フォト

おすすめ本

« さばの炭火焼定食 | トップページ | みんつく服の着こなしとバッグ »

2014年12月13日 (土)

「世界一素朴な質問、宇宙一美しい答え」

ジェンマ・ウィルソン・ハリス編集「世界一素朴な質問、宇宙一美しい答え:世界の第一人者100人が100の質問に答える」河出書房新社

イギリスの小学生100人の素朴な質問に、その道の専門家が答えた内容。
アッテンボロー、ドーキンス、チョムスキーなども登場。
子供ならではの質問に、誠実に返事していて、大人でも面白く読めます。

もし自分が聞かれたらなんて答えるか?
考えながら読んだので、けっこうくたびれましたけど(笑)
疎い分野の答えは、おおそうだったのか!?と参考になって~面白いですよ。

「ミミズをたべても大丈夫?」という質問に、「大丈夫!」というのが笑えました。
「夜になるとなぜ暗いの?」
「どうして音楽があるの?」
「私は何でできているの?」
「どんなふうに恋に落ちるの?」
「人はどうして永遠に生きていられないの?」
「なぜ意地悪なんかするのかな?」
「ウシが1年間おならをがまんして、大きいのを一発したら、宇宙まで飛んでいける?」なんて質問までありました。

「神様って、だれ?」
という質問には、複数の回答。
決めつけないような書き方になっています。
「なぜ戦争があるの?」という質問には、「よく話し合わないから」と。
「偉い人が怖がると、起きる」
‥確かに。

イギリスならではの質問は削除したそうですが、どんなのだったんでしょうねえ?

« さばの炭火焼定食 | トップページ | みんつく服の着こなしとバッグ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「世界一素朴な質問、宇宙一美しい答え」:

« さばの炭火焼定食 | トップページ | みんつく服の着こなしとバッグ »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ