フォト

おすすめ本

« 2019年3月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年4月

2019年4月28日 (日)

「湖畔荘」

ケイト・モートン「湖畔荘」東京創元社

ケイト・モートンの魅力的な作品、4作目。
女刑事が見つけた古いお屋敷には‥?
70年前の事件が紐解かれます。

ロンドン警視庁の刑事セイディは、担当事件でルールを逸脱して謹慎となり、コーンウォールの祖父の元を訪れます。
森の奥を散歩していて、湖の畔に、忘れられて眠っているような美しい家を見つけました。
かってエダヴェイン一家が暮らし、末っ子の乳児が行方不明になって、未解決のままだという。

エダヴェイン家の主アンソニーは学者肌の男性。
1910年代、妻のエリナの娘時代にまで話はさかのぼり、生き生きした少女が現れます。
時代を行き来するように描くのは、モートンの真骨頂、ややこしい展開もうまく繋げています。

1930年代、長じてすっかりレディになったエリナが取り仕切る館には、デボラ、アリス、クレミーという3人の娘と、末っ子の幼い男の子セオがいました。
エリナの口うるさい母親や、亡き父の友人である作家、若い庭師や乳母など。さらに、年に一度だけ大きなパーティーを催すその日には、大勢のお客が集まってきます。
そこで、事件が‥
次女のアリスは多感な文学少女。すべてを見通していたつもりでしたが、高齢になってから、思わぬことを知らされ‥?

事態は動き出します。
上巻の手がかりから予想されることは、どう覆され、どう繋がるのか。
シーンごとの丁寧な描写が美しく、時には夢のよう。
うっとり堪能しつつ、真相はさっぱりわからないまま、下巻に突入ですよ。

2019年4月26日 (金)

ベージュ地振袖momoko二人の帯

咲耶さんのところへ、毬花ちゃんがやってきました。
同じベージュ地に牡丹と吉祥文様の振袖(2枚めと3枚目)
を着ているmomokoさん二人です。
Dsc_0706
左の、ロングヘアで濃紫の牡丹のほうが咲耶さんです。
Dsc_0712
「咲耶ちゃん、紫の牡丹いいわね~似合ってる!」
「ありがとー。毬花ちゃんには赤いボタンが入ってるのがピッタリね」
「ね、これはなあに」「新しい帯揚げでしょ」
Dsc_0713
「わあ、帯揚げ変えたい~」
Dsc_0717
「この緑と白の絞りなんかどう?」
「わあ!」
桜が咲く頃になると、緑もいいものです。

「じゃ、私は帯を変えようかな」「え?」
Dsc_0715
藤色の帯の何作目だったかしら‥ 
Dsc_0733
濃い紫の帯は引き締まっていいんですが~ちょっと雰囲気を変えて~
Dsc_0723
白地に絞りの帯揚げで優しい雰囲気に。
帯締めは2本使ってみました。
Dsc_0762
正面は藤色に寒色系の柄、後ろ側は赤も入っている配置です。

「いいなあ~毬花もそういうのにしたい!」
「あら、じゃあ‥そうねえ」
Dsc_0746
「毬花ちゃんはこれならどう?」「わあ!」
Dsc_0727

白いふくら雀に、浅葱色の絞りの帯揚げ、明るい色の帯締めは2本取りで。
Dsc_0737
「これなら新鮮ね!」
「満足した?」「した、した~!」

2019年4月21日 (日)

「劇場」

又吉直樹「劇場」新潮社

又吉の小説2作目。
今度はお笑いではなく、演劇の世界で芽を出そうともがく若者の恋と葛藤を描いてあります。
お笑いのほうが、体験も滲んでいて、ユニークと言えばユニーク。
個性的な表現を追求する気持ちには、演劇のほうが感情移入しやすかったです。

永田は、友達と上京、小劇場で活動していました。
たまたま画廊で一緒になった感じのいい女性・沙希に声をかけます。この人ならわかってくれるだろうと。
永田の方はともかく、紗希がよく付き合う気になったな~という出会いですが。
沙希もじつは演劇が好きで上京したので、何かを感じ取ったのでしょう。

暗くて不器用な、演劇に取り憑かれている永田。
それでも二人は暮らし始め、楽しいひとときを経験し、微笑ましくいたわりあいます。
芝居はうまくいかないほうが多く、永田は沙希が関わる他の人達に嫉妬するようにも。
後半は、好きな女性にしてはいけないことのオンパレード。
何度かやり直そうとするのですが‥
真剣に仕事に集中して、やっと少し成功し始めても、取り返しがつかない。

最後に懸命に愛を伝えようとするのが切ない。
そんなに好きなら、互いに気持ちが残っているのなら。
とも思うけど‥
紗希はぼろぼろですよね。この後も苦労をかけられそうだということを考えると、こんないい子はもっと平和な環境で暮らしたほうがいいのかもしれない。
そんなことを思いながら読了。
「出会わなければもっと早く東京に負けていた」という沙希の言葉に説得力がありました。
ただ苦しんだだけではない、必然的な出会いだったのでしょう。

2019年4月14日 (日)

「いっしょにいるだけで」

森下典子「いっしょにいるだけで」飛鳥新社

猫嫌いの母子が住む家の庭で、野良猫が子猫を5匹産み落とし‥?
心温まる出会いの実体験~猫エッセイ。

かっては犬を飼っていた実家。
一度は家を出たけれど40過ぎて戻ってきて、今は母と二人暮らしになっている著者でした。
猫は苦手でしたが、ある日‥
猫は苦手でしたが、ある日‥
父の思い出がある白木蓮の木の下で、野良猫が子猫を生んでいたのです。
絶対に飼いたくはないので、すぐに近所にある動物愛護協会へ駆け込みますが、空きがないので預かれないという。
かといって保健所にだけは‥

さあ大変!
里親探しが始まりました。
母猫が子猫に乳をやり、なめてあげ、一緒に眠る姿。無邪気な子猫たち。見ているだけで何だか‥経験のない優しい気持ちになっていきます。
里親を希望する人たちとの出会いもありました。
そしていつしか‥
可愛くてたまらなくなった残っていた子と母の2匹は自分たちで飼うことに。

うちも私が子供の頃は犬派だったので、色々思い出します。
その後飼っていた猫が行方不明になった後、野良猫が庭で子を生んでしまったこともありました。
親も猫嫌いではなかったけど、何匹もは困っちゃう。
おっかさん猫の方も心得たものというか、隠れて点々としながら子育てしていたので、里親探しは経験ないんですが。
少し育ってから、お宅はこの子なんかいいですよね?というように、1匹だけ置いていったのを育てたことが2度(笑)

残念ながら今はいないんですが‥
もったいないぐらい愛をもらった楽しい思い出がいっぱいです。
幸せになりたかったら、猫を飼うのがいちばん早い。
ってことですよね~☆

2019年4月10日 (水)

友達とお花見

友達からの誘いで~7日にお花見に行ってきました。
Dsc_0978

例年、前もって期日を約束したお花見って~
寒いのに花は半ば以上散っていて小雨、というのが定番だったのですが‥
Dsc_0993
今年はなんと!
咲き始めが早かったのに、ちょうど満開、いいお天気で、
帰りがけには花吹雪というお花見となりました。

憧れの~
Dsc_0990
青空に満開の桜。
Dsc_0987
いいものですね~
関係者以外は入れない構内で、休日だったので、ほぼ独占状態。

Dsc_1000
他にもいっぱいお花が咲いていて~
Dsc_1001
ハナニラ。
うちの近所でも見かけるお花ですが、こんなに見事に密集して満開じゃないのよね。

Dsc_1024
ハナダイコン。または諸葛菜、紫花菜とも。

自然な林のような風情が残っている区画の山吹。
Dsc_1012
あっちにもこっちにもお花が咲いているので、
ピクニック並みに歩き回っちゃいましたよ。
まさしく春爛漫。

乙女椿。
Dsc_1036
一見するとバラのようでしょ。
幾何学的なほどきれいに重なった花びらが特徴です。
うちにもある同じ品種ですが~
こちらの方がこってりしたピンク色に見えました。

見ごたえがありました🎵🎵🎵

2019年4月 7日 (日)

「貧乏お嬢さま、ハリウッドへ」

リース・ボウエン「貧乏お嬢さま、ハリウッドへ」(コージーブックス)原書房

人気の「貧乏お嬢さまシリーズ」8作目。
安定した面白さです。

公爵令嬢なのに、実はいつもお金に困っているジョージー。
早くに離婚して出ていった母親は、有名な美人女優。
この母が今の恋人と結婚することにしたので、何度めかの夫と正式に離婚するためにアメリカへ。
豪華客船の旅に、ジョージーも同行することになります。

ところが映画監督に熱烈に請われて、母は行く先をまずハリウッドへと変更。
英国が舞台の歴史もの映画を撮るための顧問として、ジョージーや友人も役割ができます。
お約束で現れた恋人ダーシーも、貴族として堂々と参加。見た目がいいので俳優としても誘われます。
時代考証がいい加減な舞台装置に英国人は呆れるのですが。

演技力と存在感で、ジョージーの母は、若い主演女優を圧倒するという楽しさ。
おまけにチャップリンに口説かれる?

もはやジョージーの頭が切れるのは人がすぐ気づくほどに。
メイドの出たり入ったりは意外でしたが、まあしょうがない?(笑)
楽しく読めるシリーズです☆

« 2019年3月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ