フォト

おすすめ本

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月31日 (木)

「道化と王」

ローズ・トレメイン「道化と王 ヨーロッパ歴史ノベル・コレクション」柏書房

17世紀イングランド、王政復古の時代。
宮廷に上がった医師の波乱の人生。

1660年代、英国ではクロムウェルの清教徒革命が終わり、処刑された前王の息子が復帰して、チャールズ2世となります。
清貧に飽きた人々は優雅で豪奢な生活を求め、宮廷は爛熟していきます。
ロバート・メリヴェルは、王の犬を治療したところから宮廷のお抱えとなり、王に気に入られて、道化のようになります。
かっての志はどこへやら、生真面目な学友ピアスには嘆かれますが。
王様に魅了されているメリヴェルは、王に愛されていると思っていました。

王の愛人シリアと結婚するよう命じられ、立派な屋敷を与えられることに。
それは王の数多い愛人の嫉妬の目をくらますためで、メリヴェルは名ばかりの妻になったシリアには疎まれ、宮廷からも引き離されてしまう結果に。
しかも、シリアを愛してしまったメリヴェルは王に追放されてしまいます。

一転して貧しい暮らしに‥
友人ピアスの勤める精神病院に転がり込み、治療を手伝うことになります。
そこで、純真な患者の女性に無垢な真心を向けられ、あらたな愛を知ることになります。
おりしもペストが流行し、ロンドンでは大火という、激動の時代。
愛嬌だけのような駄目男メリヴェルも実は~衝動的なだけあって行動的ではあるのです。
医術の覚えはあり、ついに‥?

歴史ミステリでもない歴史物を久しぶりに読んでみようと。
途中で、映画化された作品をずっと前に映画館で見たことに気づきました。
「恋の闇 愛の光」という‥
豪華な衣装は楽しめたし、小説でもそういった描写は詳しいです。
主演はロバート・ダウニーJrだったので、醜男という原作には合ってないけど(笑)
珍しい時代への興味深さと、重厚な描写で読み応えがありました。
お仕着せのお屋敷の召使いが後々までメリヴェルを待っていてくれたのが泣かせます。

2019年1月30日 (水)

濃いピンクの振袖を着る砂の雫momoko・帯替え

濃いピンクの新作振り袖を着ているmomokoさん、
「砂の雫」さんこと、うちでの名前は舞未(マイミ)ちゃんです☆

後ろ姿~
Dsc_98765
帯はこういう、「ふくら雀」でした。[かわいい]
Dsc_9914

これが似合ってるけど~
試しに帯を取り替えてみましょう。
Dsc_9922
アメリさんがしていた帯です。

水色の帯締めなんかどうかな~[るんるん]
Dsc_9920
目が青いし、
こっちの振袖は水色がやや目立つから。

着付けがゆるゆるだったので、最初からやり直しました。
Dsc_9926
アップも[揺れるハート]
Dsc_9928

どうも帯の前が盛り上がりがちなのよね。
帯締め太すぎかしら~
Dsc_9933
帯揚げは結ばず、一捻りして。
帯締めは振袖には地味めだけど~
ぐっと細いのにしてみました。
Dsc_9936
こんな感じ?
意外といいかも~
奥が深い![かわいい][ぴかぴか(新しい)]

2019年1月27日 (日)

「菜の花食堂のささやかな事件簿 きゅうりには絶好の日」

碧野圭「菜の花食堂のささやかな事件簿 きゅうりには絶好の日」だいわ文庫

「菜の花食堂のささやかな事件簿」シリーズ2冊め。
食堂のオーナーさんが日常に潜む謎を鮮やかにときます。

「菜の花食堂」は東京郊外の住宅街にある小さなお店。
地元の野菜をたっぷり使ったランチが評判です。
オーナーの靖子先生は、定休日に月2回、お料理教室も開いています。
ひょんなことから助手となった優希は、毎回楽しみに通っていました。
若い優希は主人公というより語り手ですね。

いつも駐車場に停まっている赤い自転車の謎。
近所で催された野外マルシェに出店したところ、ご飯も抜きのカレーだけが売れ始めた理由は?
ウドの料理法を教えてほしいと頼まれて考えたレシピが他で発表されて‥?
犯罪事件というほどじゃないかもしれないけれど、たしかにこれはちょっと問題よね!というケースばかり。

野菜の基本的な扱いからちょっと変わった味付けまで、毎日の食事にすぐ作れるメニューを教えてくれる靖子先生。
おだやかで優しく、知恵の宝庫みたい。
優希が慕うのもわかります。
1冊目では弱々しかった優希も、揺れながら少しずつ成長してくのでしょう。

靖子先生の内心は語られませんが~
最後のエピソードでは、靖子先生自身の問題がちょっと出てくるのが、お約束?
教室にも変化があるかもしれませんね。
続きも楽しみです☆

2019年1月26日 (土)

色とりどりブランチごはんと、カスタードプリン

これは~
Dsc_9494
ある日のブランチです。
ふだんは軽くても3食、食べますが~
このときは、朝が遅くなりすぎたので、朝昼一緒のボリュームあるブランチに☆

奥にあるのは、電子レンジにかけた紅玉です。

ずべて前日から用意してあったものです。
でないと、起き抜けには作れません~[ふらふら]
Dsc_9495
ご飯の上に、卵焼きと、フジッコのひじきを載せて。

Dsc_9496
こちらは、味噌汁の残りの上に~
しゃぶしゃぶ風に火を通しておいた豚のうす切れと、かるく煮ておいた小松菜と載せて[るんるん]
栄養満点でしょ?

こちらはすぐ食べたデザートではなく、別なおやつです。
え~と‥ローソンだったかな?
「焦がしはちみつカラメルのカスタードプリン」ですね。
Dsc_9517
左手前に小さく写っているのは、
たまたま片付けていたら出てきた先代の猫くうちゃん[猫]の写真です。

コンビニにあまり行かないので詳しくないんですが~
これ、美味しかったですよ。
Dsc_9520
とろ~り感が半端ない[わーい(嬉しい顔)][ぴかぴか(新しい)]

2019年1月24日 (木)

「オーロラの向こう側」

オーサ・ラーソン「オーロラの向こう側」ハヤカワ・ミステリ文庫

スウェーデンのミステリ、女性作家による女性弁護士ものです。
2003年にこの作品でデビューし、スウェーデン推理作家アカデミーの最優秀新人賞を受賞。

レベッカ・マーティンソンは首都で働く若い弁護士。
大きな事務所に入れたはいいがまだ弁護士になりたてでこき使われ、上司とうまくいっていないのが悩み。
そんなところへ、故郷の教会での事件の報が。
被害者の姉サンナから、助けを求める電話が入る‥

嫌な思いをして故郷を離れたレベッカでしたが、かっての親友を見捨てられず、7年ぶりに北の町キールナへ。
オーロラが珍しくないという北極圏にある寒村。
サンナの弟は、交通事故で一度死んで生き返った経験で天国へ行ったと評判となり、キールナで信仰を盛り上げた存在でした。
レベッカもよく知る人達との、複雑な再会。
やがて、専門知識を生かして真相に迫るが、レベッカの身にも危険が‥?

キールナの警察に勤める警官たち、とくに身重のアンナ=マリア・メラ警部の存在が光ります。次作以降も登場するようですね。
美しい旧友サンナはなかなか厄介な性格のようで‥
嫌な奴てんこ盛り!
レベッカの祖母の家の隣に住む老人シヴィングが優しくて、ほっとします。

厳しい上司のモーンスは意外とレベッカをじつは気に入っているんだけど、それが表せないらしい‥有能な弁護士のくせに口下手?
信頼関係が生まれるのかそれ以上になるのかは、まだ未知数。

レベッカの性格は当初はまじめでちょっと人がいいのかという感じだけど、苦難に耐え抜いていく強さがあるようです。
続いて発表された作品では、レベルの高いスウェーデンミステリ界で最優秀賞を受賞しているので、楽しみです☆

2019年1月23日 (水)

ピンクの新作振袖を着る砂の雫momoko

縫いかけだった2枚めの振袖も無事に仕上がりました☆

Dsc_98751
並べると~
Dsc_98752
向かって左側がアメリさんが着ていたもの。
右側が新しい方です。[グッド(上向き矢印)]
すごく長く感じられると思いますが、ドールが細身なのと~
おはしょりをしていないせいです。
真ん中へんは折り畳まれるんですよ。

さて、誰に着てもらうか?
momokoさんにも着せたいけど、華奢だからどうかな?
だいぶ悩みましたが~[あせあせ(飛び散る汗)]
Dsc_98753
「砂の雫」さんに!
うちでの名前は舞未(マイミ)ちゃんです。[かわいい]

帯は初縫い2枚めの白と金のふくら雀に。
Dsc_98756
ふくら雀用にしてはシンプルな生地ですが~
礼装の色ですし、着物が濃い目なので~似合うかな、と。

帯揚げもあまり主張しないほうがいいかな‥
Dsc_98759
若草色の部分絞りで、優しげに。[揺れるハート]

舞未ちゃん、華奢だけど~
Dsc_98767
髪のボリュームが多いので、インパクトは大?[るんるん]

帯締めは藤色とピンクのグラデのにしてみましたよ。
Dsc_98761
いかが?[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

‥なんか着付けが異常に安定しないんですけど‥
とりあえず最後まで着付けてみました

2019年1月20日 (日)

「三鬼」

宮部みゆき「三鬼 三島屋変調百物語四之続」日本経済新聞出版社

三島屋変調百物語の4冊目。
中編が4本入った充実した内容です。

神田の人気ある袋物屋「三島屋」では、変わり百物語も評判となっていました。
不思議な経験を語りたい人を一度に一人ずつ迎え、姪のおちかが一人で話を聞き、おちかが叔父に一通り話した後は、「話して話し捨て、聞いて聞き捨て」というお約束。

第一話 迷いの旅籠
名主と共に村から出てきた百姓の女の子が語ったのは、幽霊を見た話。
先祖を迎える行灯祭りが禁じられてしまったため、村外れの空き家を行灯に見立てて飾る行事が行われました。
ところがそこへ、亡くなった人が姿を見せてしかも留まり‥?

第二話 食客ひだる神
箱根の七湯巡りをした夫婦に、ひだる神が取り憑いた?
商売は繁盛するが‥
気のいい夫婦はついに?
微笑ましい成り行き。

第三話 三鬼
お武家のしかもとある藩の江戸家老という大人の男性の訪問。
若い頃に左遷されて北部の寒村へ赴任した。
閑職のようだが、逃散もあったり獣害の危険もある土地で、腕が立つ侍がいる必要があったのだ‥
貧しい郷の悲惨な現実を思わせます。

第四話 おくらさま
島田髷を結い、娘のような振り袖を着た老女が登場。
生家では「おくらさま」に毎日捧げ物をしていたと。
だがそのために、犠牲になり‥?
姿の消えた老女が何者だったか、探し始めるおちか達。

おちかの身の上にも変化が起きるかもしれない、という思わぬ出会いがあります。
素直な若い娘には辛すぎる過去を抱えたおちか。
作品も中編にしておくにはもったいないような重みがありますが、これぐらい世間の広さ深さを感じることでやっと、おちかも少しは気持ちを立て直せるのでしょうか。
幸せを祈ります。

2019年1月19日 (土)

アカモクねばとろ雑炊で晩ご飯

これは~
Dsc_9853

このメニュー、ご存知ですか?
初めて食べました。
Dsc_9857
え~と‥
「アカモクと五穀ご飯のねばとろ雑炊」ちょっと久しぶりの大戸屋さんです。

晩ご飯時になっても、お腹が張って~まだあまり食欲がなかったんですよ‥
そう言ったら、大戸屋さんなら軽いものも選べるんじゃない?ってことで。[ひらめき]
正月疲れでしょうかね。

Dsc_9852
↑まだこういうのもありましたが~
そこまで具合悪くないかも?
これでは夜中にお腹が空くぞーって‥[わーい(嬉しい顔)]
Dsc_9858
お腹があったまるので、
ゆっくり食べているうちに落ち着いてきました!
ちょうどよかったです[揺れるハート]

ちなみに、兄のはこちら~メニューだけですが。
Dsc_9855
季節メニューかな?

兄嫁のはこちら~メニューは撮ってないですが。
Dsc_9856
サバの梅酢煮とかそんなようなもの。
この次食べてみようかな?[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

2019年1月16日 (水)

作った帯、作りかけのお人形着物

これは何でしょう?
Dsc_9860

アメリさんがつけていた帯です。

今年の初縫い~藤色地の「文庫結び」。[かわいい]

ではこれは?
Dsc_9861
次に作った帯~
白地に金の紗綾形という織りの帯。
「ふくら雀」という結び方です。
もう作り方忘れちゃってましたが、久々に作れました。[グッド(上向き矢印)]

もう一つ~
Dsc_9862
藤色地の違う部分で作った帯。
ピンクのところを使ったので~「ふくら雀」にしました。[るんるん]
帯はどれも作り帯で、一巻きしてスナップ留めするようになっています。

さてこれは?
Dsc_9863
アメリさんに着物を脱いでもらいました。
じつは、細かいところが仕上がってなかったんで‥[あせあせ(飛び散る汗)]

そしてこれは?
Dsc_9864
長方形の布2枚ずつの端を縫ってあります。
Dsc_9865
このように折り返して~
Dsc_9866
振袖の袂にはさみ、軽く留めます。
襦袢の代わり~見せ襦袢です。
実際に襦袢を着せるとかなりもこもこしちゃうので、
大抵はこんなふうに簡略化するんですよ。[いい気分(温泉)]

そしてこれは?
Dsc_9868
縫いかけの振袖です。
同じ布の違うところを使ってます。
前に一緒に裁ったんですが‥随分前に[眠い(睡眠)]
着せるところまで行かなかった‥[ふらふら]
さあ、誰にどう着せようかな?[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

2019年1月13日 (日)

「バッキンガム宮殿のVIP」

スーザン・イーリア・マクニール「バッキンガム宮殿のVIP」創元推理文庫

マギー・ホープのシリーズ第6作。
ロンドンに戻ったマギーが、連続殺人事件の捜査で活躍します。

アメリカ育ちの英国人、マギー・ホープ。
戦時下のロンドンでスパイの訓練を受け、数々の試練をこなしてきました。
特別作戦執行部(SOE)で働いていたところ、採用した女性が不審な死を遂げ、マギーはMI-5の依頼で捜査に加わることに。

スコットランドヤードの警部ダージンは、これまでマギーが付き合ってきたエリートの若者とは違う人種。
若いマギーを見ても最初は世間知らずの女の子ぐらいにしか思わず、他のお偉いさんときたらさらにサイテー(笑)
男性が戦地に駆り出されたために女性の社会進出が進む一方で、まだ格差はあからさまという。
優秀で生きのいいマギーは鼻をあかせるか?(笑)

戦況も暗い時期のうえ、女性の連続殺人はまるで切り裂きジャックを真似たよう。
異父妹がドイツにいるマギーには、そちらも心配。
妹はナチスの圧力をなんとか、かわしながら、生きているのですが‥

事件の中心へ切り込むマギー。
いつもVIPの傍にいる立場なのは、作者は歴史的な危機をありありと体験するかのように描きたいのでしょう。
超人的という設定ではありませんが、かなり優秀でないと大事件に関われませんよね。
不安要素だらけの苦境を生き抜くことになるだろう勇気の物語ですね。

2019年1月11日 (金)

蒲鉾、かぶら寿司、和菓子などいただきもの

これは?
Dsc_9546
見ればわかりますね~
仙台の従姉が送ってくれました、蒲鉾です。
笹かまぼこはもちろん、いろんなのがあって~
美味しいんですよ!

そしてこれは↓何でしょう?
Dsc_97007
知る人ぞ知る~
Dsc_97008
かぶら寿司☆
中にブリが挟まっていて、麹の自然な甘みの効いた大きな蕪が美味しいんですよ。
あ、食べる前に写真撮るの忘れた‥[あせあせ(飛び散る汗)]

3段になっているオシャレな箱入り。
賞味期限がいろいろで、長く楽しめます~[るんるん]
上の段のかぶら寿司が一番早いので昨年中に。

Dsc_97009
2段めは金沢の「森八」の和菓子~[揺れるハート]

↓しおりは森八の
Dsc_9846
こちらは3段目、「ぶどうの木」のお菓子。
金箔も入ってます~

Dsc_97011
まだ手を付けていないのも‥
楽しみ、楽しみ[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

2019年1月10日 (木)

「昨日のまこと、今日のうそ」

宇江佐真理「昨日のまこと、今日のうそ 髪結い伊三次捕物余話」文春文庫

人気シリーズも終盤です。
惜しくて、大事に少しずつ読んできましたが‥

廻り髪結いの伊三次は、同心の不破親子の手伝いもしています。
江戸市中で起きるいくつかの事件の探索と交えながら、身近な人間模様を描いていきます。

不破の娘・茜は、松前藩の奥女中。剣の腕を見込まれての警護役ですが、若君に気に入られていました。
側室にと望まれて、最初はとんでもないと思った茜ですが‥
お世継ぎ争いに巻き込まれそうになります。

伊三次の弟子の九兵衛は、大きな魚屋の娘と縁組が決まっていたのですが、身分違いがどうしても気になっていました。祝言を前に、一旦はやめようと決めたのですが‥?
そっと見守る伊三次には、すべてお見通し(笑)

伊三次の息子の伊与太は、若い師匠のもとで絵の修行中。
才能のある新弟子が入ってきて悩んでいるときに、思わぬ批判を受けて落ち込みます。
葛飾北斎と娘のお栄がさりげなく慰めてくれるのは、伊与太のほうにも才能や人柄がいいところがあるのを認めてもらえたのかな、なんて。
ちょっと嬉しくなりますね。

不破龍之進ときいの間には(前作の終わりに)子供が生まれました。
妹の茜が突然里帰りするというので、大慌てで御一行を迎える準備をする不破一家。
さっさか一人で歩いてきた茜に、驚くやらほっとするやら。
悲しい思いをした茜も落ち着いてきた様子。詳しいことを知らぬままの家族も、何かを察していたのでした。

これまでの長い物語、一人一人の挫折や迷い、紆余曲折があってのこと。
ほのかに心が通い合う様子に、こちらも胸に染み入る思いがしました。

2019年1月 9日 (水)

初縫いの藤色の帯を合わせるアメリ

お正月に、新作のピンクの振り袖を着ているアメリさん。
帯はこうでした~
Dsc_98162
紫の金襴の、二枚羽文庫。
紫はなんにでも合わせやすく、和風な雰囲気も出るので、使い勝手のいい帯です。[かわいい]

布地が厚くて、形にはなりにくかったですが‥

初縫いの帯が仕上がりましたので~
Dsc_98172
さっそく[るんるん]
Dsc_98166
藤色の地にいろいろな色の模様が入った布地を使いました。
どこをどう使うかがお楽しみ[ひらめき]
Dsc_98173
これは、赤と白と金が入っている部分を持ってきているので、お正月っぽいかな、と。

帯揚げは~
Dsc_98178
多色使いの振袖に、柔らかい色の帯だから、何色でも合いそうですが、
お正月らしく、晴れやかに白地で。

帯締めは‥
Dsc_98181
赤と金[exclamation]
これがぴったり?
このままでもモダンですが~帯留めがほしいところ‥
Dsc_98186
小さなパールの腕輪を絡ませてみましたよ。
いぜん作った自作です。
なんとか、決まった?[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

2019年1月 6日 (日)

お正月にピンクの振袖披露するアメリ

さあ、お待ちかね~ (え、誰も待ってない?)
お正月恒例のお着物姿~
Dsc_96951
「あけましておめでとうございます!」
今年は、アメリさんの振袖披露です☆

濃いめのピンク‥
わかりやすくローズピンクでもいいけど、もう少し重め~
牡丹色、って感じでしょうか。
Dsc_96959
作りかけの振袖の中から、去年とは違う雰囲気のを選んで仕上げました。
(去年のは、いぜん作った薄緑色のでバービーのスカーレットさん着用)

お花は菊や赤、白、青?の牡丹、大きな柄は鼓とおめでたい文様。
Dsc_96957
反対色のブルー系も入っているところがややモダンで、アメリさん向きかと。

こってりしたまつ毛とメークがキュートで個性的な、いいモデルさんです。
Dsc_96961
帯も新作、紫地に赤紫~ピンク、白、金の柄。
帯揚げは浅葱色の絞り、帯締めは赤と緑のぼかしです。
Dsc_96966
アメリさんならではの手つきや雰囲気を活かしたいんですよね~。

お正月なので~できるだけ、きちんとしてみましょう。[ひらめき]
Dsc_96978
「今年もよろしくお願いいたします」
よく出来ました?[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

2019年1月 5日 (土)

「古書奇譚」

チャーリー・ラヴェット「古書奇譚」集英社文庫

古書商が手にとった本には、あのシェイクスピア本人の書き込みが‥?
妻をなくした気弱な男が、古書を巡る冒険に巻き込まれます。渋いタイトルの割に、のりは軽くて読みやすいですよ。

ピーター・バイアリーは古書商。
最愛の妻アマンダをなくして9ヶ月、二人で住むはずだった片田舎の家に引きこもりがち。
鑑定を頼まれて、近所の屋敷に出向きます。気難しい住人の所蔵していた本には‥

最近のことだけでなく~
学生時代のアマンダとの出会いから12年に渡る愛のなりゆきも、少しずつ描かれます。
大人しい文系男子の夢?
図書館に通ってくる美女に声をかけてもらい、スムーズに上手く行っちゃう、しかも相手はお金持ちって(笑)
不思議な縁には、ややファンタジックな要素もあります。
こういうのが好きかどうか?で評価は分かれるかも。

シェイクスピアの時代の出来事と、問題の本が手から手へと渡っていく年月もありありと書かれていて、この部分が面白い。
ピーターが手にとったのは、本当に本物なのか?
それにもう一つの謎、アマンダそっくりの顔をした美女の古い肖像画の謎も。
交互に描かれつつ話が絡み合うのは、だいたいは上手く行っているのですが、傑作になるにはもう一歩かなぁ‥おもに構成が。あと少し、という気がするんですが。
とはいえ、十分、楽しめました!☆

2019年1月 3日 (木)

元旦の鍋

皆さま、お正月は何を食べましたか?
お餅? おせち料理?

うちもちょっとは食べました~
Dsc_9801
小さなおせちセットを買っておいたので♪

夜はお鍋がメイン~

Dsc_9794
というのが近年、恒例になっています。
Dsc_9798
出汁から何から兄夫婦が持ってきて、ほぼ兄が作ってくれます。
うちは白菜と鍋、コンロ提供。
あと、お茶とお菓子もね[かわいい]
お野菜をガス台で少し煮てから食卓の上へ~
Dsc_9796
お肉と
Dsc_9797
今年は蟹も[揺れるハート]

兄嫁も料理できるし、父もできたし~
食いしんぼ一家?
うちは家族全員料理できましたが、兄が一番上手!
楽しんで作っている気がします。[るんるん]
私は自分のためだと栄養とれればいいや~とテキトーにやってるので、
すっかり下手になっちゃいました[ふらふら]

お正月ならではの会津塗の器にとったところ。
Dsc_9802
美味しかったです[わーい(嬉しい顔)]

2019年1月 1日 (火)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
Dsc_97035
皆様にいいことがありますように。[揺れるハート]
Dsc_97032
今年もよろしくお願いいたします。[かわいい]

清新な気分でまた始めましょう。[るんるん]
2019年ですよ。
平成も最後‥今はまだ31年ですね。
今年はどうなりますやら?
面白い年になる‥かも[exclamation&question]

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ