フォト

おすすめ本

« ベージュに赤牡丹の振袖・帯と帯揚げ | トップページ | ベージュに吉祥文様振袖のはつゆきmomoko »

2019年2月17日 (日)

「ホワイトラビット」

伊坂幸太郎「ホワイトラビット」新潮社

人知れず起きた立てこもり事件を軽やかに面白おかしく。
伊坂ワールド全開です。
黒澤が出てくるのが嬉しいですね。

誘拐をビジネスとして、無理がない程度に行っている犯罪組織のメンバー、兎田。
若い起業家によるベンチャー企業のようなものだという。
ところが、経理の折尾が資金を持ち逃げ、若い兎田は最愛の妻・綿子ちゃんを誘拐されてしまいます。
めぐりめぐって不本意ながら、立てこもり事件に発展‥?
たまたま空き巣に入った泥棒や、いろいろな人物が絡み、え~っと誰が誰なんだっけ‥
一つ一つ、楽しみましょう。

オリオン座について蘊蓄を傾けるのが大好きというモチーフや、「レ・ミゼラブル」の小説を読み切った人物がいて、作者が「レ・ミゼラブル」風に介入してきたりと、一癖あるスパイス付き。

「レ・ミゼラブル」は19世紀の長い小説で、貧しさや制度の重圧などに苦しむ人々を描いた文豪ユーゴーの重厚な作品だけれど、娯楽の少なかった当時の人気連載でもあります。ミュージカルや映画になっているように、ドラマチックで面白いんですよ。
私はたまたま岩波文庫全巻読みました! そういう人、どれぐらいいるんでしょうかね(笑)
軽妙なこの作品とはある意味では正反対ですが、面白いという点では通じるものが?
文化が爛熟した上での軽みとでもいいましょうか。時代は変わりましたね~☆

« ベージュに赤牡丹の振袖・帯と帯揚げ | トップページ | ベージュに吉祥文様振袖のはつゆきmomoko »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ホワイトラビット」:

« ベージュに赤牡丹の振袖・帯と帯揚げ | トップページ | ベージュに吉祥文様振袖のはつゆきmomoko »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ