フォト

おすすめ本

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2018年9月 | トップページ

2018年10月

2018年10月20日 (土)

「ドーバーの白い崖の彼方に」

ジョアンナ・ボーン「ドーバーの白い崖の彼方に」二見書房

「紅はこべ」にときめいた方向け。

作者はヒストリカル・ロマンスのRITA賞受賞作家だそう。
手が込んでいますよ~!

19世紀初頭、ナポレオンが統治するパリ。
アニークは、ある嫌疑によりフランス警察に捕らえられていました。
母に仕込まれて少女時代からスパイとして特殊な活動をしてきたアニークは、まだ19歳。
ハンディもありながら、超人的なまでに鍛えられているのです。

牢獄の中で出会った英国人スパイのグレイと互いに惹かれ合いますが、英仏は戦争中。
スパイとして訓練された二人は、脱獄のために協力し手を取り合って逃げながらも、そう簡単に心を許しません。
ロマンス小説のお約束が、激動の時代を背景に、複雑に練り上げられていて、波乱の展開になっています。
楽しめました☆

2018年10月18日 (木)

誰の靴?4分の1スケール・ドール

これは誰の靴でしょう?

Dsc_8287
このようなおみ足に履く‥
Dsc_8289
美しい靴たち[かわいい]

モデルは~
Dsc_8290
シドニーさんです!
タイラーのフレンド・ドール。
他とは違うサイズ~
うちは6分の1で25~29センチの子が多いんですが、こちらだけは~40センチ!
人間の4分の1に縮小したぐらいになってます。
(SDは、ほぼ3分の1です。)
Dsc_8291
アメリさんに続いて、
このブログになってから登場していなかったドールをアップすることに。[グッド(上向き矢印)]

アメリカのトナー社の製品で、
デザインは元人気モデルでブランドのオーナー、タイラー・ウェントワースが担当。
自らをモデルにしたタイラー・ウェントワース・ドールを生み出しました。
その後フレンドも何人か販売されているわけです。
シドニー・チェイスさんはモデル・エージェンシーの女社長という設定。[ぴかぴか(新しい)]
Dsc_8295_2
どれぐらい、ポーズ取れるのかな‥
Dsc_8300
あ、手首意外と曲がるぅ~[るんるん]
久しぶりなので~自分もよく知らない感じです[ふらふら]
Dsc_8304
お顔は超美人!なのは確かです[揺れるハート][ぴかぴか(新しい)]

2018年10月16日 (火)

「月の満ち欠け」

佐藤正午「月の満ち欠け」岩波書店

2017年上半期、第157回直木賞受賞作。

月が満ちては欠け、また満ちていくように、何度でも生まれ変わる。あなたに会うために‥
望んで生まれ変わっていく女性・瑠璃を巡る物語。

自分の幼い娘が古いことを妙によく知っていて、実はある女性の生まれ変わりなんだと言いだしたら、どうするか?
一方、亡き我が娘の生まれ変わりだと言っている子がいると、聞かされた親の方は‥?

ごく普通の人々が、驚き戸惑い、半ばは信じつつなお悩み、半ばは疑いつつ否応なく振り回されていきます。
このリアルな普通っぽさと、思わず先を知りたくなるりたくなるリーダビリティがたまりません。

もともと、高田馬場のレンタルショップで出会った年下の恋人とは、わずか半年ほどの付き合い。
運命の恋なのね!と納得するほどの必然性や盛り上がりはあまり感じられないのです。
でも、生まれて初めて、本当に好きだと感じた‥
それが大事なのでしょう。
そこが切ない。

一途な気持ちのままだから、幼い少女に言われてもそれほど違和感はないけれど。
30余年とはいえ、そんなに何度も生まれ変わっても、相手は年取っちゃうし‥、どうなの?などとあれこれ頭を悩ませつつ。
終盤の思いがけない展開に、一瞬まさか‥と、周りを見回すような気になったり。
手練れの物語運びを堪能させていただきました。

2018年10月15日 (月)

7頭飼いのうち5ニャンズ

これは、だあれ?
Dsc_82481
予想以上にスレンダーで優雅でした。
写真がやや上からになっているけど、もっと脚長で小顔です!
そして、すっごい甘えん坊!なゴンゴンちゃん。
Dsc_82391
ベンガルだから野生が強いオレサマな性格~でも甘えん坊[わーい(嬉しい顔)]

zomiekongさんのお宅へ伺いました。
美しい猫ちゃんたちを眺めながら撫でながら~楽しいおしゃべり。[るんるん]
Dsc_82461
トンキニーズのガンちゃんは大人っぽく落ち着いていて、ゴンゴンとも喧嘩にならない。
廊下で撫でていたらコテンと眼の前で横になってくれて、お腹と喉を撫でられました。[グッド(上向き矢印)]

眠るおデン様。
Dsc_82701
おデン様の写真は帰宅後に見たらこれ1枚~しまった。
見とれちゃって‥女王様のご機嫌損ねたくない気持ちもあって、ちょっと遠慮したかも。
最初から玄関に出てきてくれたし、距離は保っていたけど~
怖がっているというほどじゃなかったから、撮ればよかった~。
最後はナデナデもできたんですよ![ぴかぴか(新しい)]

ダンゴくん、イメージよりふっくらしてました。
Dsc_82621
おとなしそうで~微光沢があって綺麗。
Dsc_82591
落ち着きがなくてなかなかピントが合わないけど~
スリスリしながらずうっとウロウロ。
撫でていたら何度か喉をゴロゴロ鳴らしてくれました。[かわいい]

ボスのドンごろーくん、途中で登場。
Dsc_82761
猫には強いけど、人間に警戒心強いそうです。
何度か様子を見に来た後で、近くのベッドで念入りに身繕いしてまったり。
あんよが太くて、ちょっとした仕草がめちゃキュート!
寝息を立てて眠っていました。
Dsc_82771
出てきて近くまで来てくれたの~ナデナデできました[揺れるハート]

多頭飼いの猫ちゃんに会うのも初めてと言っていい‥
とくに7人?は初めて!
3にゃんはフレンドリーだけどあとは出てくるかどうかわからないというお話でした。
ドンちゃんに会えるところまで行けばと内心の目標♪
ドンちゃんも撫でられたし~
全然見られないかもと覚悟していたボンにゃんとコバンくんも抱っこしてきて見せてくれました。
嬉しい‥
おしゃべりの様子を眺めたり感じたりしつつ、ニャンコは出てきたり眠ったり甘えたり。
幸せな時間でした。ありがとうございました~![わーい(嬉しい顔)][るんるん][ぴかぴか(新しい)]

2018年10月14日 (日)

紫のひとえの振袖のアメリ、織り帯に変えて

紫に菊の花柄のひとえの振袖を着ているアメリさん、
アメリカ製の29センチドールです。
アメリカ製だけど、日系のファッションモデルという設定みたいです。

Dsc_8193
半襟をオーソドックスな白に替えました。[ひらめき]
Dsc_8195
帯はグリーン系の織り帯なんかどうでしょう。
金襴という素材ですが、ゴールドはあまり入っていないものを。
ちょっと粋な感じです~

後ろは垂れ下がるタイプの文庫結びで、可愛く[かわいい]
Dsc_8201

この着物なら、大人っぽくお太鼓でもいいですね。
Dsc_8204
髪をちょっと上でまとめて。
メークが個性的だから、オーソドックスな帯合わせでも、けっこう変わった雰囲気に[るんるん]

クリーム色の地に、ほんの少し金が散っている帯。
帯締めは反対色でもいいんですが~
あえて金色っぽい同系色のを試してみました。
Dsc_8206
帯揚げは前にしていた帯の草緑色に近い?この色は合うな、と思って[ひらめき]
シンプルで抑えめに‥
うんと派手でも似合いそうだけど?

帯締めを濃い茶色にしてみましょう。
Dsc_8210
秋らしいかも。
これもモダンで似合う?[揺れるハート]

お人形の帯締めは、市販の組紐で簡単に作れます。
ちょうど帯締めっぽく見えるのがいろいろ売ってるので。
この茶色っぽいのは和風の組紐ではなく~
(売り場は同じですが)ラメの紐です~[わーい(嬉しい顔)][ぴかぴか(新しい)]

2018年10月13日 (土)

「女王のジレンマ」

シャンナ・スウェンドソン「女王のジレンマ」創元推理文庫

「ニューヨークの妖精物語」に続く、フェアリーテイル・シリーズ2作目。
妖精界と行き来する姉妹の物語。

妹のエミリーは、ミュージカル女優として売れ始めたところ。
姉のソフィー・ドレイクは妹をニューヨークへ送り出して自分は実家で母と祖母の世話をしつつ、地元のバレエ団で働いていました。
前作で妖精の血を引くとわかり、試練に打ち勝って女王となったソフィー。
ところが、偽物の女王が現れ、妖精界から人間を追放する命令を出しているという‥?

刑事のマイケルは事件現場で妖精を見てそのことを知り、しだいにソフィーと力を合わせていくことになります。
マイケルの行方不明だった妻ジェンは、妖精界にいることがわかったのですが‥

妖精についてのいろいろな伝承を取り入れつつ、かなり詳しい設定が描きこまれていて、読み応えのある世界になっていました。
現代の普通の人たちが未知の現象に迷いつつも、異世界での冒険を華やかに繰り広げていくのです。

芯が強くて世話好きだけど弱音を吐けないところもあるソフィー。力がありすぎたための不自由も実はあったのです。
頼り切ってきた姉を助けたいけれど、姉のような魔法も使えず、勝手が違うエミリー。
それぞれの恋のお相手もちょっと難しく、もどかしく、今のところは微笑ましいぐらいの展開に。
鮮やかに意外な展開となり~
我慢しがちな大人の女性に夢を与えるストーリーでした。

2018年10月11日 (木)

草緑色のおそろい帯でmomoko3人顔合わせ

紫のひとえの振袖を着ているアメリさん。
うちでの名前もそのままです。

「アメリさん、こんにちは~」
「あら! 舞未ちゃんね」
Dsc_7854
濃いめの色のひとえの着物に、明るい緑色の帯、同じ布製です。
シャンタンという洋布ですが~ちょっと光沢があって金は入っていない、ぐらいがちょうどいいかな、と。

並ぶと、こう~
Dsc_7863
「わ、やだ、並ぶとでかく見えちゃう[どんっ(衝撃)]
「そんなぁ、アメリさん! 長身でカッコイイですよ[揺れるハート]
27センチと29センチ‥6倍すると12センチの差?
そりゃけっこう差ありますね[ふらふら]

Dsc_7862
「着物、初めてなの。どうしてたらいいのか、わからないわ~」
「あら、決まってるのに? すごーく似合ってますよ」
Dsc_7865
「帯、同じ生地よね? でも」
「見ます? 形はちょっと違います~」
Dsc_7868
アメリさんのは二枚羽文庫結び。
「砂の雫」さんこと舞未ちゃんのは、蝶結び。違いわかるでしょうか?

「わあ、いいなあ~」
「あ、朋香ちゃん?」
Dsc_7872
「お姉さまがた、仲間に入れてくださ~い」
同じ生地で作った帯に替えて、登場です。
シンプルな一文字文庫結び。[かわいい]

帯の草緑色というのは私の感覚です~いろいろ調べたんですが、ぴったりのがなくて。
よくいう若草色ってもっと柔らかい感じだし。
日本の伝統色でいうと萌黄色よりも鮮緑(せんりょく)かな?
でももうちょっと薄いかも‥薄いけど鮮やか、っていう。

Dsc_7877
「朋香ちゃん、可愛い~」
「それもいいわね、引き締まって見える」
「わあ、ありがとうございます~」
似合ってるかな?
仲良しに見えるかな[るんるん][ぴかぴか(新しい)]

2018年10月 8日 (月)

ごろごろ野菜と豚しゃぶで晩ごはん

これは‥
Dsc_7574
ある日の晩ご飯です~[るんるん]

Dsc_7579
スーパーで買ってきたのは、「ごろごろ野菜と豆腐ハンバーグ弁当」だったかな?
ご飯がけっこう多かったんで、半分食べることにして。

同時に買ってきた豚のうす切れをしゃぶしゃぶ風にして、
生の豆苗にまんま乗っけて。
豚肉のうす切れや切り落としは、昆布出汁で塩コショウお酒を入れて軽く火を通すだけ。
これで美味しく出来るんですよ~[揺れるハート]
たいていこんなふうにして、食べた残りは冷凍します。
Dsc_7575
豆苗を買ったのは珍しく、初めてに近いぐらい?
食べ方がよくわからなかったんだけど~まんまで食べられますね。
切ったのを見ずに浸しておいたら、また生えてきましたよ。[ひらめき]
みそ汁は、小松菜とシメジとわかめで簡単に[かわいい]
美味しくいただきました~[ぴかぴか(新しい)]

2018年10月 7日 (日)

「クリスマスのシェフは命がけ」

ジュリー・ハイジー「クリスマスのシェフは命がけ(コージーブックス)」原書房

大統領の料理人のシリーズ2作目。

ホワイトハウスの厨房で働くオリーことオリビアは、総料理長に昇格したばかり。小柄な女性だが、腕は確かで性格も明るい。

クリスマスを前にして、厨房は大忙し。
巨大なツリーが飾られ、見事なお菓子の家に、全米の子どもたちが作ったクッキーが並べられる。
大統領夫人の指示のもと、オリー達スタッフは総力を上げ張り切って仕事をしていましたが、爆弾騒ぎが発生。
警戒態勢となったホワイトハウスで、訓練に通ったり、計画の変更に泣かされたり。

ホワイトハウスならではの習慣や問題と、めげないオリーの大胆な行動が噛み合って、楽しめる仕上がりになっています。
ホワイトハウスというプロ中のプロの集まる場所で、オリーだけが気づくかね?というのも~シェフの立場を生かしてのことではあり、まあご愛嬌。
恋人とはなかなか会えない状況だけど、気を利かせてくれる人もいたりして、ほっこり。

2018年10月 6日 (土)

紫のひとえの振袖を着るアメリ

アメリさんの登場です。[かわいい]
着物を着せるのは初めてかな?
Dsc_7827
アメリカ製ですが~
FRニッポンミサキというドールの仲間で、ミサキは日本人モデルという設定だと思うんですよね。
フレンドのアメリは名前からして~たぶん、フランス系?

Dsc_7834
紫色の地に菊らしい柄を一面に描いた小紋。
ひとえ(一枚仕立て)の振り袖というのは、現代では出番がありませんが~
昔は、ちょっといいとこのお嬢さんは普段でもけっこう振り袖を着てたみたいですよ。[ひらめき]

辛子色の半襟でちょっと粋に?
Dsc_7833
帯は変形です~布の都合で[あせあせ(飛び散る汗)]
Dsc_7837

小紋でひとえの振袖‥
どれぐらいの帯が合うのやら?
Dsc_7849
明るい緑色の光沢のある帯にしてみました。
光沢があるぶん、よそゆきっぽいですね。[揺れるハート]
Dsc_7847
砂の雫さんがしていた蝶結びの帯と共布で、形も似ていますが~
こっちは、二枚羽文庫結びです。
Dsc_7842
似合ってるかな‥?[るんるん][ぴかぴか(新しい)]
着物、帯、半襟は手作りです。

2018年10月 4日 (木)

小鳥柄着物の砂の雫momokoとご対面

momokoドールの「砂の雫」さん、
紺の小鳥柄の着物を着ています。
途中、急にお洋服の記事を入れましたので~
この帯の写真が残っていました。
Dsc_7421

クリーム色の地にモダンな輪の模様の、蝶結び。[かわいい]
紺色の着物には薄めの色が似合いますね。

Dsc_7424
あまり変わり映えしませんけど、せっかく撮ったのでいちおう‥[あせあせ(飛び散る汗)]
Dsc_7430
髪飾りをつけてみました。
Dsc_7433
髪がかかってて目が見えないので~
髪の細かいウエーブを壊したくないので、気をつけつつ[るんるん]

そして、朋香ちゃんとご対面[揺れるハート]
Dsc_7730
「こんにちは~」「わあ、同じ柄!」「この柄、好きデス~」
「舞未さん、似合ってるぅ」「Oh、ありがとーございます」
Dsc_7731
「ほんとほんと! 色が違うと雰囲気違うね~」
「朋香サン、かわいい~so cute!」「個性違うのよね」
Dsc_7735
「でも姉妹みたい?」「うふふ、どっかへ繰り出しましょーか」
「‥クリダシ‥?」「え~と、お出かけ」「good! ステキ!」
仲良くなったようです[るんるん][ぴかぴか(新しい)]
[追記:コメントは受け付けるようにしてあります。お気軽にどうぞ]

2018年10月 2日 (火)

「マカロンはマカロン」

近藤史恵「マカロンはマカロン」創元クライム・クラブ

「タルト・タタンの夢」「ヴァン・ショーをあなたに」に続くシリーズ3作目。
お気に入りです。

下町にある小さなフレンチ・レストラン「ビストロ・パ・マル」。
気取らない店だが、シェフの三舟はフランスで修行した本格派。それも各地を渡り歩いたという。
三舟を支え快適な空間を作るスタッフの誠実さと、フレンチの伝統を活かしつつ親しみやすい料理。
こんなお店が近所にあったら‥!と想像するだけでも楽しくなります。

三舟シェフは、店で起きる不審な出来事の謎や客からの相談を、つぎつぎに解き明かしてくれる名探偵でもあります。
大学教授がフランスで経験した悲しい別れに、実は意外な意味が?
有能なパティシエが突然消えた理由は?
夫婦の客が注文した青い果実のタルトとは?

フランス料理ならではのモチーフにからんだ謎と、美味しい料理を楽しめます。
お客どうしの心遣いも秘密もイヂワルも、すっかり見抜かれてしまうので、時には心温まり、時にはほろ苦くもありますが。
そこは料理の手ぎわ同様、冷静でさりげなく、穏やかに。
料理を題材にした小説には好きなシリーズも多いのですが、この品の良さが素敵ですよね。
丁寧な仕事ぶりに心癒されます。

2018年10月 1日 (月)

特製中華そばとロールケーキ

これは何でしょう?
Dsc_7095
知っている方もいらっしゃるでしょうし~
このブログで前にも見た!覚えがある方もいるかも‥
Dsc_7096
立川の「青葉」というお店の、特製中華そばです。[かわいい]
Dsc_7097
麺はこんな感じ~
ダブルスープがこってりして、焼豚が柔らかくて~すごく美味しいんですよ![揺れるハート]

中野の本店は行列ができる有名店。[ぴかぴか(新しい)]
こちらも味は同じだと思います~[わーい(嬉しい顔)]
作り手さんによって微妙な違いはありますけどね。
ちょっと駅から離れているのでそこまで混まないのが嬉しい。
この写真は実はちょっと前のなんですが~
つい先日もまた食べに行ってきたばかりです[グッド(上向き矢印)]

そして、こちらは~?
Dsc_7098
兄嫁が買ってくれたプレミアムロールケーキ。
Dsc_7103
柔らかくて美味しかったです[るんるん]

お喋りしているときに、一緒によく行ったケーキが美味しいお店のことを思い出してたんですよ。
そしたら帰りにコンビニに寄って、私の分も買ってくれました。
デザートと思いましたが~
帰宅したら遅い時間だったので、翌日のお昼のデザートに。
この日は暑かったので~
コーヒーはアイスにしました。

台風24号は通り過ぎてくれるかな‥?[雨]
記事を書いている夜半は一番雨風が強いという予報の頃です。
明日はピーカンで30度超えかも?
雨は夜にまた降るみたいなんですが、どうでしょうね‥?[晴れ]

[追記:コメント設定がまた「受け付けない」になってしまってました~ごめんなさい。夜中にアップすると、デフォのままになってしまって気づかないことがあります。後で気づくたびに直してはいるのですが‥コメントしようとしてできなかった方、申しわけないです。
もう少し余裕持つようにします]

« 2018年9月 | トップページ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー