フォト

おすすめ本

« ピンクのパンツスーツのシドニー | トップページ | 女社長シドニー、バインダーでお仕事? »

2018年11月11日 (日)

「ダブルファッジ・ブラウニーが震えている」

ジョアン・フルーク「ダブルファッジ・ブラウニーが震えている」ヴィレッジブックス

お菓子探偵ハンナのシリーズ。
「ブラックベリー・パイは潜んでいる」に続く作品。

アメリカの田舎町で、クッキーとカフェの店を開いているハンナ。
地元では既に、探偵としても知られています。
事件が起こる度に、家族や友達が協力し合い、ハンナの店は事情を知りたいお客さんで溢れる状態。
仲良し一座の毎年恒例のお芝居といった感じでしょうか。
美味しいお菓子のレシピとユーモア満載で、テンポ良く進みます。

ハンナの母親が再婚するため、みんなでラスベガスへ。
華やいだ雰囲気の中で、かっての男友達と再会したハンナは思わぬときめきを覚えます。
地元にはノーマンとマイクという長年のボーイフレンドが二人もいるのだが‥どちらとも結婚を決めかねていた理由とは?

一方、交通事故での訴えはあっさり取り下げられたものの、その関係で事件が起きて‥!
前作の不穏な出来事とはまた別な、新展開。
雰囲気がだいぶ変わったのは、予定通りなのか、それとも‥?
続きが楽しみです☆

« ピンクのパンツスーツのシドニー | トップページ | 女社長シドニー、バインダーでお仕事? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ダブルファッジ・ブラウニーが震えている」:

« ピンクのパンツスーツのシドニー | トップページ | 女社長シドニー、バインダーでお仕事? »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ