フォト

おすすめ本

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 草緑色のおそろい帯でmomoko3人顔合わせ | トップページ | 紫のひとえの振袖のアメリ、織り帯に変えて »

2018年10月13日 (土)

「女王のジレンマ」

シャンナ・スウェンドソン「女王のジレンマ」創元推理文庫

「ニューヨークの妖精物語」に続く、フェアリーテイル・シリーズ2作目。
妖精界と行き来する姉妹の物語。

妹のエミリーは、ミュージカル女優として売れ始めたところ。
姉のソフィー・ドレイクは妹をニューヨークへ送り出して自分は実家で母と祖母の世話をしつつ、地元のバレエ団で働いていました。
前作で妖精の血を引くとわかり、試練に打ち勝って女王となったソフィー。
ところが、偽物の女王が現れ、妖精界から人間を追放する命令を出しているという‥?

刑事のマイケルは事件現場で妖精を見てそのことを知り、しだいにソフィーと力を合わせていくことになります。
マイケルの行方不明だった妻ジェンは、妖精界にいることがわかったのですが‥

妖精についてのいろいろな伝承を取り入れつつ、かなり詳しい設定が描きこまれていて、読み応えのある世界になっていました。
現代の普通の人たちが未知の現象に迷いつつも、異世界での冒険を華やかに繰り広げていくのです。

芯が強くて世話好きだけど弱音を吐けないところもあるソフィー。力がありすぎたための不自由も実はあったのです。
頼り切ってきた姉を助けたいけれど、姉のような魔法も使えず、勝手が違うエミリー。
それぞれの恋のお相手もちょっと難しく、もどかしく、今のところは微笑ましいぐらいの展開に。
鮮やかに意外な展開となり~
我慢しがちな大人の女性に夢を与えるストーリーでした。

« 草緑色のおそろい帯でmomoko3人顔合わせ | トップページ | 紫のひとえの振袖のアメリ、織り帯に変えて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2532369/73875372

この記事へのトラックバック一覧です: 「女王のジレンマ」:

« 草緑色のおそろい帯でmomoko3人顔合わせ | トップページ | 紫のひとえの振袖のアメリ、織り帯に変えて »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー