フォト

おすすめ本

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月30日 (日)

「ロボット・イン・ザ・ガーデン」

デボラ・インストール「ロボット・イン・ザ・ガーデン」小学館文庫

あるロボットとの出会いから、変わっていく男。
近未来のSFですが、想像しやすい世界です。

アンドロイドがどこにでもいて働いている時代。
家事のために買おうかと相談もしていたベンとエイミー夫婦のところに、ある日、ロボットが迷い込みます。
四角い箱を重ねたような素朴な旧型で、どうも壊れかかっているかもしれない様子。
「タング」と名乗ったこのロボットに、なぜかベンは惹かれて夢中になっていきます。

妻のエイミーは、バリバリのキャリアウーマン。妻のエイミーは、バリバリのキャリアウーマン。
ところがベンは両親の急死のショックで勉強も進まないまま、受け継いだ家で半ばひきこもりのような生活を送っていました。
エイミーが呆れて家を出ていくと、ベンはタングを直すために製作者を探す旅に出ます。

アメリカへ渡り、ロボットを巡る諸事情に混乱しつつ、さらに日本まで行くことに。
この日本がありがちな描かれ方ではなく、現実を踏まえて好意的に書かれているのも嬉しい。

予想以上に波乱の展開で面白いんですが、なんといってもタングが可愛くて可愛くて。
思い出しても笑顔になっちゃいますねえ。
切なくて、あったかい。
心をぎゅっとわしづかみにされつつ、楽しく読めました☆

2018年9月29日 (土)

小鳥柄のピンクの着物で帯替えmomoko

小鳥柄のピンクの着物を着ている「ミス ウィークデイ」momokoさん、
うちでの名前は朋香さんです。

帯を替えてみましょう♪
Dsc_7667
抹茶色に手毬の柄。
可愛い雰囲気が合うかな~と[かわいい]
Dsc_7666
何だか、遊びたそうな~[るんるん]

せっかく髪が長いので、見せてもいいかな~
きりっとまとめてあって、和装にも合うスタイル。
Dsc_7675
あ、あんよが出ちゃった‥

秋口なので、濃いめの帯を探して‥
Dsc_7694
バッグは手作り、黒塗りの下駄はジェニー用です。

帯は、濃い紫に銀色っぽい糸で花と葉を織りだしてあります。
いぜん、生地屋さんで買った古布で作った帯です~
たぶん本物の帯地の端布かな。
Dsc_7700
ちょっと引き締まる感じ?[揺れるハート]

後ろ姿です~
Dsc_7702
座っているのは和風の小箪笥を横置きにしたもの。
引き出しも真四角なので両用できるんですよ。[ひらめき]

2018年9月27日 (木)

小鳥柄のピンクの着物のウィークデイmomoko

紺の小鳥柄の着物と色違いです~
ピンク系のひとえ(単衣)の着物。
Dsc_7654
「ミス ウィークデイ」momokoさん、久しぶりに登場です☆
うちでの名前は朋香ちゃん。

Dsc_7657
小鳥柄は可愛いですね~。[かわいい]
ピンクでも柔らかい色目で、葉っぱの柄も馴染む色。
どんなふうにでも着こなせそうです?

Dsc_7658
帯は、暗い赤の地色に、白っぽいぼかしの大きな椿の花柄。
古風さとちょっとポップな感じが雰囲気合ってるんじゃないかと‥[ひらめき]

Dsc_7662
半襟もちょっとポップな変形の水玉です。
着物、帯、半衿は自作です。
着物は一応新作‥前に作りかけていたものを仕上げました[るんるん][ぴかぴか(新しい)]

2018年9月25日 (火)

9月の庭の花達

猛暑の間はあまり庭にいられず、ほぼ放りっぱなしだった庭‥[あせあせ(飛び散る汗)]
おや、これは?
Dsc_7491
珍しい花~
というわけじゃなく、竹の葉に覆われつつ頑張って花開いたタマスダレです。
(竹はかってにあちこちに生えてくるんです‥)
Dsc_7490
こちらが隣の株。
本当の葉っぱはこういう細いの。

こちらは、ひょろ~っと不揃いですが‥
Dsc_7499
周りの草に負け気味?
紫の花はヤブランです。
Dsc_7497
本当はこれぐらい葉っぱが育ってるべき[いい気分(温泉)]

ヤブランの隣に、彼岸花が
Dsc_7618
毎年間違えずに、お彼岸に咲くんですよね~感心してます。
Dsc_76201
雨に打たれても綺麗。[揺れるハート]

ん、こちらは?彼岸花の葉と実!?
Dsc_7622
ってわけじゃありません~
マルバシャリンバイの実がなってるのと混ざってます[わーい(嬉しい顔)]

百日紅も~
Dsc_7649
台風21号で一度ほとんど散りました。
地面がピンクになってましたよ~。
でも小さめにですが、もう全体的に復活してます~強いですよね[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

2018年9月24日 (月)

「あきない世傅 金と銀(四)貫流篇」

高田郁「あきない世傅 金と銀(四)貫流篇(時代小説文庫)」角川春樹事務所

人気シリーズ4作目。
1作目も2作目も3作目もあっと驚く結末でした。
そして?

幸は、大阪天満の呉服商「五十鈴屋」に女衆として奉公していました。
店主の祖母である「お家(え)さん」と、番頭の治兵衛に認められ、四代目店当主の後添いに。ところが、放蕩者の四代目は、あっけなく‥

次男の惣次が五代目徳兵衛として跡を継ぐことになり、幸を嫁に迎えるのを条件とします。
幸を気に入っていたはずの五代目との間がきしむようになり、ある日突然‥

夫の出奔が理解できないまま、なんとかしのごうとする幸。
お家さんから、思いがけない願いを聞いて涙します。
幸の才覚を戦国武将とまで評価していた治兵衛は、三男の智蔵に期待をかけます。
貸本屋で戯作者の道を歩んでいた智蔵は?

ちょっと展開が急ですが、まあまあ収まるところへ収まった、という感もあり。
もう誰が見てもべっぴんさんの幸が、御寮さんとして力を発揮し始めます。
とはいえ、大阪には「女名前禁止」という決まりがあったんだそうで。一家の商売を女が表に出て仕切ることは出来なかったという。
四代目の最初の妻が実家で活躍しているとは、頼もしい。名はともかくとして、こういう実態はあったんでしょうか。

智蔵は商才があるというわけではないけれども、人当たりがよく柔軟。
智蔵の生き方や考え方が独特で、なるほど、若い頃のほのかな気持ちだけじゃなく、成長してこうなった男ならこのときの幸と合うのか!と面白かったです。

2018年9月23日 (日)

夏から秋へmomoko二人パンツコーデ

初秋のきせかえ中です☆
「ディープ・ヴァイオレット」さんこと、うちの紫苑ちゃん☆
白い半袖Tシャツに水色のパンツを着ていたmomokoさん、
トップスをピンクに変えました。[かわいい]

Dsc_7566
ちょっとサーモンピンクっぽい濃いめのピンクで、
茶色の柄が入っているのが秋らしいかも、と。
靴も茶色で。
Dsc_7568
茶色の長袖のパーカーを羽織りにしたら、いいんじゃないかな~[るんるん]
Tシャツはプチモードのもの、パンツは自作、パーカーはmomoko用単品‥だったかと。
パンプスはジェニーのです。

‥しかし、薄い水色ってかなり夏っぽいですね~‥
白より夏らしいかも?
黒のオールインワンに変えてみたらどうかな~。
Dsc_7636
可愛い柄は隠れちゃうけど
Dsc_7635
今いろんな形の流行ってるし~
これは「ぷちモード」ので、ずいぶん前のなんですけど。
「ぷちモード」恐るべし、今でも使える![グッド(上向き矢印)]
茶色のブーティはリカちゃんのです。

「紫苑ちゃ~ん」
「あ、愛加ちゃん、着替えたのね[るんるん]
Dsc_7641
ボーダーのタンクトップを、ハイネックの白いトップスに変えました。
これも、袖なしですけど‥
「寒くない?」
Dsc_7643
「こんなのも用意してきたのよ」
「わあ、それならバッチリね!」
オールシーズンいける白と青と黒の組み合わせ。
黒いハーフブーツは「おてんばGRADUATION」さんのもの。
白いトップス、8分丈のワイドパンツ、カーデは自作です[揺れるハート]
カーデは靴下を活用して作ったもの。

「でも、カーデなしでもけっこう大丈夫なのよ~何か感じない?」
「え?‥ そういえば」
Dsc_7644
「もしかして、エアコン?[ひらめき]
「そ! 22度設定だけどね」
マジ寒いんで~エアコンつけましたよ。ちゃんちゃん[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

2018年9月22日 (土)

「水の葬送」

アン・クリーヴス「水の葬送」創元推理文庫

4部作で終わった「シェトランド四重奏(カルテット)」に続く新シリーズ。
ジミー・ペレス警部シリーズとして続くようです。

スコットランド最北端のシェトランド諸島。
地方検察官のローナは、家の近くで不審な小船を発見します。
被害者は地元出身の若い新聞記者で、何かの取材に戻っていたらしい。
ジミー・ペレスはいまだ病気休職中。幼い娘と暮らしています。
ペレスの部下でいささか頼りないサンディ刑事が迎えたのは、本土から派遣された女性警部ウィロー・リーヴズ。
慣れない土地で型通りの捜査をきちんと進めるといった感じで、失意のペレスもしだいに参加することに。

この島には珍しい都会的なキャリアウーマンのローナと真面目でナチュラルなウィローで新しい雰囲気に。
前作の衝撃的な結末、あのままではあんまりですよねえ‥
気が優しく人の話を聞き出すのがうまいペレスの個性と、島の自然や暮らしがありありと目に見えるような描写はそのまま。
この繊細で丁寧な感触がなんとも心地よくて、嬉しい。

ペレスの人生の変化に加え、島のエネルギー問題なども時代とともに増えているのか、少し雰囲気を変えてきているのも感じます。
だんだんと、ペレスも再生に向かうのでしょう。
期待してます☆

2018年9月20日 (木)

夏なの秋なの?ぷちモード着せ替えmomoko

季節の変わり目ですね~
夏服やもう少し秋向きの服を並べているmomokoさん。
うちでの名前は紫苑ちゃん、 momokoドールの「ディープ・ヴァイオレット」さんです。
Dsc_7600
「う~んん‥何だか、まとまらないわ~」

ボトムスをロングにするだけでも秋めいてくるかな~
「早春のマリーナ」さんのパンツです。
Dsc_7599
とりあえず着てみたトップスはジェニー用単品。
白い襟が可愛くてお気に入り。[かわいい]
色が紺で濃いめなのがやや秋口向き?かと。
「‥夏服を着足りないから、秋の気分になれないのかも?」

「今日なんか暑いし~[晴れ]
Dsc_7604
ぷちモード・コレクションのグレーの短パンを合わせてみましたよ。
ウエッジソールの白いサンダルで、長い脚を出して
Dsc_7607
‥可愛いけど‥‥、バランスが微妙?[ふらふら]

「この短パンならいっそ、このトップスもあり?」
Dsc_7611
グレーと、黄色やオレンジは合いますね!
Dsc_7609
夏真っ盛りみたいですけどね‥

黄色の半袖のパーカーを羽織って。
Dsc_7613
羽織は持ち歩く必要ありますね~[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

2018年9月18日 (火)

「家と庭」

畑野智美「家と庭」KADOKAWA

下北沢に住む一家の話。
家と庭? つまりは、家庭ですね。

下北沢と言えば、駅前には小劇場や古着屋など、若者文化の世界があるところ。
にぎやかな街を抜ければ閑静な住宅街。
そういう羨ましい環境に家がある中山望は、24歳のフリーター。
学生時代から続けているバイトをしているだけで、これでいいのか、迷いつつも行動には出ません。

父は単身赴任、祖母は入院中、母が一家を支える存在。
次姉の文乃はおとなしく、わけあって一人で電車やバスに乗れないのです。
やや気ままな妹は、もうすぐ受験。
そんなところへ、勝ち気な長姉の葉子が突然、娘を連れて戻ってきます。
女ばかりに囲まれる長男・望は、さて?

家族の仲は良く、出ていくのが難しい環境かも‥
一人一人にじつは悩みもありますが、さほど深刻ではないかな。
バイト先の店長や後輩、長姉の夫、姪の先生、幼馴染‥
互いに少しずつ関わりながら、ゆるやかにゆるやかに変わっていく‥
大したことが起こらない、でもある日ふっと物事が動くリアリティ。
望くんも、じっとしてはいられませんよ?(笑)

すべてが理想通りというわけじゃなくても‥
これでいいのかもね。
という穏やかな気分になりました。

2018年9月17日 (月)

鮭と和惣菜のお弁当

これは何でしょう?
Dsc_7534
「佃浅」というお店なのかな~
聖蹟桜ヶ丘の京王百貨店1階のお惣菜売り場で買ったものです。
夕方遅めに行くと、何かが割引になっている確率高いので~
この日も800円のお弁当が200円引きに!

Dsc_7536

この辺がメインですね[揺れるハート]
焼き鮭を中心に~
蕗と揚げと筍の煮物、ひじきの煮つけ、お浸し、切り干し大根など‥
栄養満点!
なので、これだけで十分[るんるん]と思いましたが~
翌朝一口、汁物があったほうがいいなと思いつき、簡単に
Dsc_7539
小松菜のお味噌汁です。
美味しくいただきました~[わーい(嬉しい顔)][ぴかぴか(新しい)]

2018年9月16日 (日)

夏から秋へmomokoファッション

ちょっと気分を変えまして~ドールのお洋服スタイルです。
右は、「ディープヴァイオレット」さんこと、うちの紫苑ちゃん。[かわいい]
「さわやかでいいわねえ~夏って」
Dsc_7541_2
「‥う、うん、だいぶ涼しくなってきたしね[あせあせ(飛び散る汗)]
調子を合わせる左は、「ナチュラルデイズ」さんこと、うちの一実(ひとみ)ちゃん。

「ちょっと、ちょっと、もう夏じゃないわよ!」
登場したのは、うちの愛加ちゃん、選べるモモコドールさんです。
Dsc_7542
「え?」
「もう9月半ばよ~こんなに気温も下がってるじゃない」
ボトムスは全員に、私が作ったパンツを着てもらってます。
愛加ちゃんのトップスは「ぷちモードコレクション」のもの。
一実ちゃんのトップスはジェニー用の単品です。
初夏から夏へのコーデをするつもりで着せたままだった、という‥[ふらふら]

「だって、こんな感じで~」
Dsc_7544
「決めるつもりだったのに」
バービーさんのTシャツに薄い水色のストレートパンツ。
靴はグレーと白で。
夏の初めならぴったりですよね。
Dsc_7545
「うん、似合ってるよ~紫苑ちゃん、頬ピンクだし」
「あら、ありがと」
ノートパソコンや雑誌はバービーさん用の小物。
紫苑ちゃんが持っている本は豆本、いただきものかな。[揺れるハート]

「やっぱりもう、ノースリはないよね」
Dsc_7547
とりあえず、トップスを袖付き、長めに変えてみました。
WUDmomokoさんのだったかな。

これじゃあ、ポイントがないんで~
Dsc_7548
濃いめの色の短い羽織で目線を上へ。[ひらめき]
「ぷちモード・コレクション」の中にあったパーカーです。

ウエストにインしたほうが今風かな?
Dsc_7550
まだ本格的な秋じゃなく~
靴だけ茶色のブーティで、秋らしく[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

2018年9月15日 (土)

「ルート66 下」

キャロル・オコンネル「ルート66 下」創元推理文庫

マロリーのシリーズ、9作目、後半。

古い手紙をたどりながら、ルート66をフォルクスワーゲンで走るキャシー・マロリー。
じつは、実の父親が若い頃に書いたという手紙だった‥

幹線道路ルート66では、連続殺人事件が起きていました。
行方不明の子供を持つ親たちのキャラバンが移動している最中で、地元警察やFBIも捜査に入り、マロリーも介入せざるを得なくなってきます。
マロリーを心配して追うライカーらも、これに加わることに。

型破りなマロリーだけど、意外と親切?なところもあったり。
二重三重に絡み合う事件ですが、広い空間をどんどん動いていく展開だからか、もつれた糸が解けていく快感があり、読後感が良かったせいか、物語は重苦しすぎるほどには感じませんでした。

悲惨な子供時代を過ごしたマロリーに、思わぬ発見と希望が訪れます。
こちらも全然予期していなかった‥!
珍しいハッピーエンディングで、笑顔が輝くよう☆
シリーズを読んでいる方、特にマロリーの子供時代を知っている方は必読ですよ!

2018年9月13日 (木)

小鳥柄の紺着物に草緑帯の砂の雫momoko

小鳥柄の紺の着物を着たmomokoドール。
「砂の雫」さんこと、うちの舞未さんです。
柔らかい色合いの金髪がゴージャス。[かわいい]
Dsc_7434
新作の緑色の帯をしてみましょう。
草緑とでもいうかサップグリーンというか、鮮やかだけど薄い緑色。
Dsc_7439
布地はシャンタンという洋布です。
少し光沢があるのが着物の帯地とちょっと似ているので使ってみました。[ひらめき]
全くの無地よりも地紋入りぐらいって使いやすい感じ。

Dsc_7440

ちょっと髪をかきあげて~
Dsc_7446
お目々が見えると雰囲気が変わる?

帯の後ろはこんな感じ~
Dsc_7451
蝶結びです。[るんるん]

Dsc_7454
髪を前にたっぷりと~
Dsc_7457
これも彼女らしくてきれいかな[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

2018年9月10日 (月)

鉄火巻と緑黄色野菜サラダで晩ごはん

これは何でしょう?
Dsc_7323

ってタイトルでわかりますよね。
Dsc_7327
鉄火巻、太巻きじゃなくて中巻きだそうです。[かわいい]

そして、こちらが~
Dsc_7326
一日分の緑黄色野菜だそうです。[ひらめき]
そんなに多くない?
いや、けっこうあるかしら‥
まあ大体これぐらいは~食べていそうです。[わーい(嬉しい顔)]

味噌汁は作りました~
Dsc_7329
魚とごはんと緑黄色野菜はいいから、と~
おふとワカメと舞茸と茄子の味噌汁です。
美味しくいただきました~[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

「ルート66 上」

キャロル・オコンネル「ルート66 上」創元推理文庫

マロリーのシリーズ、9作目。
(もう10作目も刊行されています)
マロリーの重要な面が明らかになるので、初期作品を読んでいる方は必読ですよ。

ニューヨーク市警のキャシー・マロリーは、天才ハッカーにして、見た目は完璧でクールな美女。
幼い頃はストリート・チルドレンだったため、ごく普通の感情が理解できず、善悪の判断も危ういのでは、と周りに心配されていました。
そんなマロリーが突然、失踪。
マロリーの部屋には見知らぬ女性が残され‥

マロリーは改造したフォルクスワーゲンで、ルート66を爆走。
じつは、古い手紙をたどりながら、という旅でした。
シカゴからロサンジェルスへ向かうルート66は、マザーロードとも呼ばれている。
道路に沿って事件が多発、行方不明の子供を持つ親たちのキャラバンが、手がかりを求めて移動している最中。
相棒のライカーは、必死でマロリーの後を追います。

謎の手紙の文面、マロリーの行動、ライカーの視点と移り変わりつつ、二重三重に絡み合う事件。
真相は、果たして‥?!

2018年9月 9日 (日)

小鳥柄のひとえの着物の砂の雫momoko

momokoドール「砂の雫」さんの登場です。
うちでの名前は舞未(マイミ)さん。
9月なので、ひとえの着物を着てもらいましょう。
Dsc_7393
紺色の着物が似合うんじゃないかと思って~
竹久夢二のデザインが元になっている葉っぱに小鳥の柄の生地。

Dsc_7395
着物は以前、作ったものです。
新作のピンクの帯で。
シンプルで一番小さめのやつです。[かわいい]
Dsc_7396
金髪さん、着物が案外決まるんですよ。
Dsc_7399
ひとえというのは裏がついていない1枚仕立てという意味で、
6月と9月に着る着物。
ワンピース1枚で着る、ぐらいの感じかな。[ひらめき]

毬花ちゃんも使った、薄緑の帯で。
Dsc_7409
まだ暑さも残っているので、これぐらいも涼し気でいいですね。
気軽な木綿の着物だから、半幅帯でいいんですよ。
Dsc_7404
なんだか、風よ吹け~って感じ?ドラマチックに見えるような‥[揺れるハート]

あ、ほんとは足袋を履くんですけど~
足袋を履かせるとぼこぼこしちゃって足元が安定しないんで‥
Dsc_7418
不思議なニュアンスが出る、いいモデルさんです[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

2018年9月 8日 (土)

「戦場のコックたち」

深緑野分「戦場のコックたち」東京創元社

第二次世界大戦にコックとして従軍したアメリカの若者の話。
日本人作家が丁寧に描いています。

1944年、ティムの周りでも出征する人が増えてきた。
徴兵されるより志願するほうがカッコイイかな、とティムも志願することを決めます。おばあちゃんのレシピを見るのが好きだったティムは、炊事担当の特技班へ。
素直なティムには、キッドというあだ名が付きます。

班のリーダーは冷静な眼鏡くんのエド。普段はおとなしいが頭が切れるホームズ役です。
班の面々は学園モノっぽい乗りだけど、置かれた状況は‥

使用済みパラシュートが大量に集められたのはなぜか。
粉末卵がなくなってしまった理由は?
軍が駐留する地域の住民にも謎が‥
戦場で起きる謎というのが一筋縄ではいかず、バラエティに富んでいて、よく調べてよく考えてあると感心しました。

ごく普通の男の子が、命がけで戦うのもスリルがあってカッコイイかなというぐらいの気分で志願し、ノルマンディー降下作戦に参加。
ヨーロッパ戦線ねぇ‥ノルマンディーですか‥
もうすぐ終わる時期ではありますが。

普通の男の子が経験した戦争。
直面した状況が詳しく書かれているので、読むのはちょっと大変ですが、良心的な内容を素直に読めるように書いてあると思います。
なめらかな文章に「翻訳物でもこんな読みやすいのもあるのね」とふと思い、いやこれは日本人が書いたんだったわと気づきました、2度(笑)
エピローグも良かったです。

2018年9月 6日 (木)

夏の思い出は浴衣帯momoko

浴衣を着ているmomokoドールさん達です。
「はつゆきふわり」さんこと、うちの毬花ちゃん。
「この夏は、海へも山へもプールへも行かなかったしぃ‥」
Dsc_7330
「咲耶ちゃんとお揃いの帯をしたぐらいかな~」

Dsc_7331
「あ、毬花ちゃん、ごめん、もう違う浴衣着ちゃった~」
「いいよいいよ。その浴衣もいいねー!」

「咲耶ちゃん、すごい数の帯しめたよね」
「ほんと、これだけあるもの」
Dsc_7336
浴衣と帯は手作りです[るんるん]

Dsc_7342
「でもね~だいぶ前に作ったものも多いの。新作は上のだけよ」
「そうだったんだ~」
「‥あ、でも新作がこれだけってわけじゃ」
「え?」

Dsc_7344
「わ! こんなに作ってたのー[exclamation&question]
Dsc_7345
「ま、まあね」
Dsc_7346
ほんとは、もうちょっとあるけど‥[ダッシュ(走り出すさま)]

浴衣帯を作ったのが、私の夏の思い出かな[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

2018年9月 4日 (火)

「ハリネズミの願い」

トーン・テレヘン「ハリネズミの願い」新潮社

作者はオランダの国民的作家。
本屋大賞の翻訳小説部門で1位ということで、読んでみました。

森の中に住む一匹のハリネズミ。
自分の針が大嫌いで、自信がなく、友達がいません。
ある日、森のみんなを招待しようと思い付きますが‥
「‥だれも来なくてもだいじょうぶです」という招待状が傑作。
しかし、それを出すことも出来ない?
もしも誰かが来たら。
クマが? フクロウが? ゾウが‥?
えんえんと取り越し苦労で悩み続けるハリネズミくん。
そういう気持ちは、わからないでもないですよ。

想像がおかしくて、けっこうありえそう。
前もって考えておくのも、必ずしも悪いことじゃないでしょう。
ただ、長すぎる‥
カタツムリとカメが面白いんだけど~え、これもまだハリネズミが妄想しただけ、実際には起きていないの?と思うとシュゥ~‥と、しまいには気持ちがしぼんじゃう。
カタツムリとカメは、他の話にも登場している人気キャラクターだそうです。

元々は子供向けに、ひとつずつ話して聞かせたものらしく、子供にとっては、こんなふうに長く続くお話って面白いのかも。
大人が一気に読むには‥と気づいて、ちょっと一息入れつつ読みました。

リス君と会えて、良かったねえ‥
でも、この下りが短すぎるわ! なので星一つ減らしました(笑)
わざとそうした意図はわかりますけどね☆

2018年9月 3日 (月)

チーズトーストで簡単ランチ

お昼にチーズトーストはよく作ります。
ほんとに簡単なときはチーズトーストだけ、です[ふらふら]

この時は、カラフルなセットになりました。[かわいい]

Dsc_7046_2
内容はまったく普通ですよね。[あせあせ(飛び散る汗)]

Dsc_7047
最初から煮始めたのならそれほど簡単でもない普通のランチですが~
ゆで卵とオクラ、スープみたいのも麦茶も皆、前もって用意してあったものばかり。[ひらめき]
ゆで卵は余裕があれば卵切りでカットする所、フォークで2つに割っただけ。
あ、トマトも前に切って冷蔵庫に入れてあったもの。つまりは残り?
Dsc_7048
キャベツと玉ねぎと人参は塩コショウで下煮して、冷蔵庫にたいてい入れてあります。
そこにシメジを足して、マギーブイヨン少量で味付け。

なにかやってる途中の昼ごはんは、スピーディに。[るんるん]
美味しくいただきました[わーい(嬉しい顔)]

2018年9月 2日 (日)

辛子色に菊の浴衣のmomoko髪型アレンジ

辛子色の浴衣を着ているmomokoさん、
うちの咲耶ちゃんこと、選べるモモコドールです。
この夏、二枚目の浴衣の二つ目の記事です。

Dsc_7286
帯を紺色の縞帯に変えました。
粋な感じでボリュームも適度にあるので、合うんじゃないかと。[るんるん]
Dsc_7289
髪型は、左右を同量すくい取って耳の上で捻り、高めの位置で交差させて~
髪留めが見えるようにして、ポイントに。
髪留めは蝶の形のごく小さいものですが、人間用です。
Dsc_7272
今回は、着物と帯は皆同じです。
Dsc_7275
帯は、一文字文庫結び。
髪型は、長い髪を後ろで真っ二つに分けて~
二束を外巻きにねじり、上へ持ち上げてやや斜めにし、しっかり留めます。
Dsc_7283
こうするとロングヘアが短めに見えますよ。
元気そう?
ちょっと真央ちゃんぽいような[晴れ]

では、これは?
Dsc_7295
これもイメチェンですね。
Dsc_7292
頭頂部の髪をちょっとだけ取って前へ持ってきて分け目を隠し、
額にかぶせます。
浮かないように脇から後ろへ流して留めます。
Dsc_7297
なぜか、堀北真希っぽいような?
優しい雰囲気になりますね[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

2018年9月 1日 (土)

「暗幕のゲルニカ」

原田マハ「暗幕のゲルニカ」新潮社

ピカソの名作「ゲルニカ」を題材にした作品。
作者もそうだった、MoMA(ニューヨーク現代美術館)のキュレーターである日本人女性がヒロイン。

1930年代、スペインのゲルニカが爆撃されました。
ピカソはスペイン生まれ。義憤を感じて、大作に取り組むのです。
当時ピカソの愛人だった写真家ドラ・マールは、制作現場の写真を撮り続けます。
ピカソにもドラにも存在感があり、このあたりのエピソードはとても面白かったです。

そして、2001年、9.11。
2003年、MoMAに勤める瑤子は、戦争やテロに負けないというメッセージを改めて発信するため、ゲルニカを展覧会に出品してもらいたいと願います。
ゲルニカはスペインの至宝として、長年貸し出しはされていないため、交渉は難航しますが。
美術館の動きは、さすがリアルです。
現実離れしているぐらい華やかな~有力なパトロンも、意外と実在しているのかと思ったり。

ヒロインの行動にやや謎があり、クライマックスに向かうあたりがどうもこなれていないので、感情移入できなくなってしまいました。
この展開、ちょっと肩に力が入っている‥?
構成や結末で、メッセージは伝わります。

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー