フォト

おすすめ本

« 戌年だから白犬ストラップとバービー | トップページ | お正月はお鍋で »

2018年1月 6日 (土)

「西洋菓子店プティ・フール」

千早茜「西洋菓子店プティ・フール」文藝春秋

下町のケーキ屋さんを舞台に描く人間模様。
ものすごく美味しそうなスイーツと絡めつつ、視点が変わるたびに文体も変わる連作短編です。

寂れかけた商店街にある、昔ながらの西洋菓子店プティ・フール。
懐かしい味のお菓子をきっちり作るじいちゃんの店に、
本格的なスイーツを創作もする孫娘・亜樹が加わりました。
店番には、優しいばあちゃんも欠かせない。

子供の頃から祖父母の店が大好きだった亜樹。
中学の時に美しい同級生と親友になり、魅入られるようなひとときを過ごした鮮烈な思い出。
その子のために、初めて菓子を自分で作ったのでした。

クールな先輩の亜樹に憧れる澄孝。
亜樹が店をやめた後も気になって仕方がなく、勉強のためのケーキ屋巡りのついでを装って、亜樹の店を訪れます。

澄孝のことが好きなミナは、ネイリスト。
綺麗なものが大好きで、オシャレには気が入ってます。
まったくの片思いと知りつつ、澄孝に付き合い‥?

店の常連客の美佐江は、悩みを抱えている様子。
店にあるお菓子を大量にまとめ買いしていく。おそらくは‥
そんな買い方を亜樹は断りたい気持ちだったが‥

亜樹の婚約者は、人のいい弁護士の祐介。
大手事務所をやめて、今は商店街にある小さな事務所でご近所の人の愚痴を聞くことも。
仕事に打ち込む亜樹に惹かれたのだが、しだいに亜樹との間にずれを感じて‥

それぞれに大事にしているもの、打ち込むものがあり、その上での動揺や変化があります。
軽薄にも見られかねない若い女の子ミナが、やりたいことがはっきりしていて、気持ちいいですね。
うじうじしていた美佐江さんも、最後には?

仕事一途な亜樹は職人気質というより、天才肌のアーチスト的な印象。
まだ若くとんがっていて、時には周りが見えない。
片思いの連鎖はわかりやすいけど、それで‥
微妙にすっきりしないのがなんでかなと考えてましたが、この終わり方だと、亜樹自身が何をどう受け止めたのかがはっきりしないからかも。
じいちゃんの指摘はキビシイけど、なんとも的確ですね。
そんなじいちゃんの隣を歩いてきた、ばあちゃんの余裕も、とても素敵。

亜樹の作る濃厚なスイーツを、特別な日に、優雅なお店で食べたい!
ただ毎週食べたいのは、じいちゃんのシュークリームでしょうね☆

« 戌年だから白犬ストラップとバービー | トップページ | お正月はお鍋で »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「西洋菓子店プティ・フール」:

« 戌年だから白犬ストラップとバービー | トップページ | お正月はお鍋で »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ