フォト

おすすめ本

« ご近所の花たち | トップページ | 「すえずえ」 »

2015年7月17日 (金)

15回目のお迎え記念日

150412_144144いつもの窓辺にいるのは‥

ねえ、みゅん。

150412_144242大人になったねえ‥

りりしい横顔です。

150412_144206「今日は記念日なんだよ。うちに来た15回目の」

150412_144214
「ん? 何それ」

‥ただ、年齢間違えてたけどね、いつの間にか。
今年14になるっていうのを‥もうなったと‥あ、頭が‥
5月で15歳になったような気がしていたけど、まだ14だわ

150412_144151「ふがわぁーっ」と大あくび!
‥私の顔を見るとあくびをすることが多いんです。
気分がほぐれるのか? これから遊ぶぞー!みたいな?


150412_144225「別にどうでもいいよ。今日も最高に楽しい一日だって事でしょ」
そうそう

お迎え記念日といっても、特別なことはしないんですよ~。
毎日これ以上ないぐらい可愛がっているので

ご近所の方が拾った猫の中に、先代の猫に似た子がいるとお向かいの人が教えてくれたのは7月でした。
先代の猫は前年の暮れに突然の交通事故でいってしまったのです。
まだ6歳になる前、アメショーとのハーフで、とても活発な猫でした。
もう飼わないなんて決めたことはないけれど、次の子を飼う決心はつかないまま、半年以上‥
私があまり嘆き悲しんでいたので、「とびきり元気な雉猫を大至急届けて!」というおはからいがあったような気がしたものです。
ご近所の方が拾った場所というのは、両親の郷里にほど近い福島県内。
拾われた子がいると教えてくださったのは、先代の猫のことを告げに来てくださった同じ方でした。
今思うと、行方知れずでなくその日に家に戻ってきてくれたのは飼い主孝行だったと思います。
あ、すいません、最後に哀しい話をしてしまいました。
もう15年も前のこと。
不思議なご縁の話です。

悲しみは完全には消えることはないけれども‥
幸福な思い出のほうがずうっと鮮やかなんですよ。
どの猫と暮らした時期も笑顔になれる幸せをもらって、愛情いっぱいで、幸運だったと思います

« ご近所の花たち | トップページ | 「すえずえ」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 15回目のお迎え記念日:

« ご近所の花たち | トップページ | 「すえずえ」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ