フォト

おすすめ本

« 12月の庭 | トップページ | 「よろず占い処 陰陽屋へようこそ」 »

2018年12月15日 (土)

初代ピートのこと・2

寒いですねー!
土曜日がまたまた~寒さの底だとか[雪]
ガタブルという死語?を思い浮かべちゃいましたわ[ふらふら]

160918_233553
うちの初代の猫、ピートくんです。
その後4代目まで、みなピートという名前でした。
呼ぶときは、ピーちゃんが多かったかな。

黒キジに白で、目の周りの隈取がくっきりした精悍な顔立ち。
子猫の頃は「なめ猫」みたいでした。

これは家の前で~
160918_233915
家族で写真を撮っていたら、とことこと近づいてきたピートが
当然のように私の横に座り、のほほんと写真に収まったのです。
こちらは大笑いでした[わーい(嬉しい顔)]

手術もしなかったし、外ではケンカ三昧。
いちおうボス張ってたと思います[グッド(上向き矢印)]
たしか、猫トイレってものを置いてなかったですね‥時代が[あせあせ(飛び散る汗)]
外で寝ることも多く、家の中にも外にもダンボール箱の寝床がありました。

お嫁さん探しにしばらく放浪に出てしまうこともありました。
喧嘩して怪我をすると、家の中でじいっと飲まず食わずで寝ていて、それで治るとすぐにまた出かけていくのです。
そういう意味では野生が残っていたと言うか‥
ただ、犬しか世話したことのない父が微妙に~犬みたいに扱うこともあったせいか?
父の言うことは聞く感じでした。
リビングの良い方のカーペットが敷いてある方には行かなかったんです。食べ物は我慢できなかったけどね~
焼き魚をくわえて持っていっちゃったり[ふらふら]

私はどうしたらなついてくれるか、一生懸命観察、工夫してました。
それでだんだん、撫で方がうまくなりました[るんるん]
160918_233937
これは晩年の写真。

« 12月の庭 | トップページ | 「よろず占い処 陰陽屋へようこそ」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初代ピートのこと・2:

« 12月の庭 | トップページ | 「よろず占い処 陰陽屋へようこそ」 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ