フォト

おすすめ本

« グレー短パンにフードニットのヴァイオレットさん | トップページ | 「ありふれた祈り」 »

2016年3月11日 (金)

うちのこアクセと猫の写真

これは何でしょう?
160310_211813.jpg
可愛い猫のシールが貼られた封筒に入って、送られてきたのは~
160310_212207.jpg
溺愛猫的女人さんが「うちのこアクセ」を作ってくださいました![かわいい][ぴかぴか(新しい)]
なんて可愛いんでしょう!
優しいお気持ちに涙しておりました。
ほんとうにありがとうございます。
みゅんのことで、この先新しく嬉しいことがあるなんて、思いもしてませんでしたので、
こんな感動があるなんて‥

小さいので、私のガラケーでは綺麗に撮れませんけど‥
160310_212113.jpg
↑うちの猫・みゅんの小さい頃の写真と並べてみました。
うちに来て間もない頃。
15年も前‥ 
こんなに小さかったんですねえ‥!

うちのこアクセにしていただいた、もとの写真はこちらです。
120824_120450.jpg
正面向きじゃないけど、みゅんらしい顔つきだな、と思って[るんるん]
わりと細面で鼻筋が目立って、いきいきした目力強いコなんです[揺れるハート]

なかなかちょうどいい写真がなくて、ずいぶん迷いました。
m_VFSH0026-257fb.jpg
耳が切れていたり、
m_VFSH0498.jpg
横向きだったり、
150509_213742.jpg
ちょっと暗かったり、
m_VFSH6928.jpg
遠すぎたり~
m_VFSH0546.jpg
アップ過ぎたり~
150503_140352.jpg
↑これは網戸越しだし~
正面向きで、全体がちゃんと写っていて、かわいいのがなかなか‥[ふらふら]

でも、探してみていたら、大好きな写真が沢山あって‥
数え切れない思い出に囲まれて、今も暮らしています。

心に大きな穴が開いて、そこに涙がはてしなく流れ込むような勢いですけれど、
みゅんが心配して傍に来ては「ボクここにいるのに」って言ってるような気もして‥
身体には寿命が来て、魂は離れたけれども、
今でも心は繋がっているような気がしています。

我家は悲しみに溢れた場所じゃなくて~
みゅんのくれた元気と笑いと喜びに満ち溢れた家なんじゃないかと。
大きな穴があいたと思った部分に、実は、みゅんの愛と幸福な思い出がいっぱいになっているんじゃないかと。
そんなことを思うようになりました[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

« グレー短パンにフードニットのヴァイオレットさん | トップページ | 「ありふれた祈り」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うちのこアクセと猫の写真:

« グレー短パンにフードニットのヴァイオレットさん | トップページ | 「ありふれた祈り」 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ