フォト

おすすめ本

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2018年4月 5日 (木)

デザインもコメントも?

デザインが炬燵にみかんのままだったことに気づいて、ビックリ。

4日は夏日だったというのに!
ちょっと遅いけど~
桜もいいなと変えてみました。
ところが、反映しない‥?
たぶん時間が経つと反映するんじゃないかとcoldsweats01
[追記:
桜がおそすぎるのかしら?な~んて、新緑にしてみようかな]
先日、記事がなぜかコメントを受け付けない設定になっていた事に気づいて、一つ一つ直しました。
と、ところが~
はっと気づいて確認したら‥
その後の記事もいくつか、受け付けない設定に‥
な、なぜ?
ごめんなさい。
なぜかよくわからないけど、再度確認するよう気をつけます。sweat01
[追記:
なんだか意味のわからない表示が出て、このパソコンではダメみたいな言われようなんだけど‥
あれこれやっているうちに、ふと別な入り方をしたら、なぜか前のブログの背景は変えられました。謎。
でも同じような、無理ですっぽい表示は出たんです‥謎また謎。
で、こちらのブログもやり直してみましたが、反応しない(涙)
一体何故‥?!]

2018年3月29日 (木)

コメントのことですが

こちらのブログになってから、いつの間にか、ほとんどの記事が、コメントを受け付けない設定になっておりました。

最近、気がついて愕然‥!
な、なぜ?
思うように操作できないで変なことになる現象はたまにあったんですが‥
全部を一斉に変える方法はないようなので、ひとつひとつ直しました。
もう大丈夫だと思いますが‥
もしコメントを書き込もうとして受け付けられなかった方がいらしたとしたら‥crying
ごめんなさい!
ほんとうに申しわけありませんでした。
え、誰もコメントしようなんて思ってなかった?
かどうか知りませんが~sweat01
それはともかく、
見に来てくださった方、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたしますhappy01

2018年1月21日 (日)

渋谷でイタリアン

年に一度はこの店の前を通ります。

Dsc_2690
友達数人との食事会です。
Dsc_2701
東急本店のレストラン街、タントタントで。
Dsc_2708
実は忘年会でしたが‥
楽しく過ごしました~!
ちょっと
こちらの更新は難しくなってきちゃいました。
なぜかコピペができにくくなってフリーズの嵐~
お休みすることもあるかもしれません。
写真のある記事は「小さなアトリエ・4」の方が詳しくなります。
ご了承くださいませ。
様子よっては元通りにできる時が来るかもしれないんですが‥
よろしくお願いいたします。

2017年9月26日 (火)

2007年に紹介した本

[過去記事のリスト再録です。
2007年と2007年、読んだ本、紹介した本、などと表記があれこれ混乱しているため、検索に手間取りました‥(汗)]

1月
「新・自分で治す冷え性」
「わたしの名は紅」
「アイルランド幻想」
「ぼくは勉強ができない」
「ゲド戦記外伝」

2月
「わたしを離さないで」
「風に舞いあがるビニールシート」
「剣嵐の大地」
「風が強く吹いている」
「蜘蛛の巣」
「東京タワー」

3月
「茶席のきもの入門」
「このミステリーがすごい!2007年」
「きもの入門」
「予告殺人」
「海辺のカフカ」
「クリスマス・プレゼント」
「天使の卵」
「ベラスケスの十字の謎」
「チョコレートコスモス」
「天使と罪の街」
「誰か」

4月
「シャルビューク夫人の肖像」
「生首に聞いてみろ」
「12番目のカード」
「葉桜の季節に君を想うということ」
「人生は廻る輪のように」
「安徳天皇漂海記」

5月
「葬儀を終えて」
「窓の灯」
「チャリオンの影」
「三四郎はそれから門を出た」
「クライム・マシン」
「風の影」
「となり町戦争」
「漢方小説」

6月
「着物と日本の色」
「キングとジョーカー」
「そろそろくる」
「シェイクスピアを代筆せよ」
「ゆめつげ」
「青い鷹」
「ねむり姫」
「歳時記を生きる」

7月
「限りなく透明に近いブルー」
「太陽の王と月の妖獣」
「憑かれた鏡」
「13歳のハローワーク」
「最後のウィネベーゴ」
「不倫と南米」
「帰れぬ人々」
「バビロンまでは何マイル」
「七緒vol.10」
「海より生まれし娘」
「異人館」
「風林火山」
「鏡の森」
「オラクル」
「池袋ウエストゲートパーク」

8月
「アラビアの夜の種族」
「愛情評論」
「おまけのこ」
「死神の精度」
「盾(シールド)」
「ヒストリー・オブ・ラブ」
「銀座開化事件帖」
「千円札は拾うな」
「バッテリー」

9月
「天山の巫女ソニン2海の孔雀」
「大統領の最後の恋」
「武田信玄 風の巻」
「サフラン・キッチン」
「4teen」
「再起」
「一瞬の風になれ」
「最後の晩餐の作り方」
「ラスト・イニング」
「夜愁」
「最後の旋律」
「停電の夜に」

10月
「天智帝をめぐる七人」
「万葉集と古代史」
「夢の奥城」
「気になる部分」
「警視の週末」
「額田女王」
「茜に燃ゆ」
「それぞれの少女時代」
「毒杯の囀り」

11月
「額田王の謎」
「イラクサ」
「天平冥所図会」
「額田王の実像」
「その名にちなんで」
「ねにもつタイプ」
「気分はフル回転!」
「天使と悪魔」
「うちエコ入門」
「飛鳥とは何か」
「林檎の木の下で」

12月
「死の開幕」
「きみはポラリス」
「容疑者Xの献身」
「まひるの月を追いかけて」
「生き方としてのヨガ」
「観光」
「免疫道場」
「夢の灯りがささやくとき」
「夜は短し歩けよ乙女」

ざっと数えたら107冊~月によってかなり差がありますね。
読んだ後に紹介が数日~一ヶ月ぐらい遅れてる場合もあるので、時期はずれてますが。
1月に紹介したのは12月に読んだものばかり、1月は「わたしを離さないで」を読むのにずいぶんかかったから、いったん追いついてます。
7月や9月もがんがんアップしていて、だいぶ追いついた感じだったかな。
10月は額田王関連を読むのに忙しくて、アップは少ないですね。
最近は図書館にリクエストしておいたのがどっと来たので、12月はもっと読んだんですよ~。
sanaの本棚のリストは395冊に達しました!

[2008年1月の時点でのお話です~
あ、このリストには作家名がない。
まだ、試しに作ってみていたようなリストでして~
海外国内別のリストはあるのか‥? また探します。

10年一昔と言いますが‥お笑いくださいませ]

2017年9月25日 (月)

2007年の記事再録「これまでに紹介したミステリ」

[過去のリストがどこにどれぐらいあるかわからないので、探しております。
もう少し、検索しやすいようにしたいと思っているのですが‥
どこまで出来ますかどうか?
↓とりあえず、過去のリストを幾つか再録したいと思います。
↓以下は過去記事です]

「海外小説」だと本当は多すぎるのと、実はまだカテゴリーを作って日が浅いので完全リストにならないため、とりあえず「ミステリ」でリストアップしてみました。

まずは2005年にアップした分
「魔性の馬」ジョセフィン・テイ
「ボートでご一緒に」ピーター・ラヴゼイ
「ベローナ・クラブの不愉快な事件」ドロシイ・L・セイヤーズ
「踊り子の死」ジル・マゴーン
「罪の段階」リチャード・ノース・パタースン
「警視の不信」デボラ・クロンビー
「騎乗」ディック・フランシス

2006年
1月
「混戦」ディック・フランシス
「殺人は広告する」ドロシイ・セイヤーズ
「警視の接吻」デボラ・クロンビー
「最上の地」サラ・デュナント

2月
「パスルレディと赤いニシン」パーネル・ホール

3月
「九死に一生ハンター稼業」ジャネット・イヴァノヴィッチ

4月
「帰還」ディック・フランシス
「アウトローのO」スー・グラフトン
「ロスト・ファミリー」ローラ・リップマン

5月
「暴徒裁判」クレイグ・ライス
「悪女パズル」パトリック・クェンティン
「手紙と秘密」キャロリン・G・ハート
「絶叫」リンダ・フェアスタイン
「ミスティック・リバー」デニス・ルヘイン
「魔術師の夜」キャロル・オコンネル

6月
「獣たちの庭園」ジェフリー・ディーヴァー
「白薔薇と鎖」ポール・ドハティ
「あなたに不利な証拠として」ローリー・リン・ドラモンド
「ブルー・ブラッド」デイヴィッド・ハンドラー
「花崗岩の街」スチュアート・マクブライド

7月
「聖なる暗号」ビル・ネイピア
「ヒストリアン」エリザベス・コストヴァ
「天使の帰郷」キャロル・オコンネル
「死ぬまでお買物」エレイン・ヴィエッツ
「直線」ディック・フランシス
「スイートホーム殺人事件」クレイグ・ライス

8月
「奥津城」ローリー・キング
「真夜中への挨拶」レジナルド・ヒル
「恋するA・I探偵」ドナ・アンドリューズ
「最後の希望」エド・マクベイン
「フローリストは探偵中」ジャニス・ハリソン
「七姫幻想」森谷明子

9月
「裁かれる花園」ジョセフィン・テイ
「森で昼寝する猫」リタ・メイ・ブラウン
「黄金」ディック・フランシス
「暗く聖なる夜」マイクル・コナリー
「フランチェスコの暗号」イアン・コールドウェル&ダスティン・トマスン

10月
「エムズワース卿の受難録」P・G・ウッドハウス

11月
「ゴミと罰」ジル・チャーチル
「闇を見つめて」ジル・チャーチル
「公爵家の相続人」ローリー・キング

…本のタイトルと作者名が同時に出るリストがなかなか見つけられなくて、タイトル見ながら自分で思い出そうとしたら、これが惨敗~。
フランシスはもちろん、ディーヴァー、コナリーあたりはさすがに出たけれど。
グラフトンがすぐ出なかったのには愕然~何十年も読んでるし、去年これだけじゃなく4冊ぐらい読み返してるのに?(…あまり面白くなかったんでアップしなかったんだけど)
「フランチェスコの暗号」なんかは無理だと思うわよ、それはね…
リンダ・フェアスタインなんか、エントリ見ても作者名そもそも書いてないし。
マイリストの方から検索すると作者名も出るのに気づいて喜んだら「最上の地」はbk1にないためにリストに入ってなかった… まあ古い作品なのでこれを読むよりも面白い物は沢山あると思います!?

それぞれの感想は左サイドのカテゴリーの「ミステリ」をクリックして下されば読むことが出来ます。新しいのが上に出てくるので、順番は逆になりますけど。

[追記:
だいぶ前にご紹介したものなので、カテゴリーのミステリでは‥最後になっちゃうんで~なかなか出てこないと思います‥
何度も取り上げている作家さんは、作家名のカテゴリがあります。
そこを探していただければ。
カタカナでアイウエオ順になってるはず。名字じゃなくて名前からなんですが。

(国内作家の場合は漢和辞典と同じような並びで漢字のつくりなどの部首順です)]

2017年9月12日 (火)

ブログ移行について

先日もご案内いたしましたが~

近いうちに、前のブログは終了させていただきます。
長い間、見に来てくださり、本当にありがとうございます。

これまで続けることが出来ましたのも、皆様のおかげです。
色々な喜び、日々の生活の張り合いとなっておりました。

もうすぐ工事なのですが~
その前にブログの移行をしようとしておりまして、それがどうなるか‥
終了の日取りはそれで多少ずれるかも?
同じタイトルで検索していただけば、
記事を保存したものが見つかると思います!
コメントなどは残念ながら消えてしまうようですが。

ブクログの「sanaの本棚」と、
so-netのブログ「小さなアトリエ・4」は
これまで通り、続けます。

よろしくお願いいたします。

追記:
移行先のブログを作りました!

「スローな読書ライフ・2」です。

http://sanahapycat.cocolog-nifty.com/blog/

まだ記事はありません~。
移行できない部分もあったり、
しばらく整理に時間がかかるかと思います。
落ち着きましたら、こちらも更新できるようになるかもしれません。

[さらに追記:

うわぉ、もう移行始まってます!
この記事が移行されるって考えてなかったー。
新しい方から、されるんですね!]

これからも、どうぞよろしくお願い致しますね。

2010年7月18日 (日)

2010年前半に読んだ本

今年の前半にご紹介した~本のタイトルと作者名をあげておきます。

2010年1月に紹介した本
「極北クレイマー」 海堂尊
「ラビリンス」 ケイト・モス
「アイスクリン強し」 畠中恵
「世界一簡単に目標がかなう成功脳の作り方」 苫米地英人
「カラスの親指」 道尾秀介
「田村はまだか」 朝倉かすみ
「たたり」 シャーリィ・ジャクスン
「完全恋愛」 牧薩次
「ビカミング・ジェイン・オースティン」 ジョン・スペンス
「チルドレン」 伊坂幸太郎
「トワイライト2」 ステファニー・メイヤー
「矢上教授の午後」 森谷明子
「ミレニアム2」 スティーグ・ラーソン
「秋期限定栗きんとん事件」 米澤穂信
計14冊

2月
「世界一の美女になるシークレット・レッスン」 イネス・リグロン
「ころこころ」 畠中恵
「修道女フィデルマの叡智」 ピーター・トレメイン
「エンジェル・エンジェル・エンジェル」 梨木香歩
「アルケミスト」 パウロ・コエーリョ
「疑心」今野敏
計6冊
少な…!オリンピックのせいですね。

3月
「リンカーン弁護士」 マイクル・コナリー
「深山に棲む声」 森谷明子
「ルイザと女相続人の謎」 アンナ・マクリーン
「笑う警官」 佐々木譲
「シェイクスピア・シークレット」 ジェニファー・リー・キャレル
「こいしり」 畠中恵
「ずっとお城で暮らしてる」 シャーリィ・ジャクスン
「配達赤ずきん」 大崎梢
「相棒」 五十嵐貴久
「悪魔の調べ」 ケイト・モス
「暴雪圏」 佐々木譲
「蛇、もっとも禍し」 ピーター・トレメイン
「贖罪」 湊かなえ
「ルイザと不穏な休暇」 アンナ・マクリーン
「しがみつかない生き方」 香山リカ
「ミレニアム3」 スティーグ・ラーソン
「食堂かたつむり」 小川糸
「エリザベス-華麗なる孤独」 石井美樹子
計18冊

4月
「空の中」 有川浩
「天使はモップを持って」 近藤史恵
「アン・ブリンの生涯」 キャロリー・エリクソン
「レッドデータガール2」 荻原規子
「トワイライト3」 ステファニー・メイヤー
「花や散るらん」 葉室麟
「夜想曲集」 カズオ・イシグロ
「ポトスライムの舟」 津村記久子
「ジョーカー・ゲーム」 柳広司
「警察庁から来た男」 佐々木譲
「王と最後の魔術師」 エレン・カシュナー
「平台がお待ちかね」 大崎梢
「ホアズブレスの龍追い人」 パトリシア・A.マキリップ
「魔王」 伊坂幸太郎
「ザッカリー・ビーヴァーが町に来た日」 キンバリー・ウィリス・ホルト
「追想五断章」 米澤穂信
「巡礼者たち」 エリザベス・ギルバート
「花散らしの雨」 高田郁
計18冊

5月
「拮抗」ディック・フランシス
「猫を抱いて象と泳ぐ」小川洋子
「蛇の形」ミネット・ウォルターズ
「あなたの苦手な彼女について」 橋本治
「剣の名誉」 エレン・カシュナー
「龍神の雨」 道尾秀介
「ウィークエンド」 ピーター・キャメロン
「学問」 山田詠美
「ラウィーニア」 アーシュラ・K・ル=グウィン
「Another」 綾辻行人
「スペイン フェリペ2世の生涯」 西川和子
「サイン会はいかが」 大崎梢
「ソウル・コレクター」 ジェフリー・ディーヴァー
「図書館戦争」 有川浩
計14冊

6月
「冬の薔薇」 パトリシア・A.マキリップ
「人間失格」 太宰治
「犬の力」 ドン・ウィンズロウ
「宵山万華鏡」 森見登美彦
「ゼルプの裁き」 ベルンハルト・シュリンク
「武士道セブンティ-ン」 誉田哲也
「白夜に惑う夏」 アン・クリーヴス
「警官の紋章」 佐々木譲
「翡翠の家」 ジャニータ・シェリダン
「1Q84 book1」 村上春樹
「彫刻家の娘」 トーベ・ヤンソン
計11冊

合わせて81冊かな…たぶん?
昨年や一昨年と比べて、思ったより減ってないかな~。
(一昨年がここんとこで一番多いです)
まとめ方がちょっとずつ違ってたりするため、今計算してみたのが正しいのかどうか、自信がないんですが。
今年は母の老化が進んで要介護度も3から5へ。何かと大変になりましたので…
外出などの他の楽しみが出来ない分、冊数だけは意外に読んでいる方かと。
貴重な気分転換なのです。
疲れがたまって、読む量も減らした方がいいんじゃないかとペース落としたこともあるんですよ。でも、ぼーっとするだけで、元気がなくなってくる…
気力の足りない分を、本を読むことで輸血しているような物なのかも?
けっこう新しい人も読んでるけど、ジャンルがちょっと偏ってる気がする…
短時間で入り込みやすい本になってるのかもね。

年ごとに読んだ本をまとめた記事は、右サイドのカテゴリー欄の「ベスト本」をクリックしていただけば~出てきます。
カテゴリーは作家名が多くなっちゃって~ものすごく長いんですが、その下の方に!
このブログって、カテゴリーの順番を変えられないんですよ。最初に国内作家名、次に海外作家名をずらりと。
その後、ひらがな、カタカナ、漢字の順でカテゴリーが並んでます。
ひらがな、カタカナはあいうえお順だけど~漢字がどうもわかりにくい??

国内作家の前にnameとしたのは、英語の小文字がトップに出るみたいだから。
国内作家名は、漢和辞典に載ってる順というか~最初の漢字のつくりの画数順みたいです。

さて、ベスト本…む、難しい~~!
歴史物がけっこう多いみたいな。
警官物も多くて、楽しく読んでますが。
「花散らしの雨」が好き。
「猫を抱いて象と泳ぐ」も、よかった~!
「1Q84」とか「ミレニアム」とか~「ラウィーニア」かな…
もうちょっと、考えないと…ジャンル別の整理なども、このあと少しするつもりですが~出来る範囲で…coldsweats01

2009年7月 4日 (土)

2009年前半に読んだ小説以外の本

「あれも嫌いこれも好き」  佐野洋子
「巴里の空の下、オムレツの匂いは流れる」  石井好子
「源氏物語の時代、一条天皇と后たちのものがたり」  山本淳子
「白洲次郎 占領を背負った男」  北康利
「生きさせろ!難民化する若者たち」  雨宮処凛
「幸福大国ブータン」  ドルジェ・ワンモ・ワンチュック
「アンのゆりかご」  村岡恵理
「オバマのアメリカ」  渡辺将人
「パリの女は産んでいる」  中島さおり
「チャリング・クロス街84番地」 ヘレーン・ハンフ
「自殺が減ったまち」  本橋豊
「女性の品格」  板東眞理子
「フィンランド豊かさのメソッド」  堀内都喜子
「図書館ねこデューイ」  ヴィッキー・マイロン
「ネクタイを締めた海賊たち」  浜矩子
「日本の「安心」はなぜ消えたのか」  山岸俊男

16冊。
少ないので、月は分けません~。
今年は力を入れたいジャンルなんだけど…
小説以外、という分け方だと、けっこう実はバラバラですね。

「アンのゆりかご」は翻訳者の村岡花子さんのお孫さんが書いた伝記。
とても面白かったですよ~。
石井好子さんのパリの思い出と料理~よかったー!

一条天皇の時代、充実した内容でした。
白洲次郎も面白かった…
雨宮処凛もすごい。

「図書館ねこデューイ」もすっごく可愛くて奇跡のような猫のお話。
「チャリング・クロス街84番地」はリストに作者名が出ませんね。訳者名が出るわけでもなく…なんなんだ…‥ 品切れ絶版?
DVDもとってもよかった!こちらは絶版じゃないです~!

カテゴリに「政治・経済・国際」というのを増やしたんです。
どっちかというと、そういう系統の本はあまり読んでこなかったから、たまにあっても「評論・エッセイ」としか分類しなかったんですけど。
ちょっとねえ…あまりに世界を知らなすぎるかなと。
世の中はどうなってるの?日本はこれで良いわけ?と疑問が大きくなってきたから…
これがかなり面白くて、お勉強になってます!
思ったより少ないなと思うと、何か読みたくなる気持ちがむらむらと~…coldsweats01

「自殺が減ったまち」
これが大事だと思うので、ベスト本はこれに。
政治家や、地域の仕事に携わる人には特に、読んで欲しい本です。
「生きさせろ!」も大事です。まったく‥!

2009年7月 3日 (金)

2009年前半に読んだ国内小説

2009年1月
「警官の血」  佐々木譲
「夢の守り人」  上橋菜穂子
「ブラックペアン1988」  海堂尊
「虚空の旅人」  上橋菜穂子
「上と外」  恩田陸
「ブランケット・キャッツ」  重松清

2月
「西の魔女が死んだ」  梨木香歩
「のぼうの城」  和田竜
「ラットマン」  道尾秀介
「カソウスキの行方」  津村記久子
「村田エフェンディ滞土録」  梨木香歩
「おそろし」  宮部みゆき
「象と耳鳴り」  恩田陸

3月
「忍びの国」  和田竜
「恋空」  美嘉
「ホルモー六景」  万城目学
「平成大家族」  中島京子
「婚礼、葬礼、その他」  津村記久子
「夏のくじら」  大崎梢

4月
「蛇を踏む」  川上弘美
「夏の名残りのバラ」  恩田陸
「フィッシュストーリー」  伊坂幸太郎
「天地人」  火坂雅志
「ファミリーポートレイト」  桜庭一樹
「密謀」  藤沢周平

5月
「犬はどこだ」  米澤穂信
「臨場」  横山秀夫
「シートン(探偵)動物記」  柳広司
「利休にたずねよ」  山本兼一
「遠まわりする雛」  米澤穂信
「テンペスト」  池上永一

6月
「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」  桜庭一樹
「タルト・タタンの夢」  近藤史恵
「沖で待つ」  絲山秋子
「新世界より」  貴志祐介
「ジーン・ワルツ」  海堂尊
「流星の絆」  東野圭吾
「星のしるし」  柴崎友香
「遊動亭円木」  辻原登

39冊。…そんなもんかしら?
宮部さんの「おそろし」よかったです~。
読んだ冊数から行くと…梨木香歩がマイブームだったかも。どれもいいので、ベスト決めにくいけど…
「村田エフェンディ滞土録」がベストかな…
次が桜庭一樹。
赤朽葉家以上に好みなのはなかなか出ないだろうと思っていたけど、これがどうして。「ファミリー・ポートレイト」よかったです。ベスト3には入ります。

「タルト・タタンの夢」がすっごく好みなので~2作目も出ているそうですが、ぜひもっと続けて!

新しく読んだ作家さんでは、働く大人の女性の何気ない生活感が出ている作品が目立つかな。
津村記久子、絲山秋子さんなど…

伊坂幸太郎、万城目学は相変わらず、いい!
米澤穂信も「遠まわりする雛」これまでのベストかな。
初めて読んだ柳広司さんもすごく読みやすくて~お気に入り作家の仲間入り。

恩田陸は前から読んでいる作家さんだけど、多作なので読み切れていなくて、今年は多めに読んでみてます。
ちょっと前の作品がそれぞれよくて、やったぁ!て気分。
本格短編集「象と耳鳴り」と子どもが主人公の冒険物「上と外」など、全然違うけど、どっちもよくて。

ベストセラー作家・東野圭吾さんも~「流星の絆」が私的にはこれまでで一番よかったです。

2009年7月 2日 (木)

2009年前半に読んだ海外小説

1月
「わたしの美しい娘ーラプンツェル」 ドナ・ジョー・ナポリ
「女たちの真実」  ローラ・リップマン
「至福の味」  ミュリエル・バルベリ
「春を待つ谷間で」  S.J.ローザン
「またの名をグレイス」  マーガレット・アトウッド
「フロスト気質」  R.D.ウィングフィールド

2月
「永遠の三人」  ローラ・リップマン
「ウォリス家の殺人」  D.M.ディヴァイン
「少年のはるかな海」  ヘニング・マンケル
「クリストファーの魔法の旅」  ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「ハリーポッターと死の秘宝」  J.K.ローリング
「タンゴステップ」  ヘニング・マンケル
「ダレン・シャン1」  ダレン・シャン

3月
「運命の日」  デニス・ルヘイン
「マーブル・アーチの風」  コニー・ウィリス
「アンをめぐる人々」  ルーシー・モード・モンゴメリ
「魔女と暮らせば」  ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「ティファニーで朝食を」  トルーマン・カポーティ
「狂犬は眠らない」  ジェイムズ・グレイディ
「美しきカサンドラ」  ジェイン・オースティン
「朗読者」  ベルンハルト・シュリンク

4月
「最高の銀行強盗のための47ヶ条」  トロイ・クック
「マローン御難」  クレイグ・ライス
「茨文字の魔法」  パトリシア・A.マキリップ
「大聖堂」  レイモンド・カーヴァー
「故郷から10000光年」  ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア

5月
「神秘な指圧師」  V.S.ナイポール
「月の骨」  ジョナサン・キャロル
「チャリング・クロス街84番地」  ヘレーン・ハンフ
「天を映す早瀬」  S.J.ローザン
「見知らぬ場所」  ジュンパ・ラヒリ
「メールオーダーはできません」  レスリー・メイヤー
「冬そして夜」  S.J.ローザン

6月
「記憶をなくして汽車の旅」  コニス・リトル
「さゆり」  アーサー・ゴールデン
「神の家の災い」  ポールド・ハティー
「ドッグタウン」  メルセデス・ランバート
「トウシューズはピンクだけ」  レスリー・メイヤー
「ミレニアム」  スティーグ・ラーソン
「女王の矢ーヴァルデマールの使者」  マーセデス・ラッキー

40冊…かな?
海外の物はおすすめを発見しにくくて、けっこうペース遅くなってます。
国内小説とほぼ交互にしようと思うと難しくなるぐらい。
国内のをあまり読んで来なかったから、去年は国内優先にしてたんですけど。
年の初めはミステリのベストテンから探すので、ミステリが多いですね。

ヘニング・マンケルなど、読み始めた新しい作家さん。
久しぶりのカーヴァーやジョナサン・キャロルもよかったです。
ベスト本は・・難しい~。コニー・ウィリスもよかったけど、前の短編集ほど一押しで決まりって感じがしないの。
ミステリ系では「ミレニアム」の年って感じもありますよね。
「朗読者」「見知らぬ場所」「またの名はグレイス」などが重量級ですね!
一押しは「見知らぬ場所」でもいいけれど‥
あ、「わたしの美しい娘」もいいけれど‥
個人的には~「茨文字の魔法」この中でもう再読したのはこれだけだから、お気に入りっていうと、これかなhappy01

アマゾンで書影を出すと、「月の骨」は作者が浅羽莢子さんしか出ないのはいかがなもんでしょうか…?
浅羽さんは本当に素晴らしい翻訳者で、尊敬してますが。それとこれとはcoldsweats01

その他のカテゴリー

bベスト本 | i本屋大賞候補作 | l本屋大賞 | l直木賞 | l芥川賞 | l:日本エッセイスト・クラブ賞 | mf:世界幻想文学大賞 | mf:日本ファンタジーノベル大賞 | m:CWA賞 | m:MWA賞 | m:このミステリーがすごい! | m:アガサ賞 | m:マカヴィティ賞 | name:あさのあつこ | name:万城目学 | name:三上延 | name:三浦しをん | name:上橋菜穂子 | name:上野千鶴子 | name:中島京子 | name:乾くるみ | name:五木寛之 | name:京極夏彦 | name:仁木英之 | name:今野敏 | name:伊坂幸太郎 | name:佐々木譲 | name:佐藤多佳子 | name:佐藤賢一 | name:佐野洋子 | name:勝間和代 | name:北村薫 | name:原田マハ | name:坂木司 | name:大島真寿美 | name:大崎梢 | name:太宰治 | name:姫野カオルコ | name:宇江佐真理 | name:宮下奈都 | name:宮部みゆき | name:小川洋子 | name:小川糸 | name:山之口洋 | name:山崎ナオコーラ | name:山田詠美 | name:島本理生 | name:島田荘司 | name:川上弘美 | name:恩田陸 | name:有川浩 | name:朝井リョウ | name:木内昇 | name:杉本苑子 | name:村上春樹 | name:村上龍 | name:村山早紀 | name:村山由佳 | name:東川篤哉 | name:東野圭吾 | name:松井今朝子 | name:林真理子 | name:柚木麻子 | name:柳広司 | name:栗田有起 | name:桜庭一樹 | name:梨木香歩 | name:森絵都 | name:森見登美彦 | name:森谷明子 | name:横山秀夫 | name:橋本治 | name:池上永一 | name:津村記久子 | name:海原純子 | name:海堂尊 | name:湊かなえ | name:町田康 | name:畠中恵 | name:百田尚樹 | name:矢崎存美 | name:碧野圭 | name:磯崎憲一郎 | name:神田茜 | name:米村圭伍 | name:米澤穂信 | name:綿矢りさ | name:荻原規子 | name:菅野雪虫 | name:葉室麟 | name:西加奈子 | name:角田光代 | name:誉田哲也 | name:貴志祐介 | name:辻村深月 | name:近藤史恵 | name:道尾秀介 | name:長野まゆみ | name:香山リカ | name:高田郁 | oその他の作家 | o海外作家:C.J.ボックス | o海外作家:M.C.ビートン | o海外作家:P.Gウッドハウス. | o海外作家:R.D.ウィングフィールド | o海外作家:S.J.ローザン | o海外作家:アガサ・クリスティ | o海外作家:アラン・ブラッドリー | o海外作家:アリアナ・フランクリン | o海外作家:アリス・マンロー | o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス | o海外作家:アンナ・マクリーン | o海外作家:アン・クリーヴス | o海外作家:アン・タイラー | o海外作家:アン・マキャフリイ | o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン | o海外作家:アーロン・エルキンズ | o海外作家:エミリー・ブライトウェル | o海外作家:エリザベス・ギルバート | o海外作家:エレイン・ヴィエッツ | o海外作家:エレン・カシュナー | o海外作家:カズオ・イシグロ | o海外作家:カミラ・レックバリ | o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン | o海外作家:キャロル・オコンネル | o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト | o海外作家:ギヨーム・ミュッソ | o海外作家:クリストファー・プリースト | o海外作家:クレイグ・ライス | o海外作家:クレオ・コイル | o海外作家:ケイト・キングズバリー | o海外作家:ケイト・モス | o海外作家:ケイト・モートン | o海外作家:ゲイル・キャリガー | o海外作家:コニス・リトル | o海外作家:コニー・ウィリス | o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー | o海外作家:コルネーリア・フンケ | o海外作家:サラ・ウォーターズ | o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー | o海外作家:サラ・パレツキー | o海外作家:シャロン・フィファー | o海外作家:シャンナ・スウェンドソン | o海外作家:シャーリィ・ジャクスン | o海外作家:シャーレイン・ハリス | o海外作家:シャーロット・マクラウド | o海外作家:ジェイソン・グッドウィン | o海外作家:ジェイニー・ボライソー | o海外作家:ジェイン・オースティン | o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー | o海外作家:ジェフリー・フォード | o海外作家:ジェラルディン・ブルックス | o海外作家:ジャニータ・シェリダン | o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ | o海外作家:ジュンパ・ラヒリ | o海外作家:ジョアン・フルーク | o海外作家:ジョナサン・キャロル | o海外作家:ジョン・ハート | o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン | o海外作家:ジョー・ウォルトン | o海外作家:ジル・チャーチル | o海外作家:スティーグ・ラーソン | o海外作家:ステファニー・メイヤー | o海外作家:スーザン・イーリア・マクニール | o海外作家:スーザン・プライス | o海外作家:スー・グラフトン | o海外作家:タニス・リー | o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ | o海外作家:ダイアナ・ガバルドン | o海外作家:ダン・ブラウン | o海外作家:ディック・フランシス | o海外作家:デイヴィッド・アーモンド | o海外作家:デニス・ルヘイン | o海外作家:デボラ・クロンビー | o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ | o海外作家:トーベ・ヤンソン | o海外作家:ドナ・アンドリューズ | o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ | o海外作家:ドミニク・シルヴァン | o海外作家:ドン・ウィンズロウ | o海外作家:ナンシー・ピカード | o海外作家:ネレ・ノイハウス | o海外作家:ノア・ゴードン | o海外作家:パウロ・コエーリョ | o海外作家:パトリシア・A.マキリップ | o海外作家:ピエール・ルメートル | o海外作家:ピーター・キャメロン | o海外作家:ピーター・ディキンスン | o海外作家:ピーター・トレメイン | o海外作家:ピーター・ラヴゼイ | o海外作家:フェイ・ケラーマン | o海外作家:フランセス・ファイフィールド | o海外作家:フレッド・ヴァルガス | o海外作家:ヘイリー・リンド | o海外作家:ヘニング・マンケル | o海外作家:ベリンダ・バウアー | o海外作家:ベルンハルト・シュリンク | o海外作家:ポール・ドハティ | o海外作家:マイクル・コナリー | o海外作家:マーガレット・アトウッド | o海外作家:マーセデス・ラッキー | o海外作家:ミネット・ウォルターズ | o海外作家:ミュリエル・バルベリ | o海外作家:メアリ・W.ウォーカー | o海外作家:メグ・ガーディナー | o海外作家:メグ・キャボット | o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン | o海外作家:リサ・クレイパス | o海外作家:リチャード・ノース・パタースン | o海外作家:リース・ボウエン | o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ | o海外作家:レジナルド・ヒル | o海外作家:レスリー・メイヤー | o海外作家:レーネ・レヘトライネン | o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド | o海外作家:ロビン・ホブ | o海外作家:ローズマリ・サトクリフ | o海外作家:ローズマリー・マーティン | o海外作家:ローナ・バレット | o海外作家:ローラ・チャイルズ | o海外作家:ローラ・リップマン | o海外作家:ローリー・キング | o海外作家:ローレンス・ブロック | o海外作家:ヴィヴェカ・ステン | o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア | お人形 | お人形着物 | お茶 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | コージー | ジェイドール | ジェニー | スイーツ | ドールmomoko | ドールmomoko洋服 | ドール・ドレス | ドール:Misaki | ドール:SD | ドール:シドニー | ドール:ピュアニーモ | ドール:プーリップ | ドール:ユノアクルス・アズライト | バービー | ファッション | ファンタジー | フィギュアスケート | ベスト本 | ミステリ | リカちゃん | ロマンス | 介護 | 作品 | 健康・ダイエット | 児童書・YA | 動物 | 国内作家:あ行 | 国内作家:か行 | 国内作家:さ行 | 国内作家:た行 | 国内作家:な行 | 国内作家:は行 | 国内作家:ま行 | 国内作家:や行 | 国内作家:ら行 | 国内作家:わ行 | 国内小説 | 家事 | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 歴史もの | 海外小説 | | 病気体験 | 着物 | 経済・政治・国際 | 絵本 | 舞台・バレエ | | 言葉・歌 | 評論・エッセイ | SF

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー