フォト

おすすめ本

« たかはたもみじ灯路 | トップページ | フェルト手作り服にベレーとバッグを合わせるバービー »

2017年11月25日 (土)

「武則天」

ガオ・イージュン「武則天」NBCユニバーサルエンターテイメントジャパン

DVDのご紹介になります。
私はケーブルテレビで見ていたんですけどね。おすすめですよ~☆

中国で今一番美しい女性と言われる女優ファン・ビンビンの主演。
再評価されている女帝・武則天(則天武后とも)の生涯を、惜しみなく予算を使って、あざやかに描ききったドラマです。

唐が栄えていく時代。
財産家の武氏の娘・武媚娘は皇帝・太宗の後宮に上がり、才人という位を得ます。
(ドラマでは媚娘の名は太宗に与えられる)
快活で大胆、純粋な媚娘はしだいに気に入られ、秘書役のように育てられることに。
美女がひしめく中、皇后は既になくなっていましたが、位の高い側室たちと、後継ぎの王子たちとの間ではせめぎ合いが絶えない。
「武が李に替わる」という占いが出て重臣達の間に武媚娘を遠ざけようという主張が強くなり、やむなく太宗は結婚した娘の侍女につけて、宮廷から出します。

太宗の後を継いだのは、李治。
後の高宗ですが、少年のころから武媚娘を慕っていました。
太宗の死後、後宮にいた女性たちは寺に入れられていましたが‥?
媚娘が宮廷に戻り、二転三転しつつ、ついには皇后になっちゃうという、史実に基づく(以上?の)ややこしいいきさつと李治の一途な愛情がたっぷりと描かれます。

二代に渡って愛され、美しいだけでなく、有能さを発揮した女性。
俗に、残虐とも伝えられますが、それは死後何百年もたってから書かれたことだそうです。
周りじゅうが殺し合っているような時代の只中で、無事に長生きしたことからして、当時はそこまで憎まれてはいなかったのでは。
近年では政治家としての評価が高まっているそうです。

このドラマはとにかく華やかで、アクションは当然ながら踊りなどもプロ級。媚娘もバレエを何年も習ってたなって感じ(笑)
これでもかと凝りまくった豪華な衣装が見応えありました!

« たかはたもみじ灯路 | トップページ | フェルト手作り服にベレーとバッグを合わせるバービー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「武則天」:

« たかはたもみじ灯路 | トップページ | フェルト手作り服にベレーとバッグを合わせるバービー »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ