フォト

おすすめ本

« 炭火焼豚の甘辛重 | トップページ | 長袖Tとパンツスタイルのベーシックスさん »

2016年10月 1日 (土)

「黄昏の彼女たち」

サラ・ウォーターズ「黄昏の彼女たち」創元推理文庫

サラ・ウォーターズの新作ときては、読まないわけにいかない(感想書くのは遅くなりましたが)
翻訳されないわけではなく、寡作なんですね。

第一次大戦後の1922年。
戦争で父親と兄たちを喪い、老いた母と二人で暮らすフランシス。
屋敷を維持するのも難しく、下働きも雇えないので自ら労働する日々でした。
やむなく下宿人を置くことにして、若夫婦がやってきます。

レナードとリリーの夫妻。
ちょっと嫌味なところもあるけど明るいまあ普通の夫。
綺麗で繊細なところのあるリリー。
初めて家に他人を入れてギクシャクする描写も綿密で、これがいつしか思いがけない恋へと転化していきます。

フランシスの母親が生活のためにも娘の結婚を望むのは、ある意味では当然のこと。
しかし、フランシスにとっては重過ぎる難題。
時代もあり、周りにも理解は求められない閉塞状況。
それでも、惹かれあい‥

同性しか恋愛対象になれないというのは本当は理解しきれないものかも、と思っていましたが。
‥もしかして、恋に男女の区別はない!?
情熱的な恋愛とそうでもない恋愛があるだけかも‥という気がしてきました。
気恥ずかしいぐらい甘い恋愛の揺れ動きと盛り上がり。
ところが‥!

ミステリというより文学といったほうがいいかもしれないウォーターズ作品ですが、事件は起こります!
捜査も裁判も最近のものとは違う雰囲気で、ちょっと距離がある描写のなか、窮地に立つ主人公たちの不安、緊張、悲しみ、思いがけない面‥
救いはないでもないのですが~胸が締め付けられるようでした。
綿密な描写が巧みなだけにね☆

追記:
なぜか改行が反映されない変な現象が起きています。
書き直してみたけど、変わらない‥な、なぜ?
もしかしたら、そのうち、いつの間にか直ってたりするかも‥?

« 炭火焼豚の甘辛重 | トップページ | 長袖Tとパンツスタイルのベーシックスさん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「黄昏の彼女たち」:

« 炭火焼豚の甘辛重 | トップページ | 長袖Tとパンツスタイルのベーシックスさん »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ