フォト

おすすめ本

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 小鳥柄のピンクの着物で帯替えmomoko | トップページ | 特製中華そばとロールケーキ »

2018年9月30日 (日)

「ロボット・イン・ザ・ガーデン」

デボラ・インストール「ロボット・イン・ザ・ガーデン」小学館文庫

あるロボットとの出会いから、変わっていく男。
近未来のSFですが、想像しやすい世界です。

アンドロイドがどこにでもいて働いている時代。
家事のために買おうかと相談もしていたベンとエイミー夫婦のところに、ある日、ロボットが迷い込みます。
四角い箱を重ねたような素朴な旧型で、どうも壊れかかっているかもしれない様子。
「タング」と名乗ったこのロボットに、なぜかベンは惹かれて夢中になっていきます。

妻のエイミーは、バリバリのキャリアウーマン。妻のエイミーは、バリバリのキャリアウーマン。
ところがベンは両親の急死のショックで勉強も進まないまま、受け継いだ家で半ばひきこもりのような生活を送っていました。
エイミーが呆れて家を出ていくと、ベンはタングを直すために製作者を探す旅に出ます。

アメリカへ渡り、ロボットを巡る諸事情に混乱しつつ、さらに日本まで行くことに。
この日本がありがちな描かれ方ではなく、現実を踏まえて好意的に書かれているのも嬉しい。

予想以上に波乱の展開で面白いんですが、なんといってもタングが可愛くて可愛くて。
思い出しても笑顔になっちゃいますねえ。
切なくて、あったかい。
心をぎゅっとわしづかみにされつつ、楽しく読めました☆

« 小鳥柄のピンクの着物で帯替えmomoko | トップページ | 特製中華そばとロールケーキ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2532369/73848797

この記事へのトラックバック一覧です: 「ロボット・イン・ザ・ガーデン」:

« 小鳥柄のピンクの着物で帯替えmomoko | トップページ | 特製中華そばとロールケーキ »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー