フォト

おすすめ本

« ベージュ地振袖momoko二人の帯 | トップページ | 「小さなアトリエ・4」のURL変更のお知らせ »

2019年4月28日 (日)

「湖畔荘」

ケイト・モートン「湖畔荘」東京創元社

ケイト・モートンの魅力的な作品、4作目。
女刑事が見つけた古いお屋敷には‥?
70年前の事件が紐解かれます。

ロンドン警視庁の刑事セイディは、担当事件でルールを逸脱して謹慎となり、コーンウォールの祖父の元を訪れます。
森の奥を散歩していて、湖の畔に、忘れられて眠っているような美しい家を見つけました。
かってエダヴェイン一家が暮らし、末っ子の乳児が行方不明になって、未解決のままだという。

エダヴェイン家の主アンソニーは学者肌の男性。
1910年代、妻のエリナの娘時代にまで話はさかのぼり、生き生きした少女が現れます。
時代を行き来するように描くのは、モートンの真骨頂、ややこしい展開もうまく繋げています。

1930年代、長じてすっかりレディになったエリナが取り仕切る館には、デボラ、アリス、クレミーという3人の娘と、末っ子の幼い男の子セオがいました。
エリナの口うるさい母親や、亡き父の友人である作家、若い庭師や乳母など。さらに、年に一度だけ大きなパーティーを催すその日には、大勢のお客が集まってきます。
そこで、事件が‥
次女のアリスは多感な文学少女。すべてを見通していたつもりでしたが、高齢になってから、思わぬことを知らされ‥?

事態は動き出します。
上巻の手がかりから予想されることは、どう覆され、どう繋がるのか。
シーンごとの丁寧な描写が美しく、時には夢のよう。
うっとり堪能しつつ、真相はさっぱりわからないまま、下巻に突入ですよ。

« ベージュ地振袖momoko二人の帯 | トップページ | 「小さなアトリエ・4」のURL変更のお知らせ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「湖畔荘」:

« ベージュ地振袖momoko二人の帯 | トップページ | 「小さなアトリエ・4」のURL変更のお知らせ »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ