フォト

おすすめ本

« オールアメリカンと対面する先輩バービー | トップページ | グランド・エントランス・バービー登場 »

2017年12月16日 (土)

「エチュード春一番 第二曲 三日月のボレロ」

荻原規子「エチュード春一番 第二曲 三日月のボレロ」

エチュード春一番のシリーズ2作目。
女子大生が一人暮らす家に、小犬の姿で神様が現れ‥?

美綾は「モノクロ」と名付けたパピヨンと一緒に、祖母の家に帰省します。
実は八百万の神の一神だというモノクロだが、ふだんは可愛らしい白黒の小犬の姿。
従弟の家庭教師をしている神官の娘・弓月は、きりっとした女性。

美綾たちに、夜の神社を案内するから見に来るように誘います。美綾たちに、夜の神社を案内するから見に来るように誘います。
そこで美綾たちが見たものは?

神社は、神気がある所に人間が勝手に建てたもの、とはモノクロの弁。人間とは桁違いの感覚で物事を捉えている神は、人間のことなどあまり気にしていないのだそう‥?
神さまにも色々なタイプがいるってことらしいですが(笑)

弓月とその友人の飛葉周はちょっとした霊力があり、そういう仲間のネットワークを作ろうとしていました。
美綾はそんな力はないとあっさり断りますが‥
それよりも、特にやりたいことも得意なこともないと、進路に悩んでいる美綾でした。

美綾の悩みはそうそう、この年齢にとっては大問題!
神様が家にいる、ってのも何ですが‥
少しは理解したいという気持ちもあって、民俗学研究会にも所属しています。
そこで、またしても飛葉に出くわし、さらにつきまとわれ‥?

ちょっとこのストーカーめいたの、リアルに嫌なんですけど。
そういえば、一作目の出来事も案外、神様がらみのファンタジー設定ならではというよりも、現実味のある問題でしたっけ。
付き合う人間が増えていく年頃、思わぬ危険もあるよと、教えてくれるような展開ですね。

親友が良い子でよかった~、獣医の川森先生も大活躍。
身近な人にちゃんと話して、大人にも相談すること!
ですね。
どう話が展開していくのでしょうか~楽しみです☆

« オールアメリカンと対面する先輩バービー | トップページ | グランド・エントランス・バービー登場 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「エチュード春一番 第二曲 三日月のボレロ」:

« オールアメリカンと対面する先輩バービー | トップページ | グランド・エントランス・バービー登場 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ