フォト

おすすめ本

« WUDmomokoの服でくつろぐミルクティーさん | トップページ | モンブランとオムライス »

2016年10月25日 (火)

「書店ガール 4」

碧野圭「書店ガール 4」PHP文芸文庫

あ、書店ガールって、4も5も出てたんだ?とあわてて読みました。
主人公は西岡理子と小幡亜紀ではなく、バイトの愛奈と別な書店の彩加。
若い世代の就活などの話なので、より広い対象向けに、わかりやすく描かれていると思います。

新興堂書店でまだバイトを続けている高梨愛奈。
周りではもう就職活動が活発になり、「書店に就職するつもりなの」と聞かれます。
書店員は、けっこう重労働なわりに給料などは決して高くないので、普通は目指すべき仕事ではないらしい?
愛奈の友達に、あまり本を読む子がいないっていうのが、なんとも‥ですが(苦笑)
バイト先でのちょっとした出来事も、本好きには楽しいエピソードですね。

別な駅中書店で働く宮崎彩加は正社員になることができたが、地方の小さな書店の店長にと打診されます。
故郷の沼津では伯母が本屋をやっていて、近くに出来たパン屋と提携する話が持ち上がる‥?!
それぞれ本人にとっては大問題だけど、どろどろした状況ではなく、可能性が広がって面白いです。

4作目はドラマ化の頃に発行されたらしい。
ドラマは視聴率的に惨敗とのことですが~ちょっとキャラの性格やストーリーの狙いが絞りきれていなかったよね。
悪くはなかったんだけどなぁ。私は全部見ましたよ☆

« WUDmomokoの服でくつろぐミルクティーさん | トップページ | モンブランとオムライス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「書店ガール 4」:

« WUDmomokoの服でくつろぐミルクティーさん | トップページ | モンブランとオムライス »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ