フォト

おすすめ本

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月31日 (月)

momokoのハロウィーンパーティー

バービーのアマンダさんにお知恵を借りているmomokoさん達です☆
161028_000403.jpg
「あのぅ、アマンダさん」
「なあに?」
「杏莉ちゃんは妖精のプリンセスだからいいですけど~
わたしはこれでいいんですか? 胸ぶかぶかだし‥」
心配する毬花ちゃん。
「あ~ら、そんなの、どうとでもなるわよ。たとえばねえ」
161031_001125.jpg
「わぁ!」
黒いボレロを羽織ってみました[るんるん]
肩がカバーされるし~黒もハロウィーンっぽい?[ぴかぴか(新しい)]
「黒いブーツでもいいけど‥底が赤でお洒落だからハイヒールのほうが合うかな」

一方、会場では‥
161031_003608.jpg
「ふぅ~」
「出来上がりましたね」
161031_003433.jpg
「こんなもんでいいかしら」
ちょっと着替えてパーティー気分を出した一美ちゃんです☆
チュールのスカートに黒いブーツで[るんるん]

161031_004005.jpg
「こんばんは~」
「うわあ、変わったわねー素敵[揺れるハート]
161031_003720.jpg
「あっ、いらっしゃ~い[るんるん]
紫苑ちゃんはアマンダさんのバルーンワンピをチュニック風に着て、やはりバービーさんの光沢のアル紫のパンツをはいてます。
こういうのはバービーさんの独壇場ですね。

「ここで撮ってもいい?」
「どうぞ、ど~ぞ」
161031_002855.jpg
杏莉ちゃん、チュールのベールをつけて妖精っぽさ増したかな?
161031_004406.jpg
「ハッピー・ハロウィ~ン!」[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

2016年10月30日 (日)

ハロウィンぽい?おやつ

10月に入ってから、ハロウィンぽいものを見かけることが増えてきましたね。
これはちょっと前のですけど~
161004_201513.jpg
黒猫のパッケージが可愛かったチョコケーキ。
味も好みでした。
左は紫芋の色がハロウィンぽいかな?と。

161029_193501.jpg
こちらは29日に買った、かぼちゃパイ。
気分が出ますね~[るんるん]

そしてこちらは‥
161029_193316.jpg
ハロウィンとは関係ないんですけど、今話題の「しょうがココア」
金曜日の夜の新番組で、ぽっこりおなかに効くという~
土曜日はどこの店でもオーソドックスなココアは売り切れでした!
(ミルクココアを毎日2回飲んだらちょっとカロリーオーバーですからね[ふらふら]
かろうじてビターなのが売っていたので、それで[わーい(嬉しい顔)]
正確な分量忘れたので、やや控えめな量で[かわいい]
蜂蜜も一さじ、入れました。
苦くはなくて大丈夫、飲みやすいですね~[るんるん]

↓こちらはオマケ。
ぼんぼちぼちぼちさんのところで、バターを入れるラム酒のカクテルが紹介されていて。
私が好きなりんごの食べ方とちょっと組み合わせが似ているなと思って。
161029_193757.jpg
ちょうど作ってあったものです[かわいい]
りんご(おもに紅玉)をカットして芯を取り、シナモンの粉を振り、蜂蜜をかけ、あればラズベリーなどのドライフルーツも足して、ダークラムを振りかけます。
りんごが甘い場合はそのままでもいいし、レモンを絞ってもgood[グッド(上向き矢印)]
電子レンジに4分ほど(りんごの大きさによる)掛ければ出来上がり。
ダークラムをさらに足してもオッケー。
冷めても美味しいし~
ヨーグルトやアイスクリームを添えても美味しいです[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

2016年10月29日 (土)

「スキン・コレクター」

ジェフリー・ディーヴァー「スキン・コレクター」文藝春秋

リンカーン・ライムのシリーズも11作目。
シリーズが始まってから20年になるそうだけど、作品の中ではそこまでたっていない様子。

リンカーン・ライムは、事故で四肢麻痺になりましたが、精神的にはパワフルなまま、気難しい天才的な科学捜査官。
宿敵ともいえる犯罪者「ウォッチメイカー」が獄中で死亡したという連絡を受けます。
一方、刺青を入れられて毒殺という奇怪な事件が起きていました。
タトゥーをつかう意味とは。
しかも、犯人が残したらしいものから推測されるのは‥かってライムが関わった事件を研究している‥?

一方、よく出入りするパム・ウィロビーがもう大学生になっています。
いぜんの事件をきっかけに知り合った少女パム。
リンカーンの恋人で刑事のアメリアは、パムに愛情を注ぎ、姉妹のように仲がよかったのですが。
恋人の出来たパムはそろそろ自立したい年頃になり、母性愛の強いタイプのアメリアは胸をいためることに‥

最近は変わった趣向の作品も多かったけど、今回はこのシリーズのファン向けの王道といった印象。
はらはらドキドキしつつ引き込まれ、どんでん返しも十分に楽しみ、やれやれ良かった~とほっとする。
また楽しませてもらいました!^^

2016年10月28日 (金)

パーティー用の衣装を選ぶmomoko

こちらでもmomokoドールさん、着せ替え中です☆
何やら、広げています~
161027_233949.jpg
左は「みんつくさん」こと、うちの杏莉ちゃん。
私がいぜん作った木綿のトップスト紫のスカートを合わせています。
右は「はつゆきふわり」さん、こと、うちの毬花ちゃん。
「ミス ウィークデイ」のトップスとリカちゃんの黒いレギンスを合わせています。
161027_234312.jpg
「ふぅ~意外と少ないねえ‥」
「紫って少ない! それに、なんか雰囲気が違くない?」
「黒ならあるけど~オレンジなんて1枚もないね‥」

「ハ~イ、ガールズ! 何かお悩み?」
そこへ、バービーのアマンダさん登場です☆
161027_234938.jpg
「アマンダさん!」
「パーティーに着る服って見つからなくて‥なんか違うって言うか」
「それはね、非日常的なものがいいのよ」
「ひにちじょうてき?」
「普段着じゃダメってことですか‥」
「いえそれは、工夫次第だけどね。まあせっかくだから~たとえば‥」
161027_235938.jpg
「わあ!」
毬花ちゃん、赤いドレスで変身です[るんるん]
161028_000243.jpg
「髪が多いし、可愛い雰囲気だから、赤いリボンもいいわね」
「ありがとうございます~[揺れるハート]
じゃあ、杏莉ちゃんは‥
161028_000710.jpg
「わ!」
淡いペパーミントのドレスを着てみましたよ[かわいい]
襟がファーで立っているので、髪を垂らしているとかぶるから~
161028_001027.jpg
まとめてみましょうか[ひらめき]
161028_001141.jpg
「いいじゃな~い! 杏莉ちゃん」
「よく似合ってるわ。妖精のプリンセスね」
161028_001152.jpg
蝶々の妖精かな?[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

2016年10月27日 (木)

秋チュニックとパンツスタイルのmomoko

momokoドールの「ナチュラルデイズ」さんです。
161027_003023.jpg
何やら、立ち尽くしている様子‥
うちでの名前は一美(ひとみ)ちゃんです☆
161027_003540.jpg
秋らしいボルドー系の中間色のチュニックを着てもらいました。
チュールレースが使ってあるおしゃれなデザイン。

「一美さぁん! お手伝いに来ましたよー」
紫苑ちゃんの登場です☆
161027_003330.jpg
momokoの「ディープ・ヴァイオレット」さん[かわいい]
白いカットソーの下はオーソドックスなデニムに着替えました。
161027_004332.jpg
「何でもお手伝いしますよ」
「助かるわぁ~もう、どうしたらいいか‥」

「もっとお花あってもいいかと思って、持って来ましたよ」
161027_004922.jpg
「わっ、すご~い[晴れ]
161027_005045.jpg
「それとも‥椅子がもっと要るかな、それより~食べ物載せるところ?」
「あ、そおねえ[ひらめき]
何が始まるのかな?[わーい(嬉しい顔)]

2016年10月26日 (水)

モンブランとオムライス

友達と会った日に~
おしゃべりが弾むティータイム。
161008_150900.jpg
私は、カプチーノとモンブランにしました[るんるん]
161008_150932.jpg
セルフサービスなので、リーズナブル。
Qscafe
JR新宿西口地下、改札のそばの階段上がったところのお店でした。

こちらはその後の晩ご飯。
161008_175602.jpg
きのこのモンブランのセット。
中身も美味しそうでしょう。
161008_175639.jpg
マイルドで間違いのないお味[揺れるハート]
コロンバンです~
小田急ハルクの脇の入り口から階段を上るお店です。
美味しかったですよ~[わーい(嬉しい顔)]

2016年10月25日 (火)

「書店ガール 4」

碧野圭「書店ガール 4」PHP文芸文庫

あ、書店ガールって、4も5も出てたんだ?とあわてて読みました。
主人公は西岡理子と小幡亜紀ではなく、バイトの愛奈と別な書店の彩加。
若い世代の就活などの話なので、より広い対象向けに、わかりやすく描かれていると思います。

新興堂書店でまだバイトを続けている高梨愛奈。
周りではもう就職活動が活発になり、「書店に就職するつもりなの」と聞かれます。
書店員は、けっこう重労働なわりに給料などは決して高くないので、普通は目指すべき仕事ではないらしい?
愛奈の友達に、あまり本を読む子がいないっていうのが、なんとも‥ですが(苦笑)
バイト先でのちょっとした出来事も、本好きには楽しいエピソードですね。

別な駅中書店で働く宮崎彩加は正社員になることができたが、地方の小さな書店の店長にと打診されます。
故郷の沼津では伯母が本屋をやっていて、近くに出来たパン屋と提携する話が持ち上がる‥?!
それぞれ本人にとっては大問題だけど、どろどろした状況ではなく、可能性が広がって面白いです。

4作目はドラマ化の頃に発行されたらしい。
ドラマは視聴率的に惨敗とのことですが~ちょっとキャラの性格やストーリーの狙いが絞りきれていなかったよね。
悪くはなかったんだけどなぁ。私は全部見ましたよ☆

2016年10月24日 (月)

WUDmomokoの服でくつろぐミルクティーさん

momokoドールさん同士のお洋服のとっかえっこです☆
今度はミルクィーパーティーさんがWUDmomoko019さんのセットを着てみますよ。
160820_221139.jpg
ほら!
明るい杢グレーのトップスに花柄レギンスの組み合わせ。

うちのドールの名前は有紗ちゃん[かわいい]
160820_221220.jpg
シンプルで実用的なカットソー、リアルクローズですね。
裾が広がっているのが今風[るんるん]

開放的な気分になりそう~
160820_221307.jpg
ちょっとお茶目に?
160820_221454.jpg
伸びるのでポーズも変化がつけやすいですね。

160820_221601.jpg
部屋着風だから、こんなポーズも?
写真集風だったり[キスマーク]
160820_221751.jpg
たっぷりの髪をかきあげて☆
有紗ちゃんだと~こんな感じもいいかも[揺れるハート]

「わあ、有紗さん、ノリノリですね~」
160820_221915.jpg
「碧生ちゃんのこのお洋服がいいからよ、着心地いいわ」
「ありがとうございます! ‥いやぁ~ここまでポーズできるのは有紗さんだからですよ~」
「そおかなー?」
なかなかいいモデルさんです[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

2016年10月23日 (日)

10月の花と木の実

フィギュアスケートもシーズン本格化です☆
グランプリシリーズが始まりました。
初戦アメリカ大会で真央ちゃん、佳菜子ちゃん、それにシニアデビューの子もいますよ。
まだまだこれから完成していくのでしょうが~
新しいプログラムを見ることが出来るのが楽しみです[るんるん]

さて、ご近所のお花たちです☆
161016_155749.jpg
ニチニチソウの奥はトレニア。
花期が長いですね~10月末でも元気!
うちのニチニチソウはほとんど終わっちゃいましたけど[ふらふら]

161002_165430.jpg
これは実ですが~ムラサキシキブ。
お花は小さくてかわいいけど目立たず、実のほうが見事☆
風が強くて~細い枝が揺れています。

161021_163117.jpg
秋らしいお花。
キバナコスモスかな‥実はこれもけっこう花期長いです~[わーい(嬉しい顔)]

今年はあちこちで見かけました~
161016_160509.jpg
アメジストセージでしたか[ひらめき]
もこもこした感じのお花でボリュームもあって、秋らしいですね[ぴかぴか(新しい)]

161016_155755.jpg
ペンタス?
星形の花びらが可愛い[かわいい]

161021_162729.jpg
チェリーセージでしたっけ?
この色好き[揺れるハート]

アメリカハナミズキの街路樹に近づくと~
161021_164841.jpg
葉は紅葉しかけで半端な色だけど、実が真っ赤で可愛い[キスマーク]

何だかすぐわかります?
161016_160042.jpg
柿みたいな色だけど~薔薇の実ですよ[るんるん]

2016年10月22日 (土)

「書店主フィクリーのものがたり」

ガブリエル・ゼヴィン「書店主フィクリーのものがたり」早川書房

小さな島で唯一の本屋を営む主人公。
偏屈な男性が幼い女の子を育て、しだいに人と関わるようになる。
とてもいい話でした。

大学でポーを研究していたフィクリーは、妻の故郷で本屋を開きました。
ところが妻がとつぜんの事故死。
酒におぼれる彼に、意外な運命の扉がひらきます。

本屋に女の子が置き去りにされたのです。
2歳半のマヤ。
思わず世話を始める彼が一時的なことと言いながら次第にほだされ、ふいに愛情を自覚することに。
周りの人々も、心配して様子を見に来ます。
母の姉のイズメイや、その夫の作家、警察署長で人の良いランビアーズ。

そして、はるばる島まで本の営業にやってきた取次店の女性アメリア。
大柄でアンティークな服が好き、(ビッグバードというあだ名だった)ぽわぽわの金髪の彼女。
自分の好きな本しか注文しない気難しいフィクリーと、しだいに心を通わせるようになってゆくのです。

本を愛する気持ちがあふれていて、そんな人たちの交流に心温まります。
泣けるけど~感傷的というのではなく、ちょっと距離を置いた寛容さやユーモアがいい。
登場人物にいろいろな面があって、単純ではないのが魅力的ですね。

各章のはじめに、フィクリーが好きな短編が紹介されているのもお楽しみ。
マヤに向けて書き残したものということのようで、愛情あふれる内容なんです。
本屋大賞で受賞したため知りましたが、これは素晴らしかった!

2016年10月21日 (金)

ミルクティーさんのドレスを着るWUDmomokoさん

momokoドールの着せ替えです☆
「ミルクティーパーティー」さん、こと、
うちの有紗ちゃんのデフォをご紹介しているところへ~
「こんにちはぁ♪」
160820_214932.jpg
WUDmomokoドールさんがやってきました。
「わ、初めまして!よね」
「碧生(あおい)です、よろしくお願いします」
「有紗です~ちょっとだけ、先輩ね」
160820_215209.jpg
「もっとよく見せて」
「こうですか」
「いいじゃない! 着易そうねえ~花柄が可愛い![かわいい]
160820_215521.jpg
「ありがとうございます! 有紗さんのお衣装こそ、素敵~![ぴかぴか(新しい)]
「‥‥‥」
「どっちも、いいわよね」
「タイプ違いますけど~」
「考えてる事は同じ?[ひらめき]

碧生ちゃん、有紗さんのセットを着てみましたよ。
160820_220411.jpg
「わぁ‥[揺れるハート]
ドレス着ちゃったー靴はピンクのパンプス!
160820_220539
おとなしやかな碧生ちゃん、つぶらな瞳が愛らしいです。
160820_215917.jpg
たっぷりの髪を広げると、独特な雰囲気に‥
ドレスの色とコントラストがつきますね[かわいい]
どうでしょう?[わーい(嬉しい顔)]

2016年10月20日 (木)

momokoのミルクティーパーティーさん

どんどん秋が深まっていくようですね。
冬物を出すのに忙しく、見ている服の色が茶色や黒、エンジと濃くなってます。
momokoさんの服も秋冬らしい色のをあれこれ見つくろっていたんですが‥
ちょっとまとまらなくなってきたので、気分を変えて。

momokoドールの「ミルクティーパーティー」さんです☆
久しぶりに~デフォで改めて撮ってみました。
160820_211506.jpg
最初に着ていた格好が可愛いので~
ちょっとファンタジックなイメージかも[かわいい]
160820_212148.jpg
うちでの名前は有紗さんです。

ハイウエスト切り替えのふわっとしたチュールのワンピース。
繊細なクリーム色のドレスがきゃしゃなスタイルにマッチしているように思います。
160820_212007.jpg
靴は珍しいマットなピンクのパンプス。
これが可愛いの[キスマーク]
後姿☆
160820_212315.jpg
つややかな赤毛~前髪はぱっつんで、後ろは波打ってます。
160820_212530.jpg
大人っぽさと少女っぽさが同居したような‥
160820_212842.jpg
ちょっと変わった雰囲気を生かして撮りたいんですけどね~
160820_213038.jpg
たっぷりの髪、ちょっと寄せたりすると表情が変わりますね[かわいい][ぴかぴか(新しい)]
コートもついているので、それはまたいずれ[わーい(嬉しい顔)]

2016年10月19日 (水)

海鮮丼のセットでランチ

お友達と一緒のランチです☆
新宿西口のLタワーの地下で。
海外在住の友人含めて4人で久しぶりに会う集まりだったので、
和食がいいだろうと行ったことのある人のオススメで。
161008_131835.jpg
「北の海道」というお店。
北海道の海の幸が売りのようですね。
最初なので、海鮮丼にしました。
161008_131846.jpg
美味しそうでしょう[揺れるハート]
161008_131854.jpg
掻き揚げもついてます[晴れ]
161008_131911.jpg
味噌汁は、石狩汁というわりにはシンプルだけど~
大根入りで鮭の出しなのかな?
けっこう美味しかったです。
これで800円台ですからリーズナブル。
ランチがお得ですよ~[るんるん]
西口はよく行くにもかかわらず、ここは盲点でした![かわいい][ぴかぴか(新しい)]

2016年10月18日 (火)

「菜の花食堂のささやかな事件簿」

碧野圭「菜の花食堂のささやかな事件簿」(だいわ文庫)大和書房

小さな店でお料理教室をする先生と助手、生徒さんたち。
丁寧に料理を作りつつ、身近な困りごとを解決していくお話で、和みました。

東京郊外の古い町並みにある~菜の花食堂。
休業日に月2回行われる料理教室は大人気なのです。
オーナーの靖子先生は、さりげなく料理の基礎を取り入れながら、日常的に作りやすくて美味しいレシピを教えてくれるのですから。

婚約者に自慢の手料理を食べてもらったら、別れを告げられてしまった?
初老の男性が苦手だった茄子の、唯一食べられた料理とは‥
頼まれて買ったケーキが捨てられた背景には何があったのか。
元気なおばさんの不審な行動の理由は?

助手の優希は、職を失って困っているところを、たまたま靖子先生に助けられました。
かっての同僚に引っ掻き回されたとき、あとでバッサリ切ってくれる先生がかっこいい。

優しくて細やかで鋭い、しっかり者の先生は、出来すぎなぐらいですが~
意外なことに実の娘とは上手くいっていない。
子供が自立しようとするとき、出来すぎな親は実は厄介な難題なのかも?
それも解決へと向かう方向で、終幕へ。
ほのぼのする読後感で、とても素敵でした。

追記:昨日アップした記事が改行されていなかったので、やり直してみています。
水曜日の分は後ほど。

2016年10月17日 (月)

ダラ猫とmomoko二人

momokoのディープ・ヴァイオレットさんです。
白いカットソーと、赤系チェックのギャザースカート。
161017_010112.jpg
ちょっと前に「海と太陽」さんこと瑛美ちゃんが着ていたトップスと、
「みんつく」さんこと、杏莉ちゃんが着ていたスカートの組み合わせ。
ふわっと秋らしい?

161017_010208.jpg
こちらはスレンダーなライン。
ゆとりは十分、あるんですけどね‥
モデルは「はつゆきふわり」さんこと、うちの毬花ちゃん[かわいい]

室内にいるイメージで。
161017_010008.jpg
「わあ、なぁに、この子達!」
「かわいい~!」
何を見ているんでしょう?

「どうしたらいいの、撫でても大丈夫?」
「人懐こいみたいよ‥ほら」
161017_010522.jpg
「抱っこできちゃったー」

161017_010754.jpg
「もっと抱っこできそう」
「きゃー興奮しちゃう」
161017_011005.jpg
「たまんないぃ」
「すごい可愛いね~」
コンプリート![かわいい][ぴかぴか(新しい)]

2016年10月16日 (日)

ダラ猫天国

これは何でしょう?
思い思いにくつろぐ猫ちゃんたち☆
161014_225404.jpg
カプセルトイか?リーメントの小物みたいですが~
161014_225712.jpg
実は、こうやって遊ぶもの‥[るんるん]

161014_224723.jpg
箱の表側の写真です。
不安定なソファに一匹ずつニャンコをのっけていくというゲームなんですよ。
リハビリのために購入したというレビューもありました[ひらめき]
なるほどねえ!

161014_224823.jpg
箱の裏側~

161014_225933.jpg
全部のせるのは、けっこう大変かも!
でも無理に全部のっけなくても‥いろんな遊び方が出来そうですよ~[わーい(嬉しい顔)]

161014_231153.jpg
スツールを別にして、のっける遊び方も出来ます。

161014_230334.jpg
ひっくり返っちゃっても可愛いニャ[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

2016年10月15日 (土)

「アルファベット・ハウス」

ユッシ・エーズラ・オールスン「アルファベット・ハウス」ハヤカワ・ポケット・ミステリ

「特捜部Q」シリーズが人気のデンマークの作家、オールスン。
じつはこれがデビュー作とは。重厚でスリルあふれる作品です。

第二次大戦中。
英国軍パイロットのブライアンとジェイムズは、ドイツに不時着。
必死で逃げ延びて列車に飛び乗り、重症のナチス将校になりすますことに。
搬送先は「アルファベット・ハウス」と呼ばれる精神病院で、戦争神経症の患者が集まっていました。
そこに実は悪徳将校の4人組も病気のふりをして紛れ込んでいて、互いに見張り疑い合う息詰まるような生活が始まる。
やがてブライアンだけが命がけで脱走しましたが‥

ブライアンはジェイムズを捜しますが、行方は知れないまま。
医師として成功し、オリンピックでドイツに行くことになったブライアンは、かっての悪徳将校が町の名士になっていることを知って驚きます。
病院の看護婦で献身的なペトラや、ブライアンの妻も、すれ違いつつ果敢に役割を果たします。

戦争物というよりは冒険物、それよりも特殊な状況下での友情物というべきか。
切ない幕切れ。
これほど長い間‥
と思うと胸が詰まるものがありますが、苦いようでも、先に希望はないでもない終わり方。

デンマークの作家だけど~ドイツでも大人気とか。
ルメートルの「天国でまた会おう」はやはりフランス的だったかな‥と。
戦後へと続く友情物という共通項がありつつ、何となくですが~お国振りの違いを思いました。

2016年10月14日 (金)

ハピサマブラウスにニットスカートのmomoko

momokoさんの着せ替えです☆
ちょっと前にハピサマさんのブラウスに色々なボトムスを合わせていました。
そのときの写真がもう1種類残ってたので~
モデルは「選べるモモコドール」の真ん中分け黒髪右向き目さん。
うちでの名前は咲耶さんです[るんるん]
160803_232016.jpg
手作りの木綿のロングスカート。
綿レースが可愛いかな。
160803_231735.jpg
淡い水色だけど丈が長めなので、ちょっと初秋モードというつもりだったかも。
長い髪にこのファッションは似合う?

このブラウスにニットのスカートを合わせてみました。
161014_002250.jpg
明るいクリーム色で、長め丈で大人っぽく。
靴は豹柄スリッポンで気分を変えて。
どうかな~‥
161014_002444.jpg
かりんちゃんと[かわいい]

161014_002623.jpg
鈍いグリーンのニットスカート、今度はひざ丈です。
シンプル!
161014_002924.jpg
ダスティパステルといった色合い。
色はブラウスに合うけど~ちょっと、微妙にダサイような‥
顔色が悪く見えるからかな[ふらふら]
161014_003152.jpg
ちょっと思い切って、赤にしてみたら~どうでしょう。
鮮やかな色だとすっくと立つ感じに見える?
161014_003417.jpg
顔色もこの方が良く見えるかも[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

2016年10月13日 (木)

赤系チェックスカートにパーカ合わせのmomoko

momokoさんの着せ替えです☆
みんつくさんこと、杏莉ちゃんに~
160912_232824.jpg
いぜん作ったお気に入りのスカートを着てもらいました。
2種類の可愛いチェック柄の生地を縫い合わせてあります☆
着ているレーシーブラウスとカーキのショートブーツで合うんじゃないかな?と。

ウエストがギャザーなので、ちょっとカバーしたいですよね。
160912_233142.jpg
このブラウスは一体型なので、裾だしが出来ないから~
グレーのノ-スリーヴのパーカを重ねると、雰囲気変わる?
160912_233344.jpg
前を留めると、さらに変わります。

今度は~髪をきりっとまとめて、学生風?
161006_224437.jpg
ブーツをちょっと大き目のごついタイプに。
ごつくても色や形はきれいなので女の子らしい[揺れるハート]
羽織りもグレーですが、七分袖なのでまたちょっと変わりました~。
これはリカちゃんの長袖なんですけどね。
161006_224626.jpg
ちょっと渋い色のバッグを持ってみたり。
お花でも買いに行くのかな?
161006_225009.jpg
小さなオレンジのバッグも秋らしい。
髪を留めているクリップは、人間用。
こういう小さいのがあるので、ドール用に重宝してます[るんるん]

161006_224850.jpg
この秋は、赤や茶色、オレンジ、バーガンディなど、例年以上に暖色が目に付きます。
特にこんな赤みがかったテラコッタ系の茶色は流行色ですね[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

2016年10月12日 (水)

ロイホの和風ハンバーグランチ

ロイヤルホストでのランチです。
160927_140540.jpg
ハンバーグ定食というか~
あつあつ鉄板和風ハンバーグランチかな?
スープ付き。
160927_140552.jpg
上から見たところ。
がっつり系ですね~でも女性にも大きすぎないぐらい[晴れ]
160927_140529.jpg
鉄板に乗ってくるので、あつあつ~
大根おろしがさっぱりして嬉しいですね[揺れるハート]
この後にコーヒー&お喋りもね[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

2016年10月11日 (火)

「猫の形をした幸福」

若夫婦が猫を飼い、とても幸せに暮らしていましたが‥?
愛あふれる切ない物語。

小手鞠るい「猫の形をした幸福」ポプラ文庫

若夫婦が猫を飼い、とても幸せに暮らしていましたが‥?
愛あふれる切ない物語。

彩乃と未知男は見合いで出会って一目惚れ。
すぐに結婚して北米にわたります。
どちらもバツイチで、抱えているものもありました。
理想的な相手と、きれいな田舎町で暮らすことに。
まるで少女の夢見た物語のように、甘く可愛らしい展開。

保護施設で見つけた長毛のうつくしい雄猫マキシモ。
猫のことで毎日笑い、夢中になり、猫を中心にすっぽりと愛に包まれた暮らしが積み重なってゆきます。
そして16年。
猫の病気を見守る日々から、喪失へ。
これまでの幸福が暗転したかのように、苦しむことになります。

愛猫との暮らしぶりと、その後の嘆きがあまりにリアル。
設定は私小説というわけではないのでしょうが。
猫を見送った辛さを、こういう形で描かずには、乗り越えられなかったのかも。

夫婦でも悲しみ方にも違いがあり、慰め合おうにも当初は互いの顔を見ても悲しみが増すばかり。
やがて、二人の胸の中に同じ形をした空洞があると思うに至ります。
やっと少しずつ、気持ちの整理がつきかけたところまで描かれています。
まったく身動きの取れないようだったのが、いつしかさらさらと変化していく兆し。
そのことを救いに。

経験があるので、気持ちはわかりすぎるほどでした。
でもね‥出会えた喜びは、別れの辛さよりもきっと強いと思うんですよ。
悲しみは完全に消えることはないけれど、苦しみはだんだん薄れていってくれます。
そして、愛と幸せな思い出は、いつまでも続きます。

2016年10月10日 (月)

花柄スカートに黄色と白のカーデを合わせるmomoko

momokoさんの着せ替えです☆
161010_005443.jpg
ちょっとエキゾチックな柄のスカートはいかがでしょう。
うちの杏莉ちゃん、ずっと出ているので~髪をまとめてみましたよ[るんるん]
161010_005826.jpg
黄色いレースのカーデを合わせてみました。
ギャザースカートにカーデの着せ替えにちょっとはまっちゃって‥
いぜん作ったもので、簡単なつくりなんですが~
何となく好き[かわいい]
161010_010314.jpg
かりんちゃんと記念撮影[揺れるハート]

161006_001540.jpg
髪を変えてみようかな‥
161006_001752.jpg
髪をゆるめにまとめて、白いカーデに。
薄紫のクリップで下のほうで留めています。
靴はカーキのブーティにして。
161006_001928.jpg
連休に別荘でゆったりするお嬢様?
この髪形も雰囲気変わっていいかも[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

2016年10月 9日 (日)

月餅と中華麺と烏龍茶

これは何でしょう~?
160924_134151.jpg
ご近所の方にいただいた、月餅と葡萄です。
160924_134254.jpg
月餅は、中国旅行のお土産。

せっかくなので~ランチも中華にしようかな‥
160924_162454.jpg
自分で作ったので栄養満点過ぎて~見場がちょっと良くないかも[ふらふら]
160924_162530.jpg
これ、どういうのか、わかります?
稲庭うどんのメーカーの作った中華麺なんです。
美味しかったですよ[exclamation]

お茶も中国茶にしましょうか。
160924_162250.jpg
久しぶりに~どっかにあったはず!と探し出しました。
凍頂烏龍茶。
どういう意味なんでしょうかね。
160924_163646.jpg
確か~中国茶用の器をひとつだけ買ったはず‥
あった、あった!
たまには、中国茶をしんみり味わいましょう[いい気分(温泉)]
160924_164131.jpg
月餅を切ったところ。
みっしりと重たい食感です[わーい(嬉しい顔)]
美味しくいただきました~[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

2016年10月 8日 (土)

「アガサ・レーズンと死の泉」

M.C.ビートン「アガサ・レーズンと死の泉」原書房

アガサ・レーズンのシリーズも7作目。
美しい田舎の村へ戻って、またまた事件に巻き込まれます。

ハンサムな隣人ジェームズとは結婚直前に破談となって、まだ気まずい関係。
最初は仲直りのチャンスをうかがっていたアガサだが、まだ許せないでいるジェームズとは何んだかんだとすれ違ってしまい‥?

近くの村アンクームにある泉をめぐって、ミネラルウォーターの会社に利用を許すかどうかが教区会で問題となっていました。
住民同士がはげしく対立し、ついに事件が!

アガサはミネラルウォーター会社の広報を依頼され、冷たいジェームズを忘れるように仕事に打ち込みます。
年下でイケメンの経営者に言葉たくみに言い寄られ、自尊心を少し取り戻しかけます。
ところが‥?

ご近所の住人とは違う、土地の有力者たちに探りを入れると、さんざんな目に。
英国の身分差別意識ってあるんだな~。
生まれも育ちも違いすぎるジェームズと理解しあうのが難しいのも、やむを得ない?
猪突猛進なオバチャンだけど、可愛いところもあるアガサ。
紳士だけど、かなり不器用なジェームズ。
じつは割れ鍋に綴じ蓋でお似合いのような気もしますが~(笑)

2016年10月 7日 (金)

ピンク系スカートに白白ニットのmomoko二人

火曜の夏日ほどじゃないけれど、けっこう気温が上がった木曜日でした。
夜になっても2階は熱気がこもっています。
ところが1階はぐんぐん気温が下がって、半袖のTシャツのままでいたら、くしゃみが出ました。
これは~‥
金曜日は気温が下がるんですね。

momokoの「みんつく」さんこと、うちの杏莉ちゃんが着せ替え中~
白いレーシーブラウスに色々合わせて見ています☆
161005_233307.jpg
「こんにちは~杏莉ちゃん」
そこへ、海子さん、こと「海と太陽」さん登場☆
うちでの名前は瑛美ちゃんです。
161005_233932.jpg
「わぁ、瑛美ちゃん! 着替えたのね~」
ボトルネックの白いニットにふわっとしたギャザースカート。
9月には黒いミニワンピを着せていたので、かなりイメチェンでしょう[るんるん]
スカートは、微妙な中間色で細かい柄なので、ボリュームのわりに主張しすぎないかも。
ゆるっと優しい感じが今風?かと[揺れるハート]
「じゃあ、私も~」
161005_234036.jpg
ピンク系の羽織りものにしてみましょうか。
レーシーブラウスだけでは寒そうなので~
いぜん作ったピンク系のニットを出してきました。
ピンクのボタンがついた七部袖のカーデです[かわいい]
161005_234224.jpg
並んだときに~何となく似合う?

または~これに、変化をつけるとしたら‥
161005_235304.jpg
濃い色のスカートも似合いそう☆
帽子をアクセントに、スポーツミックスで。
161006_002039.jpg
「じゃあ、私はこっちを着るから~瑛美ちゃんも」
レーシートップスの上に、白いロングカーデを羽織る杏莉ちゃん。
その心は~
161006_030454.jpg
瑛美ちゃんは、白いカーデとツインになっているニットを重ねて。
二人とも~トップス白白コーデ。
薄手だけど2枚ずつだから、そんなに寒そうじゃないでしょ[るんるん]
決まった?[かわいい]
あ、足元は可愛いスカートにもいかにも可愛いのじゃなくて~
がっしりしたブーティやスポーツタイプを合わせるほうが今風なんだけど~
確か、この靴は二人ともデフォじゃないかな?!
偶然だけど、やっぱり似合うんですね~[ぴかぴか(新しい)]

2016年10月 6日 (木)

木綿スカートに白ニットのmomoko

火曜日は洗って畳んで仕舞った夏服を出して、着て行きましたよ~。
準備しておいた服では、暑過ぎて、出かける直前に。
水曜日はほどほどでしたが~
木曜日も暑くなるみたいなので、時機を逸したかなと思っていた写真をアップしちゃいます。
160912_234333.jpg
モデルはmomokoのみんつくさんこと、みんなでつくるモモコドール。
うちでの名前は杏莉ちゃんです☆
160912_234429.jpg
前から着ているレーシーブラウスに重ねて、
いぜん手作りした木綿のスカートと白いニットを着せたところ。
スカートは細かい柄を見つけたのがうれしくて[るんるん]
濃い目の色が晩夏かなあって‥もう完全に秋だけど[ふらふら]

160912_234707.jpg
ニットは、セーターと大きめのカーデがツインになっております。
オーバーサイズめが最近の流行にもマッチしてる[exclamation&question]
ニットは編んだわけではなく、素材をカットして縫い合わせたものなんですよ[いい気分(温泉)]

チェックのギャザースカートにも合いそうです[揺れるハート]
160912_235031.jpg
靴はゴールドのヒールサンダル。
ウエッジヒールというのだったかな。
160912_234909.jpg
長い髪の少女が‥
160912_235038.jpg
‥もの想う日暮れ[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

2016年10月 5日 (水)

庭の花たち

サルスベリ(百日紅)まだ頑張ってます☆
161002_163928.jpg
主に高いところのが咲いてるので、撮り難いけど~
後から伸びた枝なんでしょうね。

160925_163211.jpg
紫色の小さな花としゅっと伸びた葉っぱが可愛いヤブラン。
160925_163000.jpg
ヤブランと混じり合ってる彼岸花。
彼岸花は毎年、お彼岸の頃に見事に咲きます。
10日ぐらい持つかな‥
160925_163045.jpg
これが年々、陣地を増やしていくんですよ~。
もともと植えたものではなく自生したものだし。
ヤブラン」は植えたものですが、これもけっこう強いです☆
この水はけの良くない土地に合うものだけが生き残ってるので~

裏庭のムクゲ(槿)
161001_162105.jpg
ふわっと柔らかい花びらの可愛いお花で大好きです[かわいい]
これも、とんでもなく高いところに伸びた枝に花が咲いてるので~
161001_162127.jpg
枝を思い切って引っ張り寄せて撮りました
この夏に成長した柔らかい枝なので、直角に近いぐらい曲げても平気なんですよ。
ぐいーんと元に戻ります[わーい(嬉しい顔)]
まだ咲いていて良かった[ぴかぴか(新しい)]

2016年10月 4日 (火)

「黄金の烏」

阿部智里「黄金の烏」文藝春秋

八咫烏シリーズ3作目。
雪哉のもとに若宮が現れ、思わぬ事態に‥?!

2作目で朝廷に勤めに出たものの、若宮に忠誠を誓う気になれなかった雪哉は、故郷に戻って暮らしていました。
近くで思わぬ事件が起こり、若宮が訪ねて来ます。
危険な麻薬〈仙人蓋〉が出回っており、この地域でも異変が起きていると。
故郷を守るため、やむなく行動を共にする雪哉。
ぼんくらなふりをしているが、これがやれば出来る少年なのです(笑)

辺境の村が謎の大猿に襲われ、壊滅状態になっていました。
一人だけ生き残った少女・小梅は、なぜ助かったのか?
都まで同道し、事情を探る雪哉。
八咫烏の世界は侵食されつつある‥?!

雪哉がすぐ登場するのは予想通りだけど。
この世界の設定がだんだん明らかになり、これまでとは趣向が違うので面白く読めました。
嫌な人物のねっとり感も、一作目よりも安定した感があります。
若宮は好きな性格ではないけど、背負っている運命がこういう設定だったのかー‥と。
また違う展開で面白がらせてくれるかな☆

2016年10月 3日 (月)

長袖シャツにパンツスタイルのバービー二人

ちょっと見つけた記事から[るんるん]
中国人観光客に人気の日本の薬10選は、これだそうです。

1. 新ウナコーワクール(興和)
2. キャベジンコーワ(興和)
3. 大正漢方胃腸薬(大正製薬)
4. 口内炎パッチ 大正A(大正製薬)
5. ロートリセ(ロート製薬)
6. サンテFX(参天製薬)
7. 新ビオフェルミンS(ビオフェルミン製薬)
8. パブロンゴールドA(大正製薬)
9. イブA錠(エスエス製薬)
10. 龍角散ダイレクト(龍角散)

ビオフェルミンかな?とは思いました~[ひらめき]
若い頃は病気と仲良しで、何年もお世話になってたので。
ウナコーワ、パブロン、キャベジン、大正漢方胃腸薬も家にありましたね。
最近はほとんど薬は飲まなくなったので、使うのは龍角散の、のど飴ぐらいかな‥
ビオフェルミンはいちおう置いてはあります~
たぶん期限切れだけど[わーい(嬉しい顔)]

さて、今日の記事はバービーさんの続きです☆
バービーのベーシックスさん二人。
長身でスレンダーなのはいいんですけど~
161002_005648.jpg
「これだと、ちょっとバランス悪くない?」
脚が長いほどいいってワケじゃないんで‥胴体に比べて顔が大きく見えるような‥
「丈の長いのよりも、そうねえ‥」
「こんなの、どう?」
161002_232349.jpg
ジェニーの赤いブラウスを着てみましたよ。
ぴったりしたTシャツよりも、ゆとりがあるラインになるので、
顔が大きく見えないかも。
161002_232311.jpg
パンツもジェニー用のデニムにしました。
裾を折り上げているデザインなので、バービーさんだと短めなのがかえって可愛い?
「ねえ、どう? アマンダったら」
「いいわよ、似合ってるけど~その、隠してるのは何?」
「あ、ばれた?」
161002_232527.jpg
実はシッポが‥[exclamation&question]
いぜん、こういうの、流行ったことありましたよね?
あの頃の商品なんです[ふらふら]

「じゃあ、私はこっちの‥」
161002_233344.jpg
ジョアンナさんのデフォの白いトップスを着てみるアマンダさん。
これだけでも似合ってますけど~
もう少し、秋らしく。
161002_234651.jpg
長袖ブラウスで揃えました!
「わあ、いいじゃない~」
「そう?」
161002_235159.jpg
バービーらしく赤と黒のヴィヴィッドな色彩で[るんるん]
「自分らしく、秋らしく~ね」
決まった?[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

2016年10月 2日 (日)

長袖Tとパンツスタイルのベーシックスさん

ちょっとお久しぶり~
バービーのベーシックスさんの登場です☆
161002_004109.jpg
うちでの名前はジョアンナさんです。
バービーの中ではナチュラルメークでさわやかなタイプ[かわいい]
161002_004444.jpg
トップスは長袖に替えました。
明るい色のデニムは、デフォ(このドールが元々着ていた服)。
ステッチもちゃんと入ってますよ[るんるん]

バービーというのはアメリカのマテル社製のファッションドールの草分け。
ベーシックスというのは、わりあい近年のシリーズです。
スレンダーで、リーズナブルなのに~おしゃれな雰囲気。
可動性は少ないけど、顔と髪型がすごく種類豊富で~かなり、リアル。
161002_004343.jpg
「あ!」
「ハ~イ、ジョアンナ」
161002_005107.jpg
もう一人、ベーシックスさんの登場です☆
こちらはフルメークで色っぽいタイプ。
うちでの名前はアマンダさんです[かわいい]
「アマンダ、久しぶりね~」
161002_004855.jpg
アマンダさんのデフォは黒いワンピでしたが、長袖でそろえてみました。
バービー用の着せ替えセットにあったものです。
161002_004920.jpg
「アマンダ、そういう格好も似合うわね」
「ジョアンナ、いつも優しいんだから」
161002_005443.jpg
黒髪がぬれぬれとして艶やかなアマンダさん。
「アマンダ、そのパンツに黒のヒールいいじゃない。ポーズとって見たら?」
「そうねえ」
161002_005352.jpg
「こんな感じ?」
ベーシックスさんは元々ひざは動きません。
アマンダさんは最初から脚をひねったポーズがついているので~
どうやっても色っぽい雰囲気になりますね[揺れるハート]

2016年10月 1日 (土)

「黄昏の彼女たち」

サラ・ウォーターズ「黄昏の彼女たち」創元推理文庫

サラ・ウォーターズの新作ときては、読まないわけにいかない(感想書くのは遅くなりましたが)
翻訳されないわけではなく、寡作なんですね。

第一次大戦後の1922年。
戦争で父親と兄たちを喪い、老いた母と二人で暮らすフランシス。
屋敷を維持するのも難しく、下働きも雇えないので自ら労働する日々でした。
やむなく下宿人を置くことにして、若夫婦がやってきます。

レナードとリリーの夫妻。
ちょっと嫌味なところもあるけど明るいまあ普通の夫。
綺麗で繊細なところのあるリリー。
初めて家に他人を入れてギクシャクする描写も綿密で、これがいつしか思いがけない恋へと転化していきます。

フランシスの母親が生活のためにも娘の結婚を望むのは、ある意味では当然のこと。
しかし、フランシスにとっては重過ぎる難題。
時代もあり、周りにも理解は求められない閉塞状況。
それでも、惹かれあい‥

同性しか恋愛対象になれないというのは本当は理解しきれないものかも、と思っていましたが。
‥もしかして、恋に男女の区別はない!?
情熱的な恋愛とそうでもない恋愛があるだけかも‥という気がしてきました。
気恥ずかしいぐらい甘い恋愛の揺れ動きと盛り上がり。
ところが‥!

ミステリというより文学といったほうがいいかもしれないウォーターズ作品ですが、事件は起こります!
捜査も裁判も最近のものとは違う雰囲気で、ちょっと距離がある描写のなか、窮地に立つ主人公たちの不安、緊張、悲しみ、思いがけない面‥
救いはないでもないのですが~胸が締め付けられるようでした。
綿密な描写が巧みなだけにね☆

追記:
なぜか改行が反映されない変な現象が起きています。
書き直してみたけど、変わらない‥な、なぜ?
もしかしたら、そのうち、いつの間にか直ってたりするかも‥?

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ