フォト

おすすめ本

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月30日 (月)

「玉依姫」

阿部智里「玉依姫 八咫烏シリーズ5」文藝春秋

八咫烏シリーズ5作目。

舞台はうって変わって現代の日本、人間の世界に。

高校生の志帆は、祖母と二人暮らし。
自分の親のこともよくわからないまま育ち、親戚から連絡を受けて故郷のことを知りたいと思い、村を訪れます。祭りを見てみたいという気楽な気持ちでしたが、その祭りというのが‥

生贄伝説のある龍ヶ沼と、その隣にそびえる荒山。
祖母が母だけを連れて村を逃げ出したという、その理由は‥
危機に陥った志帆の前に現れたのは?

これまでの作品と急にトーンが違うので、戸惑いました。
土俗的な雰囲気というか、和風ホラーのような。
そういう雰囲気も書けるんだ、とは思いました。
優しい性格の少女がふいに異常事態に巻き込まれるというか、先祖伝来の問題に気付かされるというか。

八咫烏の世界につながってはくるのですが‥
壮大な流れというよりは、逆に世界が小さくなってしまったような印象も受けました。
構成の問題かも‥
無理に大きく繋げず、熱っぽく書き込まれている部分だけでまとめて、後は謎を残したほうが良かったのでは。
まだ十分、謎は残っていますけど。

この部分は異色作で、後はまた違うエピソードになるのか?
はたして面白くなるのか、謎は深まるばかりなのか。
乞うご期待です☆

2018年7月29日 (日)

ゼリーとアイスでおうちデザート

これは何でしょう?
Dsc_6626
いただきもののゼリーです。
夏場は嬉しいですよね、こういうの[かわいい]

さて、それでは~
せっかくなので、カップから食べるだけじゃなく、
お皿に盛って、アイスクリームを合わせてみましょう。
Dsc_6628
赤が可愛いチェリーのゼリーには、MOWのバニラです。
Dsc_6630

   
うん、合う![揺れるハート]

そしてこれは別な日、
別な日ですよ[わーい(嬉しい顔)]
Dsc_6792
オレンジの方には~きっとチョコレートが合いますよね。[ひらめき]
ついでに夏向きなヨーグルトも。
Dsc_6794
戸棚を片付けていたら、すっかり忘れていた角皿があっので、
使い倒しちゃおうと[るんるん]
ちょうど、バナナもあったし[グッド(上向き矢印)]
Dsc_6798
美味しくいただきました!
あっと、写真撮っている間に、溶けてきちゃってるわ~~[あせあせ(飛び散る汗)]

猛暑になってから昼間はアイスクリームしか食べる気がしなくて‥
ちょこっとずつ口にしてるので、たまにはオシャレに?よそってみました。[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

2018年7月28日 (土)

「穢れた風」

ネレ・ノイハウス「穢れた風」創元推理文庫

刑事オリヴァー&ピアのシリーズ5作目。
オリヴァーは主席警部で、ピアは同僚です。
これでやっと順番通りの刊行になる?
とはいえ、4作目を読んだのがだいぶ前なので~刑事たちの人間関係を思い出すのにしばらくかかりましたよ。

風力発電建設会社で、妙な事件が起きます。
ドイツでは、原子力に頼らない再生可能エネルギーの開発が盛んになっているそう。
彼らの住む州には、フランクフルトを含む都市部と風光明媚な郊外の両方があり、風力発電はまだ盛んではないとのこと。
メルヘン街道もあるそうですから、景観破壊になっては困りますよね。

オリヴァーの父親は伯爵で、地元の名士。
事件に関係する老いた農場主は、古い知り合いです。
この農場が美しいところなのですが、風力発電会社が用地買収しようとし、一方では反対派が集結して騒動になっていました。
反対派というのも、一枚看板ではありません。
市民運動家、恋人だから応援する女性、女性に憧れる少年、事情を抱えた人物‥
個性豊かで人間臭い描写は、この作家が得意とするところですね。
しかも、事件には背景があり、スケールを大きくしていく‥!?

4作目で、チームのメンバーにも変動があったのですね。
オリヴァーは妻に愛人ができて去られ、まだ動揺が激しく捜査に集中できないでいます。
しかも、ある出会いから、また女性に振り回されることに?
あらまー‥
ピアのほうはオリヴァーの代わりに自然とリーダー格になり、充実した日々。
ところが仕事に熱中しすぎて、今度はせっかく上手くいっていたパートナーの心配とイライラが募ってくるという。
おっと‥

しかも、最後に爆弾発言が?!
読みごたえのあるこのシリーズ、本国では8作目まで刊行されているそうですから~

2018年7月27日 (金)

白Tにスカート合わせのクリスティ

バービーの友達のクリスティさん、可動性だけではかわいそうなので、
ちょっと気分を変えて~
お洋服の着せ替えをやってみましょう。

Dsc_6812
Vネックの白いカットソーはベーシックスのうちのジョアンナさんのもの。
スカートは、うちの樹里さんのもの。
髪もまとめました~夏らしいでしょ[かわいい]
‥ちょっと対比で顔が暗っぽくなっちゃうな‥
Dsc_6813
‥‥ま、まさかの~脚が細すぎて、ミニが似合わない?[ふらふら]

少し長めのスカートのほうが合うのかしら~
Dsc_6814
優しい雰囲気になりますね、この組み合わせだと。
Dsc_6815
アメリカ人と言うより、タイとかバリとかみたいな?

真っ赤なスカートとハイヒールでヴィヴィッドに[グッド(上向き矢印)]
Dsc_6817
スカートはジェニー用です。
Dsc_6821
髪はたっぷりあるので、変化はつけやすいです。
ちょっと、ほつれやすいけどね[あせあせ(飛び散る汗)]

イレヘムスカートで今風?
Dsc_6827
前に自作したmomoko用スカートです。

Dsc_6831
けっこう似合ってるかも?[わーい(嬉しい顔)][ぴかぴか(新しい)]

靴はすべて、バービー用です[かわいい]

2018年7月25日 (水)

クリスティとバービー・写真のポーズに挑戦

これは何でしょう?
Dsc_6644
クリスティが入っていた箱の裏~
「ダンシング・フレックス」という可動性の高いタイプなので、
こんなポーズもとれますよ!というわけです。

バービーの友達、褐色の肌のクリスティさん。
ほんとにこんな格好できるのかな‥?
Dsc_6645
「こんなもんかしら~」
これ以上無理させるとちょっと怖いので‥[あせあせ(飛び散る汗)]

Dsc_6646
「クリスティ、さすが! 出来てるじゃない」
「リディアだって~」
「ううん、無理無理~脚は少し横に開くけど、そうすると膝下が内側に来ないもの!」

「じゃあ、こっちのポーズの隣なら、どう?」
Dsc_6649
「あ、その隣の金髪の写真ね」
Dsc_6648
「出来た? ほぼ出来たわね」
「リディア、すご~い」
なんか、シュール‥

「これも出来そうだわ」
Dsc_6802
「リディア、かっこいい~[グッド(上向き矢印)]

「クリスティ、これ出来るの? こっちのほうが難しいって!」
Dsc_6804
「ん~と、‥エイヤッ」
脚の柔軟性はかなりありますけど~~
キープしておくのが難しいですね。

「これでどう?[ひらめき]
Dsc_6807
「決まったー[exclamation]
腕で脚を支える形にしてみました。
Dsc_6810
「やったね」
満足そうな二人[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

2018年7月23日 (月)

「主君 井伊の赤鬼・直政伝」

高殿円「主君 井伊の赤鬼・直政伝」文藝春秋

井伊直政の生涯を、家臣の目から描いたもの。
大河ドラマ「おんな城主直虎」を見終わった後の復習として、読みました。
直政が出てくるのは後半でそれでも若い頃なので、前に読んでしまうと、妙に知りすぎるかな、と。

井伊直政は、子供の頃に井伊の領地を失い、命からがら隠れるように母の再婚先で育ちます。腕が立ち、頭もよく気が利き、しかも美貌。
家康の小姓となってからは気に入られて、順調に出世していきます。
ただし、性格は激しく、戦場ではまっしぐらに敵陣に突入。それがいい場合もありますが、誰が止めても聞かない男でした。

木俣守勝はもともと家康の家臣で、直政が出世した時に附家老として遣わされたのです。
家康の家臣でもあるままだったので、その誇りが時に直政に対して屈折したものを抱かせました。
家康にも直政にも「お前の主君は誰か」と問われるシーンがあります。
守勝の正直な気持ちは‥

直政を描くには、苛烈な性格と部下への処遇、人望がなかった説などをどうするかがポイントですよね。
そのあたり、独特な工夫で読みごたえのある仕上がりになっていると感じました。
最後は泣かせます‥

守勝の奥方になったお駒は直政の親戚で、新野(にいの)左馬助親矩の娘という。大河ドラマを見た人には、あの一家なんだとわかりますね。
芯が強く気っ風の良い女性たちには、厳しい時代をも明るく照らしてもらえるようです。

2018年7月22日 (日)

ご近所の花たち

暑いですねー!
熱中症対策に余念がありません^^
たまに、逆に冷やしすぎないように、ってことも意識します。
冷たいものを何度も口にしてお腹がちょっと痛かったり、冷房や夜風で肩が冷えてきたりしたときにね。
もともと冷え性気味なので~
アイスティーやアイスコーヒーを飲めるのは夏だけの楽しみ。[るんるん]
これが35度にもなると、ガブガブ飲んじゃいけないっていう。

猛暑向きの服が足りないので、夜中に和室の押し入れを探したら、
見るからにあったかそうな服が多くて~[いい気分(温泉)]
「冬服にまみれて発見されました」ってことになっちゃたまらない[あせあせ(飛び散る汗)]と大急ぎで発掘しました[ダッシュ(走り出すさま)]

さて、うちの庭には今ほとんど花がありません‥
夏用に植えた球根も葉っぱは出てきてるんだけど‥雨風で倒れちゃって。
暑過ぎて戸惑ってるのかも?

ご近所のお花たち~厳しい季節の楽しみです[かわいい]
これ‥ラベンダーですよね‥?↓

Dsc_5936
お宅によって、伸びる向きがけっこう違ったりするんだけど。
きれいな薄紫のお花と、筒状に突き出している形が素敵。

白いサフィニア。
Dsc_6790
これもサフィニア?
Dsc_6022
夏らしい~ノウゼンカズラ。
Dsc_6781
木槿も毎年楽しみなお花です。
Dsc_6789
百日紅も咲いているお宅があります。
Dsc_6778
うちはまだだけど‥
まだ紫陽花の名残も見られますね。
Dsc_6791
これは確か元は白かったはず‥
半ばドライフラワー化しているようです?
Dsc_6612
これは何のお花でしょう?

2018年7月21日 (土)

「新人警官の掟」

フェイ・ケラーマン「新人警官の掟」創元推理文庫

リナ&ピーター・デッカーのシリーズも、12作目。

今回のヒロインは、デッカーの娘シンディで、清新な印象です。

デッカーと別れた妻との間の一人娘シンディ。
警官になりたいというシンディの意外な希望は、警部補である父のデッカーにとっては内心嬉しいものですが、おおいに心配でもあり最初は猛反対。
もともと、離れて暮らす最愛の娘が心配でしょうがないのに(笑)

シンディはいい大学を出た優秀な美人で、父親のデッカーが別な署の名のある警部補。
日本的な感覚だと、エリートとして認められても良いはずですが~
これがそう甘くはなく、現場では同僚の反発を招くことになる苦難の道となっています。

シンディの方も鼻っ柱が強いのだけど、未熟さがもろ見えでこちらもハラハラ。
ある日、シンディは部屋に何者かが侵入した形跡に気づき‥?

女性を銃で脅して車を奪う事件が続いて起きます。

捜査しているデッカーらは、似た事件の中に異質な問題が混じっていることに気づきます。
一方、シンディは個人的な苦境を一人で乗り越えようともがき、父には打ち明けられないまま。
一生懸命なのだが‥
おいおい、大丈夫なの?

周りの人間達の性格や価値観も、だんだん見えてきて、意外な交流も始まります。
シンディの神経が張りつめている原因も‥
離婚した父と母が引っ張りあって、過干渉気味になってたのかな。
しかも職場はかなり悪名高い署なようで、それがいかに最低か、ってことから描き始めたら、読むの楽しくないしねー(笑)

誠実さが取り柄の子煩悩パパであるデッカーの面目躍如?な展開に。
映画の結末のような爽快感でした☆

2018年7月20日 (金)

クリスティとバービーのポーズ比べ

バービーの友達、褐色の肌のクリスティさんが登場してます。
「ダンシング・フレックス」という可動性の高いタイプの。
さて、どれぐらい、ポーズが取れるんでしょうか?

「クリスティのポーズの紹介? 任せて!」
Dsc_6577
うちのポーズ担当指導員?リディアさんの登場です。
初期のファッショニスタは可動性が高いボディだったんですよ。

Dsc_6578
「リディアさんなら、頼もしいわ~」
「タイプ違うけど~柔軟性は同じぐらいかしらね?」

「まずは座ってみましょうか[るんるん]
Dsc_6596
「膝は直角まで曲がるよね。 ベーシックスのお姉さま方はこれ出来ないし~」
「そうなの?」

「じゃあ立ってみる?」

Dsc_6598
「立って脚は横に開く? 腕は上がるよね。肘は曲がる?」
「もちろん。これでいいの?」「楽勝ね!」

「じゃあ開脚は? クリスティ、きっとすごいわね」
Dsc_6600
「え~と、でも初めてだから‥こんなもんかしら」
もっと開きそうですが、ちょっと怖いので~[あせあせ(飛び散る汗)]

「手はつく? 上体を前にどのぐらい倒せるかしら‥」
「‥うわっ、リディア、そこまでやるのー?!」
Dsc_6602
リディアさん、ぺったんこ[exclamation]
「あら~思ったより出来ちゃった[グッド(上向き矢印)]
ここまで出来たのは初めて!
脚の角度に微妙なコツがありました。

Dsc_6604
「リディアさん、すごい! ま、負けた‥[いい気分(温泉)]
ま、仲良くなったようです[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

2018年7月18日 (水)

バービーの友達・クリスティ登場

前のドール記事で脚から登場しているクリスティさんです。

Dsc_6590
褐色の肌のお友達。
うちでの名前もそのまんま、クリスティってことで。[かわいい]
うちのバービーフレンドとしては、彼女一人だけですね‥
バービーの場合、17歳のモデルのはずのバービー本人?とはどう見ても別人のドールが大量にいるんですけどね。

デフォの服装がこちら~
Dsc_6631
きらきらトップスに光沢のあるパープルパンツがかっこいい。
靴もシルバーが入っててオシャレ。[揺れるハート]

横から~
Dsc_6634
アンリ・ルソーの絵みたいな森が背景でも似合うかも[揺れるハート]

ずっとしまいこんだままで紫外線には当てていなかったのに、
パンツはかなり劣化してます。
経年変化もあるけど~伸縮性のある素材だからかも?

微調整が効くので腰を反らせてみました。[ひらめき]
Dsc_6637
ローライズのパンツがセクシー?

Dsc_6639
このクリスティは~「ダンシング・フレックス」という可動性の高いタイプ。[グッド(上向き矢印)]
他のドールとはボディの素材が違います。
関節だけが動かせるんじゃなくて、柔軟性のある芯があって、ポーズを変えられるんです。[ぴかぴか(新しい)]
柔軟性があるといっても‥けっこう力がいるんで~
途中でどうなっちゃうか心配になるんですけどね[ふらふら]
Dsc_6640
野性的だけど~
顔はけっこう可愛いでしょ?[かわいい]

2018年7月15日 (日)

さばの炭火焼き定食とシャーベット

ちょっとお久しぶりの大戸屋さん~
少しメニューが変わったようなのですが‥
迷った挙げ句にオーソドックスなものにしました。

Dsc_6616
さばの炭火焼き定食。
ここの鯖は、大きめなのがいいですね。
Dsc_6618
大根おろしが合う!
Dsc_6619
とろろの下は豆腐で、冷奴風、これも美味しかったです[かわいい]

兄嫁はすけそう鱈と野菜の黒酢あん定食、
兄は鶏むね肉のソースかつご飯とせいろ蕎麦セット、でした。

季節感のあるデザートということで買ってきました~爽のピーチ。[かわいい]
Dsc_6622
小鉢付き~暑すぎて昼間はアイスクリームばかり食べたくなります。[晴れ]
夜だからシャーベットにしてみた。[るんるん]
Dsc_6624
1時間毎ぐらいにスポーツドリンクや何か水分を少しはとってますよ。
うちわを家中に置いて扇いだり、冷蔵庫で冷やした濡れタオルや保冷剤などを首に当てたり。
熱中症対策してますか?[ぴかぴか(新しい)]

2018年7月14日 (土)

「ツバキ文具店」

小川糸「ツバキ文具店」幻冬舎

鎌倉を舞台に、文具店を継いで代書屋となる若い女性。

書くことが難しい手紙を、よく話を聞いて代わりに書いて出すという。
あたたかい気持ちになれる優しい物語です。

雨宮鳩子は厳しい祖母に育てられ、しつけというより修行のような独特な教育に反発して、家を出ていました。
祖母が亡くなり、なりゆきで文具店と代書屋を継ぐことに。たいてい「ポッポちゃん」とかわいく呼ばれていますが、高校の頃は反抗期でガングロだったという激しいものも秘めています。
隣の洋館で暮らす女性は皆に「バーバラ婦人」と呼ばれていたり、近所に住む初老の堂々とした男性は「男爵」、ポッポちゃんになつく女の子は「QPちゃん」など、可愛らしいネーミングで柔らかな雰囲気が溢れ、癒やされます。

依頼される手紙の内容はじつに様々で、お悔やみの手紙や、離婚の報告をする手紙、結ばれなかった初恋の人に元気だということだけを伝えたい手紙、借金を断る手紙、なくなった夫からの手紙を待っている老婦人に送る天国からの手紙など。
事情を汲み取って、依頼人の心をほぐし、手紙の目的を達成する‥
そのためには、身を清め、便箋の紙質や筆記具の種類、字体などもよく考えて書くのです。
ポッポちゃん(この呼び方がおかしくない雰囲気の娘さんだと思われるのですが)、じつは凄腕!
この凝りようと専門知識も面白く、メールでなくプリンター印刷でもない手書きの手紙というのは良いものだなという素直な感想をいだきました。

美しい四季の移ろいと古風な暮らし、美味しい食べ物、身近な人との親しさが深まっていく楽しさ。
心に頑なな屈託を抱えた鳩子自身が少しずつ落ち着いてきたある日、祖母が文通していた異国に住む女性から、手紙が届けられ‥?

すべてが丁寧で優しく、人の暖かさに包まれるよう。
うまくいかないこともある、苦しみがないわけではないけれども、必ずその先になんらかの方向性は見える。
それが自然に現れる感じがとても素敵な物語でした。

NHKのドラマ化も、上手く行っていましたね。
続編の「キラキラ共和国」もよかったです☆

2018年7月13日 (金)

誰のブーツ? バービーのフレンド登場

バービーのカーリンさんが履いているブーツは誰のもの?
というのがクイズでした☆

正解は~
Dsc_6582
エリザベスさんです![ぴかぴか(新しい)]
Dsc_6584
デフォ(最初に着ていたデフォルトの服)のワンピを着て、
靴をとっかえっこしている状態です[かわいい]

この二人、製作年代もシリーズも違うんですが~
サイズが近いんです、かなり。
エリザベスさんのほうが早く、細身のタイプを試験的に作り始めた頃だったような。
千円ちょっとなのに、膝が曲がり、股関節も可動性が高いタイプなんですよ。[るんるん]

さて、もう一つのご紹介は~
Dsc_6580
この右端の脚は誰?
Dsc_6581
クリスティさんです!
「クリスティ、久しぶり~」
サンドラさんは会ったことがあるようです[わーい(嬉しい顔)]
Dsc_6592
「こんにちは、クリスティです」
クリスティさんはバービーの友達の一人で、褐色の肌という設定。[かわいい]
バービーさんの友達はミッジなど何人かいます。

「初めまして、カーリンよ」
「カーリンさん、よろしくお願いします」
Dsc_6593
クリスティさん、かなり細いですね~。

左端の赤毛のサンドラさん、デフォのワンピとハーフブーツに着替えました。
前の記事の最初の写真で、足の前にそれぞれのデフォの靴が置いてあったんですよ。

2018年7月11日 (水)

誰の脚? バービーもいろいろ

暑い‥
まだ猛暑レベルじゃないにもかかわらず、頭が働きません‥
これで34度になったら、どーすんの?![ふらふら]

靴を出したのが面白くなっちゃって~
一旦しまいかけたのに、もう少し靴を履かせたくなりました。[るんるん]

Dsc_6562
こんな脚~
誰か、わかりますか?
Dsc_6564
そう、バービーさん達です![ひらめき]
Barbieといっても、いろいろなんですよ。
向かって左端から~
うちのサンドラさん、エリザベスさん、カーリンさん、リディアさん。
左の二人はヒップトゥビースクエアというタイプで、エリザベスさんとカーリンさんはデフォの服。

Dsc_6567
サンドラさんにはリディアさんの靴、
エリザベスさんにはカーリンさんの靴を履いてもらいましょう。
脚の細さや形はちょっと違うけど、ヒール足のカーブは皆同じ[かわいい]

カーリンさんは前の記事にも出ていたので‥
ちょっと変わった靴に挑戦!
Dsc_6569
ここでクイズです~この水色のブーツは誰の靴でしょう?[グッド(上向き矢印)]
[ヒントは上の写真にあります]

「ねえねえ、私はこの靴でいい?」とリディアさん。
Dsc_6570
金髪が華やかなリディアさんは可動性が高い、初期のファッショニスタ。
脚が長過ぎず、けっこうリアルな体型じゃないかと思います。
Dsc_6571
水玉の水着の上をトップスに着て、スカートは真っ赤。
リディアさんならこんな組み合わせもあり?[揺れるハート]

「わあ、リディア、いいじゃない」
バービーっぽいかな、と。
「あとね、もうひとり、紹介した人がいるの!」
Dsc_6580
「え、誰、誰?」「あら~~」
右端の彼女、新登場☆
これは~クイズにしてもわからないでしょう‥
私もほぼ忘れてた‥[わーい(嬉しい顔)]

2018年7月 9日 (月)

「書店猫ハムレットの休日」

アリ・ブランドン「書店猫ハムレットの休日」創元推理文庫

書店猫ハムレットのシリーズ3作目。
キャット・ショーに招かれて、フロリダが舞台のお話。

ニューヨークの書店を受け継いだダーラがヒロイン。
書店とともに受け継いだのが、大きくて真っ黒なマスコット猫、いや真の主?のハムレット。
気むずかしい猫なのですが、前作でのハムレットの動きがネットにアップされて、一躍人気者に。
空手大会に出場したダーラの演じる型を猫がいちいち真似ていたのだから、想像するだけでも楽しいです。

ハムレットは、全米キャット・ショーに特別ゲストとして招かれます。
フロリダに飛んだダーラとハムレット。
ここが地元の下宿人ジェイクの母親が出迎えに来てくれます。
場所を移動しても、ただ猫じゃない?ハムレットは、さすが悠々としたもの。
しかし、会場で一大事が起こり‥?!

華やかな街と高級ホテル、キャットショーの様子などが目新しく、テンポよく進みます。
ブルックリンの地道な生活とはまた違う展開。
最後の冒険まで、楽しめました☆

2018年7月 8日 (日)

二色丼ぶりで晩ごはん

主に買ってきたもので整えた晩ご飯です☆

Dsc_6026_2
小松菜と豆腐のお味噌汁だけは自作ですよん↑

マグロとサーモンの二色丼ぶり。[かわいい]
Dsc_6023
本日のお買い得品。[グッド(上向き矢印)]

万福煮物という定番品。
Dsc_6024
これお気に入りなんです~いろいろ入っているので重宝。
4割ぐらいをレンジでチンして。[ひらめき]
レジ前で買い足したデザート。
Dsc_6029
美味しかったです!
Dsc_6031
~が、ちょっとイメージと違いました。
もっとふわふわのタイプを今度は探そう[るんるん][ぴかぴか(新しい)]
[追記:ああ~また、「コメント受け付けない」の設定のままアップしてしまった‥
デフォがそうなのを変えられないみたいなんですよ。
夜中にアップすると設定変えるの忘れちゃうことがあって‥coldsweats02]

2018年7月 7日 (土)

「歌川国芳猫づくし」

風野真知雄「歌川国芳猫づくし」文藝春秋

江戸時代も末期の画家・歌川国芳。
初老の日々を描きつつ、猫好きの画家が猫にまつわる謎を解く連作です。

日本橋で家族と5人の弟子、8匹の猫たちと暮らす歌川国芳。
根っからの江戸っ子で、火事となれば見物に駆けつける。
天保の改革で贅沢が禁止になり、美人画などが発禁になったことに憤慨し、絵に風刺を紛れ込ませて庶民の喝采を浴びる反骨精神の持ち主でした。

「猫飼好五十三疋」という、東海道五十三次に見立てた猫の絵を発表しているほどの猫好き。
行方知れずの猫を心配したり、元気がない猫を評判の良い人間の医者に連れて行ったり。
北斎の後は国芳か広重かと言われていたそうで、広重とは同年。
広重と絵で張り合うのかと思ったら、事件に巻き込まれて推理合戦になり、その後に広重の挑戦を受けて猫好きの証明をすることになったりと、微笑ましいですね。

北斎の娘・応為が北斎亡き後に寄るべのない身になって、ふらりと訪ねてくるというほろ苦い話も、どこかユーモラス。
応為が好きなのでこれが事実としたならちょっと哀しいけど、ひょうひょうとした描き方や北斎を尊敬する画家同士の共感、何気なく行末を考えてあげる心のあたたかさに、読後感はよいものでした。

晩年はペリーが来航した頃とまでは思わず、今の大河ドラマと同じ頃なのねとびっくり。
身近で起きる奇妙な出来事、これがいろいろあるんです!(笑)
それぞれを太っ腹に受け止め、驚きつつも淡々とさばいていく様子が、ざっくばらんな性格と年齢らしい余裕を感じさせて、よかったです。

2018年7月 6日 (金)

誰の靴? ドール回答編

ドールの靴を並べてみました~続きです☆

「ハ~イ! ミフユ」
「あ、カーリンさん、ハロー」
Dsc_6051
「参上したわよぉ。すごい靴ね」
「ああ、これが私達のよね」
Dsc_6056
シルバーのハイヒールを履くカーリンさん。
デフォの服が黒だから、なんでも似合うかと思いましたが‥
「合う人を呼んだほうが良いわね」

Dsc_6057
「お招きにあずかって、来たわよ~」
Dsc_6059
「アマンダ! サンドラ! あらいい服ね」
「靴に合わせてきたの」
圧倒されるmomokoドールの美冬さん。
「わあ‥バービーさんって、迫力ぅ~」
Dsc_6075
クイズのお答えは~もちろん?
1問目、バービー。
ヒール足なので、足のラインに添っている曲線が特徴、華やかな靴が多いです。
世界的に売れましたが、初期の製造をおこなっていた日本でだけ伸び悩みました。
たぶん、大人っぽすぎたんでしょう。

2問目、ジェニー。
リカちゃんと同じタカラ社のもの。
もともと、日本版バービーとして、日本人に受けるように考えてスタートしたドール。

3問目、リカちゃん。
11歳という設定ですが、絶大な人気を誇り、すでに50周年。
日本らしい可愛らしさではナンバーワンでしょう。
Dsc_6077
最終問題、これは~
Dsc_6049
上段向かって左の青い大きな靴は、バービーのボーイフレンドのケンのもの。
上段右の黒い靴は、ジェニーのボーイフレンドのもの。
上段の真ん中は、アメリのもの。
下段は2つともジェニー用でした。
Dsc_6086

2018年7月 4日 (水)

誰の靴?

これは誰の靴でしょう?

Dsc_6032

わかっちゃいますよね~~
Dsc_6038_2 momokoさんのです!

では、これは?
Dsc_6039
ここからがクイズです。
1問目。
Dsc_6040

2問目。
Dsc_6041

3問目。
Dsc_6046

最終問題です☆
Dsc_6048
この5足は、全部違うドールの靴。
[ブッブーッ、いきなり自分が間違えていました。
下の2足は同じドールので、上の2問目と同じです]

Dsc_6049

黒いのがわかりづらいので、この辺をアップにしてみました。
Dsc_6050
みんなわかった方にはドール・シューズ・マスターの称号を差し上げましょう[exclamation][揺れるハート]

2018年7月 2日 (月)

「最後の晩ごはん ふるさととだし巻き卵」

椹野道流「最後の晩ごはん ふるさととだし巻き卵」角川文庫

シリーズ1作目。

芸能界を追放された若者が定食屋に転がり込み、思わぬできごとに出会い‥?!

若手イケメン俳優の五十嵐海里は、嘘のスキャンダルで罪を着せられ、活動休止に。
郷里の神戸に戻ろうとしますが、家族にも顔向けできない。
行くあてもない彼が、たまたま定食屋の主人に拾われます。

夏神留二の定食屋「ばんめし屋」は、夜だけ営業しているちょっと不思議な店。
海里はそこで働くことになったのですが、そこにはとんでもない客が。
しゃべる眼鏡のロイドに、幽霊‥?!

今風なモチーフと、海里が習う料理の基礎のような話題、そこに思わぬ存在までが絡んできて、びっくり。
展開が読めず、やや印象がまとまらない読後感でした。
基本はあたたかいので~奇妙な設定の面白さをだんだん組み合わせて、生かしていくのかな‥?
と期待してます☆

2018年7月 1日 (日)

久しぶりの街・東口の夏

新宿へ行った時の写真です~。

アルタの入り口。

Dsc_5948
たっぷりの造花が黄色と緑と白で夏らしい。
面白い衣装を着たマネキンは何かの企画だったようで~
Dsc_5949
投稿すると何かもらえるとか書いてありました‥SNSかな?
アルタの地下入り口のマネキン。
Dsc_5947
この可愛さはリズリサですね。
見るの大好き~ドールっぽい服なんで。
Dsc_5951
浴衣の宣伝も始まってます。
Dsc_5952
まだコーナーは小さいですけどね、6月ですから。
地下道の壁の、大ポスター。
Dsc_5956
「美しいをありがとう」と書かれた安室ちゃんの表紙などの写真です。
Dsc_5960
ほんとに美しい‥!
引退が惜しまれます。
生地のオカダヤの会員全品2割引きセール目当てで行ったんですが~
これが久しぶりすぎて‥見るだけでも大変で。
そしてやっと決めて並んだら~カット台までが長蛇の列!
反物が重くて抱えきれずずり落ちるのをしばらく何度も持ち直していましたが‥
15分待っても列の進み方が遅いので、ついにリタイヤ。
帰りはトボトボと‥
いえ、久しぶりに色んな所を見て刺激になったし、じゅうぶん下見になりました。
楽しかったんですよ~。
Dsc_5971
お弁当を買って帰り、美味しくいただきました!
コメント受け付けられるようにしてありますので、
気が向いたら、お気軽にどうぞ~happy01

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー