フォト

おすすめ本

« 手作りパンとハムエッグでランチ | トップページ | ピンクと黒のコートのジェニー達 »

2018年3月 5日 (月)

「源氏物語 宇治の結び(下)」

荻原規子「源氏物語 宇治の結び(下)」理論社

荻原規子の現代語訳、後編。
薫の大将と匂宮の二人の青年の恋愛の成り行きを中心に構成したもの。

当代の人気を集める二人ですが、光源氏ほどの人物ではないと最初にバッサリ書かれていたのが、紫式部の光源氏至上主義?に思えて何だか楽しい。
こう断言されると人物が小さいようにも思えてしまうけど。

女性は、宇治に住んで育った姉妹の大君(おおいぎみ)、中君(なかのきみ)と、田舎から上京した異母妹の浮舟(うきふね)。

ややっこしい経緯を大分忘れていたので、なるほど、こういうことだったのねと思うわかりやすさはありました。
浮舟は見た目は異母姉二人に似ていて、田舎育ちの割には教養もある。
でも若いし世間知らずだし、いきなりこんな状況に放り込まれて、混乱するのも無理ないですね。

紫式部自身、後には出家したらしいし、書いている頃にはかなり厭世的になっていたのでは、とも思われ、自らのキャラ光源氏を悼む気持ちもあったのかも。
それと‥
男ってこんなもの、魅力的だからってね、まったく!と世の女性に知らしめようとしていたのかもしれない?
滅多にないような関係を描きつつも、所々に教訓めいたものは垣間見えるので。

恋愛心理を延々と掘り下げるというのは、この時代にあっては進んでいるというか、薫の君は19世紀に書かれた小説の憂愁の貴公子というタイプにも見えます。
現代でもそういう小説はありえますよね。
イライラするけど、つい読んじゃうみたいな(笑)

誠実だけど優柔不断だった薫も、経験を積んで少し変わっていく。
それぞれの性格、こうなった必然性がきっちり描き分けられていて、それがまた光源氏の一生と響き合いもする。
そのあたりが凄いと思いましたよ。

« 手作りパンとハムエッグでランチ | トップページ | ピンクと黒のコートのジェニー達 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「源氏物語 宇治の結び(下)」:

« 手作りパンとハムエッグでランチ | トップページ | ピンクと黒のコートのジェニー達 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ