フォト

おすすめ本

2019年1月20日 (日)

「三鬼」

宮部みゆき「三鬼 三島屋変調百物語四之続」日本経済新聞出版社

三島屋変調百物語の4冊目。
中編が4本入った充実した内容です。

神田の人気ある袋物屋「三島屋」では、変わり百物語も評判となっていました。
不思議な経験を語りたい人を一度に一人ずつ迎え、姪のおちかが一人で話を聞き、おちかが叔父に一通り話した後は、「話して話し捨て、聞いて聞き捨て」というお約束。

第一話 迷いの旅籠
名主と共に村から出てきた百姓の女の子が語ったのは、幽霊を見た話。
先祖を迎える行灯祭りが禁じられてしまったため、村外れの空き家を行灯に見立てて飾る行事が行われました。
ところがそこへ、亡くなった人が姿を見せてしかも留まり‥?

第二話 食客ひだる神
箱根の七湯巡りをした夫婦に、ひだる神が取り憑いた?
商売は繁盛するが‥
気のいい夫婦はついに?
微笑ましい成り行き。

第三話 三鬼
お武家のしかもとある藩の江戸家老という大人の男性の訪問。
若い頃に左遷されて北部の寒村へ赴任した。
閑職のようだが、逃散もあったり獣害の危険もある土地で、腕が立つ侍がいる必要があったのだ‥
貧しい郷の悲惨な現実を思わせます。

第四話 おくらさま
島田髷を結い、娘のような振り袖を着た老女が登場。
生家では「おくらさま」に毎日捧げ物をしていたと。
だがそのために、犠牲になり‥?
姿の消えた老女が何者だったか、探し始めるおちか達。

おちかの身の上にも変化が起きるかもしれない、という思わぬ出会いがあります。
素直な若い娘には辛すぎる過去を抱えたおちか。
作品も中編にしておくにはもったいないような重みがありますが、これぐらい世間の広さ深さを感じることでやっと、おちかも少しは気持ちを立て直せるのでしょうか。
幸せを祈ります。

2018年11月 6日 (火)

「夜の庭師」

ジョナサン・オージエ「夜の庭師」創元推理文庫

ゴシックホラー風味の児童文学。
健気な姉弟が働くことになったお屋敷では‥?

19世紀アイルランドでは飢饉が起こり、食べるにも困った国民は、生き延びるために、多くが移住するしかなくなります。
船で親とはぐれた14歳のモリーは弟キップと共に、命からがらイングランドにたどり着きました。

やっと見つけた仕事は、町外れのお屋敷のメイドと庭師。
出会う人はみな止めたのですが。
そこには異様な巨木が家を取り込むかのようにそびえ、夜には庭を動く何者かの気配が‥
奥様と子どもたちは青白く、留守がちな旦那様はなにかのトラブルを抱えている様子。

キップに言えない秘密を抱えたモリーは、お屋敷の謎に関わり、思わぬことに。
弟思いでしっかり者の姉と、ぼんやりしているようでいろいろなことをちゃんと見ている幼い弟。
二人の成長譚でもあります。

ホラーっぽいので夏向きかと。
本当に怖いのは苦手ですが、児童文学風味のこれぐらいなら大丈夫(笑)
子どもたちの生命力に救われます☆

2018年10月13日 (土)

「女王のジレンマ」

シャンナ・スウェンドソン「女王のジレンマ」創元推理文庫

「ニューヨークの妖精物語」に続く、フェアリーテイル・シリーズ2作目。
妖精界と行き来する姉妹の物語。

妹のエミリーは、ミュージカル女優として売れ始めたところ。
姉のソフィー・ドレイクは妹をニューヨークへ送り出して自分は実家で母と祖母の世話をしつつ、地元のバレエ団で働いていました。
前作で妖精の血を引くとわかり、試練に打ち勝って女王となったソフィー。
ところが、偽物の女王が現れ、妖精界から人間を追放する命令を出しているという‥?

刑事のマイケルは事件現場で妖精を見てそのことを知り、しだいにソフィーと力を合わせていくことになります。
マイケルの行方不明だった妻ジェンは、妖精界にいることがわかったのですが‥

妖精についてのいろいろな伝承を取り入れつつ、かなり詳しい設定が描きこまれていて、読み応えのある世界になっていました。
現代の普通の人たちが未知の現象に迷いつつも、異世界での冒険を華やかに繰り広げていくのです。

芯が強くて世話好きだけど弱音を吐けないところもあるソフィー。力がありすぎたための不自由も実はあったのです。
頼り切ってきた姉を助けたいけれど、姉のような魔法も使えず、勝手が違うエミリー。
それぞれの恋のお相手もちょっと難しく、もどかしく、今のところは微笑ましいぐらいの展開に。
鮮やかに意外な展開となり~
我慢しがちな大人の女性に夢を与えるストーリーでした。

2018年9月 4日 (火)

「ハリネズミの願い」

トーン・テレヘン「ハリネズミの願い」新潮社

作者はオランダの国民的作家。
本屋大賞の翻訳小説部門で1位ということで、読んでみました。

森の中に住む一匹のハリネズミ。
自分の針が大嫌いで、自信がなく、友達がいません。
ある日、森のみんなを招待しようと思い付きますが‥
「‥だれも来なくてもだいじょうぶです」という招待状が傑作。
しかし、それを出すことも出来ない?
もしも誰かが来たら。
クマが? フクロウが? ゾウが‥?
えんえんと取り越し苦労で悩み続けるハリネズミくん。
そういう気持ちは、わからないでもないですよ。

想像がおかしくて、けっこうありえそう。
前もって考えておくのも、必ずしも悪いことじゃないでしょう。
ただ、長すぎる‥
カタツムリとカメが面白いんだけど~え、これもまだハリネズミが妄想しただけ、実際には起きていないの?と思うとシュゥ~‥と、しまいには気持ちがしぼんじゃう。
カタツムリとカメは、他の話にも登場している人気キャラクターだそうです。

元々は子供向けに、ひとつずつ話して聞かせたものらしく、子供にとっては、こんなふうに長く続くお話って面白いのかも。
大人が一気に読むには‥と気づいて、ちょっと一息入れつつ読みました。

リス君と会えて、良かったねえ‥
でも、この下りが短すぎるわ! なので星一つ減らしました(笑)
わざとそうした意図はわかりますけどね☆

2018年8月11日 (土)

「ソフロニア嬢、発明の礼儀作法を学ぶ」

ゲイル・キャリガー「ソフロニア嬢、発明の礼儀作法を学ぶ(英国空中学園譚)」早川書房

ゲイル・キャリガーの2つ目のシリーズ、2作目。
アレクシア女史のシリーズの25年前という設定です。
こちらはヤングアダルトというジャンルだそうで、やや若向きの展開。

19世紀半ばの英国、女性は膨らんだロングスカートのドレスを着ている時代。
おてんばなソフロニアは全寮制の花嫁学校に放り込まれますが、なんとそこはレディとして活躍できるスパイを養成するのが影の役割。
ソフロニアは才能を発揮することになります。

試験で高得点を取りますが、級友たちから浮いて距離を置かれる羽目に。
親友のディミティには謎めいたラブレターが届き、罠ではとソフロニアは気を揉んでいるのに‥
友情や張り合い、試験の緊張など、学園生活のわかりやすい要素も入れつつ、事細かに描かれるファンタジー要素はけっこうコテコテ。
人狼や吸血鬼がいる設定ですが、19世紀的な暗さが何となくマッチしてます。

煤っ子の少年ソープと、ソフロニアに近付こうとする他校の男子など、ほのかな恋の鞘当ても。
最後はドラマが深刻になっていくのか、若い子たちの話だから、そうでもないのかな?
アレクシア女史のシリーズに出てきた登場人物との絡みが楽しい☆

2018年7月30日 (月)

「玉依姫」

阿部智里「玉依姫 八咫烏シリーズ5」文藝春秋

八咫烏シリーズ5作目。

舞台はうって変わって現代の日本、人間の世界に。

高校生の志帆は、祖母と二人暮らし。
自分の親のこともよくわからないまま育ち、親戚から連絡を受けて故郷のことを知りたいと思い、村を訪れます。祭りを見てみたいという気楽な気持ちでしたが、その祭りというのが‥

生贄伝説のある龍ヶ沼と、その隣にそびえる荒山。
祖母が母だけを連れて村を逃げ出したという、その理由は‥
危機に陥った志帆の前に現れたのは?

これまでの作品と急にトーンが違うので、戸惑いました。
土俗的な雰囲気というか、和風ホラーのような。
そういう雰囲気も書けるんだ、とは思いました。
優しい性格の少女がふいに異常事態に巻き込まれるというか、先祖伝来の問題に気付かされるというか。

八咫烏の世界につながってはくるのですが‥
壮大な流れというよりは、逆に世界が小さくなってしまったような印象も受けました。
構成の問題かも‥
無理に大きく繋げず、熱っぽく書き込まれている部分だけでまとめて、後は謎を残したほうが良かったのでは。
まだ十分、謎は残っていますけど。

この部分は異色作で、後はまた違うエピソードになるのか?
はたして面白くなるのか、謎は深まるばかりなのか。
乞うご期待です☆

2018年6月 9日 (土)

「ニューヨークの妖精物語」

シャンナ・スウェンドソン「ニューヨークの妖精物語」創元推理文庫

魔法製作所のシリーズで人気だったシャンナ・スウェンドソンの新シリーズ。
またニューヨークが舞台ですが、今度は魔法使いでなく、妖精のお話。
妖精界との交流が、スリルもありつつチャーミングに描かれます。

妹のエミリーが行方不明に。ミュージカル女優として成功したまさにその夜、失踪するなどありえない。
エミリーと同じアパートに住む友人の刑事、マイケルが捜査を始めますが?

エミリーの姉のソフィーが、駆けつけます。
ルイジアナの田舎町に生まれ育った二人、ソフィーも才能あるバレリーナだったのですが、町を出ることは諦め、妹を送り出し応援してきたのです。
長身のエミリーに比べると小柄で一見普通なソフィー。
ただし、勘が鋭く、じつは向かう所敵なし!という頼りになるお姉さん。
そして、ソフィーだけが知っていることもありました。
ソフィーがかって妖精界で踊りを習った見返りとして、エミリーが連れて行かれたのだと。

警察の捜査をかわしながら、真実に迫ろうとするソフィー。
妖精の世界では、宮廷の女王メーヴらの争いが起きていて‥
マイケルもしだいに巻き込まれ、しかも‥?

魔法製作所よりも世界の様相が厚く、念入りに設定され、登場人物も多いです。
伝説にある妖精の特徴も活かしながら、さまざまな魅力あるキャラを登場させています。
ロマンスの香りもありつつ、そう簡単に成就しそうにないあたりは、この作者っぽいかな?
続きも楽しみ!
大歓迎のシリーズ始まりです。

2018年4月21日 (土)

「下鴨アンティーク 回転木馬とレモンパイ」

白川紺子「下鴨アンティーク 回転木馬とレモンパイ」集英社オレンジ文庫

下鴨アンティーク、2作目。
高校生の香乃が古い着物にまつわる謎に導かれる‥
はんなりと綺麗で切ない世界です。

京都の下鴨の古い屋敷で、兄と暮らす野々宮香乃。
離れには、兄の唯一の友人で、近くの大学で教えている慧も。
骨董商だが家ではぐうたらなだけの兄と、香乃を子供扱いするがいたって紳士的に見守る慧はどっちもイケメン。

趣味で着物を着る香乃は、季節ごとにテーマを決めた着こなしを楽しむという今どき珍しい高校生。(今と言っても全体に古風な雰囲気なので、正確にはナン年なのか?という気もしますが‥)
旧華族の家柄の祖母から受け継いだ美しい着物が、土蔵には詰まっています。
その着物には、それぞれ秘めた由来があり、出してみると不思議な出来事が起こるのです。
遠い悲しみや無念を解きほぐしていく優しい展開。
杜若少年の話がかわいくて、好きです。杜若少年の話がかわいくて、好きです。

金髪の美少女の突然の登場に始まり、香乃の友達と家庭教師、兄の良鷹の仕事先の元気な娘さんやら、まだまだ恋愛未満だけど~ちょっとニヤニヤしちゃうような、ほのかに甘い気配が漂います。
互いを内心で思い合う、ほっこりした空気感。
美味しい食事や趣のある品々の登場する物語にこのあたたかさが加わって、なんとも居心地良い世界になっています。

だいぶ前に読んだので‥レビューはどうしようかと思いましたが、やや似た系統の他のシリーズより~これが一番好みかと思うので、プッシュしておきます。

2018年2月17日 (土)

「よこまち余話」

木内昇「よこまち余話」中央公論社

一昔前の日本のどこか、長屋でひっそりと暮らす人たち。
市井の人情話のような始まりですが、美しい幻想譚へと広がりを見せていきます。
温かく、切ないお話でした。

天神様の裏手にある狭い路地。
そこに面した古い長屋に住むお針子の齣江は、光の入る窓辺で、いつも仕事をしています。
30半ばにはなっているかという年頃の落ち着いた女性。
かいに住む老いたトメさんは、何かと食べ物を分けてもらいに上がり込む。
魚屋の次男坊の浩三も、よく立ち寄っては昼寝をしたりしていました。

糸屋の若旦那は人造絹糸を売る話をしにきたり。
編笠をかぶった謎の人物が現れたり。
季節を感じながら丁寧に生きる庶民の暮らしぶりに、ほっとするような心地よさがあります。
齣江のしっとりした雰囲気と、浩三の無邪気な視線も相まって、一緒にずっといたいような気分に誘われますね。
「人にうまく伝わらないようなことばかり考えてる」
「そしたら、そこのところが、浩ちゃんなのね」
こんなことを言い合えるなんて。

まだ狐狸妖怪がいてもおかしくなかった時代の摩訶不可思議な要素がしだいに膨らんできて、トメさんの正体?が現れるようなシーンも。
明かされる齣江の一途な想いが、こちらの心にもずっと残ったまま。

作品の魅力を伝える言葉が見つからなくて、もどかしい思いをしていました。

この優しい手触り、織り上げられた世界の柔らかでいて確かな空気感はぜひ、読んでみて、味わってください。

2017年12月16日 (土)

「エチュード春一番 第二曲 三日月のボレロ」

荻原規子「エチュード春一番 第二曲 三日月のボレロ」

エチュード春一番のシリーズ2作目。
女子大生が一人暮らす家に、小犬の姿で神様が現れ‥?

美綾は「モノクロ」と名付けたパピヨンと一緒に、祖母の家に帰省します。
実は八百万の神の一神だというモノクロだが、ふだんは可愛らしい白黒の小犬の姿。
従弟の家庭教師をしている神官の娘・弓月は、きりっとした女性。

美綾たちに、夜の神社を案内するから見に来るように誘います。美綾たちに、夜の神社を案内するから見に来るように誘います。
そこで美綾たちが見たものは?

神社は、神気がある所に人間が勝手に建てたもの、とはモノクロの弁。人間とは桁違いの感覚で物事を捉えている神は、人間のことなどあまり気にしていないのだそう‥?
神さまにも色々なタイプがいるってことらしいですが(笑)

弓月とその友人の飛葉周はちょっとした霊力があり、そういう仲間のネットワークを作ろうとしていました。
美綾はそんな力はないとあっさり断りますが‥
それよりも、特にやりたいことも得意なこともないと、進路に悩んでいる美綾でした。

美綾の悩みはそうそう、この年齢にとっては大問題!
神様が家にいる、ってのも何ですが‥
少しは理解したいという気持ちもあって、民俗学研究会にも所属しています。
そこで、またしても飛葉に出くわし、さらにつきまとわれ‥?

ちょっとこのストーカーめいたの、リアルに嫌なんですけど。
そういえば、一作目の出来事も案外、神様がらみのファンタジー設定ならではというよりも、現実味のある問題でしたっけ。
付き合う人間が増えていく年頃、思わぬ危険もあるよと、教えてくれるような展開ですね。

親友が良い子でよかった~、獣医の川森先生も大活躍。
身近な人にちゃんと話して、大人にも相談すること!
ですね。
どう話が展開していくのでしょうか~楽しみです☆

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

bベスト本 i本屋大賞候補作 l本屋大賞 l直木賞 l芥川賞 l:日本エッセイスト・クラブ賞 mf:世界幻想文学大賞 mf:日本ファンタジーノベル大賞 m:CWA賞 m:MWA賞 m:このミステリーがすごい! m:アガサ賞 m:マカヴィティ賞 name:あさのあつこ name:万城目学 name:三上延 name:三浦しをん name:上橋菜穂子 name:上野千鶴子 name:中島京子 name:乾くるみ name:五木寛之 name:京極夏彦 name:仁木英之 name:今野敏 name:伊坂幸太郎 name:佐々木譲 name:佐藤多佳子 name:佐藤正午 name:佐藤賢一 name:佐野洋子 name:勝間和代 name:北村薫 name:原田マハ name:古内一絵 name:坂木司 name:坪田信貴 name:大島真寿美 name:大崎梢 name:太宰治 name:姫野カオルコ name:宇江佐真理 name:宮下奈都 name:宮部みゆき name:小川洋子 name:小川糸 name:山之口洋 name:山崎ナオコーラ name:山田詠美 name:島本理生 name:島田荘司 name:川上弘美 name:恩田陸 name:有川浩 name:朝井まかて name:朝井リョウ name:木内昇 name:杉本苑子 name:村上春樹 name:村上龍 name:村山早紀 name:村山由佳 name:東川篤哉 name:東野圭吾 name:松井今朝子 name:林真理子 name:柚木麻子 name:柳広司 name:栗田有起 name:桜庭一樹 name:梨木香歩 name:森絵都 name:森見登美彦 name:森谷明子 name:横山秀夫 name:橋本治 name:池上永一 name:津村記久子 name:海原純子 name:海堂尊 name:湊かなえ name:町田康 name:畠中恵 name:百田尚樹 name:矢崎存美 name:碧野圭 name:磯崎憲一郎 name:神田茜 name:米村圭伍 name:米澤穂信 name:綿矢りさ name:荻原規子 name:菅野雪虫 name:葉室麟 name:西加奈子 name:角田光代 name:誉田哲也 name:貴志祐介 name:辻村深月 name:近藤史恵 name:道尾秀介 name:長野まゆみ name:阿部智里 name:香山リカ name:高田郁 oその他の作家 o海外作家:C.J.ボックス o海外作家:M.C.ビートン o海外作家:P.Gウッドハウス. o海外作家:R.D.ウィングフィールド o海外作家:S.J.ローザン o海外作家:アガサ・クリスティ o海外作家:アラン・ブラッドリー o海外作家:アリアナ・フランクリン o海外作家:アリス・マンロー o海外作家:アリ・ブランドン o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス o海外作家:アンナ・マクリーン o海外作家:アン・クリーヴス o海外作家:アン・タイラー o海外作家:アン・マキャフリイ o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン o海外作家:アーロン・エルキンズ o海外作家:エミリー・ブライトウェル o海外作家:エリザベス・ギルバート o海外作家:エルスベツ・イーホルム o海外作家:エレイン・ヴィエッツ o海外作家:エレン・カシュナー o海外作家:カズオ・イシグロ o海外作家:カミラ・レックバリ o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン o海外作家:キャロル・オコンネル o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト o海外作家:ギヨーム・ミュッソ o海外作家:クリストファー・プリースト o海外作家:クレイグ・ライス o海外作家:クレオ・コイル o海外作家:ケイト・キングズバリー o海外作家:ケイト・モス o海外作家:ケイト・モートン o海外作家:ゲイル・キャリガー o海外作家:コニス・リトル o海外作家:コニー・ウィリス o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー o海外作家:コルネーリア・フンケ o海外作家:サラ・ウォーターズ o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー o海外作家:サラ・パレツキー o海外作家:シャルロッテ・リンク o海外作家:シャロン・フィファー o海外作家:シャンナ・スウェンドソン o海外作家:シャーリィ・ジャクスン o海外作家:シャーレイン・ハリス o海外作家:シャーロット・マクラウド o海外作家:ジェイソン・グッドウィン o海外作家:ジェイニー・ボライソー o海外作家:ジェイン・オースティン o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー o海外作家:ジェフリー・フォード o海外作家:ジェラルディン・ブルックス o海外作家:ジャニータ・シェリダン o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ o海外作家:ジュリー・ハイジー o海外作家:ジュンパ・ラヒリ o海外作家:ジョアン・フルーク o海外作家:ジョナサン・キャロル o海外作家:ジョン・ハート o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン o海外作家:ジョー・ウォルトン o海外作家:ジル・チャーチル o海外作家:スティーグ・ラーソン o海外作家:ステファニー・メイヤー o海外作家:スーザン・イーリア・マクニール o海外作家:スーザン・プライス o海外作家:スー・グラフトン o海外作家:タニス・リー o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ o海外作家:ダイアナ・ガバルドン o海外作家:ダン・ブラウン o海外作家:ディック・フランシス o海外作家:デイヴィッド・アーモンド o海外作家:デニス・ルヘイン o海外作家:デボラ・クロンビー o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ o海外作家:トーベ・ヤンソン o海外作家:ドナ・アンドリューズ o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ o海外作家:ドミニク・シルヴァン o海外作家:ドン・ウィンズロウ o海外作家:ナンシー・ピカード o海外作家:ネレ・ノイハウス o海外作家:ノア・ゴードン o海外作家:パウロ・コエーリョ o海外作家:パトリシア・A.マキリップ o海外作家:パトリシア・ハイスミス o海外作家:ピエール・ルメートル o海外作家:ピーター・キャメロン o海外作家:ピーター・ディキンスン o海外作家:ピーター・トレメイン o海外作家:ピーター・ラヴゼイ o海外作家:フィリッパ・グレゴリー o海外作家:フェイ・ケラーマン o海外作家:フランセス・ファイフィールド o海外作家:フレッド・ヴァルガス o海外作家:ヘイリー・リンド o海外作家:ヘニング・マンケル o海外作家:ベリンダ・バウアー o海外作家:ベルンハルト・シュリンク o海外作家:ポール・ドハティ o海外作家:マイクル・コナリー o海外作家:マーガレット・アトウッド o海外作家:マーセデス・ラッキー o海外作家:ミネット・ウォルターズ o海外作家:ミュリエル・バルベリ o海外作家:メアリ・W.ウォーカー o海外作家:メグ・ガーディナー o海外作家:メグ・キャボット o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン o海外作家:リサ・クレイパス o海外作家:リチャード・ノース・パタースン o海外作家:リース・ボウエン o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ o海外作家:レジナルド・ヒル o海外作家:レスリー・メイヤー o海外作家:レーネ・レヘトライネン o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド o海外作家:ロビン・ホブ o海外作家:ローズマリ・サトクリフ o海外作家:ローズマリー・マーティン o海外作家:ローナ・バレット o海外作家:ローラ・チャイルズ o海外作家:ローラ・リップマン o海外作家:ローリー・キング o海外作家:ローレンス・ブロック o海外作家:ヴィヴェカ・ステン o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア お人形 お人形着物 お茶 アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング コージー ジェイドール ジェニー スイーツ ドールmomoko ドールmomoko洋服 ドール・ドレス ドール:Misaki ドール:SD ドール:シドニー ドール:ピュアニーモ ドール:プーリップ ドール:ユノアクルス・アズライト バービー ファッション ファンタジー フィギュアスケート ベスト本 ミステリ リカちゃん ロマンス 介護 作品 健康・ダイエット 児童書・YA 動物 国内作家:あ行 国内作家:か行 国内作家:さ行 国内作家:た行 国内作家:な行 国内作家:は行 国内作家:ま行 国内作家:や行 国内作家:ら行 国内作家:わ行 国内小説 家事 日記 映画・テレビ 書籍・雑誌 歴史もの 海外小説 病気体験 着物 経済・政治・国際 絵本 舞台・バレエ 言葉・歌 評論・エッセイ SF

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ