フォト

おすすめ本

« 長袖シャツにパンツスタイルのバービー二人 | トップページ | 庭の花たち »

2016年10月 4日 (火)

「黄金の烏」

阿部智里「黄金の烏」文藝春秋

八咫烏シリーズ3作目。
雪哉のもとに若宮が現れ、思わぬ事態に‥?!

2作目で朝廷に勤めに出たものの、若宮に忠誠を誓う気になれなかった雪哉は、故郷に戻って暮らしていました。
近くで思わぬ事件が起こり、若宮が訪ねて来ます。
危険な麻薬〈仙人蓋〉が出回っており、この地域でも異変が起きていると。
故郷を守るため、やむなく行動を共にする雪哉。
ぼんくらなふりをしているが、これがやれば出来る少年なのです(笑)

辺境の村が謎の大猿に襲われ、壊滅状態になっていました。
一人だけ生き残った少女・小梅は、なぜ助かったのか?
都まで同道し、事情を探る雪哉。
八咫烏の世界は侵食されつつある‥?!

雪哉がすぐ登場するのは予想通りだけど。
この世界の設定がだんだん明らかになり、これまでとは趣向が違うので面白く読めました。
嫌な人物のねっとり感も、一作目よりも安定した感があります。
若宮は好きな性格ではないけど、背負っている運命がこういう設定だったのかー‥と。
また違う展開で面白がらせてくれるかな☆

« 長袖シャツにパンツスタイルのバービー二人 | トップページ | 庭の花たち »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「黄金の烏」:

« 長袖シャツにパンツスタイルのバービー二人 | トップページ | 庭の花たち »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ