フォト

おすすめ本

« スポーティーなアズライト少年 | トップページ | 青を着るアズライト少年のポーズ »

2018年11月18日 (日)

「失踪者 上」

シャルロッテ・リンク「失踪者 上」創元推理文庫

ドイツの国民的人気作家のミステリ。
舞台はなぜかイギリスが多いようで、今回もそう。

元ジャーナリストのロザンナが復帰後初仕事として、行方不明事件を取材することになる。
それは5年前、ロザンナ自身の結婚式に招いた幼馴染のエレインが失踪したというもの。
霧でジブラルタルへ向かう飛行機が欠航となり、やむなくエレインはとある弁護士の家で休んだのだが、以来行方がわからない‥
疑われた弁護士は家庭も仕事も評判も失ったが、何の証拠もあったわけではないのだ。

エレインの行動を追うロザンナ。
弁護士を疑うエレインの兄。
一方、妹を殺されたアンジェラ一家の悲しみと、誰かから逃げているパメラの章が交互に描かれ、どう関連してくるのか?わからない!

読んで時間がたってしまったので、紹介を書くのもどうしようかと思っていましたが、いつまでも内容を覚えているので、これはそれだけインパクトがあった、ということだろうと。
ぐいぐい読ませますよ。

« スポーティーなアズライト少年 | トップページ | 青を着るアズライト少年のポーズ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「失踪者 上」:

« スポーティーなアズライト少年 | トップページ | 青を着るアズライト少年のポーズ »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ