フォト

おすすめ本

« くまちゃんケープを着るリカちゃん達 | トップページ | ちょっと雛祭りぽい晩ご飯 »

2015年3月 1日 (日)

「マッサンとリタ―ジャパニーズ・ウィスキーの誕生」

オリーヴ・チェックランド「マッサンとリタ―ジャパニーズ・ウィスキーの誕生」NHK出版

ドラマ「マッサン」のモデルとなった竹鶴政孝と妻・リタの国際結婚と、日本でのウィスキー製造について書かれた評伝。
資料に当たって克明に記されています。

竹鶴氏の実家はたいへんな名家で、兄達もびっくりするほど学歴が高く、家族に日本の未来を切り開こうという意識があったようですね。
リタのほうは、まず妹が知り合い、父親を亡くした家庭に留学生の竹鶴を下宿させたこと。
当時としては人種偏見がなかったということだと。
結婚に最初は猛反対した母親も妹の説得で許し、ずっと文通を続けたそう。
(ただし、戦時中は出来なくなりますが)

竹鶴氏は明るく社交的な性格だったそうです。
辛気臭いわけではなかったのかな?
頑固だったには違いないと思われますが。
ドラマの鴨居の大将こと実在の鳥井氏は、英国から技師を招くのにかかるはずだった高額な給料を竹鶴氏に払い(自伝によると竹鶴氏のほうからの要求)、後にはそれが負担になった可能性もあると。

竹鶴氏の自伝もあるそうですが、晩年に書かれたための記憶違いや、公表するものとして手控えた部分なども指摘されています。
ウィスキーの製造方法についてもドラマよりも詳しく、一通りの記述があります。
英国人が書いたものということで、一味違いますね。

写真で見るリタはほっそりと美しく可憐です。
お似合いの二人。
あまり身体の丈夫でないこの女性が、英語教師をして頑張ったり、和食を作ろうとこだわって奮闘したのですね。
酷寒の北海道で漬物つくりとは大変。
面白おかしく描かれたドラマの雰囲気こそありませんが、信用できる史実として、ひたむきなリタの献身と夫婦の愛情に感銘を受けました。

« くまちゃんケープを着るリカちゃん達 | トップページ | ちょっと雛祭りぽい晩ご飯 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マッサンとリタ―ジャパニーズ・ウィスキーの誕生」:

« くまちゃんケープを着るリカちゃん達 | トップページ | ちょっと雛祭りぽい晩ご飯 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ