フォト

おすすめ本

« 蒲鉾、かぶら寿司、和菓子などいただきもの | トップページ | 作った帯、作りかけのお人形着物 »

2019年1月13日 (日)

「バッキンガム宮殿のVIP」

スーザン・イーリア・マクニール「バッキンガム宮殿のVIP」創元推理文庫

マギー・ホープのシリーズ第6作。
ロンドンに戻ったマギーが、連続殺人事件の捜査で活躍します。

アメリカ育ちの英国人、マギー・ホープ。
戦時下のロンドンでスパイの訓練を受け、数々の試練をこなしてきました。
特別作戦執行部(SOE)で働いていたところ、採用した女性が不審な死を遂げ、マギーはMI-5の依頼で捜査に加わることに。

スコットランドヤードの警部ダージンは、これまでマギーが付き合ってきたエリートの若者とは違う人種。
若いマギーを見ても最初は世間知らずの女の子ぐらいにしか思わず、他のお偉いさんときたらさらにサイテー(笑)
男性が戦地に駆り出されたために女性の社会進出が進む一方で、まだ格差はあからさまという。
優秀で生きのいいマギーは鼻をあかせるか?(笑)

戦況も暗い時期のうえ、女性の連続殺人はまるで切り裂きジャックを真似たよう。
異父妹がドイツにいるマギーには、そちらも心配。
妹はナチスの圧力をなんとか、かわしながら、生きているのですが‥

事件の中心へ切り込むマギー。
いつもVIPの傍にいる立場なのは、作者は歴史的な危機をありありと体験するかのように描きたいのでしょう。
超人的という設定ではありませんが、かなり優秀でないと大事件に関われませんよね。
不安要素だらけの苦境を生き抜くことになるだろう勇気の物語ですね。

« 蒲鉾、かぶら寿司、和菓子などいただきもの | トップページ | 作った帯、作りかけのお人形着物 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2532369/74543050

この記事へのトラックバック一覧です: 「バッキンガム宮殿のVIP」:

« 蒲鉾、かぶら寿司、和菓子などいただきもの | トップページ | 作った帯、作りかけのお人形着物 »

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ