フォト

おすすめ本

« 「ブーリン家の姉妹3 宮廷の愛人 上」 | トップページ | ニットとグレンチェックのコートに着替えるmomoko »

2018年3月25日 (日)

「ブーリン家の姉妹3 宮廷の愛人 下」

フィリッパ・グレゴリー「ブーリン家の姉妹3 宮廷の愛人 下」集英社

後半の感想です。

エリザベス女王は無事に即位はしたもののまだ若く、戦乱の続くヨーロッパで、イングランドは大国ではなかったのです。
国務長官のウィリアム・セシルと手を携えて政治を行っていくのだが、国内外の勢力を見張りつつ、折り合っていかなければならない。
プレッシャーに震えるエリザベスを慰めるのは、子供の頃から互いの苦労を知っているロバート・ダドリーでした。

ハンサムで傲慢、血筋はいいが既に家族の後ろ盾はない。
国一番の家柄というわけではないので、エリザベスの寵愛は大貴族たちの反感を買います。
ロバート自身が女王の夫、つまりは国王になる野心を内心いだき始めたから余計に‥

宮廷の具体的な様子や出来事、縁談や戦争の順番がわかりやすく、興味深いです。
恋するエリザベスの女心もわからなくはないけど、女王の立場を考えると、書き方が‥軽すぎというか不用心なような‥?
映画の「エリザベス」のほうが、女王の誇りや自制ゆえの葛藤がある複雑な人間像で、性格は当を得ていたような印象ですね。

映画では、史実とは違うとわかっていながら物語の構成上あえて結末を変えた部分もあり、事件の真相は、この小説のほうが意外と当たっているような気もしました。
シビアーに整理すると、こうなるのか‥!と☆

« 「ブーリン家の姉妹3 宮廷の愛人 上」 | トップページ | ニットとグレンチェックのコートに着替えるmomoko »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ブーリン家の姉妹3 宮廷の愛人 下」:

« 「ブーリン家の姉妹3 宮廷の愛人 上」 | トップページ | ニットとグレンチェックのコートに着替えるmomoko »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ