フォト

おすすめ本

« 白服みんつくと黒服momokoの靴 | トップページ | 「私のなかの彼女」 »

2016年9月19日 (月)

初代ピートのこと

これは何でしょう?
160918_233632.jpg
古いアルバムに貼ってあった写真です☆
私が撮ったので、ぼけてます。
紐でじゃらしているところみたいですね[るんるん]

うちの猫では初代のピートくん。
160918_233553.jpg
これなんか、ハンサムぶりがわかる?
目の隈取がはっきりしていて、精悍な顔つきでした。

私が小学高学年の頃から10年近くいたかな‥
当時は猫を病院へ連れて行ったり手術をするお宅もめったになく、
雄猫は何かと縄張り争いしてました。
家の中ではまったりしていたんですけどね。
後半生は喧嘩三昧でした。
二度の引越しにもついてきて、引越し先ではそのたびに前にも増して喧嘩続き。
数日家に帰ってこないのは当たり前、
そういうときは痩せていたり、怪我をしていたり。
一ヶ月帰ってこないこともありました。
そういうときは意外に痩せていなくて、怪我もしていない。
お嫁さん探しに遠征して、そこで争奪戦を繰り広げ、
どうやら一時的に婿入りしていたのかな~って感じ[わーい(嬉しい顔)]

兄の友達の家で子猫が生まれたからと、兄が貰ってきた猫です[かわいい]
名前も兄が付けました。
その前に、うちでは秋田犬、柴犬、雑種犬、うさぎ、文鳥、金魚、ひよこ、シマリスなど
いろいろ飼っていたんですが~
どれもあまり長命じゃなかったんです。
時代の限界もあり、飼い方をよく知らなかったせいもあるんでしょうね。
一番長くて4年ぐらいかな‥
子供の私が力尽きて何を飼う気もしなくなった頃に兄が連れてきたのがこの猫でした。
この初代猫が長生きしてくれたため、以来うちは猫ばかりに[揺れるハート]

それまでは猫のことを良く知らなかったんですが、
すぐに夢中になりました。
一緒にいて欲しくて、撫で方を一生懸命研究しましたよ。
気持ちよさそうにしていても、何かの拍子に、ふっと行ってしまうので。
猫の様子をずいぶん観察したので、ほかの猫に対してもだいぶ気持ちがわかるようになりました。

庭の木に登っているところ。
160918_233653.jpg
このときは確か家族みんなで庭に出て見上げていたような気がします。
木に登るのは得意だけど、降りるときには難儀をしていることもあり、
助け下ろすこともあったような。

白黒というところが時代を感じさせますね~[ふらふら]
人物写真はカラーもあるので、父はそういうカメラも持っていたと思います。
子供は触らせてもらえず、
猫の写真を撮る気も父にはなかったのかも、と。
そのへんも時代を感じますけどね![わーい(嬉しい顔)]

« 白服みんつくと黒服momokoの靴 | トップページ | 「私のなかの彼女」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初代ピートのこと:

« 白服みんつくと黒服momokoの靴 | トップページ | 「私のなかの彼女」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ