フォト

おすすめ本

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月30日 (土)

「彼女のいない飛行機」

ミシェル・ビュッシ「彼女のいない飛行機」集英社文庫

飛行機事故で生き残った女の子は、誰なのか?
思いつめて失踪した彼女を、兄が探し続けます。

1980年12月、飛行機の墜落事故が起きた。
乗客全員が絶望と思われたが、たった一人生後3ヶ月の赤ちゃんが生き残り、奇跡の子と呼ばれる。
ところが、この飛行機には月齢も特徴もほぼ同じ赤ちゃんが二人、乗っていたのだ‥
両親とともに写真すら失われ、どちらの一家もトルコから引き上げてきたので他に証拠もないという。

富豪と庶民という全く違うタイプの2つの家族が、どちらの子供なのか、裁判をして争うことに。
その結果、赤ちゃんのリリーは庶民の家にひきとられ、兄のマルクとともに育ちます。
お金持ち一家の祖母は諦めきれず、リリーのための資金を提供し、一方では私立探偵に身元を突き止める調査をリリーが18歳になるまで続けるように依頼します。

そして、18年後。
私立探偵が自殺を考えるような状況だったのが、初めてある事実に気づいて、思いとどまることに。えっ、それは何故?
リリーをひたすら愛する兄のマルクは、妹の行方を追って、探偵グラン=デュックの手記を手に入れます。
富豪一家の姉マルヴィナもまた、妹を諦めきれず、事件に絡んできます。

美しく優秀なリリーは、出来過ぎのようですが、これが意外と実在感があり、若さがはちきれるよう。
何といっても純情なマルクが一途で初々しく、二人を応援したくなるので、心地よく読めました。
偏屈というかトラウマで歪んでしまったマルヴィナも、ある意味では一途?

「その女アレックス」のピエール・ルメートルと同時代作家とわかる感じで、ルメートルほど強烈じゃないので、読みやすくて売れているのかも。
ほとばしる感情の流れを描くのに疾走感があり、フランス人はこういうところが文化的に上手なんじゃないかと感じますね。
最後のプレゼントにほろっとしました。
読後感は良かったです。

2018年6月29日 (金)

砂の雫ドレスのハピサマmomoko3つ目

今週は暑いですね~!
先週の梅雨寒からうってかわって。
今日は昼間暑すぎて、考えていたネタがまとまらず‥
ハピサマさんの寝ポーズなどで☆

Dsc_5618
「砂の雫」momokoさんのセットを着ている~
「お約束ハッピーサマー」momokoこと、うちの夏姫ちゃんの記事3つ目になります。
Dsc_5621
↑ここまでは前に撮影した写真から。

Dsc_5977

「もう1ポーズお願いします[exclamation]

「は~い、オッケーです」

Dsc_5979
Dsc_5981
「おぅ、この角度も可愛いよー」
「そうぉ?」
Dsc_5984
「もうこの髪飾り、はずしちゃうわよ~っ」
Dsc_5993
「ピンクの首飾り‥誰の借りたんだっけ?」
Dsc_5989
Dsc_5996
「この角度も‥捨てがたいなあ」
「またまた~何言っちゃって」
深夜まで続く撮影風景[かわいい]

夜遅くに撮ってるだけでも‥汗が目に入ってきちゃいましたよ。[ぴかぴか(新しい)]

2018年6月27日 (水)

久しぶりのロイホでランチ

急に思い立って出かけてきました。
割引のある買い物に出かけようと。[ひらめき]

今日ならちょうど会える日かも!と電話してみたら無事に連絡が付き、
お友達とのランチになりました。[かわいい]

Dsc_5943
ロイヤルホスト、1年半ぶり?
ほんとかな‥
以前はほとんど毎月だったのにね。
最初に来たのはスープ。
Dsc_5942
英国パンにしました。
Dsc_5945
白身魚のフライと照り焼きチキンランチ。
Dsc_5944
美味しかったですよ~。
コーヒーを付けて。
Dsc_5946
お代わりできるのが、友達とおしゃべりするときにはいいですね。[揺れるハート]

メニューはこちら~日替わりのランチです☆
Dsc_5940
照り焼きチキンは洋風であっさりめでした。
美味しくいただきました~[わーい(嬉しい顔)][ぴかぴか(新しい)]

2018年6月25日 (月)

「犬猫姉弟センパイとコウハイ」

石黒由紀子「犬猫姉弟センパイとコウハイ」幻冬舎

犬と猫が仲がいいって、素敵ですよね!
ほっこり優しいフォトエッセイです。

豆柴のお姉ちゃんが先住。
2010年、豆柴センパイが5歳のときに、オス猫のコウハイがやってきました。
捨て猫だったコウハイはやんちゃで、元気いっぱい。綺麗な子ですよ~。
おっとり優しい豆柴センパイのちょっと困った顔も愛おしい。

手術の話や、ある老猫を看取ったこと、センパイのダイエット、震災への心構えなど、話題はいろいろ入っています。
猫飼い、犬飼い、あるいは好きだけど事情があって飼えない人、これから飼いたいと思っている人、被災地の犬猫が気になる人‥
何かと関心のある話題でしょう。

写真にはひたすら癒やされます☆
1冊目『豆柴センパイと捨て猫コウハイ』はロングセラーだそうです。

2018年6月24日 (日)

砂の雫ドレスのハピサマさん、ピンク系

momokoドールの着せ替え中です☆
「砂の雫」さんのドレスセットを着ているのは「お約束ハッピーサマー」さん。
うちでの名前は夏姫ちゃんです。

前記事では、「砂の雫」さんの撮影と同じ~

初夏を意識した敷物と、元気なイメージなのでオレンジ色の薔薇を合わせていましたが~
Dsc_5582
今度は甘いピンク系の背景にしてみましょう。[かわいい]
Dsc_5581
ビスチェも柔らかな色で、リップがピンクだし~
Dsc_5578
これはちょっと、上から見たスカートのラインが綺麗かな、と。
髪に白い花飾りをつけてみました。
Dsc_5586
人間用なので大きいですが、ふちのシフォンが帽子みたいで、ドレスアップ感が出ます。
(もちろん、ドール用に買ってます)
Dsc_5596
白い花を持つと、花嫁さんぽい?
Dsc_5592
いろいろ、置いてみました。

ソファは白木の小物入れにピンクのタオルを掛けたもの。
クッションは、デパートで買ったポプリ入りのサシェ。
テーブルは、ジェニー用。
テーブルの上のレースは、100均のもの。
白いクッションにかけたピンクの羽根は、100均の腕輪です。

背景はイラストボード3色を並べ、チュールを2枚垂らしてあります。
Dsc_5602
ピンクの花束と。
これはユザワヤの造花コーナーのものかな~たぶん。
Dsc_5611
6月だからジューンブライドもありかも[るんるん]

2018年6月23日 (土)

「鎌倉香房メモリーズ」

安倍暁子「鎌倉香房メモリーズ」集英社オレンジ文庫

「香り」で謎解き、というのが面白い。
鎌倉を舞台に、香りに鋭敏な少女が身近な謎に関わっていくシリーズ、1作目です。

高校生の咲楽香乃は、香り専門店『花月香房』の店主の孫で、土日は店にも出ています。
香乃には、香りで人の感情を感じとる不思議な能力があるのですが、そのためにいろいろあって親元を離れ、祖母と暮らしていました。
大学生の雪弥は、土日はバイトに来ている大学生。
二人は子供の頃からの付き合いで、香乃の想いは伝えられないまま、静かに時を育んでいます。

店に来た人のために尽力していると、特殊な能力を生かすことが出来る場合もあります。
感情がわかるだけで、すべてが見えるわけではないのですが。
そんな香乃をいつもサポートしてくれるのが雪弥。
とても優しく完璧に見える雪弥さんですが、他所ではおそらく違う‥?
事件に巻き込まれるうちに少しずつ、いろいろな面が明らかに。
それもこれも、じわじわとこそばゆ~く進む可愛らしい恋のひとつの段階でしょうか(笑)

内気でおっとりして見える香乃ですが、意外に強い発言をして周りを驚かせることも。
それは内心、葛藤があって当たり前ですかね。

鎌倉の風物がしっとりしていて、いい雰囲気です。
登場する大人たちも個性があって、全体はほんわかしたトーンのこの世界の厚みになっています。
ちょっとお茶目だったり、口が悪かったり、意地っ張りだったり、人間臭くいきいきと描かれているので、面白く読めました。

2018年6月22日 (金)

砂の雫ドレスのハピサマmomoko

momokoドールのとっかえっこです。

ハピサマさんこと、「お約束ハッピーサマー」さん、うちでの名前は夏姫(なつき)ちゃんです。
「砂の雫」さんのセットを着て登場ですよ。
まずは~
Dsc_5536
上のビスチエが実はちゃんと下着とセットになっています。
品のいい色合いですが~ちょっと、ドキッ?
チュールをたっぷり重ねたスカートで変身!
Dsc_5540
「ジゼル」の妖精ウィリーのよう。
Dsc_5550
草花が似合う雰囲気~
Dsc_5555
お目々がキラッと。
Dsc_5557
夏姫ちゃんだと、わりあい元気なイメージになりますね。
「砂の雫」さんだと儚げなイメージだけど‥
花束を持つのも似合いそう~
Dsc_5565
薔薇を貰って、嬉しそうheart02

2018年6月20日 (水)

あじさいまつり

月曜日に高槻市方面でありました地震、びっくりしました。
被災された皆様、お見舞い申し上げます。
余震などこの後の被害が拡大しませんよう、祈っております。

あじさいまつりは地元開催です。
Dsc_5387
けっこう有名なんですよ~。
Dsc_5389
大きく育った紫陽花がたくさん、山の上の方まで咲いています。
青紫の綺麗な色合いがなかなか撮れなくて‥
Dsc_5416
何度も撮ったもののうち、これが一番出ているかな~。
Dsc_5394
可愛いピンク色が目を引きました。
よくあるタイプだけど~
Dsc_5413
微妙な色合いが繊細できれい。
珍しいあじさいが植えてある区画。
Dsc_5436
「瀬戸の夕紅です~はっきりした紫が大人っぽい雰囲気。
ガクアジサイ、素敵ですね。
Dsc_5452
金平糖、というらしい。
これもガクアジサイ?
Dsc_5442
ハイワンストロベリーというようです。
Dsc_5456
花びらが白くて丸っこいのが可愛い。

2018年6月17日 (日)

ハピサマ服でカジュアルな砂の雫momoko

ハピサマというのは、「お約束ハッピーサマー」というmomokoドールの通称です。
ハピサマ服でカジュアル服に挑戦している~
DSC_5475.JPG
「砂の雫」momokoさん。
うちでの名前は舞未ちゃんです☆

DSC_5489.JPG
たっぷりしたヘアとけぶるような瞳がエレガントな雰囲気のドール。[揺れるハート]
キュートに変身~ちょっと新境地?[るんるん]

DSC_5481.JPG
違う表情を求めて~[ひらめき]
DSC_5503.JPG
けだるげなお嬢ちゃん?
DSC_5506.JPG

やはり、なんといっても、すらっとしてる~
DSC_5497.JPG
ぷっくり口元が色っぽい?[揺れるハート]
DSC_5501.JPG

あ、このブラウス上がゴム入りだから~
DSC_5525.JPG
こんなふうにオフショルダー(肩出し)に出来るんですよ![かわいい][ぴかぴか(新しい)]

2018年6月16日 (土)

「キラーストレス 心と体をどう守るか」

NHKスペシャル取材班「キラーストレス 心と体をどう守るか」NHK出版

NHKスペシャルのために取材した内容をまとめたもの。
最新の研究成果を踏まえて、ストレスの正体に迫り、対処法を示しています。

現代社会では情報が多すぎて、ストレスが増えているのは、誰しも心当たりのあるところ。
ストレスとは、危機に対応するために心身を緊張させたことが始まり。
原始時代には、襲われたときに逃げるか、闘うという必要があったから。
言われてみれば納得です。

今は問題が起きている真っ最中でなくとも、過去にあった辛いことを思い出し続けているか、未来に悪いことが起きると予想していると、ずっとストレスがかかってしまう。
ストレスは、気分の問題では済まない。
脳や体にも、はっきり影響を与えているのだそうです。

ストレスを軽くする方法を100個書き出しておく、というのがコーピング(対処法)というやり方。
うんと小さなことも含むわけですね~。
けっこう笑えて、参考になりますね。
笑いも、良いストレス対策になります!

運動の効果、栄養のとり方、なども具体的に。
もう一つの有効な取り組みは、マインドフルネス。
いわゆる瞑想を、わかりやすくしたもの。
背筋を伸ばして静かに座って自然に息を吐き、あるがままに呼吸を感じて、雑念を遠ざける。こういったことで、傷ついた脳が回復していくというのが驚き。

ひと通り知っておいて、損はないでしょう。
興味深く読みました。

2018年6月15日 (金)

ハピサマ服の砂の雫momoko

わかる人にはわかる?

謎のタイトル‥
Dsc_5463
「お約束ハッピーサマー」という商品名のmomokoドールの服を着てもらいました。
「砂の雫」momokoさんです。
Dsc_5465
うちでの名前は舞未ちゃん。
バレリーナのようなロングタイプのチュチュドレスを着ていたドールです。

ハピサマさんの服はぐっとカジュアル。
ちょっとボヘミアンぽいブラウスの下は、見せてもいいチェックのブラトップ。
デニムの短パンは長らく見失ってたんですが~[もうやだ~(悲しい顔)]
最近めでたく発掘しました![ひらめき]
Dsc_5466
たっぷりな髪が特徴的。
金髪というかストロベリーブロンドかな‥
Dsc_5467
瞳はけぶるような緑がかったブルーグレイ。
人魚姫のようだといつも思います。
Dsc_5471
すらっと長い脚‥
DSC_5472.JPG
海が恋しくならないのかしら?
なんてね[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

2018年6月13日 (水)

丸の内の中華で集まり

これは何かと言うと~

Dsc_4683
手持ちの地図の該当ページ。
ちょうど折り目のあたりが目的地なので、コピーできず、写真を撮りました。
まあ駅のそばだし、グーグルでもチェックしていったので、大丈夫。
オアゾの中華レストラン「ジ・オーキッド」で。
Dsc_4684
大きな窓から東京駅の見下ろせました。
鉄だったら目が離せない?
お喋りに忙しくて実際はそんなに見ていられなかったです~。
Dsc_4686
親戚の集まりに呼ばれたんですよ。
東京でも「いとこ会」をやりましょうという企画で。
郷里でやったのが楽しかったからということで。
Dsc_4687
私は正確にはほぼ、いとこじゃないんですけど‥
うちは親戚が多くて、親は8人兄弟の末っ子だから世代がずれているんです。
主催の方は、お父さんがうちの父と双子のように育った人なので、お互いに親同士の仲の良さは知っています。
改めてそんな話が出て、懐かしかった‥
姻戚だったり、そのお子さんだったりするから初めての方も多くて。
Dsc_4690
お料理はみんな美味しかったですよ~。
お品書きはなかったかな‥
説明は受けたけど~
ワインも少々
Dsc_4692
これはフカヒレのスープ。
Dsc_4693
焼きそば。
Dsc_4695
デザートのタピオカ。
美味しく全部いただきました。

2018年6月10日 (日)

悩めるエドワードに手を貸すケン

まだ続いてます‥

映画「トワイライト」のエドワードと、バービーのボーイフレンド・ドールのケンです。
無事に自前の燕尾服に着替えたエドワードですが?
Dsc_5263
「ふぅ‥」
重いため息をつくエドワード。
Dsc_5260
「おいおい、どうしたんだよ、エドワード」
ケンのデニムも良く出来ているでしょ。
「まさか、さっきの!」詰め寄るケン。
「なんだ?」
Dsc_5241
「アルマンディとかベルベルティーンとかいうのは何なんだよっ」
「アマンディーヌなら、彼女の愛称だけど?」
「‥な、なぁあんだ」
彼女とはヴィクトリアだと合点するケン。
ところが実は~
(アマンディーヌならアマンダの、ベルベティーンはベアトリスの愛称だけど、なにか問題でも)
と考えているエドワードでした。
まあ‥吸血鬼ですから。
これは~エドワードが運命の女性ベラに出会う前の話なので。
Dsc_5227
「それなら問題ないだろ。この花を持っていくのか?」
「いやっ、それは難しい」
Dsc_5257
「好みがわからないのか」
「俺が花を持っていると‥ 枯れてくるんだ」
「」そ、そうか‥ そりゃ難儀だな」
ヴァンパイアならではの悩み。
Dsc_5233
「そうだ! 途中まで俺が持っていってやるよ」
「え?」
Dsc_5242
「そして、後で追加も届けてやる」
「ケン!」
Dsc_5238
「そこまでしてくれるのか。真の友を得た‥!」
Dsc_5268
「ん?」
Dsc_5271
「ちょ、ちょっと待ったー!」
Dsc_5273
「首がすぐ近くにあると、つい‥ うぇ~‥」
「おいおい‥こっちのセリフだよ」
ヴァンパイアが血を吸うのに男女の区別はないような気もしますが‥
まあ出来ることなら好みの異性、ということもあるかも?

2018年6月 9日 (土)

「ニューヨークの妖精物語」

シャンナ・スウェンドソン「ニューヨークの妖精物語」創元推理文庫

魔法製作所のシリーズで人気だったシャンナ・スウェンドソンの新シリーズ。
またニューヨークが舞台ですが、今度は魔法使いでなく、妖精のお話。
妖精界との交流が、スリルもありつつチャーミングに描かれます。

妹のエミリーが行方不明に。ミュージカル女優として成功したまさにその夜、失踪するなどありえない。
エミリーと同じアパートに住む友人の刑事、マイケルが捜査を始めますが?

エミリーの姉のソフィーが、駆けつけます。
ルイジアナの田舎町に生まれ育った二人、ソフィーも才能あるバレリーナだったのですが、町を出ることは諦め、妹を送り出し応援してきたのです。
長身のエミリーに比べると小柄で一見普通なソフィー。
ただし、勘が鋭く、じつは向かう所敵なし!という頼りになるお姉さん。
そして、ソフィーだけが知っていることもありました。
ソフィーがかって妖精界で踊りを習った見返りとして、エミリーが連れて行かれたのだと。

警察の捜査をかわしながら、真実に迫ろうとするソフィー。
妖精の世界では、宮廷の女王メーヴらの争いが起きていて‥
マイケルもしだいに巻き込まれ、しかも‥?

魔法製作所よりも世界の様相が厚く、念入りに設定され、登場人物も多いです。
伝説にある妖精の特徴も活かしながら、さまざまな魅力あるキャラを登場させています。
ロマンスの香りもありつつ、そう簡単に成就しそうにないあたりは、この作者っぽいかな?
続きも楽しみ!
大歓迎のシリーズ始まりです。

2018年6月 8日 (金)

ご近所の花たち

あちこち花盛り~

Dsc_4875
アザレアかな。
見事なつるバラ。
Dsc_4867
急な暑さで一番いい時は撮り逃がしちゃったけど‥
黄色が新鮮~
Dsc_4872
未央柳。
赤が可愛い~
Dsc_4865
ゼラニウムって昔はもっとよく見かけたような?
Dsc_4646
毎年ご近所のバラを見て回るのが楽しみで。
Dsc_4813
こういうバラ、大好き。
Dsc_4618
こんなのも可愛らしい。
Dsc_4643
まだバラの写真もいいですよね。
この蒸し暑さで、主役は紫陽花の方に移り始めていますけどね。
白いアジサイは人気あるみたい?
Dsc_5288
あちこちで見かけます。
どこにでもあるタイプだけど~
Dsc_5285
季節感はど真ん中。

2018年6月 6日 (水)

燕尾服を着つつ悩めるエドワードとケン

ケンに服を取られていたエドワード、ようやく取り戻しました☆
映画「トワイライト」のヴァンパイアの恋人役・エドワード・カレンのドールなんです。

Dsc_5193
「エドワード! やはり、似合うな」
「ケン、何を言って」
Dsc_5192
「ぐっと映えるよ~彼女も喜ぶだろ」
「‥‥」
Dsc_5214
「ああ、麗しのアマンディーヌ」
「え? そんな名前だったっけ」
「アマンディーヌ、ベルベティーン‥」
「‥ええ?」
挙動不審なエドワード‥
Dsc_5203_2
「自分の気持を抑えてきたが‥
待っていてくれるだろうか」
Dsc_5204
「思いつめてるなあ。
ま、ヴァンパイアとの恋が成就するのがいいかどうか?っつーと、なあ」

「‥ふぅ」
大きなため息をつくエドワード。
Dsc_5228
「ど、どうしたんだ?」
Dsc_5221
ケンはバービーのボーイフレンドで、
このドールは、ベーシックスというラインのもの。
(同じマテル社の製品で、サイズは同じ)
終わらなかった‥ 続きます[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)][ぴかぴか(新しい)]

2018年6月 3日 (日)

サツキとあじさいの庭

うちの庭の場合~
ツツジが終わった頃、サツキがぼちぼち咲き始めます。[グッド(上向き矢印)]

(まあ大抵のは‥)
Dsc_4856
このへんのから咲き始めるの。
Dsc_4855
花は少ないけど、、綺麗。
こちらは大きめの木で~5月19日にはまだこんな感じ。
Dsc_4860
同じ頃の南天。
Dsc_4864
そして、今や上のサツキが満開に!
Dsc_4939
この頃になると、紫陽花もかなり開きます。
Dsc_4942
今年は花つきがいいですね。
Dsc_4946
うちの紫陽花は割と色が地味めですが~
それも愛おしく感じます。

これはまた他の木~
Dsc_4948
サツキも可愛いですね。

うちの例外さん二株~
上の写真は、下の写真の左の方です。
Dsc_4160
左のサツキは、ツツジの季節にはおとなしいんでサツキだと思うんですが‥
ところが、その隣の木はツツジの頃にびっしり花がつきます。↑
そして、二度咲くんですよ!
今も咲いてます~まばらだけど‥
ツツジかと思ったらサツキ? 混ざってる??
謎です~可愛いからいいけど。
これはただの雑草‥
Dsc_4835
でもなんだか、わざわざこう植えたようにも見えますね?

2018年6月 2日 (土)

「まるまるの毬」

西條奈加「まるまるの毬」講談社

お江戸の小さな和菓子屋さんの話です。
全国各地の菓子を作って出すという変わった店で、すぐに売り切れてしまうという。

麹町にある「南星屋」は人気の店。
主人の治兵衛が諸国を修行して歩いて覚えた菓子を2つ3つだけ選んで作るため、珍しい菓子が食べられるのです 。
この治兵衛、もとは武家の次男という出身だが、子供の頃からの菓子好きがこうじて、この道を選びました。
裏通ちの小さな店を親子3代でやっています。

娘のお永は出戻り、菓子に関しては驚異的な記憶力があります。
孫のお君は、花嫁修業中の元気な看板娘。
ちょくちょく訪ねてくる和菓子好きの高僧は、治兵衛の弟。
献上の品を巡って大名との縁ができたり、問題が起きたり。
お君が心通わせた相手と、まとまりそうになったのですが‥

次々に出てくるお菓子がどれも美味しそうで、季節感を大事にしていること、当時の工夫や楽しみにしている様子、微笑ましくも羨ましい限り。
武家の息子が菓子屋になれる、跡取りでなければある程度の融通がきくところもあったのですね。
旅といっても難しい時代に、各地を回るほどの熱意があればこそ、かもしれませんが。

治兵衛には実は出生の秘密があり、これが後々まで思わぬ不自由さにつながる、そういった時代の厳しさもあります。
ほろ苦いものもありましたが、家族が思いやり支え合う、ほのぼのした読後感に和みました。

2018年6月 1日 (金)

ケンから燕尾服を取り戻すエドワード

バービーのBFドールのケンが、エドワードの服を着ていました。

エドワードとは、映画「トワイライト」のエドワード・カレン、ヴァンパイアです。
俳優はロバート・パティンソンだったかな。
このお洋服がなかなかいいんですよ~。
生地も裁断もそれらしく出来ていて。
ケンも着たくなっちゃうわけです。
「おい、ケン、どういうつもりなんだよ」
Dsc_5171
「おーっと、待った、エドワード、落ち着けって」
「ごめん、ごめん、これには理由があって」
「どういう理由だよ」
Dsc_4934
「すぐ脱ぐから! 君がいない間に、さる令嬢に‥」
「何だと?」
「エドワードは昼間は出かけないだろ? だから、代わりに‥」
エドワードはヴァンパイアなもんで~
日光にあたっただけで消えるわけじゃないですが、晴れた昼間は外に出ません。
「君も知る麗しの人に、君の名前でプレゼントを送っておいたよ」
Dsc_5180
「そ、そうだったのか」
「彼女はきっと君を待ってる! さあ、着替えようぜ」
「‥‥‥」
Dsc_5182
「ケン、早くしろよ」
「だってさあ、上着脱ぐと格好つかないんだよね」
Dsc_5186
この洋服、シャツの袖がないんです。
まあそのほうが着せ替え楽だし、シルエットももたつかないんですけどね。
Dsc_5189
なんの写真なんだか?!
Dsc_5188
でもこれ、ハンサムに写っているような気がする‥

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー