フォト

おすすめ本

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月27日 (水)

ベージュに吉祥文様の振袖momoko続き

カテゴリー欄、複数のカテゴリーを選べるのがいいところだったのに‥

何故か先日から機能しません。
そのうち、直ってくれるといいけど!
ベージュの地に吉祥文様の振袖を着ているmomokoドールさん。
うちでの名前は毬花ちゃんです。
Dsc_0311
果実の柄がよくわからないそうなので~
左の袖の肩の下あたりにある白っぽいのが橘。
黄色くないのでわかりにくいですよね。
黄緑の葉っぱが2枚ついています。
その上、袖口に近いところにあるのが桃だと思います。
Dsc_0308
袖の後ろ側にもあります~
桃はちょうど、ピンクになってますが~
橘は真っ赤。
文様化されている場合、色は気にしないみたいです。
ベージュの振袖のお二人さんが並んだ後ろ姿~
Dsc_0193
右の紫苑ちゃんのほうを「赤牡丹の振袖」と呼ぶ理由はこの裏にありました!
‥あっ、紫苑ちゃんの左袖と毬花ちゃんの右袖の柄は近かったんですね。
正面を向くとこう~
Dsc_0195
「あっ、毬花ちゃん、帯揚げ変えた?」
「あは、バレた?」
白い帯はそのままですが~
Dsc_0198
サーモンピンクの絹の帯揚げが似合いそうだな、と。
上の方は柄が少ないので、こえぐらい可愛くてもいいかな?
ピンクと藤色のグラデの帯締めにして春らしく。
Dsc_0204
おすましさん。
「わあ、毬花ちゃん、素敵よ~いいなあ」
Dsc_0282
見守る舞未ちゃん。
そういう舞未ちゃんも、ちゃっかり帯を変えています。
今年、4作目の帯。
前と同じ藤色の地ですが、違う色目のところを使ったもの。
黄色と白のぼかしの帯揚げが底にあったので~
(紫苑ちゃんが使ったから)
Dsc_0286
帯締めは、水色とブルーのグラデで。
似合うかな?
ベージュ地と同じ、牡丹と吉祥文様の振袖。
ベージュよりも派手な振袖ですが、柄は意外とまとまって見えるんで~
大胆なお浴び揚げと帯締めでもけっこう行ける?

2019年2月24日 (日)

「ワニの町へ来たスパイ」

ジャナ・デリオン「ワニの町へ来たスパイ」創元推理文庫

凄腕女スパイが田舎町に潜伏し‥?
人気が高いユーモア・ミステリのシリーズ1作め。

フォーチュンは、CIA工作員。
取り入るはずの男をやっつけてしまったため、組織に懸賞金をかけられる羽目に。
ボスの姪に扮して、身を隠すことになります。
南部ルイジアナの田舎町で、大叔母の遺産を相続するため整理に来たという触れ込みで。
姪というのがミスコン女王だというので、女らしい美女に変身!

シンフルという町に着いた早々、ハンサムな保安官には怪しい人物と目をつけられるし、大叔母の飼っていた犬が人骨をくわえてくる。
それは行方不明だった男性の骨‥?!
親切なご近所のおばあさんガーティとアイダ-ベルも活躍、手伝いながら意外と町に馴染んでいくフォーチュン。
さて‥?

生きのいいヒロイン、ヒロインより凄いかもしれないおばあさんズ、ドタバタ調で笑える軽いノリが嬉しい。
楽しみなシリーズが出来ました☆

2019年2月23日 (土)

ベージュに吉祥文様振袖のはつゆきmomoko

これは何でしょう?

Dsc_0269
ベージュ地の振袖2作目のお披露目です。
「わあ、おそろい~」
Dsc_0272
紫苑ちゃんが着ているのと同じ生地だというのは、もろわかりですね。
赤い牡丹も入っているので、これも赤牡丹の振袖でも良さそうなものですが‥
花が2、3種類入ってオールシーズン使えるようになっているのは和布の定番。
この布地は、花も数が多く、果物やいろいろな吉祥紋様が入っていて~
それをできるだけ前面に見せてみたものなので。
「後ろ側は雰囲気違うわね」
Dsc_0278
と、舞未ちゃん。
そうなんです~後ろ姿には、牡丹も、大きな花もないんですよ。
「で、誰が着るの?」
Dsc_0288
「はぁいぃ~♪」
「わっ」
「着ました!」
Dsc_0290
「毬花ちゃん!」
「あら、可愛い~」
momokoの「はつゆきふわり」さん。こと、うちの毬花ちゃんです。
前髪下ろしてる子がいいかな~と。
この振袖、これだけはだいぶ前に裁ったもので、細身なんです。
ジェイドール用のつもりだったかも?
スレンダーなmomokoさんにはこのほうが合うかもしれない?
色も柄も多いので~
Dsc_0291
まずは白い帯かな‥
髪が多いから、少しまとめましょう。
Dsc_0296
明るいピンクと白の絞りの愛らしい帯揚げと、
黄緑色の太い若々しい帯締めで。
いかがでしょう?
あ、濃い色の帯でも良さそうだな~

2019年2月17日 (日)

「ホワイトラビット」

伊坂幸太郎「ホワイトラビット」新潮社

人知れず起きた立てこもり事件を軽やかに面白おかしく。
伊坂ワールド全開です。
黒澤が出てくるのが嬉しいですね。

誘拐をビジネスとして、無理がない程度に行っている犯罪組織のメンバー、兎田。
若い起業家によるベンチャー企業のようなものだという。
ところが、経理の折尾が資金を持ち逃げ、若い兎田は最愛の妻・綿子ちゃんを誘拐されてしまいます。
めぐりめぐって不本意ながら、立てこもり事件に発展‥?
たまたま空き巣に入った泥棒や、いろいろな人物が絡み、え~っと誰が誰なんだっけ‥
一つ一つ、楽しみましょう。

オリオン座について蘊蓄を傾けるのが大好きというモチーフや、「レ・ミゼラブル」の小説を読み切った人物がいて、作者が「レ・ミゼラブル」風に介入してきたりと、一癖あるスパイス付き。

「レ・ミゼラブル」は19世紀の長い小説で、貧しさや制度の重圧などに苦しむ人々を描いた文豪ユーゴーの重厚な作品だけれど、娯楽の少なかった当時の人気連載でもあります。ミュージカルや映画になっているように、ドラマチックで面白いんですよ。
私はたまたま岩波文庫全巻読みました! そういう人、どれぐらいいるんでしょうかね(笑)
軽妙なこの作品とはある意味では正反対ですが、面白いという点では通じるものが?
文化が爛熟した上での軽みとでもいいましょうか。時代は変わりましたね~☆

2019年2月16日 (土)

ベージュに赤牡丹の振袖・帯と帯揚げ

振り袖を着ているのは~momokoの「ディープヴァイオレット」さん、

うちでの名前は紫苑ちゃんです。
Dsc_00011
ベージュの地に赤い牡丹や藤色の菊、吉祥柄を取り合わせた華やかな振袖。
右の袂は表が地味めで、裏はこんなふうに派手目。
帯の後ろ姿~
Dsc_00012
藤色に多色づかいの柄が入った 金襴を使ってます。
サーモンピンクと白と金が入ったふくら雀。
Dsc_00013
「もお~ずっとこのままなんだけど!」
「‥え~そうなの?」
のんきな舞未ちゃん。
「帯揚げでも変えようっと」
Dsc_00015
黄色と白のぼかしの帯揚げで元気よく。
Dsc_00014
顔色の良さも生きるかも。
ちょっと髪をまとめて~
Dsc_00016
古風な雰囲気に。
絞りの帯揚げは骨董市で買った素材で作りました。
Dsc_00017
お嬢様っぽい?

2019年2月13日 (水)

ビーフシチューとチョコレート

これ、食べたことある方、いらっしゃるかな。

Dsc_9953
神戸屋のイートインの、牛ほほ肉のシチューセットです。
Dsc_9954
濃厚なシチューに~
Dsc_9955
パンは食べ放題!
‥もっと取ればよかった?
Dsc_9956
サラダも嬉しいですね。
歩き回って急に疲れが出たので、がっつり食べましたよ。
なんで歩き回っていたかというと、いつも寄るコーナーの他に‥
Dsc_9984
楽しみな特設売場がありますから、この時期。
Dsc_9987
というわけで~
今年の自分チョコはこちら
Dsc_9993

2019年2月10日 (日)

「特捜部Q─自撮りする女たち─」

ユッシ・エーズラ・オールスン「特捜部Q─自撮りする女たち─」ハヤカワ・ポケット・ミステリ

「特捜部Q」もシリーズ7作目。
デンマークの大人気ミステリです。
地下の特捜部に追いやられているカール・マーク警部。
部下はほぼ警官ですらないメンバーで回しているが、事件の解決率はかなりのもの。
今回は秘書のローセに焦点が当てられています。

福祉国家として知られる北欧のデンマーク。
福祉事務所には給付を望む市民が詰めかけ、中には働く意志がなくなんとか言い訳してお金だけは貰おうという根性の人間も。
相手をする係員もストレスを抱えているのでした。
そんな状況で出会った気まぐれな若い娘たちが意気投合、思わぬことから犯罪に‥?
背景には、歴史を背負って破綻した家族たちの重いものも含まれるのですが。
おしゃれだけはする若いコたちの身勝手な言い草が情けないやら哀しいやら。
さらに、真面目な官吏のはずの担当者の切れっぷりのほうがすごくて、笑えてくるほど、ぶっ飛ばします。

ローセは有能だけど変わり者。というのはわかっていましたが、これほど壊れてしまうとは‥
鬼気迫る描写の後に、過去のつらい状況が明らかに。
現在の事件とも運悪く絡み合い‥
救いようがないと思われたいきさつがあっても、時とともにじわりと事態は動きます。
ローセを救おうと懸命に突き進むカール、アサド、ゴードンたち。
ラストに光が差し、泣かされます。

2019年2月 9日 (土)

ベージュに赤牡丹の振袖を着るヴァイオレットmomoko

これは何でしょう?
Dsc_9959
縫い上げた着物の後ろ側です。

Dsc_9960
「私のと色違いなのね」
と「砂の雫」さんこと、うちの舞未ちゃん。
「誰が着るのかしら」

Dsc_9961
「はいいぃ~私よ!」
「うわっ!?」
Dsc_9963
「ほら着れた~」
「ちゃんと着れたわね。紫苑ちゃんたら驚かせないでよ~もお」
「えへへ」
Dsc_9962
地色がベージュなので、やや大人しい印象になりますね。
柄は同じように華やかですが、これも色違いになっているので、
どこを持ってくるかで印象が変わってきます。
これは赤い牡丹と藤色の菊を中心に、女の子らしい感じにまとめてみました。
「帯は何がいいかしら」
Dsc_9966
藤色にサーモンピンクの入った帯で、優しい雰囲気に。
ベージュの地色だとほぼ何でも合いますね。
Dsc_9967
帯揚げは‥やや控えめに薄いオレンジ一色で。
帯締めは赤と緑のグラデで。
これ超便利なのでよく使うんですよ‥違うのにもしてみたいんですけど。
まとりあえず。
赤はどっかに入れたいんですよね。
にあってるかな。

2019年2月 6日 (水)

海鮮恵方巻きと最中

立春、あったかかったですねえ~![晴れ]
大雪がないのは助かるけど、ぜんぜん降らないのもちょっと心配?

さて、これは何でしょう~?
Dsc_9943

結局買った恵方巻きです。
つくづく眺めて、まあまあ美味しそうだったので。[かわいい]
Dsc_9945

大量廃棄処分が話題になっているから、ちょっともったいないような気がしちゃってね。
まあそろそろ、どれぐらいまで売れるのか、ちゃんと目安をつけなくっちゃ、でしょうね。
山盛りになってないと売れない、みたいな購買者の心理もあるらしいけどねえ‥
あ、私が買ったスーパーでは、お店の人があまり余らなくて済みそう、って喋ってました[わーい(嬉しい顔)]

七種の海鮮恵方巻き。
Dsc_9946
海鮮巻って好きなんですよ。
丸かぶりにする習慣はないので、恵方巻きだけど~普通に切って食べる[ふらふら]
大根がメインのお味噌汁を添えて。
Dsc_9947
大根と人参とタケノコとしめじと豆腐だったかな‥
おひたし用に前に煮ておいたほうれん草を上に乗っけて。
具だくさんで、味噌は隠し味程度の薄味。
マグロにはしっかりお醤油つけたいから、おひたしにせず、味噌汁も薄味にしとくのです[ひらめき]
美味しくいただきました~[揺れるハート]

そして、これは‥
Dsc_9948
年末に頂いたお菓子のセットのひとつ、
賞味期限がちょうど今頃までだったんで、とってありました。
Dsc_9950
中が2段になっていて~
Dsc_9951
長持ちするように、
食べるときに挟むので~さくっとした食感を味わえるように、作られています。[るんるん]
満足、満足[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

今日はお人形の振袖を縫っていたんですが~
着せるところまで行きませんでした‥
次こそは

2019年2月 3日 (日)

「猫とアリス」

芦原すなお「猫とアリス」創元推理文庫

女探偵・笹野里子ものとしてはシリーズ2作目のよう。
図書館で背表紙を見て手に取りました。
中身は、「青蛇」と呼ばれる孤独な殺し屋の話といったほうがいい‥
タイトルが「青蛇」だったら読者が減る?(笑)

笹野里子は夫が遺した探偵事務所を継いで、淡々と仕事をしている40歳ぐらいの女性。
やる気もなさそうな冷静さだけど、ある刑事に惚れられているのをてきとうに逸しながら情報を引き出したり、実はけっこう有能で、勇敢さもある。
元教え子の調査を教師に依頼されてから、ある殺し屋の姿が行く先々でちらつくようになるのです。

里子が訓練を受けているジムのオーナーがかって教えていた青年。
何かを抱えた激しさのある彼に、スポーツとして格闘技のプロになってほしいとオーナーは願っていたのだが‥

猫を探してほしいという女の子の可愛い依頼に動き出すと、関係者の勤め先で、思わぬ関わりが出来ていき‥
猫は賢くて猫らしい猫です。
しゃれた会話とヒロインのさっぱりした性格で、すいすい読めます。
ある目的のために技を磨いた美しい殺し屋の思いと過去は痛ましいけれど、鮮烈な印象でまとまり、シャープでカッコいい。
これはなかなか、めっけもの~読後感は悪くなかったです。
さかのぼって前の作品も読みましたよ。

2019年2月 2日 (土)

美味しいおすそ分け

これは何でしょう?
Dsc_97019
ご近所の方から頂いた~
Dsc_970110
カップの中はお手製の蕪の浅漬け。
コーヒー味のマシュマロと、豆の入ったお煎餅。
美味しかったです[かわいい]

そして、これは?

Dsc_97006
別な方から頂いた~
手作りのシフォンケーキです☆
アイスクリームが合うんじゃないかと[ひらめき]
Dsc_97013
ふっふっふ[揺れるハート]

すごく可愛いスプーンでしょ。
私の趣味で買ったんじゃないんですよ~。
年末に片付けていたら、戸棚の奥にあったんです。
どなたのかわかりませんが~引き出物でしょうね。
華やかなセットでしたが~
一部変色していたので、リサイクルも出来ないし、
普段遣いにしてます。[るんるん]
あ、もうすぐ節分だ!どうしよう~?
豆はちょっと買ってあるけどね。

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ