フォト

おすすめ本

« 野菜とアジのあんかけ定食 | トップページ | フィギュアのスパイラル風ポーズのアズライト少年 »

2018年11月28日 (水)

「書店猫ハムレットのうたた寝」

アリ・ブランドン「書店猫ハムレットのうたた寝」創元推理文庫

ニューヨークの本屋が舞台。
猫と書店員が事件を解決?するシリーズ。

大きな黒猫のハムレットは賢く、書店のマスコットというより主(ぬし)。今日も気ままにうたた寝したり、ゆうゆうと街を行き来しています。
猫ごと遺産として受け継いだ書店を経営するダーラは、35歳。(初めて年齢が明記されてました。登場したときから30代後半かと思ってたけど、やや若い)
2階にカフェコーナーを作ったのも成功。
若い店員のロバートが美味しいコーヒーをいれ、なかなかハンサムなので女の子たちもよく来るように。

独立記念日の催しとして、商店街でお祭りを開催することになって大騒動。
ダーラは幹事サイドとなって、企画に力を入れていました。
コーヒーショップの気難しいオーナーが参加費を払ってくれていないので集金に行ったり。
いろいろな顔ぶれがにぎやかに登場するうち、事件が起きます。

一方、恋愛模様にも波乱が。
年下のハンサムな刑事リースとのデートは盛り上がらず、なんとなくそのままになっていたそう。
ところが‥?
こんなヒドイこと言っちゃったらリースは失地回復しようもないだろう?
と思ったけど~
次巻で終わるらしいので、ということは‥‥大逆転? 想像しちゃいますね(笑)

« 野菜とアジのあんかけ定食 | トップページ | フィギュアのスパイラル風ポーズのアズライト少年 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「書店猫ハムレットのうたた寝」:

« 野菜とアジのあんかけ定食 | トップページ | フィギュアのスパイラル風ポーズのアズライト少年 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ