フォト

おすすめ本

« ご近所の花たち | トップページ | 辛子色に菊の浴衣のmomoko »

2018年8月28日 (火)

「傷だらけのカミーユ」

ピエール・ルメートル「傷だらけのカミーユ」文春文庫

カミーユ・ヴェルーヴェン警部三部作、ここに完結。
あの「その女アレックス」が2作目、「悲しみのイレーヌ」が1作目でした。

妻を失って5年、ようやく立ち直りかけたカミーユ。
ところが恋人のアンヌがたまたま事件に巻き込まれ、思わぬ重症を負う。
ふつう、身内だと捜査できないところ、カミーユは恋人を守るため、自ら捜査に乗り出す。
職を失いかねない職権乱用もしつつ、疾走する3日間の話。

前作で過酷な目にあったのに、またまた踏んだり蹴ったりの傷だらけ。
とはいえ、練り上げられたプロットと、思わず引き込まれる文章力は、華麗とも言える様相を呈します。
シリーズ全体でまた響き合う‥

母親が愛煙家だったためらしく、145センチという低身長のカミーユ。
高名な画家の母親には愛憎半ばする思いを抱いていたのだが、悲惨な出来事が続くある日、ふとした感慨が‥
そんなところにも唸らされてしまう。
ちょっと悔しくなって、いやこんな酷な話、大ベストセラーになるのもいかがかと言いたくなったり(笑)

部下のルイと警視長のル・グエンがいい人なので、彼らとは離れないでほしいなあ‥
胸を抉るような話が何作も延々続くのも辛いけど。
スピンオフでホッとする話とか?読んでみたいです。
ルメートルがそんな作品を書いてくれるとすれば、だけど(笑)

« ご近所の花たち | トップページ | 辛子色に菊の浴衣のmomoko »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「傷だらけのカミーユ」:

« ご近所の花たち | トップページ | 辛子色に菊の浴衣のmomoko »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ