フォト

おすすめ本

2019年2月16日 (土)

ベージュに赤牡丹の振袖・帯と帯揚げ

振り袖を着ているのは~momokoの「ディープヴァイオレット」さん、

うちでの名前は紫苑ちゃんです。
Dsc_00011
ベージュの地に赤い牡丹や藤色の菊、吉祥柄を取り合わせた華やかな振袖。
右の袂は表が地味めで、裏はこんなふうに派手目。
帯の後ろ姿~
Dsc_00012
藤色に多色づかいの柄が入った 金襴を使ってます。
サーモンピンクと白と金が入ったふくら雀。
Dsc_00013
「もお~ずっとこのままなんだけど!」
「‥え~そうなの?」
のんきな舞未ちゃん。
「帯揚げでも変えようっと」
Dsc_00015
黄色と白のぼかしの帯揚げで元気よく。
Dsc_00014
顔色の良さも生きるかも。
ちょっと髪をまとめて~
Dsc_00016
古風な雰囲気に。
絞りの帯揚げは骨董市で買った素材で作りました。
Dsc_00017
お嬢様っぽい?

2019年2月 9日 (土)

ベージュに赤牡丹の振袖を着るヴァイオレットmomoko

これは何でしょう?
Dsc_9959
縫い上げた着物の後ろ側です。

Dsc_9960
「私のと色違いなのね」
と「砂の雫」さんこと、うちの舞未ちゃん。
「誰が着るのかしら」

Dsc_9961
「はいいぃ~私よ!」
「うわっ!?」
Dsc_9963
「ほら着れた~」
「ちゃんと着れたわね。紫苑ちゃんたら驚かせないでよ~もお」
「えへへ」
Dsc_9962
地色がベージュなので、やや大人しい印象になりますね。
柄は同じように華やかですが、これも色違いになっているので、
どこを持ってくるかで印象が変わってきます。
これは赤い牡丹と藤色の菊を中心に、女の子らしい感じにまとめてみました。
「帯は何がいいかしら」
Dsc_9966
藤色にサーモンピンクの入った帯で、優しい雰囲気に。
ベージュの地色だとほぼ何でも合いますね。
Dsc_9967
帯揚げは‥やや控えめに薄いオレンジ一色で。
帯締めは赤と緑のグラデで。
これ超便利なのでよく使うんですよ‥違うのにもしてみたいんですけど。
まとりあえず。
赤はどっかに入れたいんですよね。
にあってるかな。

2019年1月30日 (水)

濃いピンクの振袖を着る砂の雫momoko・帯替え

濃いピンクの新作振り袖を着ているmomokoさん、
「砂の雫」さんこと、うちでの名前は舞未(マイミ)ちゃんです☆

後ろ姿~
Dsc_98765
帯はこういう、「ふくら雀」でした。[かわいい]
Dsc_9914

これが似合ってるけど~
試しに帯を取り替えてみましょう。
Dsc_9922
アメリさんがしていた帯です。

水色の帯締めなんかどうかな~[るんるん]
Dsc_9920
目が青いし、
こっちの振袖は水色がやや目立つから。

着付けがゆるゆるだったので、最初からやり直しました。
Dsc_9926
アップも[揺れるハート]
Dsc_9928

どうも帯の前が盛り上がりがちなのよね。
帯締め太すぎかしら~
Dsc_9933
帯揚げは結ばず、一捻りして。
帯締めは振袖には地味めだけど~
ぐっと細いのにしてみました。
Dsc_9936
こんな感じ?
意外といいかも~
奥が深い![かわいい][ぴかぴか(新しい)]

2019年1月23日 (水)

ピンクの新作振袖を着る砂の雫momoko

縫いかけだった2枚めの振袖も無事に仕上がりました☆

Dsc_98751
並べると~
Dsc_98752
向かって左側がアメリさんが着ていたもの。
右側が新しい方です。[グッド(上向き矢印)]
すごく長く感じられると思いますが、ドールが細身なのと~
おはしょりをしていないせいです。
真ん中へんは折り畳まれるんですよ。

さて、誰に着てもらうか?
momokoさんにも着せたいけど、華奢だからどうかな?
だいぶ悩みましたが~[あせあせ(飛び散る汗)]
Dsc_98753
「砂の雫」さんに!
うちでの名前は舞未(マイミ)ちゃんです。[かわいい]

帯は初縫い2枚めの白と金のふくら雀に。
Dsc_98756
ふくら雀用にしてはシンプルな生地ですが~
礼装の色ですし、着物が濃い目なので~似合うかな、と。

帯揚げもあまり主張しないほうがいいかな‥
Dsc_98759
若草色の部分絞りで、優しげに。[揺れるハート]

舞未ちゃん、華奢だけど~
Dsc_98767
髪のボリュームが多いので、インパクトは大?[るんるん]

帯締めは藤色とピンクのグラデのにしてみましたよ。
Dsc_98761
いかが?[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

‥なんか着付けが異常に安定しないんですけど‥
とりあえず最後まで着付けてみましたcoldsweats01

2019年1月16日 (水)

作った帯、作りかけのお人形着物

これは何でしょう?
Dsc_9860

アメリさんがつけていた帯です。

今年の初縫い~藤色地の「文庫結び」。[かわいい]

ではこれは?
Dsc_9861
次に作った帯~
白地に金の紗綾形という織りの帯。
「ふくら雀」という結び方です。
もう作り方忘れちゃってましたが、久々に作れました。[グッド(上向き矢印)]

もう一つ~
Dsc_9862
藤色地の違う部分で作った帯。
ピンクのところを使ったので~「ふくら雀」にしました。[るんるん]
帯はどれも作り帯で、一巻きしてスナップ留めするようになっています。

さてこれは?
Dsc_9863
アメリさんに着物を脱いでもらいました。
じつは、細かいところが仕上がってなかったんで‥[あせあせ(飛び散る汗)]

そしてこれは?
Dsc_9864
長方形の布2枚ずつの端を縫ってあります。
Dsc_9865
このように折り返して~
Dsc_9866
振袖の袂にはさみ、軽く留めます。
襦袢の代わり~見せ襦袢です。
実際に襦袢を着せるとかなりもこもこしちゃうので、
大抵はこんなふうに簡略化するんですよ。[いい気分(温泉)]

そしてこれは?
Dsc_9868
縫いかけの振袖です。
同じ布の違うところを使ってます。
前に一緒に裁ったんですが‥随分前に[眠い(睡眠)]
着せるところまで行かなかった‥[ふらふら]
さあ、誰にどう着せようかな?[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

2019年1月 9日 (水)

初縫いの藤色の帯を合わせるアメリ

お正月に、新作のピンクの振り袖を着ているアメリさん。
帯はこうでした~
Dsc_98162
紫の金襴の、二枚羽文庫。
紫はなんにでも合わせやすく、和風な雰囲気も出るので、使い勝手のいい帯です。[かわいい]

布地が厚くて、形にはなりにくかったですが‥

初縫いの帯が仕上がりましたので~
Dsc_98172
さっそく[るんるん]
Dsc_98166
藤色の地にいろいろな色の模様が入った布地を使いました。
どこをどう使うかがお楽しみ[ひらめき]
Dsc_98173
これは、赤と白と金が入っている部分を持ってきているので、お正月っぽいかな、と。

帯揚げは~
Dsc_98178
多色使いの振袖に、柔らかい色の帯だから、何色でも合いそうですが、
お正月らしく、晴れやかに白地で。

帯締めは‥
Dsc_98181
赤と金[exclamation]
これがぴったり?
このままでもモダンですが~帯留めがほしいところ‥
Dsc_98186
小さなパールの腕輪を絡ませてみましたよ。
いぜん作った自作です。
なんとか、決まった?[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

2019年1月 6日 (日)

お正月にピンクの振袖披露するアメリ

さあ、お待ちかね~ (え、誰も待ってない?)
お正月恒例のお着物姿~
Dsc_96951
「あけましておめでとうございます!」
今年は、アメリさんの振袖披露です☆

濃いめのピンク‥
わかりやすくローズピンクでもいいけど、もう少し重め~
牡丹色、って感じでしょうか。
Dsc_96959
作りかけの振袖の中から、去年とは違う雰囲気のを選んで仕上げました。
(去年のは、いぜん作った薄緑色のでバービーのスカーレットさん着用)

お花は菊や赤、白、青?の牡丹、大きな柄は鼓とおめでたい文様。
Dsc_96957
反対色のブルー系も入っているところがややモダンで、アメリさん向きかと。

こってりしたまつ毛とメークがキュートで個性的な、いいモデルさんです。
Dsc_96961
帯も新作、紫地に赤紫~ピンク、白、金の柄。
帯揚げは浅葱色の絞り、帯締めは赤と緑のぼかしです。
Dsc_96966
アメリさんならではの手つきや雰囲気を活かしたいんですよね~。

お正月なので~できるだけ、きちんとしてみましょう。[ひらめき]
Dsc_96978
「今年もよろしくお願いいたします」
よく出来ました?[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

2018年10月14日 (日)

紫のひとえの振袖のアメリ、織り帯に変えて

紫に菊の花柄のひとえの振袖を着ているアメリさん、
アメリカ製の29センチドールです。
アメリカ製だけど、日系のファッションモデルという設定みたいです。

Dsc_8193
半襟をオーソドックスな白に替えました。[ひらめき]
Dsc_8195
帯はグリーン系の織り帯なんかどうでしょう。
金襴という素材ですが、ゴールドはあまり入っていないものを。
ちょっと粋な感じです~

後ろは垂れ下がるタイプの文庫結びで、可愛く[かわいい]
Dsc_8201

この着物なら、大人っぽくお太鼓でもいいですね。
Dsc_8204
髪をちょっと上でまとめて。
メークが個性的だから、オーソドックスな帯合わせでも、けっこう変わった雰囲気に[るんるん]

クリーム色の地に、ほんの少し金が散っている帯。
帯締めは反対色でもいいんですが~
あえて金色っぽい同系色のを試してみました。
Dsc_8206
帯揚げは前にしていた帯の草緑色に近い?この色は合うな、と思って[ひらめき]
シンプルで抑えめに‥
うんと派手でも似合いそうだけど?

帯締めを濃い茶色にしてみましょう。
Dsc_8210
秋らしいかも。
これもモダンで似合う?[揺れるハート]

お人形の帯締めは、市販の組紐で簡単に作れます。
ちょうど帯締めっぽく見えるのがいろいろ売ってるので。
この茶色っぽいのは和風の組紐ではなく~
(売り場は同じですが)ラメの紐です~[わーい(嬉しい顔)][ぴかぴか(新しい)]

2018年10月11日 (木)

草緑色のおそろい帯でmomoko3人顔合わせ

紫のひとえの振袖を着ているアメリさん。
うちでの名前もそのままです。

「アメリさん、こんにちは~」
「あら! 舞未ちゃんね」
Dsc_7854
濃いめの色のひとえの着物に、明るい緑色の帯、同じ布製です。
シャンタンという洋布ですが~ちょっと光沢があって金は入っていない、ぐらいがちょうどいいかな、と。

並ぶと、こう~
Dsc_7863
「わ、やだ、並ぶとでかく見えちゃう[どんっ(衝撃)]
「そんなぁ、アメリさん! 長身でカッコイイですよ[揺れるハート]
27センチと29センチ‥6倍すると12センチの差?
そりゃけっこう差ありますね[ふらふら]

Dsc_7862
「着物、初めてなの。どうしてたらいいのか、わからないわ~」
「あら、決まってるのに? すごーく似合ってますよ」
Dsc_7865
「帯、同じ生地よね? でも」
「見ます? 形はちょっと違います~」
Dsc_7868
アメリさんのは二枚羽文庫結び。
「砂の雫」さんこと舞未ちゃんのは、蝶結び。違いわかるでしょうか?

「わあ、いいなあ~」
「あ、朋香ちゃん?」
Dsc_7872
「お姉さまがた、仲間に入れてくださ~い」
同じ生地で作った帯に替えて、登場です。
シンプルな一文字文庫結び。[かわいい]

帯の草緑色というのは私の感覚です~いろいろ調べたんですが、ぴったりのがなくて。
よくいう若草色ってもっと柔らかい感じだし。
日本の伝統色でいうと萌黄色よりも鮮緑(せんりょく)かな?
でももうちょっと薄いかも‥薄いけど鮮やか、っていう。

Dsc_7877
「朋香ちゃん、可愛い~」
「それもいいわね、引き締まって見える」
「わあ、ありがとうございます~」
似合ってるかな?
仲良しに見えるかな[るんるん][ぴかぴか(新しい)]

2018年10月 6日 (土)

紫のひとえの振袖を着るアメリ

アメリさんの登場です。[かわいい]
着物を着せるのは初めてかな?
Dsc_7827
アメリカ製ですが~
FRニッポンミサキというドールの仲間で、ミサキは日本人モデルという設定だと思うんですよね。
フレンドのアメリは名前からして~たぶん、フランス系?

Dsc_7834
紫色の地に菊らしい柄を一面に描いた小紋。
ひとえ(一枚仕立て)の振り袖というのは、現代では出番がありませんが~
昔は、ちょっといいとこのお嬢さんは普段でもけっこう振り袖を着てたみたいですよ。[ひらめき]

辛子色の半襟でちょっと粋に?
Dsc_7833
帯は変形です~布の都合で[あせあせ(飛び散る汗)]
Dsc_7837

小紋でひとえの振袖‥
どれぐらいの帯が合うのやら?
Dsc_7849
明るい緑色の光沢のある帯にしてみました。
光沢があるぶん、よそゆきっぽいですね。[揺れるハート]
Dsc_7847
砂の雫さんがしていた蝶結びの帯と共布で、形も似ていますが~
こっちは、二枚羽文庫結びです。
Dsc_7842
似合ってるかな‥?[るんるん][ぴかぴか(新しい)]
着物、帯、半襟は手作りです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

bベスト本 | i本屋大賞候補作 | l本屋大賞 | l直木賞 | l芥川賞 | l:日本エッセイスト・クラブ賞 | mf:世界幻想文学大賞 | mf:日本ファンタジーノベル大賞 | m:CWA賞 | m:MWA賞 | m:このミステリーがすごい! | m:アガサ賞 | m:マカヴィティ賞 | name:あさのあつこ | name:万城目学 | name:三上延 | name:三浦しをん | name:上橋菜穂子 | name:上野千鶴子 | name:中島京子 | name:乾くるみ | name:五木寛之 | name:京極夏彦 | name:仁木英之 | name:今野敏 | name:伊坂幸太郎 | name:佐々木譲 | name:佐藤多佳子 | name:佐藤正午 | name:佐藤賢一 | name:佐野洋子 | name:勝間和代 | name:北村薫 | name:原田マハ | name:古内一絵 | name:坂木司 | name:坪田信貴 | name:大島真寿美 | name:大崎梢 | name:太宰治 | name:姫野カオルコ | name:宇江佐真理 | name:宮下奈都 | name:宮部みゆき | name:小川洋子 | name:小川糸 | name:山之口洋 | name:山崎ナオコーラ | name:山田詠美 | name:島本理生 | name:島田荘司 | name:川上弘美 | name:恩田陸 | name:有川浩 | name:朝井まかて | name:朝井リョウ | name:木内昇 | name:杉本苑子 | name:村上春樹 | name:村上龍 | name:村山早紀 | name:村山由佳 | name:東川篤哉 | name:東野圭吾 | name:松井今朝子 | name:林真理子 | name:柚木麻子 | name:柳広司 | name:栗田有起 | name:桜庭一樹 | name:梨木香歩 | name:森絵都 | name:森見登美彦 | name:森谷明子 | name:横山秀夫 | name:橋本治 | name:池上永一 | name:津村記久子 | name:海原純子 | name:海堂尊 | name:湊かなえ | name:町田康 | name:畠中恵 | name:百田尚樹 | name:矢崎存美 | name:碧野圭 | name:磯崎憲一郎 | name:神田茜 | name:米村圭伍 | name:米澤穂信 | name:綿矢りさ | name:荻原規子 | name:菅野雪虫 | name:葉室麟 | name:西加奈子 | name:角田光代 | name:誉田哲也 | name:貴志祐介 | name:辻村深月 | name:近藤史恵 | name:道尾秀介 | name:長野まゆみ | name:阿部智里 | name:香山リカ | name:高田郁 | oその他の作家 | o海外作家:C.J.ボックス | o海外作家:M.C.ビートン | o海外作家:P.Gウッドハウス. | o海外作家:R.D.ウィングフィールド | o海外作家:S.J.ローザン | o海外作家:アガサ・クリスティ | o海外作家:アラン・ブラッドリー | o海外作家:アリアナ・フランクリン | o海外作家:アリス・マンロー | o海外作家:アリ・ブランドン | o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス | o海外作家:アンナ・マクリーン | o海外作家:アン・クリーヴス | o海外作家:アン・タイラー | o海外作家:アン・マキャフリイ | o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン | o海外作家:アーロン・エルキンズ | o海外作家:エミリー・ブライトウェル | o海外作家:エリザベス・ギルバート | o海外作家:エルスベツ・イーホルム | o海外作家:エレイン・ヴィエッツ | o海外作家:エレン・カシュナー | o海外作家:カズオ・イシグロ | o海外作家:カミラ・レックバリ | o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン | o海外作家:キャロル・オコンネル | o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト | o海外作家:ギヨーム・ミュッソ | o海外作家:クリストファー・プリースト | o海外作家:クレイグ・ライス | o海外作家:クレオ・コイル | o海外作家:ケイト・キングズバリー | o海外作家:ケイト・モス | o海外作家:ケイト・モートン | o海外作家:ゲイル・キャリガー | o海外作家:コニス・リトル | o海外作家:コニー・ウィリス | o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー | o海外作家:コルネーリア・フンケ | o海外作家:サラ・ウォーターズ | o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー | o海外作家:サラ・パレツキー | o海外作家:シャルロッテ・リンク | o海外作家:シャロン・フィファー | o海外作家:シャンナ・スウェンドソン | o海外作家:シャーリィ・ジャクスン | o海外作家:シャーレイン・ハリス | o海外作家:シャーロット・マクラウド | o海外作家:ジェイソン・グッドウィン | o海外作家:ジェイニー・ボライソー | o海外作家:ジェイン・オースティン | o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー | o海外作家:ジェフリー・フォード | o海外作家:ジェラルディン・ブルックス | o海外作家:ジャニータ・シェリダン | o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ | o海外作家:ジュリー・ハイジー | o海外作家:ジュンパ・ラヒリ | o海外作家:ジョアン・フルーク | o海外作家:ジョナサン・キャロル | o海外作家:ジョン・ハート | o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン | o海外作家:ジョー・ウォルトン | o海外作家:ジル・チャーチル | o海外作家:スティーグ・ラーソン | o海外作家:ステファニー・メイヤー | o海外作家:スーザン・イーリア・マクニール | o海外作家:スーザン・プライス | o海外作家:スー・グラフトン | o海外作家:タニス・リー | o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ | o海外作家:ダイアナ・ガバルドン | o海外作家:ダン・ブラウン | o海外作家:ディック・フランシス | o海外作家:デイヴィッド・アーモンド | o海外作家:デニス・ルヘイン | o海外作家:デボラ・クロンビー | o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ | o海外作家:トーベ・ヤンソン | o海外作家:ドナ・アンドリューズ | o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ | o海外作家:ドミニク・シルヴァン | o海外作家:ドン・ウィンズロウ | o海外作家:ナンシー・ピカード | o海外作家:ネレ・ノイハウス | o海外作家:ノア・ゴードン | o海外作家:パウロ・コエーリョ | o海外作家:パトリシア・A.マキリップ | o海外作家:パトリシア・ハイスミス | o海外作家:ピエール・ルメートル | o海外作家:ピーター・キャメロン | o海外作家:ピーター・ディキンスン | o海外作家:ピーター・トレメイン | o海外作家:ピーター・ラヴゼイ | o海外作家:フィリッパ・グレゴリー | o海外作家:フェイ・ケラーマン | o海外作家:フランセス・ファイフィールド | o海外作家:フレッド・ヴァルガス | o海外作家:ヘイリー・リンド | o海外作家:ヘニング・マンケル | o海外作家:ベリンダ・バウアー | o海外作家:ベルンハルト・シュリンク | o海外作家:ポール・ドハティ | o海外作家:マイクル・コナリー | o海外作家:マーガレット・アトウッド | o海外作家:マーセデス・ラッキー | o海外作家:ミネット・ウォルターズ | o海外作家:ミュリエル・バルベリ | o海外作家:メアリ・W.ウォーカー | o海外作家:メグ・ガーディナー | o海外作家:メグ・キャボット | o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン | o海外作家:リサ・クレイパス | o海外作家:リチャード・ノース・パタースン | o海外作家:リース・ボウエン | o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ | o海外作家:レジナルド・ヒル | o海外作家:レスリー・メイヤー | o海外作家:レーネ・レヘトライネン | o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド | o海外作家:ロビン・ホブ | o海外作家:ローズマリ・サトクリフ | o海外作家:ローズマリー・マーティン | o海外作家:ローナ・バレット | o海外作家:ローラ・チャイルズ | o海外作家:ローラ・リップマン | o海外作家:ローリー・キング | o海外作家:ローレンス・ブロック | o海外作家:ヴィヴェカ・ステン | o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア | お人形 | お人形着物 | お茶 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | コージー | ジェイドール | ジェニー | スイーツ | ドールmomoko | ドールmomoko洋服 | ドール・ドレス | ドール:Misaki | ドール:SD | ドール:シドニー | ドール:ピュアニーモ | ドール:プーリップ | ドール:ユノアクルス・アズライト | バービー | ファッション | ファンタジー | フィギュアスケート | ベスト本 | ミステリ | リカちゃん | ロマンス | 介護 | 作品 | 健康・ダイエット | 児童書・YA | 動物 | 国内作家:あ行 | 国内作家:か行 | 国内作家:さ行 | 国内作家:た行 | 国内作家:な行 | 国内作家:は行 | 国内作家:ま行 | 国内作家:や行 | 国内作家:ら行 | 国内作家:わ行 | 国内小説 | 家事 | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 歴史もの | 海外小説 | | 病気体験 | 着物 | 経済・政治・国際 | 絵本 | 舞台・バレエ | | 言葉・歌 | 評論・エッセイ | SF

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ