フォト

おすすめ本

« アカモクねばとろ雑炊で晩ご飯 | トップページ | ピンクの新作振袖を着る砂の雫momoko »

2019年1月20日 (日)

「三鬼」

宮部みゆき「三鬼 三島屋変調百物語四之続」日本経済新聞出版社

三島屋変調百物語の4冊目。
中編が4本入った充実した内容です。

神田の人気ある袋物屋「三島屋」では、変わり百物語も評判となっていました。
不思議な経験を語りたい人を一度に一人ずつ迎え、姪のおちかが一人で話を聞き、おちかが叔父に一通り話した後は、「話して話し捨て、聞いて聞き捨て」というお約束。

第一話 迷いの旅籠
名主と共に村から出てきた百姓の女の子が語ったのは、幽霊を見た話。
先祖を迎える行灯祭りが禁じられてしまったため、村外れの空き家を行灯に見立てて飾る行事が行われました。
ところがそこへ、亡くなった人が姿を見せてしかも留まり‥?

第二話 食客ひだる神
箱根の七湯巡りをした夫婦に、ひだる神が取り憑いた?
商売は繁盛するが‥
気のいい夫婦はついに?
微笑ましい成り行き。

第三話 三鬼
お武家のしかもとある藩の江戸家老という大人の男性の訪問。
若い頃に左遷されて北部の寒村へ赴任した。
閑職のようだが、逃散もあったり獣害の危険もある土地で、腕が立つ侍がいる必要があったのだ‥
貧しい郷の悲惨な現実を思わせます。

第四話 おくらさま
島田髷を結い、娘のような振り袖を着た老女が登場。
生家では「おくらさま」に毎日捧げ物をしていたと。
だがそのために、犠牲になり‥?
姿の消えた老女が何者だったか、探し始めるおちか達。

おちかの身の上にも変化が起きるかもしれない、という思わぬ出会いがあります。
素直な若い娘には辛すぎる過去を抱えたおちか。
作品も中編にしておくにはもったいないような重みがありますが、これぐらい世間の広さ深さを感じることでやっと、おちかも少しは気持ちを立て直せるのでしょうか。
幸せを祈ります。

« アカモクねばとろ雑炊で晩ご飯 | トップページ | ピンクの新作振袖を着る砂の雫momoko »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「三鬼」:

« アカモクねばとろ雑炊で晩ご飯 | トップページ | ピンクの新作振袖を着る砂の雫momoko »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ