す美しい文章に、夢見るようにうっとりしました。

2010年4月20日 (火)

「平台がお待ちかね」

大崎梢「平台がお待ちかね」東京創元社

本屋をめぐる~軽めの日常的ミステリー。
出版社の営業になったばかりの青年が主人公。
井辻智紀は、明林書房で2年バイトしていて、そのまま正社員へ。というのは~今時ならラッキー?
本は好きなのですが、じつは編集者にはなりたくない理由があったのです…

取り立てて特徴のない彼は、フレッシュさが取り柄。
評判のいい前任者・吉野にはかないませんが、忙しく働く日々でした。
競合する出版社の営業どうしの意外な付き合い(ほんとにこんなんあり?)も面白い。
もう少し大きな出版社の真柴(美人書店員と結婚するのが夢のラテン系のり男)に、智紀は何かと遊ばれているんですが(楽しいフィクションですねwink

自社本を大量に注文してくれた本屋を訪ねると、平台に特集を組んで積み上げていてくれました。
ところが、店長の態度はビックリするほど冷たく…?その理由とは。

営業マンの憧れのマドンナが落ち込んでいると聞いて行って見ると、彼女の担当する売り場の並び方は大混乱。
ある客が口走った言葉ですっかり自信を失っていたのでした。その事情を突き止めようと、皆で協力することに。

5話収録。最後にちらりと別シリーズ(成風堂書店もの)キャラの言及も。
好感度は高いです。
2007年から8年にかけて書かれた作品集。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

bベスト本 | i本屋大賞候補作 | l本屋大賞 | l直木賞 | l芥川賞 | l:日本エッセイスト・クラブ賞 | mf:世界幻想文学大賞 | mf:日本ファンタジーノベル大賞 | m:CWA賞 | m:MWA賞 | m:このミステリーがすごい! | m:アガサ賞 | m:マカヴィティ賞 | name:あさのあつこ | name:万城目学 | name:三上延 | name:三浦しをん | name:上橋菜穂子 | name:上野千鶴子 | name:中島京子 | name:乾くるみ | name:五木寛之 | name:京極夏彦 | name:仁木英之 | name:今野敏 | name:伊坂幸太郎 | name:佐々木譲 | name:佐藤多佳子 | name:佐藤賢一 | name:佐野洋子 | name:勝間和代 | name:北村薫 | name:原田マハ | name:坂木司 | name:大島真寿美 | name:大崎梢 | name:太宰治 | name:姫野カオルコ | name:宇江佐真理 | name:宮下奈都 | name:宮部みゆき | name:小川洋子 | name:小川糸 | name:山之口洋 | name:山崎ナオコーラ | name:山田詠美 | name:島本理生 | name:島田荘司 | name:川上弘美 | name:恩田陸 | name:有川浩 | name:朝井リョウ | name:木内昇 | name:杉本苑子 | name:村上春樹 | name:村上龍 | name:村山早紀 | name:村山由佳 | name:東川篤哉 | name:東野圭吾 | name:松井今朝子 | name:林真理子 | name:柚木麻子 | name:柳広司 | name:栗田有起 | name:桜庭一樹 | name:梨木香歩 | name:森絵都 | name:森見登美彦 | name:森谷明子 | name:横山秀夫 | name:橋本治 | name:池上永一 | name:津村記久子 | name:海原純子 | name:海堂尊 | name:湊かなえ | name:町田康 | name:畠中恵 | name:百田尚樹 | name:矢崎存美 | name:碧野圭 | name:磯崎憲一郎 | name:神田茜 | name:米村圭伍 | name:米澤穂信 | name:綿矢りさ | name:荻原規子 | name:菅野雪虫 | name:葉室麟 | name:西加奈子 | name:角田光代 | name:誉田哲也 | name:貴志祐介 | name:辻村深月 | name:近藤史恵 | name:道尾秀介 | name:長野まゆみ | name:香山リカ | name:高田郁 | oその他の作家 | o海外作家:C.J.ボックス | o海外作家:M.C.ビートン | o海外作家:P.Gウッドハウス. | o海外作家:R.D.ウィングフィールド | o海外作家:S.J.ローザン | o海外作家:アガサ・クリスティ | o海外作家:アラン・ブラッドリー | o海外作家:アリアナ・フランクリン | o海外作家:アリス・マンロー | o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス | o海外作家:アンナ・マクリーン | o海外作家:アン・クリーヴス | o海外作家:アン・タイラー | o海外作家:アン・マキャフリイ | o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン | o海外作家:アーロン・エルキンズ | o海外作家:エミリー・ブライトウェル | o海外作家:エリザベス・ギルバート | o海外作家:エレイン・ヴィエッツ | o海外作家:エレン・カシュナー | o海外作家:カズオ・イシグロ | o海外作家:カミラ・レックバリ | o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン | o海外作家:キャロル・オコンネル | o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト | o海外作家:ギヨーム・ミュッソ | o海外作家:クリストファー・プリースト | o海外作家:クレイグ・ライス | o海外作家:クレオ・コイル | o海外作家:ケイト・キングズバリー | o海外作家:ケイト・モス | o海外作家:ケイト・モートン | o海外作家:ゲイル・キャリガー | o海外作家:コニス・リトル | o海外作家:コニー・ウィリス | o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー | o海外作家:コルネーリア・フンケ | o海外作家:サラ・ウォーターズ | o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー | o海外作家:サラ・パレツキー | o海外作家:シャロン・フィファー | o海外作家:シャンナ・スウェンドソン | o海外作家:シャーリィ・ジャクスン | o海外作家:シャーレイン・ハリス | o海外作家:シャーロット・マクラウド | o海外作家:ジェイソン・グッドウィン | o海外作家:ジェイニー・ボライソー | o海外作家:ジェイン・オースティン | o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー | o海外作家:ジェフリー・フォード | o海外作家:ジェラルディン・ブルックス | o海外作家:ジャニータ・シェリダン | o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ | o海外作家:ジュンパ・ラヒリ | o海外作家:ジョアン・フルーク | o海外作家:ジョナサン・キャロル | o海外作家:ジョン・ハート | o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン | o海外作家:ジョー・ウォルトン | o海外作家:ジル・チャーチル | o海外作家:スティーグ・ラーソン | o海外作家:ステファニー・メイヤー | o海外作家:スーザン・イーリア・マクニール | o海外作家:スーザン・プライス | o海外作家:スー・グラフトン | o海外作家:タニス・リー | o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ | o海外作家:ダイアナ・ガバルドン | o海外作家:ダン・ブラウン | o海外作家:ディック・フランシス | o海外作家:デイヴィッド・アーモンド | o海外作家:デニス・ルヘイン | o海外作家:デボラ・クロンビー | o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ | o海外作家:トーベ・ヤンソン | o海外作家:ドナ・アンドリューズ | o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ | o海外作家:ドミニク・シルヴァン | o海外作家:ドン・ウィンズロウ | o海外作家:ナンシー・ピカード | o海外作家:ネレ・ノイハウス | o海外作家:ノア・ゴードン | o海外作家:パウロ・コエーリョ | o海外作家:パトリシア・A.マキリップ | o海外作家:ピエール・ルメートル | o海外作家:ピーター・キャメロン | o海外作家:ピーター・ディキンスン | o海外作家:ピーター・トレメイン | o海外作家:ピーター・ラヴゼイ | o海外作家:フェイ・ケラーマン | o海外作家:フランセス・ファイフィールド | o海外作家:フレッド・ヴァルガス | o海外作家:ヘイリー・リンド | o海外作家:ヘニング・マンケル | o海外作家:ベリンダ・バウアー | o海外作家:ベルンハルト・シュリンク | o海外作家:ポール・ドハティ | o海外作家:マイクル・コナリー | o海外作家:マーガレット・アトウッド | o海外作家:マーセデス・ラッキー | o海外作家:ミネット・ウォルターズ | o海外作家:ミュリエル・バルベリ | o海外作家:メアリ・W.ウォーカー | o海外作家:メグ・ガーディナー | o海外作家:メグ・キャボット | o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン | o海外作家:リサ・クレイパス | o海外作家:リチャード・ノース・パタースン | o海外作家:リース・ボウエン | o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ | o海外作家:レジナルド・ヒル | o海外作家:レスリー・メイヤー | o海外作家:レーネ・レヘトライネン | o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド | o海外作家:ロビン・ホブ | o海外作家:ローズマリ・サトクリフ | o海外作家:ローズマリー・マーティン | o海外作家:ローナ・バレット | o海外作家:ローラ・チャイルズ | o海外作家:ローラ・リップマン | o海外作家:ローリー・キング | o海外作家:ローレンス・ブロック | o海外作家:ヴィヴェカ・ステン | o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア | お人形 | お人形着物 | お茶 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | コージー | ジェイドール | ジェニー | スイーツ | ドールmomoko | ドールmomoko洋服 | ドール・ドレス | ドール:Misaki | ドール:SD | ドール:シドニー | ドール:ピュアニーモ | ドール:プーリップ | ドール:ユノアクルス・アズライト | バービー | ファッション | ファンタジー | フィギュアスケート | ベスト本 | ミステリ | リカちゃん | ロマンス | 介護 | 作品 | 健康・ダイエット | 児童書・YA | 動物 | 国内作家:あ行 | 国内作家:か行 | 国内作家:さ行 | 国内作家:た行 | 国内作家:な行 | 国内作家:は行 | 国内作家:ま行 | 国内作家:や行 | 国内作家:ら行 | 国内作家:わ行 | 国内小説 | 家事 | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 歴史もの | 海外小説 | | 病気体験 | 着物 | 経済・政治・国際 | 絵本 | 舞台・バレエ | | 言葉・歌 | 評論・エッセイ | SF

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー