フォト

おすすめ本

« きなりに藍の浴衣に帯を合わせるmomoko | トップページ | おうちで焼きそばランチ »

2018年8月 4日 (土)

「貧乏お嬢さま、恐怖の館へ」

リース・ボウエン「貧乏お嬢さま、恐怖の館へ(コージーブックス)」原書房

貧乏お嬢様のシリーズ7作目。
いかにもな大邸宅を舞台に、事件が起こります。

前作で一緒だった母親の気分があっさり変わり、さてどうしようということになったジョージー。
公爵令嬢だけど家にはお金がなく、身分の高さ故にかえって仕事を見つけるのも難しい時代でした。
そこへ、王妃からの依頼が舞い込みます。

公爵夫人の跡取りに、貴族の立ち居振る舞いを教えて欲しいと。
オーストラリアで育った農夫の若者で、息子の遺児とわかったばかりなのです。
期待通り?周りを仰天させる彼ですが、ジョージーは次第に好感を抱きます。
ところが、事件が起き‥?
事件に慣れてきたジョージーの目の付け所は確かで、しっかり活躍。
いつものメンバーもちょこちょこ顔を出してくれ、ダーシーとの仲も‥?

恐怖の館‥というほどおどろおどろしいイメージではありませんが~
お屋敷に集まっている人たちの中に犯人がいる!というわけで、ミステリ黄金時代のような設定。
そういえば時代も、そもそもアガサ・クリスティの初期と一緒です。
テンポ良く楽しませてくれるシリーズです☆

« きなりに藍の浴衣に帯を合わせるmomoko | トップページ | おうちで焼きそばランチ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「貧乏お嬢さま、恐怖の館へ」:

« きなりに藍の浴衣に帯を合わせるmomoko | トップページ | おうちで焼きそばランチ »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ